初めていらっしゃった方へ

スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デジャヴ

  • 2010/02/27(土) 00:00:26

 自称”日本初の民主的な政権交代”(もちろん事実ではない)によって民主党が真の姿を国民の前にさらけ出している。

「担ぐみこしは軽くてパーがいい」という政治システム。

幹事長が実質的な最高権力者であり、幹事長にかつがれる首相は指導力ゼロ。

ゼネコンからの多額の献金を受けてきた小沢氏率いる幹事長室が地方から政府への陳情を一手に引き受け、「民主党候補を知事にしてくれたら、長崎県は高速道路を好きにつくれる」と言ってはばからないような露骨な利益誘導政治。

外交では「首相の靖国参拝停止」と「天皇との会談や外国訪問セッティング」を”献上品”として周辺国に揉み手をしてすり寄って行き、”友愛精神”で日本に敵意を持つ外国人への参政権付与をもくろみ、日本の主権を委譲し中国や韓国などと東アジア共同体をつくるという360°全方位土下座外交。

当時大人だった日本国民の99%は忘れていると思うが、民主党は自民党・旧竹下派経世会と旧社会党から成り立っている。

小沢幹事長を筆頭に、鳩山首相・岡田外相・石井一前副代表はもちろん、辞任した藤井前財務相や”黄門さま”こと渡部恒三議員もみんな竹下派の出身だ。

当然のことながら、政権交代してもこの日本は何もかわらない。
かえって閉塞感が高まっているくらいだ。

このどうしようもない閉塞感は、バブル経済の崩壊からはじまった”失われた10年”に非常に似通ってきている。

そして”失われた10年”が始まった1990年代初めに権力を握っていたのも小沢一郎氏であり、自民党・旧竹下派経世会であった。

 1989年竹下首相がリクルート事件で失脚した後、金丸信・竹下派会長はかわいがっていた小沢一郎氏を幹事長にすえ、海部俊樹氏をおみこしに担いで海部内閣が誕生した。

おみこしが自らの意に反した動きをすると即座に切り捨て、小沢氏は自ら総裁候補3人を面接してこんどは宮澤喜一をおみこしに担いで宮澤内閣を発足させた。(1991年)

金丸信会長はその翌年に佐川急便事件で議員辞職、竹下派執行部も総退陣したが、後継会長に小渕恵三氏が就任したことで権力闘争に敗れた小沢氏は竹下派を出て行き、紆余曲折あって最終的に民主党に合流することになる。

 リクルート・佐川急便両事件に象徴される金権腐敗政治の代名詞とも言える竹下派経世会が誕生させた海部・宮澤両内閣だが、外交も内政以上にひどかった。

89年6月の天安門虐殺事件で国際社会から制裁を受けていた中国は天皇の政治利用による制裁打破を思いつき、”中国の長年の友人”であった竹下派に接近、他の西側諸国から抜け駆けするように訪中した海部首相に天皇訪中を要請して、宮澤内閣の時にGOサインが出た。

訪中した今上陛下は「中国国民に対し多大の苦難を与えた不幸な一時期につき、深く悲しみとする」と”過去の反省”のお言葉を述べられた。

これに対して中国側は、歴代中華王朝の伝統をなぞるように陛下に印章を下賜しようとし、日本側から拒否されるという一幕があった。

天皇訪中は中国に徹底的に政治利用され、日本だけが恥をかかされたのだった。

それからおよそ20年後、小沢幹事長が民主党議員の大訪中団を率いて胡錦涛国家主席に謁見を許され”三跪九叩頭”外交にいそしんでいたころ、訪日した序列6位の習近平副主席に世界およそ200ヶ国の中で唯一特例を認めて天皇との緊急会談をセッティング、「天皇の政治利用」と一斉に非難を浴びた。

つづいて訪韓した小沢幹事長は、”日韓併合100年”に合わせた天皇の謝罪を要求する韓国に最大限のリップサービス。

小沢氏は”過去の植民地支配”を謝罪した上で天皇訪韓を示唆し、あまつさえ「天皇家の祖先は韓国人」という内容の講演まで行った。

1990年、海部内閣の時に韓国の盧泰愚大統領の訪日を要請したが、この時も天皇陛下が一歩踏みこんで「わが国によってもたらされた(植民地支配)」に対し「痛惜の念」を表明された。

ところが韓国世論は「日王が言った”痛惜”では謝罪にならない」と一層反発しただけだった。

竹下派経世会が政権を握ると、いつも天皇陛下が周辺諸国への”謝罪特使”として引っ張りまわされるというのは一体どういうわけだろうか。

竹下派経世会の売国外交はこれにとどまらない。

1992年、宮澤内閣の時に加藤紘一官房長官が”従軍慰安婦”に対する軍の関与を公式に認め謝罪、つづいて宮澤首相も訪韓して韓国国会で謝罪演説し、現在まで続く慰安婦問題の火ブタが切って落とされた。

北朝鮮に対しても1990年金丸・小沢氏らが訪朝し、日韓併合どころか北朝鮮が独立してからの45年間に至るまで日本が謝罪と償いを表明するという、信じられない売国外交をやってのける。

巨額の対日貿易赤字にいらだつアメリカをなだめるために”日米構造協議”というものが始まったのもちょうどこのころ。

これが後の”日米包括協議”や”年次改革要望書”へとつながっていくわけだが、アメリカは貿易赤字削減のため日本の貯蓄減らしと公共事業増額を強く要求し、海部内閣は総額430兆円(のちに630兆円に増額)の”公共投資基本計画”実施を飲ませられた。

ちょうど20年後トヨタやデンソーがアメリカで袋叩きに会い、鳩山政権の金融大臣は再国営化したゆうちょ銀行の資金でアメリカ国債をダイナミックに買い増すと言ったそうだが、この既視感は一体何なのだろう。

竹下派経世会政治のDNAとは、私腹を肥やすためなら利権だろうが国そのものだろうが何だって売るというものだ。

 産経を除く大手マスコミ各社の幹部たちは、中学生のようなナイーブな正義感から大衆を煽動して自民党政権を崩壊させた。

さぞ痛快だったことだろう。

だが民主党政権の誕生で姿をあらわしたのは、カビ臭くて息のつまりそうな
20年前の日本だ。




↑民主党政権は早く退陣しろと思う方はポチッとしてください↓
人気blogランキング

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

能天気な鳩山総理が心配!

おはようございます。 donnatです。

私は歴代の総理には尊敬の念を持っております。いい総理、悪い総理、好き嫌いは別です。日本の総理になるにはそれなりの実力がなければなれない。総理として最低クラスの森総理も党内のまとめ役としては有能です。
そんな尊敬する総理の例外が村山富一総理であります。
阪神大震災、「はじめてのことですから」会見は今でも激怒しております。
天災や戦争が人生の中で何度も経験できる方は稀であり、また稀でなくては困ります。それゆえに不測の事態に備えるのです。
そして、その処理を過った総理は、総理の器ではないということを自覚し、その職を辞すのが亡くなった方への最低の礼儀であります。
それをはじめての体験なので「ごめんなさい」の一言ですまされたのでは堪りません。
総理の椅子には日本国民すべての生命と財産と未来があり、それを背負うのが総理大臣なのです。
それを町内会の会長椅子取りゲームのように回ってきたかのごとく、その椅子に座ったのが村山富一です。

そして、言葉では理解していても、本当にその意味を理解しているかが疑われるのが、鳩山由紀夫総理であります。
「みんなで努力してましたができませんでした。ごめんね!」
その一言ですべてを終わらせてしまうのではないのかと苦慮しております。

因みに、私は趣味が悪いことに政治家として、小沢一郎も亀井静香も好きなのです。理由は強欲ですが、有能であり、腹の中が読みやすからです。実に人間臭いとことがいいと思うのです。
犬の例えるなら、ドーベルマンとブルドックといったところでしょう。どちらも厳つい犬でかわいいとは言えません。
しかし、番犬には有能です。
主人さえしっかりしていれば警察犬のように心強いのですが、主人がいい加減な方だと近所迷惑な凶悪な犬になってしまいます。しかも今やどちらが主人か判らない状態になっている。

それが私の民主党の評価なのです。
しかも、国民の生命と財産と未来を握っているのですから悪夢です。古典落語のようにいい人だが働かない主人が突然心を入れ替えて、真面目に働くようにならないものかと、淡い夢を見たくなるこの頃であります。

  • 投稿者: donnat
  • 2010/02/27(土) 09:51:41
  • [編集]

公共投資基本計画と小沢

岐阜県に住んでいます。
岐阜は堅実な県で、20年前は2000億円の貯金が有りました。
貿易摩擦の頃の知事は、自治省から来た梶原という人で、この公共投資基本計画に従って国から指示されたのでしょうが、箱物を作りまくりました。
今はでは借金が1000億円です。そして箱物の維持管理費が、毎年数十億円かかるそうです。
借金の返済と人件費を足した固定費比率が、47都道府県で一番悪化しているそうです。
県は慌てて職員の給料を10%削減するそうです。

確か、この公共投資基本計画は小沢一郎が飲まされたものと聞きましたが。
参議院選の前の、安倍ー小沢討論で、小沢はこの無駄遣いを指摘され、何も言い訳が出きず、涙目に成っていた事を思い出しました。

  • 投稿者: 八目山人
  • 2010/02/27(土) 14:01:33
  • [編集]

こんばんは、donnatさん

>「はじめてのことですから」会見は今でも激怒しております。

私もこの発言には呆れかえりました。

村山首相は社会党出身なだけに首相として伊勢神宮への参拝を拒否していましたが、その年のお正月、まるで八百万の神々がお怒りになったかのように阪神大震災が起こり、この発言に至ったわけですね。

>私は趣味が悪いことに政治家として、小沢一郎も亀井静香も好きなのです。理由は強欲ですが、有能であり、腹の中が読みやすからです。

有能なのかもしれませんが、目的のためなら国さえ売るという行き過ぎたマキャベリストなところが私は支持できません。

”おみこし”はもう最悪ですけど。


八目山人さん

>確か、この公共投資基本計画は小沢一郎が飲まされたものと聞きましたが。

実質的にはそうでしょう。

ところが、これを自民党政権の借金を非難する民主党支持者にいくら言っても、「みえなーい、聞こえなーい」状態なんですよね。

>今はでは借金が1000億円です。そして箱物の維持管理費が、毎年数十億円かかるそうです。

将来に渡って日本の経済発展につながるような有意義なことに投資されれば良かったのですが、いたずらに国力を衰退させられたような感じです。

小沢一郎氏と竹下派の罪は重いと思います。

  • 投稿者: クロフネ@管理人
  • 2010/02/27(土) 22:30:30
  • [編集]

誤解ない為、念のために!

donnatです。

私も幹事長:小沢一郎をまったく支持してません。むしろ、小沢一郎が書記長になるような日本を見たくないです。
絶対にダメです。
4年も続くもの危険!!!
夏の参議選で絶対過半数以下に追い落とし、政界再編が必要。
保守の再結成が絶対条件です。

彼は有能な部長タイプであり、社長には向かない。
部下にはほしいが、上司なら遠慮したい。
友人にはなりたいが、親族にはなりたくない。
そんな感じです。

特に私が好きというのは、
いっしょに酒を飲めるとした場合、本音を言わず正論しか語らない人間よりも、人生の苦さと甘さを舐め尽し、社会の表と裏を知り尽くした人間が酒と激情に任せて語る言葉は面白いだろうなと思うからです。

願わくば、
岐阜県のこともそうですが、様々な事件はどういう経緯でそうなったのか? 陸奥宗光のように詰め腹を切る想いだったのか、蟻を踏み潰す想いだったのか?
さっさと引退して、田中角栄以降の隠された歴史を語ることが、彼らに残された最後の使命だと思うのです。
そして、彼は自分では辞められないだろうから、誰かが引導を渡さなければいけないのです。

当事者が現役(しかも政界の実力者)でいると語られることも限られます。やはり、ここは本人が政界を引退して、歴史を語るべきです。
そして、歴史を知る機会が私も回ってくると嬉しいだろうと思うのです。

  • 投稿者: donnat
  • 2010/02/28(日) 21:18:20
  • [編集]

まったく同感です。

但し、この現象は我が国に限った事では無く、世界中に共通しています。
なので今度は世界中の神様が怒って、小手調べにハイチとチリを少しだけ揺さぶってみました。
これで反省が無ければ、つぎはアメリカ~日本の順で大災害が起きるでしょう。
最も最悪の事態が起きるのは日本とアメリカの惨状を見て狂喜乱舞する支那と朝鮮ですけどね。www

  • 投稿者: 火天大有
  • 2010/02/28(日) 21:59:39
  • [編集]

donnatさん

酒飲み友達なら悪くはないかもしれませんが、おっしゃる通り小沢政権が4年も続いたらホントにヤバイと思います。



火天大有さん

>これで反省が無ければ、つぎはアメリカ~日本の順で大災害が起きるでしょう。

本当にそれだけはご勘弁ねがいたいです。


  • 投稿者: クロフネ@管理人
  • 2010/03/02(火) 00:51:22
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する


・いつもコメント&TBありがとうございます。

アダルト系ブログからの、サイトポリシーに違反したコメント・TBが後を断たないため、受信したコメント・TBを管理人が審査することにしました。

サイトポリシーに違反したものについては予告無く破棄します。

また問題の無いコメント・TBを頂いても表示されるまで少し時間がかかります。 悪しからず御諒承ください。

「管理者にだけ表示を許可する」にチェックを入れると、管理人だけが読める非公開コメントになります。 非公開コメントを下さる方のプライバシーを尊重し、あえてお返事をしておりませんが、「公開コメントでも良いのでレスが欲しい」という方は、非公開コメントにその旨をお書き添えください。
                

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。