初めていらっしゃった方へ

スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第5回 近代日本の対朝鮮外交 (その4)

  • 2005/05/01(日) 18:31:54

 明治政府と李朝朝鮮の、朝鮮の開国と国交樹立を求める交渉が膠着状態におちいって八年たった1875年(明治8年)、有名な江華島事件が勃発する。

朝鮮半島西岸を測量中の日本の軍艦”雲揚”が水を補給するため、小艇を江華島に向かわせると、朝鮮側がいきなり砲撃、”雲揚”が反撃して朝鮮側の砲台を撃破して長崎へ帰還した。

明治政府はこの事件をどう取り扱うか苦慮し、朝鮮の宗主国たる清帝国との交渉をへて、事件の三ヶ月後、この江華島事件を利用して開国を再度せまるため、黒田清隆特派全権大使と軍艦・輸送艦6隻を朝鮮に派遣した。

そして1876年(明治9年)2月江華島事件に対する朝鮮側の遺憾の意の表明があり、黒田全権大使と朝鮮側代表の申憲との間に”日朝修好条規”が締結された。

”日朝修好条規”は、

1.朝鮮は独立国であって日本と対等の権利を有すること
2.日本との通商を認め、借地の許可や遭難者の救難など日本国民に便宜を与えること
3.通商に便利な場所を開港すること 
4.通商・航海の安全確保のため朝鮮沿岸の測量を日本に許可すること
5.朝鮮指定地内において犯罪を犯した日本人は日本側が裁判すること

などを骨子としていた。

(江華島事件は”偶発事件説”と朝鮮を侵略するための”計画的陰謀説”とがあるが、どうやら前者の方が有力である。

もし計画的なものならば事件後「待ってました」とばかり、すぐさま開国を要求したはずだが、実際はそうではなかった。

ただ事件の真相がどちらにせよ、日本側はとにかくこの事件を朝鮮開国のために利用することにしたのであるから大した差はないだろう。

 また、はじめから朝鮮を侵略するための陰謀であったというのもおかしな話である。

黒田全権大使は、”日朝修好条規”締結のお祝いとして高宗に当時の最新兵器・ガトリング砲や小銃を贈呈し、その使い方まで教えているのである。

これから侵略しようとする相手に最新兵器をプレゼントし、かつ使用方法まで教えてやるバカはいない。

 また”日朝修好条規”の締結についてであるが、江華島・永宗島の砲台を壊滅させた日本が、軍艦をともないながら代表団を送ってきて条約締結を求めてきたわけで、朝鮮側に心理的プレッシャーがあったことは間違い無いだろう。 

それに治外法権などのいわゆる不平等条約的な要素が、もりこまれているのも否定できないが、同条規は朝鮮側と内容をつめた上で締結されているので、日本側にむりやり押し付けられたというよりは、朝鮮側に国際法の知識が決定的に不足していて、不平等かどうかさえわからなかったといった方が適切だろう)

 こうして朝鮮が日本によって開国させられたことがきっかけとなって、また朝鮮に対する指導的地位を日本におびやかされたことに焦りを感じた宗主国・清があっせんして、朝鮮と米・英・独・露などとの間に修好通商条約が締結され、鉄道・電信など西欧文明が朝鮮に徐々に取り入れられていった。

(紆余曲折がありながらも、朝鮮を開国させて”文明開化”をうながすという日本の戦略は第1歩を踏み出したのである。

これに関して、やはり韓国側には「朝鮮はこの時期、西欧文明を積極的に取り入れたのだから自力で近代化できたはずだ」という意見があるが、日本が無理やり鎖国政策の朝鮮をこじ開けたからこそ、西欧文明が導入されたのであって自力では決してない。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

雲揚

 初めまして。
江華島は朝鮮の王朝にとって重要な島だったという話を聞いて信じておりました。なんでも戦乱でソウルを落されても立て篭もり、兵を養えるだけの広さがある島であり、実際にそう使われたことがあるとかうんぬん。
 その重要な島を勝手に測量されては
国の威信に関わるとかそういう話でした。今日こちらで事件の詳細を知り、事実が全然違うのが分かり驚きました。実際には水舟を出したら砲撃を受けたのですね。

  • 投稿者: 初めまして
  • 2005/05/06(金) 04:55:29
  • [編集]

>雲揚

こちらこそ、よろしくお願いします。

江華島事件の原因ですが、日朝の開国交渉の場で、日本側が日の丸を朝鮮側に渡して「この旗をかかげた船は日本のものだから朝鮮に近づいても、間違って攻撃しないでほしい」と申し入れています。

しかし朝鮮側は地方の役所に、このことを伝達しませんでした。

当然このことを知らない江華島の朝鮮軍は、これまでやってきた鎖国攘夷政策の影響もあって、日の丸をかかげた雲揚をいきなり砲撃してしまったというのが真相のようです。

江華島にたてこもったうんぬんの話は、おそらく元の高麗征服のときのことを言っているのでしょうけれど、水上戦が不得意な元軍相手ならともかく、

江華島事件がおこった当時は、大砲をつんだ蒸気船の時代で、もし朝鮮国王が江華島に兵を連れて立てこもっても、あっという間に戦艦にとりかこまれて艦砲射撃を浴びせられ、陸戦隊が上陸してきてそれでオシマイでしょう。

ですから根拠のある話とも思えません。

  • 投稿者: クロフネ@管理人
  • 2005/05/06(金) 21:55:56
  • [編集]

こんにちは、初めまして。

今日授業でここら辺の歴史を習ったのですが…

教科書で江華島事件は軍艦を朝鮮に派遣し、無断で沿岸を測量

して圧力を加えるとあったのですが日本側は水を補給しに行って

いた訳だったんですね…

また、日朝修好条規を結び不平等条項おしつけた、とあるのです

がこちらも違うのですね。

やっぱり教科書はあてになりませんね…

クロフネ様ありがとうございました!長文申し訳ないです…

失礼します

  • 投稿者: 桜
  • 2010/07/01(木) 22:55:45
  • [編集]

こちらこそ初めまして、桜さん

「無断で測量」については、朝鮮王国は当時鎖国していて国際法に基づく秩序の外側にいたという点も見逃せないと思います。

つまり近代国家として国際社会の付き合いに参加しておらず、領土や領海を宣言していないということですね。

また日朝修好条規ですが、鎖国していて国際法や条約に疎かった朝鮮側が自分たちが結んだ条約が不平等かどうかさえわからなかったというのが実情だと思います。

日本の歴史教科書では、最初から日本が朝鮮半島を併合する目的で接近していったように描かれていますが、日韓併合を決断するのはもっと後のことでしょう。

まあ、日韓併合は国家戦略として悪い選択だったとは思っていますが。

  • 投稿者: クロフネ@管理人
  • 2010/07/02(金) 00:16:25
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する


・いつもコメント&TBありがとうございます。

アダルト系ブログからの、サイトポリシーに違反したコメント・TBが後を断たないため、受信したコメント・TBを管理人が審査することにしました。

サイトポリシーに違反したものについては予告無く破棄します。

また問題の無いコメント・TBを頂いても表示されるまで少し時間がかかります。 悪しからず御諒承ください。

「管理者にだけ表示を許可する」にチェックを入れると、管理人だけが読める非公開コメントになります。 非公開コメントを下さる方のプライバシーを尊重し、あえてお返事をしておりませんが、「公開コメントでも良いのでレスが欲しい」という方は、非公開コメントにその旨をお書き添えください。
                

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。