初めていらっしゃった方へ

スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

外務省も認めた在日60万強制連行説の虚構

  • 2010/03/15(月) 23:55:42

 外務省は、戦時中徴用され昭和34年時点においても日本に留まっていた韓国人はわずか245人だったことを明らかにした。

外務省が提供した資料は「(245人は)みな自分の自由意思によって日本に留った者または日本生まれだ。日本政府が本人の意志に反して日本に留めているような朝鮮人は犯罪者を除き一名もいない」としている。

これは自民党・高市早苗議員の資料請求に応えたもの。

参考記事 

 以前からネットでは当時の朝日新聞の記事が転載されるなどして、昭和34年時点で在日61万人のうち徴用された者は245人しかいないという事実は広く知られていた。

関連記事・在日韓国人はどうして来たか 

それを今回、外務省が正式に認めたことの意義は大きいと言える。

しかもその245人も本人の自由意思によって日本での居住を選択した人達であって「強制された」とは言えないことになる。

外務省からこのような回答を引き出した高市議員に心から感謝したい。

 さて、このことを知った韓国マスコミからはさっそく「信ぴょう性に欠ける」「とんでもない統計」という、感情論ありきの声があがっている。

韓国・連合ニュースによれば「だが在日同胞の中で多くの人が徴用で日本に連れられてきて祖国が南北に分かれて動乱を経験する過程で行く所がなくて日本に住むほかはなかったという点などを勘案すればとんでもない統計だというのが大半の意見だ」そうだ。

参考記事 

「行く所がない」「日本に住むほかはなかった」も何も、終戦時にいた在日韓国人200万のうち140万は日本政府が手配した引き揚げ船ですぐさま帰国している、徴用の245人も含めた残りの60万人は本人の自由意思で日本への居住を決めたという資料が出ているわけで、反証となるデータも出さずに感情論を繰り返す韓国マスコミこそ「とんでもなく信ぴょう性に欠ける」ものだ。

 これによって外国人への参政権付与の正当性は完全に崩壊したと言って良い。

”日本によって強制連行された”60万の在日韓国・朝鮮人は本国でも日本でも参政権が認められていなかった、その立法事実によって中央大の長尾一紘教授は、外国人に地方参政権を付与しても違憲ではないとする”部分的許容説”を日本で最初に提唱した。

関連記事・外国人参政権付与の理論的根拠喪失 

長尾教授の部分許容説に影響を受けた日本の最高裁判所は、外国人に参政権を付与できないとする判決を下しながら、”日本に強制連行された”在日韓国人達の”恨み”をなだめるため、政治的な配慮として「永住外国人に対し、地方レベルの参政権を法律をもって認めることは憲法上禁止されていない」という判決とは正反対の傍論を付け加えた。

法の番人たる最高裁が、外国人への政治的配慮を最優先させて自国の成文憲法を踏みにじるという、民主国家としてあるまじき暴挙だった。

関連記事・外国人参政権付与やはり法的根拠なし 

しかし、以前お伝えしたように長尾教授は「外国人参政権付与は明らかに違憲」と述べ、最高裁判決にも影響を及ぼした”部分許容説”を既に撤回されている。

そして今回、最高裁が在日韓国人への政治的配慮からあのような傍論を付け加える根拠となった、「60万在日は強制連行の被害者」という民族神話が全くの虚構であったことが明らかとなった。

強制連行があろうがなかろうが、日本国憲法を改正しないかぎり外国人への参政権付与は違憲なのは間違いない。

だが、最高裁の判事も民主党政権の各閣僚も「在日は強制連行されたのだから」と言ってその正当性を証明しようとしていたわけで、外国人参政権付与の根拠は完全に消滅したと言えよう。

 この問題に限らず、「我々は日本にあんなことされた、こんなことをされた。世界の皆さん同情してください、お金をください」という韓国・朝鮮人や中国人の汚いやり方を見せられるたびに”シミュレーション”を思い出す。

シミュレーションといっても、”朝鮮海”で消費者から大ひんしゅくを買ったゲームメーカーの商品ではない。

サッカーでは、攻撃側が守備側のゴール前にある”ペナルティエリア”でファールを受けたりすると、審判によって攻撃側に”ペナルティキック”が与えられる。

たとえば、日本のゴールにシュートをしようとした韓国の選手が日本の守備選手によって引きずり倒されてしまった場合、韓国側にペナルティキックが与えられる。

ペナルティキックは、攻撃側がゴール直前にボールを置き、ゴールキーパー1人だけが守るゴールに向かって蹴りこむもので、得点できる確率が非常に高い。

こうしたルールを悪用して、ペナルティキックとそれで得られる1点を欲しいがために、ボールを持ってペナルティエリアに侵入した攻撃側の選手が、守備側の選手が体にさわってもいないのに相手に倒されたフリをして大げさに倒れこむ行為を”シミュレーション”と呼ぶ。

今回ウソが外務省によっても確認された「60万在日は強制連行の被害者」という民族神話が象徴的だが、韓・中・朝が主張する”歴史的事実”の多くもまた、まさしくシミュレーションだった。

このシミュレーションという行為だがサッカーのルール上、長年反則の対象とされず、選手の側にしてみても「審判にウソが見破られてもともとだし罰則もない。うまく審判をだますことができればタダで1点ゲット」ということで、やりたい放題だった。

当時審判のレフェリング技術も低く、シミュレーションにだまされてウソをついた方に”ご褒美”としてペナルティキックが与えられることもしばしばだった。

これについても、韓・中・朝がやる歴史問題のシミュレーションと全く同じである。

”過去の侵略の歴史”を根拠にすれば韓・中・朝がどんなデタラメを言っても信じてもらえ、どんなに根拠のあるものであっても日本側の反論に耳を傾ける者はいなかった。

多くの日本人も国際社会も韓・中・朝に”ペナルティキック”を与え続け、彼らは甘い蜜を吸い続けた。

 だが、シミュレーションのような汚いプレーの横行を憂慮した国際サッカー連盟が今から10年ぐらい前から改善に乗り出し、選手にフェアプレーを訴え審判技術の向上をはかるとともに、シミュレーションの反則を厳しくとるようになった。

そしてシミュレーション1回でイエローカード(警告)の対象となり、2回でレッドカード(退場)となる。

日本と韓国・中国・北朝鮮との間における歴史問題を考える際、日本国民を含む世界のすべての人々に私から望むのは、「日本の悪事を見逃し、一方的にひいきしてくれ」なんてことではない。

ひきょう極まりない”シミュレーション”を見抜くことができる、冷静で賢い審判になって欲しいということだ。

そしてシミュレーションを見つけたら、その者に冷静にレッドカードをつきつけて欲しい。





↑外国人参政権付与の正当性は全く無くなったと思われる方はポチッとしてください↓
人気blogランキング


この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

ゲームと言えば・・・? 思考停止は頂けません。

おはようございます。donnatです。

ゲームと言えば、光栄の大航海時代のオンラインの日本海が東海???か何かに変えられているとかどうとか???
確かめるのも面倒なのでやってません。(やるには、時間とお金も掛かります。)
何もしないと、嘘が塗り固められて、いつしか真実のように語られることになってしまうのが恐ろしいです。
事実が判りましたら、私も質問状を書いてみようと思っております。

国家間で歴史の相違があるのは、歴史を国家維持の政治利用です。倫理的には駄目ですが、現実的にはほとんどの国家が行っております。
よって、中国や韓国が身勝手なことを言うのは勝手ですが、まるで属国のように日本政府が容認するのは如何なものでしょうか。

存在しない事実に基づいて、外国人参政権などを容認する政府はどうかしております。
以前も言ったかもしれませんが、現実と理論が異なったときに、インテリ左翼さんは、現実を無視し、事実を捻じ曲げ、自分の都合にあわせてしまいます。
おそらく、子供手当も外国人や朝鮮学校のことを想定していなかったのだと推測されます。よって、問題はなかったことにして、そのまま推進している。

また、3月15日衆議院で長妻大臣の答弁で、独立行政法人、昨年11月に4人、今年の2月に17人の天下りを大臣は許可しております。大臣いわく、公募の結果だからよろしいらしい。
つまり、
一般、公募を行う

民間人が応募する。

採用されるのは民間人

元の職業が公務員でも民間人
よって、天下りではない。
と見事な三段論法で思考が停止している訳です。

何が言いたいかといいますと。
自分達(民主党)が考えているようにならないことを素直に認め、思考停止に陥らず、どう現実に対処してゆくかを考える努力を行わなければならない。

外務省が認めた強制連行説の虚構を認めて、民主党はどう外交を進めてゆくかを思考しなければならないのです。
結論的には、外国人参政権は必要なしとして引き下げるのが正しい判断なのです。
そして、改めて外国人にとって住みよい日本のあるべき態度とは何なのかを考慮すればよいのです。

  • 投稿者: donnat
  • 2010/03/16(火) 10:30:10
  • [編集]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 投稿者: -
  • 2010/03/16(火) 23:10:57
  • [編集]

こんばんは、donnatさん

>ゲームと言えば、光栄の大航海時代のオンラインの日本海が東海???か何かに変えられているとかどうとか???

本文にあるシミュレーションゲーム製作が得意なゲームメーカーというのはコーエーのことです。確かゲーム中において日本海を”朝鮮海”としていたように思います。

>以前も言ったかもしれませんが、現実と理論が異なったときに、インテリ左翼さんは、現実を無視し、事実を捻じ曲げ、自分の都合にあわせてしまいます。

まさにその通りです。

彼らは感情にすべてを支配されていて、現実を直視できないわけですね。

>また、3月15日衆議院で長妻大臣の答弁で、独立行政法人、昨年11月に4人、今年の2月に17人の天下りを大臣は許可しております。大臣いわく、公募の結果だからよろしいらしい。

これもまたひどい。公約違反リストに追加せねば。

>自分達(民主党)が考えているようにならないことを素直に認め、思考停止に陥らず、どう現実に対処してゆくかを考える努力を行わなければならない。

>結論的には、外国人参政権は必要なしとして引き下げるのが正しい判断なのです。そして、改めて外国人にとって住みよい日本のあるべき態度とは何なのかを考慮すればよいのです。

売国三法を撤回し、国益とリアリズムに基づいた政治ができるなら支持することもやぶさかではありませんが、野党時代からの民主党の体質を見ると無理でしょうね。

  • 投稿者: クロフネ@管理人
  • 2010/03/17(水) 20:38:51
  • [編集]

全て同感

転載させて戴きます。(雑誌掲載の可能性有りですけど)

  • 投稿者: 火天大有
  • 2010/03/19(金) 19:36:16
  • [編集]

火天大有さん

>転載させて戴きます。(雑誌掲載の可能性有りですけど)

記事にうちのブログ名とURLを明記してもらえればOKです。

  • 投稿者: クロフネ@管理人
  • 2010/03/19(金) 23:54:32
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する


・いつもコメント&TBありがとうございます。

アダルト系ブログからの、サイトポリシーに違反したコメント・TBが後を断たないため、受信したコメント・TBを管理人が審査することにしました。

サイトポリシーに違反したものについては予告無く破棄します。

また問題の無いコメント・TBを頂いても表示されるまで少し時間がかかります。 悪しからず御諒承ください。

「管理者にだけ表示を許可する」にチェックを入れると、管理人だけが読める非公開コメントになります。 非公開コメントを下さる方のプライバシーを尊重し、あえてお返事をしておりませんが、「公開コメントでも良いのでレスが欲しい」という方は、非公開コメントにその旨をお書き添えください。
                

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。