初めていらっしゃった方へ

スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

民主党政権が環境税を導入

  • 2010/05/18(火) 00:02:31

 14日の衆議院環境委員会において、2020年までにCO2などの排出量を1990年比で25%削減という目標をかかげた”地球温暖化対策基本法案”を民主党の圧倒的賛成で可決した。

同法案には、25%削減という目標を達成するために政府が国民に経済的な負担を求める”地球温暖化対策税”(環境税)の導入を明記している。今国会中にも同法案は成立する見込みだ。

参考記事 

 昨年9月国連気候変動サミットが開かれ、民主党政権を代表して演説した鳩山首相は「日本が排出する温室効果ガスを2020年までに1990年比で25%削減する」という国際公約をかかげ、発展途上国へ日本が資金や省エネ技術を援助する”鳩山イニシアチブ”を発表した。

だが世界で最も省エネが進んだ日本が、さらに世界で一番厳しいCO2削減策を打ち出すことで国内の産業が大打撃を受け、企業に勤める国民も巻き添えを食って失業者が増えたり収入が減ったりすることがたいへん懸念された。

昨年末に温暖化対策会議(COP15)が開かれ、結局経済政策のフリーハンドを確保するためCO2削減に猛反対する中国がアフリカ諸国を動員しCO2削減の国際的な合意の成立は阻止された。

民主党政権は、「日本が温室効果ガス25%削減を実施するのは、ガス削減に向けた世界的な枠組み合意ができることが前提」と公約していたから、COP15の失敗で立ち消えになったかに思われた。

ところが民主党政権は国会において、25%削減という目標をかかげた”地球温暖化対策基本法案”を圧倒的賛成で可決した。

ガス削減に向けた世界的な枠組み合意に国際社会が失敗したにもかかわらず、なぜ民主党政権が温暖化対策基本法を成立させようとしているのか、自ら設定した前提条件が満たされていないのになぜ同法案を通過させようとしているのか、疑問と怒りを感じないわけにはいかない。

しかも民主党政権は25%削減という日本にとって過酷な目標を達成するために、国民に環境税を課すことまで明言している。

国内企業も巨額の資金を支払い、CO2削減のために新設される”国内排出量取引制度”を利用してCO2削減枠を外国から買わないといけなくなる。

不況の最悪期から日本経済が立ち直りつつあるのに、温暖化対策基本法と環境税が、企業や国民の生活を苦しめる。

当初政府の試算では25%削減という目標を達成するために1世帯あたり年間36万円の負担増、GDPを最大5.6%押し下げるということだった。

参考記事 

ところが小沢環境相は、民主党政権が希望する数字が出るまで試算をやり直せというのことなのか環境省に再試算をさせ、温暖化対策基本法と環境税を導入してGDPが0.4%成長するという試算を今年になって発表した。

民主党政治家と国民との約束はことごとく破られているし、小沢環境相が再試算を命じた怪しげな経緯も考えれば、温暖化対策基本法と環境税を導入してGDPが0.4%成長するという民主党政権による新しい試算結果を、国民は信じろというほうが無理というものだ。

しかも「CO2などのガスが地球温暖化に影響している」という説も科学的な見地から批判を浴びている。

氷河の消失など地球温暖化の議論の前提となる”科学的データ”にも次々と間違いが見つかるという、”クライメットゲート事件”も続発している。

参考記事

 COP15の失敗で世界の主要国が温室効果ガス削減に尻ごみするなかで、日本だけが25%削減という正気とは思えない過酷な目標を達成しようとすれば、日本企業の倒産や国外脱出・それが引き起こした失業者の増大に苦しむ国民に、環境税という重税でトドメを刺すことになりかねない。

こうしたことが起これば、すべて温暖化対策法を成立させ環境税を導入した民主党の責任である。

普天間問題を見ればわかるように、素人集団の民主党は初めから出来もしない非現実的な目標をかかげ、民主党を批判する者の言ったとおりに公約を達成できず、国民生活を混乱に落とし入れることばかりしている。

民主党の圧倒的賛成で温暖化対策法を成立させ環境税を導入したことで企業倒産や国民の失業が続発、この日本が”焦土”となってから、またしても民主党のリーダーは「経済を勉強すればするほど、温暖化対策基本法と環境税を導入したのは失敗でした」とのたまうつもりなのだろうか?

素人の政治ゴッコはもういい加減にしてくれ。




↑民主党政権は早く退陣しろと思う方はポチッとしてください↓
人気blogランキング



関連記事・360°全方位土下座外交(その1) 

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

「バカ」という認識でいいのか?

鳩山をはじめとする民主党議員は「バカ」だと叩かれている。「無能」だと言われている。
しかし、わたしはそうは思わない。

むしろ、非常に有能な政権であり、鳩山の行動は合理的であると考える。

鳩山・民主党政権の後ろには在日朝鮮人がおり、さらにその後ろには中国共産党がいるのだろう。すなわち、彼らは背後から出される指令を忠実に淡々と実行しているのである。
鳩山・民主党政権を日本を弱体化、解体へと導く『非武装テロ組織』と定義しなおしてみれば、愚かに思える言動・行動のすべてが合理的に説明がつくのではないか。

迷走(普天間問題等)、当たり屋(三宅雪子)、無責任(赤松口蹄疫)などといった表面的な批判はもうやめて、この政権の実態、本質である『国家反逆組織』『破壊活動工作組織』ということを世間に知らしめていく必要があるのではないかと思います。

  • 投稿者: 月光
  • 2010/05/18(火) 08:47:04
  • [編集]

私の知る限り、細かい部分はさておき、”温暖化説そのもの”を覆すような科学的根拠は存在していないはずです。

私もとっとと民主党には消滅して欲しいと思っていますが、だからといって温暖化説がウソであるかのような誤解を招く記述をするのはいかがなものかと存じます。

http://www-cger.nies.go.jp/qa/14/14-2/qa_14-2-j.html

  • 投稿者: 是々非々
  • 2010/05/18(火) 23:30:04
  • [編集]

月光さん

> むしろ、非常に有能な政権であり、鳩山の行動は合理的であると考える。

逆説的に言えば、売国奴として非常に有能だと言えます。

日本に住みながら、自分が暮らしている社会を破壊しているという点では愚か者と言えるでしょう。


是々非々さん

>だからといって温暖化説がウソであるかのような誤解を招く記述をするのはいかがなものかと存じます。

地球温暖化説が批判を浴びているということは事実であり、そのことを自らのブログで言及するのは表現の自由として私にも認められていることです。

地球温暖化説を信じるか信じないかは読者さんの自由であって、私の口を封じようというのであれば断固拒否します。

  • 投稿者: クロフネ@管理人
  • 2010/05/19(水) 00:57:39
  • [編集]

これはもう・・・

確かに背後に中共や朝鮮の影響は0では無い訳で、これは最早近隣窮乏化というよりも近隣無血殲滅政策ではないかと。
自民党は頼りないし、いやはやどうすれば良いものか思案投げ首です。

  • 投稿者: 火天大有
  • 2010/05/19(水) 19:15:47
  • [編集]

火天大有さん

>自民党は頼りないし、いやはやどうすれば良いものか思案投げ首です。

参院選で自民党勝利の目が出てきました。

民主よりは何倍もマシでしょうし応援せざるを得ませんが、今の自民党は旧宏池会系主導のようですしねえ。

若手代表の幹事長代理が二重国籍推進派の河野太郎というのですから、いやはやなんとも。

  • 投稿者: クロフネ@管理人
  • 2010/05/19(水) 22:28:20
  • [編集]

私が言いたいのは「貴方の言ってることに間違いが混じってるかもしれないよ。一応公共の場と言えるネット上で、間違いをばらまくのはまずいんじゃね?」です。

温暖化説がウソなら良いんですが、もし正しかった場合、最悪文明が崩壊するような事態にもなり兼ねません。

<地球温暖化の真実は、気候めちゃメチャ化>
http://homepage3.nifty.com/Daiou3/JudgingReaders3.htm

つまり、温暖化説が正しくかつ何も対策をしなかった場合のリスクが、非常に大きいのです。

私は、言論の自由には責任が伴っていると考えます。「間違っているのでは?」という指摘を受けた以上、調べ直すのが責任ある態度かと存じます。

なお、私が言ってる”対策”とは、科学・技術面の話であり、排出権取引や環境税の導入等民主党の政策を支持している訳ではありません。

  • 投稿者: 是々非々
  • 2010/05/20(木) 21:13:33
  • [編集]

是々非々さん

>「貴方の言ってることに間違いが混じってるかもしれないよ。一応公共の場と言えるネット上で、間違いをばらまくのはまずいんじゃね?」です。

私も再確認してみましたが当該記事に間違いはないと思います。

記事では地球温暖化説に批判があることを紹介しましたが、世界中のどこにも温暖化説に対する批判が存在しなければ私の間違いであり、訂正しなければなりません。

しかしソースを明示した通り、温暖化説に批判があるのはまぎれもない事実であり、訂正する必要性を認めません。

「地球温暖仮説に批判がある」という事実を述べるのは私の自由です。

当該記事に何か事実と違う点があれば訂正しますが、あなたからそういうご指摘がないならこれで打ちきります。

>温暖化説がウソなら良いんですが、もし正しかった場合、最悪文明が崩壊するような事態にもなり兼ねません。

どうもあなたは私が「温暖化説は100%間違いである」と主張していると誤解なさっているフシが見うけられますが、本文のどこにもそんなことは書いてありません。記事をもう一度ご確認ください。

なお「温暖化説は100%正しい」とお考えなら、世界に対しあなたがそれをまず先に証明されるのが筋かと存じます。

  • 投稿者: クロフネ@管理人
  • 2010/05/21(金) 01:25:36
  • [編集]

貴方のスタンスはどちらなのでしょうか?
1、民主党批判が目的。温暖化懐疑論を出したのは、その為の手段。
2、民主党批判が目的。温暖化説批判も目的。

  • 投稿者: 是々非々
  • 2010/05/21(金) 23:38:07
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する


・いつもコメント&TBありがとうございます。

アダルト系ブログからの、サイトポリシーに違反したコメント・TBが後を断たないため、受信したコメント・TBを管理人が審査することにしました。

サイトポリシーに違反したものについては予告無く破棄します。

また問題の無いコメント・TBを頂いても表示されるまで少し時間がかかります。 悪しからず御諒承ください。

「管理者にだけ表示を許可する」にチェックを入れると、管理人だけが読める非公開コメントになります。 非公開コメントを下さる方のプライバシーを尊重し、あえてお返事をしておりませんが、「公開コメントでも良いのでレスが欲しい」という方は、非公開コメントにその旨をお書き添えください。
                

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。