初めていらっしゃった方へ

スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

民主党、北朝鮮と極秘交渉

  • 2010/01/08(金) 00:15:38

 昨年から鳩山首相がたびたび北朝鮮への訪問に意欲を見せている。

先月11日にも「北朝鮮に行く必要が出てきたときには体を張っていくべきだ」と述べた。

参考記事 

こうした発言は民主党が昨年来、政権を取る前後から北朝鮮と極秘交渉を行っていたことと大きな関係がある。

昨年夏ごろから、小沢幹事長に近い人物が北京にある北朝鮮大使館をたびたび訪問し、また官邸サイドの意向を受けた民主党関係者が別ルートでも北朝鮮側と接触していると産経新聞が報じている。

参考記事 

 昨年5月北朝鮮は核実験を強行し、国際社会から制裁を受けている。

麻生政権も国際社会の先頭に立って厳しい態度でのぞみ、北朝鮮は食糧難にみまわれるなど大変苦しい立場にある。

頼みの武器輸出も、武器を輸送する船舶や輸送機が各国に発見され思うようにいかない。

当時野党だった民主党や社民党は、北朝鮮への制裁は相手を刺激するだけで何も得るところはないとして反対したが、麻生政権はそれを振り切って厳しい処分を下した。

追いこまれた北朝鮮は、それまでのアメリカ一辺倒だった交渉の窓口を日本や韓国にも開かざるを得なかったわけだが、麻生政権の制裁措置のおかげで北朝鮮を交渉のテーブルに引っ張り出してこれたのに、実際北朝鮮と交渉するのは制裁に反対した民主・社民連立政権だというのだから皮肉なものである。

 民主党政権と北朝鮮との極秘交渉で懸念されるのが、民主政権が国益よりも党益を最優先させて国を売りはしないかということだ。

中国の習近平副主席の来日では、小沢訪中団が胡錦涛国家主席との”握手会”を滞りなく実現させるため、天皇陛下と習との会見が民主党政権によってゴリ押しされた。

小沢幹事長は訪韓した際、軽々しく天皇陛下の訪韓について示唆した。

いずれも国益より民主党の利益、民主党政治家の私益が最優先された結果だった。

小沢幹事長は日本が北朝鮮にカネを払って拉致被害者を返してもらうしかないと述べ、日本人拉致という北朝鮮のテロ行為に報奨金を与えてもよいかのような売国的発言をした過去がある。

さらにかつて小沢幹事長が属していた自民党・旧竹下派は北朝鮮とただれた関係を持っていて、当時の竹下派の有力者で小沢氏の後見人だった金丸信率いる訪朝団が、北朝鮮が独立した後の歴史についても日本政府として謝罪し、経済援助を約束してくるというトンデモない売国行為を行った。

そのウラには日本の公共事業利権を握る竹下派が、コンクリ用の良質な砂利を産出する北朝鮮とつながりを深めることで、大いなるキックバックがあったと噂された。

こうした経緯がある以上、民主党と北朝鮮の極秘交渉について警戒しないわけにはいかない。

金銭スキャンダルで支持率が急落する民主党政権を最浮揚させるため、外交の場でスタンドプレーに走る可能性が否めない。

一番懸念されるのが、北朝鮮が本気で拉致被害者を返すつもりがないのに思わせぶりなことを口にして、功を焦った民主党政権が、ほんらい謝罪も賠償も必要無いのに我々国民から徴収した巨額の税金を北朝鮮に渡して、それっきりというケースだ。

1965年の日韓国交正常化交渉のとき、韓国は自分たちを朝鮮半島唯一の国家であることを認めるよう日本側に強く要求し、日本側も韓国の要求を飲んで北朝鮮を非合法政権として韓国とだけ国交を開いた。

日韓国交正常化時に”植民地支配の清算”として、経済援助と民間信用供与で合計8億ドルが韓国に渡った。日本が朝鮮半島全体に投資した社会資本もいっさい放棄させられた。(ダム・鉄道・工場などで現在の価値に換算して17兆円以上といわれる)

それは朝鮮半島全体に対する”清算”であったことは、こうした経緯からも明らかだ。

もし北朝鮮が日本に金銭を要求しても日本はすでに韓国に全額払っているわけで、北朝鮮は自分たちの取り分を韓国に請求すべきなのだ。

しかし、北朝鮮にカネをもっていって拉致被害者を返してもらうしかないでしょと臆面もなく言い放つ人物が、日本の最高権力者だというのだから極秘交渉でどんな密約をするかわかったものではない。

国民の不断のチェックが必要だろう。

岡田外相は、日本外交の公開化を熱心に進めているが、ならば北朝鮮との極秘交渉も公開してはいかがか。




↑マスコミが伝えないことを一人でも多くの日本人に伝えるため、あなたの力をお貸しください↓
人気blogランキング


関連記事・カネで拉致被害者を買う

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

核の密約よりも

自民党が我が国を防衛する為に交わした核の密約と違い、こちらは我が国と民族の心身に深く強烈なダメージを与えそうで、とても看過できません。
可能な限り行動に出ます。

  • 投稿者: 火天大有
  • 2010/01/09(土) 19:04:47
  • [編集]

火天大有さん

>自民党が我が国を防衛する為に交わした核の密約と違い、こちらは我が国と民族の心身に深く強烈なダメージを与えそうで、とても看過できません。

本当にそうですね。

「外交官とは、自国の利益の為にウソをつく誠実な人間」なんて言ったりしますが、なんでもかんでも公開すれば良いというものではありません。

岡田外相はそうは考えていないようですが。

ソ連や中国の核兵器の脅威から日本を守るためにはああいう密約は必要悪だったと思います。

本来ならば改憲して自衛戦力の保持を認めるべきでしたが、民主党のような左翼勢力がそれを阻んできたわけです。

  • 投稿者: クロフネ@管理人
  • 2010/01/09(土) 21:18:59
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する


・いつもコメント&TBありがとうございます。

アダルト系ブログからの、サイトポリシーに違反したコメント・TBが後を断たないため、受信したコメント・TBを管理人が審査することにしました。

サイトポリシーに違反したものについては予告無く破棄します。

また問題の無いコメント・TBを頂いても表示されるまで少し時間がかかります。 悪しからず御諒承ください。

「管理者にだけ表示を許可する」にチェックを入れると、管理人だけが読める非公開コメントになります。 非公開コメントを下さる方のプライバシーを尊重し、あえてお返事をしておりませんが、「公開コメントでも良いのでレスが欲しい」という方は、非公開コメントにその旨をお書き添えください。
                

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。