初めていらっしゃった方へ

スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新年のご挨拶

  • 2010/01/05(火) 00:40:30

 改めまして日本国民の皆さん、新年あけましておめでとうございます。

旧年中は日本国ならびに当ブログに対して、あついご支援をいただき誠にありがとうございました。

本年もどうぞよろしくお願い致します。

 通常国会がまもなく始まりますが、そこで反日左翼の巣窟である民主・社民・国民新党連立政権が外国人参政権付与や外国人住民基本法案の成立をめざし本腰を入れてくることは必定です。 

日本の国にとって2010年はまさに正念場を迎えることになります。

いかなる困難が待ちうけようとも最後まであきらめず、この日本を、政府が自国民の利益を第一に考えて動くという当り前のことが当たり前にできる普通の独立国家とするために、精一杯がんばっていきましょう。 

 さて、今年の夏には参議院選挙があり、予見できるものとしてはここが2010年の大きな山場となるでしょう。

民主・社民・国民新党の売国政権にブレーキをかけるためにぜひ野党勢の奮起を期待したいところです。

ただ、野党といっても共産党ではお話になりませんし、みんなの党では規模が小さすぎます。

やはり安倍さんたちがおられる自由民主党に期待せざるをえないわけですが、昨年の総選挙後に「自民党は死に物狂いで改革をやらないといけない」と言ったにもかかわらず、臨時国会の質問者に加藤紘一氏を送りこんだり二階俊博選対局長の辞任を渋ったりと、谷垣執行部は改革の意味が全然わかっていない。

このまま自民党が消し飛んでも良いというのであれば敢えて引き留めはしませんが、そうではないはずでしょう。

小沢幹事長が率いる民主党は幹事長室に陳情窓口を一極集中させ、歯科医や農業・建設業など各種業界団体の組織票を固めることで”磐石の選挙態勢”を築こうとしています。

こうした手法はかつて1970年代80年代に猛威をふるった自民党田中派・竹下派の金権腐敗政治そのもの。

また民主党の経済政策も、政府が民間企業の箸の上げ下げまでいちいち介入して指導するような社会主義色の濃いもので、しかもそのベースには「強くて悪の企業VS弱くて正義の労働者」といういかにも左翼労働組合的な企業敵視思想があります。

日本企業を倒してしまって、どうやってひとりひとりの日本人労働者が巨大な外資企業との経済競争に勝てるのか、日本企業が倒れてしまっては、いったい誰が日本の労働者を雇って給料を払うのか、彼らとその支持者たちは自らの感情に左右されて後先を何も考えていない愚か者と言えます。

現在の日本は1970年代に向かって退化しているといえ、「失われた10年」は民主連立政権の誕生で「失われた20年」となるでしょう。

民主党の政策が遅かれ早かれ行き詰まり、国民の不満が高まるのは目に見えています。

自民党が政権与党に返り咲きたいなら、田中派・竹下派金権腐敗政治の復活や社会主義的経済政策への反対、これを対立軸にするより他ないと思います。

いきなり組織票に頼るなというのも無理かもしれませんが、民主党が業界団体との癒着による組織票に頼るなら、自民党は無党派層からの支持を得るにはどうすれば良いか、どうすれば無党派の風で業界団体の組織票を吹き飛ばすことができるかを必死になって考えるべきでしょう。

有権者の多数をしめる無党派の風を味方につけることは非常に難しいことですが、もしそれが可能になれば鬼に金棒です。

その意味で山崎拓氏や二階氏・加藤氏といった各種団体からの組織票は期待できるが身体検査にパスしそうにない政治家には第一線からご退場いただくのが、自民党にとって何よりの選挙対策。

たとえ自民党が各種業界・団体とのしがらみをかかえている汚れた政治家のおかげで政権にかえり咲くことができたとしても、またぞろそこをマスコミにつつかれて短命政権に終わるということになりかねません。

自民党が10年20年と政権を担える磐石の体勢をつくりたいなら、身体がキレイで政策立案能力が高く、必要とあらば”夜討ち・朝駆け”の辻立ちも厭わないようなアグレッシブで有能な政治家をそろえること、

そして権力を握った政党と結託した一握りの業界団体がむくわれ、残りの大多数が犠牲になるような政治をやるのではなく、”無党派層”というサイレントマジョリティを形成している、お父さんとお母さんそして子供たちがいるサラリーマンや自営業を営む普通の家庭を第一に考える政治をすること

遠回りのようでいてこれこそ最短距離の王道だと思います。

ただ政党・政治家も補給(政治資金)が受けられなくては戦えないわけで、その手当ては何とかしなければなりません。

民主党による企業敵視の社会主義的経済政策や、ムチャクチャな環境政策に反感をおぼえる経済界の有力者も多いはずです。(たとえば鉄鋼業界など)

自民党が政権を奪還したあかつきには政府の企業敵視をやめさせ、しっかりとした成長戦略と産業政策を打ち出して政府が日本企業の経営をサポートし、企業が中心となって日本人の仕事をつくりだすことで企業・労働者・政府が共に成長していける体勢を整えますと約束すれば、経済界から自民党への支援も増えるのではないでしょうか。

無駄な天下り用特殊法人の廃止といった”脱官僚主義”は今や有権者の誰もが望む国是となっており、自民党がこれについて積極的に取り組むことは政権奪還を果たす上で不可欠です。

さらにマスコミに頼らず自らネットで情報を収集し自分の頭で考えることができる”情報強者”ほど民主党への支持が低いと思われるので、自民党はネット界との連携を強めるべき。

 民主連立政権に対抗して、国民の所得や企業経営が安定するようなまっとうな経済政策を打ち出し、汚れたベテラン政治家をすべて退場させ脱官僚主義をすすめるというホンキの姿勢を見せる。

これによって無党派層の支持を得て政権を獲得し、早急に外国人参政権付与のような売国政策を阻止し、何年かかけて日本をまっとうな独立国とする。
 

まともな経済政策・外交安全保障政策を持つ政党が日本に現れることを国民の一人として切に願いつつ、この政権奪還戦略の提案をもって新年のご挨拶がわりと致します。




↑本年もどうぞよろしくお願い致します↓
人気blogランキング

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

今年を普通の国元年に

些末な問題を語る前に、自国の歴史、国家と民族に愛着を表す国民が迫害や侮蔑されず、普通に愛国心や客観的な歴史を普通に語れる国に戻す事。
誰が暗躍決裁しているのか、【あいこくしん】と打ち込むと愛国神としか変換されない不思議な風潮を改善する事が初夢ですが、それ自体が情けなくて泣けて来ます。

  • 投稿者: 火天大有
  • 2010/01/05(火) 16:06:51
  • [編集]

火天大有さん

あらためまして、新年おめでとうございます。

>今年を普通の国元年に

>自国の歴史、国家と民族に愛着を表す国民が迫害や侮蔑されず、普通に愛国心や客観的な歴史を普通に語れる国に戻す事。

本当ですね、私もこれを切に願います。

「求めよ、さらば開かれん」「苔の一念岩をも通す」です。

>【あいこくしん】と打ち込むと愛国神としか変換されない不思議な風潮を改善する事が初夢ですが、それ自体が情けなくて泣けて来ます。

私の環境だと、”元寇”は一発変換されませんが、”倭寇”だと変換されます。

なんかの陰謀でしょうか(苦笑)

  • 投稿者: クロフネ@管理人
  • 2010/01/07(木) 00:57:12
  • [編集]

謹賀新年

クロフネ様

新年のご挨拶遅れました。申し訳ありません。

新年明けましておめでとうございます。
旧年中はお世話になりました。
本年もよろしくお願いいたします。

  • 投稿者: ひろ
  • 2010/01/12(火) 18:50:52
  • [編集]

ひろ さん

こちらこそあけましておめでとうございます。

ひろさんによって良い年となりますように。

  • 投稿者: クロフネ@管理人
  • 2010/01/13(水) 00:26:33
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する


・いつもコメント&TBありがとうございます。

アダルト系ブログからの、サイトポリシーに違反したコメント・TBが後を断たないため、受信したコメント・TBを管理人が審査することにしました。

サイトポリシーに違反したものについては予告無く破棄します。

また問題の無いコメント・TBを頂いても表示されるまで少し時間がかかります。 悪しからず御諒承ください。

「管理者にだけ表示を許可する」にチェックを入れると、管理人だけが読める非公開コメントになります。 非公開コメントを下さる方のプライバシーを尊重し、あえてお返事をしておりませんが、「公開コメントでも良いのでレスが欲しい」という方は、非公開コメントにその旨をお書き添えください。
                

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。