初めていらっしゃった方へ

スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

倣岸不遜な小沢民主党

  • 2009/12/15(火) 00:43:32

 世界各国の要人が天皇陛下とお会いする場合、1ヶ月前までに文書で申請するよう求めている”1ヶ月ルール”。

今上陛下が前立腺がんの手術を受けられた平成16年の翌年から、このルールは厳格に守られてきた。

相手国と日本との関わりについての情報収集など、会談に向けて入念な準備をなされる陛下のお体のため、また人口数万の国から十数億という大国にいたるまで日本が世界各国と公平・平等にお付き合いするためのルールでもある。

その1ヶ月ルールが民主・国民新・社民党連立政権によって破られるという前代未聞の不祥事が明らかとなった。

14日来日した中国の序列6位・習近平副主席と天皇陛下との会談を、1ヶ月ルールに違反する形で鳩山政権が急きょセッティングしたのだ。

 時事通信・読売・産経などマスコミ各社が報じているが、この会談の実現を働きかけたのは小沢幹事長だという。

読売が詳報しているが、先月20日に来日した中国の楊潔チ外相が小沢幹事長や鳩山首相と国会内で会い、習近平が天皇陛下と会談できるよう協力を要請したとされる。

だが宮内庁は、世界各国を公平に扱うべき1ヶ月ルールに反する上に「陛下のご健康がすぐれない」として、外交ルートで会談は困難と中国側へ伝えた。

参考記事 

これに対し中国側は猛烈な巻き返し工作を実施し、何としても1ヶ月ルールを破棄して会談を実現させるよう民主党政権に働きかけた。

今月9日に崔天凱・駐日中国大使と会談した小沢氏は、まだ天皇陛下と習の会談がセッティングされていないことを知り、平野官房長官になんとかするよう直接働きかけ、平野長官は宮内庁の羽毛田長官に会談実現をゴリ押しした。

小沢幹事長が600人の民主党議員ら関係者を連れて北京を訪問、胡錦涛国家主席と会談している頃と前後して、会談の実現が決まったと言う。

参考記事 

羽毛田長官は、こうした経緯を説明したうえで「二度とあってほしくない」と不快感を表明したが、小沢幹事長は「辞表を書いてから言え」と羽毛田長官を一喝。

参考記事 

参考記事 

小沢幹事長は「憲法を読め」とか「1ヶ月ルールなんて誰がつくった」などと的外れな批判をしているが、仮に憲法や法律に書いていなくとも1ヶ月ルールは事実上の慣習法となっていたと考えられる。

どの国もそのルールに従って天皇陛下とお会いしていたのだから、国際慣習といっても良いだろう。

小沢幹事長は民主主義の勉強と称してイギリスを訪問するが、イギリスでは慣習・コモンローが憲法の一部にさえなっている。

天皇に助言と承認を与える立場の歴代政権が1ヶ月ルールを守る中で、民主党政権だけがルールを破り自分達だけを中国だけを特別扱いしたからこそ問題になっているのだ。

思い上がりもはなはだしい。

「この世をば わが世とぞ思ふ 望月の 欠けたることも なしと思へば」という歌を詠んだ人もいたが、「小沢一郎、私こそが憲法だ」とでも言うつもりだろうか。

民主主義とは、選挙で勝てば平等主義を破っても良いということではない。
そこを履き違えている。

習近平と天皇陛下との会談は「手違いがあった」としてキャンセルすべきだ。
もちろん頭を下げるべきは鳩山首相と小沢幹事長である。

 さて習近平という人物だが、共産党幹部という”特権貴族層”の子弟・太子党の代表的人物といわれ、江沢民・前国家主席をトップする上海閥とも関係が深いとされる。

上海閥と熾烈な権力闘争を繰り広げる団派(共産党青年団派)のトップは胡錦涛・現国家主席だが、習は団派の”ホープ”李克強・副総理を出しぬいて次期国家主席に一番近いところまで来ている。

外交ルートを通じて一旦断られたにもかかわらず、世界二百数ヶ国のなかで中国だけは”1ヶ月ルール”にとらわれず習と天皇陛下との会談を認めるという特権的地位を日本側にゴリ押し要求したのは、まず次期国家主席の最右翼とされる習がポスト・胡錦涛の地位を固めるための権威付けに天皇陛下を利用したいというのが一点。

さらに日本(というか民主党政権)が属国として”宗主国・中国”からの無理難題を受け入れるか、その踏絵をふますという目的が二点目であろう。

天安門事件による世界からの制裁を打破するため、天皇陛下の訪中を政治利用した中国。
その悪夢が蘇る

 日本を属国扱いして”宗主国待遇”を求める中国も横暴だが、それを「ごもっとも」と土下座して受け入れる民主党政権の売国奴ぶりにはあきれ果てる。

近年外務省はかなりまともになってきているが、事務方がまともでも政治側がデタラメでは意味がない。

上海閥といえば曽慶紅・元国家副主席で、日本における対中ODA利権の中国側窓口が曽であり、日本側の窓口は自民党田中派であった。

この腐ったパイプのおかげで、失われた日本の国益は計り知れない。

今でこそ民主党にいるが、もともと小沢氏は自民党田中派で育った”角栄の子供たち”の一人だ。

習近平と近いとされる上海閥から小沢幹事長に天皇陛下と習との会談セッティング要請が来たとしても不思議はない。
(マスコミ報道を小沢氏本人は否定しているが)

民主党関係者600人を引き連れて北京に”参内”した小沢幹事長は、「私は人民解放軍の野戦軍司令官として(日本の解放へ)頑張っている」と語った。

参考記事 

もし報道が事実であれば、自分の鶴の一声で天皇さえ意のままに動かせることを証明した小沢幹事長はさぞご満悦だったことだろう。

続いて訪問した韓国では、来年の天皇陛下訪韓まで示唆した。

来年の日韓併合100周年を機に、韓国において「日王の訪韓と謝罪」を要求する声が一部で高まっている。

そうしたことを念頭に韓国政府が天皇陛下訪韓を要請しているさなかでの小沢発言である。

参考記事 

民主党政権の最高実力者・小沢氏は「国会議員なんだからそれくらいわかるだろ。自分で考えろ」と言う。
周囲も小沢氏の逆鱗に触れぬよう、無言の圧力を汲み取って動くという。

参考記事 

重要な宮中祭祀のお勤めも控えられている天皇陛下のお体のことをまったく考えず、まるで自分の手駒のような扱いで「急きょ誰それと会え、韓国へ行け」というのであれば、こんな傲岸不遜な人物は見たことがない。

崇峻帝の弑逆に及んだ蘇我氏専横に匹敵する日本の危機やもしれぬ。





↑小沢幹事長と民主党は許せないと思う方はポチッとしてください↓
人気blogランキング

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

小沢の態度はむかつきますが、憲法上は間違った発言はしていないと思います。このようなことが生じないためにも我々は「改憲」を求めなくてはならないのだと思います。浅学なので勘違いがあったらすみません。

  • 投稿者: izumineko
  • 2009/12/15(火) 09:14:11
  • [編集]

お久しぶりです

いやぁ・・呆れましたよ。
中国側の政治権力闘争に、皇室を巻き込んじゃったのだから、これは現政権の婉曲的な「憲法違反」と感じます。メチャクチャだなぁ。

  • 投稿者: SAKAKI
  • 2009/12/15(火) 09:34:01
  • [編集]

すでに暴走ではないの?

驕れる者、太政大臣 平の入道なり。

小沢一郎の記者会見はマスコミが編集したものなのでどこまで信用していいのかという疑問は残っています。マスコミは都合のいい所だけを編集天才ですからうっかり乗せられるのは避けたい。
まずはその会話になった経緯を知りたいです。

その分を差し引いても小沢一郎の発言は遺憾です。
法律やルールは人が作ったものですから、変えるのも反故にするのも自由です。その責任者の良心に託されます。
その意味で民主党がごり押しするのは彼らができる権利と言えます。(遺憾ですが、それこそ彼が言う『民主主義』という奴です。)
政治的配慮から行ったのなら、『政治配慮』(政治利用)ですと言えばいい。それを『政治利用でない』とはなんと恥ずかしいこと言っているのか?

●を○と言っているようなものです。
すでに、“驕れる平家になったのだなー!”と感じてしまいました。
平家の世は何故か短いのです。

  • 投稿者: donnat
  • 2009/12/15(火) 09:47:11
  • [編集]

ついに小沢が前に出て来ましたね。しかし不用意な。権力の絶頂にあると奢ったんでしょうか?
民主党は小沢独裁政党。そしてその本質は戦争でこてんぱんにやられて日本人の誇りも自信も何もかもを失い、無意識の内に日本以外の権威や権力に隷属しようとする戦後日本人の悪しき負の遺産にも見えます。保守寄せパンダと揶揄された議員に同情の声もありましたが、ここに至って自らの政党に何も言わない彼らはやはりパンダが相応しい。彼等を一掃する事こそが新しい日本国の一歩となるでしょう。

  • 投稿者: 初心者
  • 2009/12/15(火) 11:10:45
  • [編集]

最早言うことはないですね(´・ω・`)

あそこまで最悪な事を言えば衆議院選は大敗する事を解っているはずですがどおやら外国人参政権や永住法改正案を強行採決する事で票を確保する算段のようです。施工日もおそらく異例の速さで行う可能性もあります。

今日の普天間合意破棄宣言により日米関係は更に冷え込みました。
オバマ氏は当初の「中国に安保委託する案」をちらつかせています。
そろそろ限界かもしれません。サヨクが友好平和を望むとなぜか血と硝煙の匂いとそして軍靴の音が近づいている気がします。
というか歴史上の戦争の『全て』はそういった左翼思想が招いているのが事実です。
『過ちは平和の享受により、家畜の豚と成り下がった大衆が招くのである。』
「疑い」を忘れることで「信じる」の意味を失い、「信念」すら持たなくなった家畜に未来はないと思います。そして平和はその豚共が非難している人間によって守られている事を知らないし、知ろうともしない。

「最前線で戦う人間の気持ちなぞ平和ボケの連中に解るわけがない。」

きつい言葉ですがこれから始まるであろう地獄よりかは遥かにマシです。
このブログを見ている方々はそろそろ「備え」をした方がよいかもしれません。

民主党が政権をとったら起こる「最悪の想定」が駆け足で近づいて来ています。
もう・・・笑えない。今、日本は崖に自ら一歩踏み出しました。

  • 投稿者: ショボケン
  • 2009/12/15(火) 12:07:21
  • [編集]

羽毛田宮内庁長官という愛国詐欺師にご注意下さい
http://restororation.blog37.fc2.com/blog-entry-1893.html

  • 投稿者: 羽毛田宮内庁長官という愛国詐欺師
  • 2009/12/15(火) 14:57:46
  • [編集]

陛下の御勤め

失礼ながらコメントさせて頂きます。大変知的刺激を受けることができるエントリー感謝いたします。
天皇陛下は現在一年でもっとも大切な神事の真最中だということらしいです。そしてこの神事は日本全体、また日本国民にも関わる大変重要な神事。最高神官としてのお勤めという事。
伊勢ー白山 道「陛下には神事が最重要」
http://blog.goo.ne.jp/isehakusandou
一介の政治家の愚行によりこの大切な時期に天皇陛下が様々な負担を強いられるとは大変残念です。

  • 投稿者: 道
  • 2009/12/15(火) 22:00:21
  • [編集]

izuminekoさん

>小沢の態度はむかつきますが、憲法上は間違った発言はしていないと思います。

私はやはり憲法上も問題かと思われます。

時の政府が天皇の政治的パワーを認め、それを外交において恣意的に使うというのであれば「君臨するし統治もする」という危うい一線を越えかねないものです。


SAKAKIさん

まさに「婉曲的な憲法違反」という表現がピッタリの状況ですね。


donnatさん

>政治的配慮から行ったのなら、『政治配慮』(政治利用)ですと言えばいい。

まさにそうなんですが、そうなると象徴天皇の部分を憲法改正しないといけません。


初心者さん

保守寄せパンダですか。言い得て妙ですね。


ショボケンさん

>サヨクが友好平和を望むとなぜか血と硝煙の匂いとそして軍靴の音が近づいている気がします。

左翼の本質は右のファシズムと同じコインの裏表ですからね。


羽毛田宮内庁長官という愛国詐欺師さん

今回に限っては羽毛田長官の方が正しいと思いますよ。


道さん

>天皇陛下は現在一年でもっとも大切な神事の真最中だということらしいです。

そうだったんですか。

それを一政治家・一政党の利己心・虚栄心で左右するとは許せません。

  • 投稿者: クロフネ@管理人
  • 2009/12/16(水) 01:18:19
  • [編集]

まあ何と言うか・・・

今回の事件は評価にも値しない傲慢不遜で不敬の謗りを免れない。
私は小沢を赦せとは言っていないが、小沢の命脈は既に尽きています。
可能ならば(不可能だとは想いますが)近日中に大人数で小沢に会おうかと思っています。
どんな手段で、どのメンバーでかは内緒ですが、実現したら皆が踊っているのは小沢の虚像だと言う事を満天に知らしめるつもりです。
それにしても歯痒い。

  • 投稿者: 火天大有
  • 2009/12/16(水) 18:34:55
  • [編集]

火天大有 さん

>実現したら皆が踊っているのは小沢の虚像だと言う事を満天に知らしめるつもりです。

これまた何を暗示しているのか気になります。

  • 投稿者: クロフネ@管理人
  • 2009/12/16(水) 23:26:57
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する


・いつもコメント&TBありがとうございます。

アダルト系ブログからの、サイトポリシーに違反したコメント・TBが後を断たないため、受信したコメント・TBを管理人が審査することにしました。

サイトポリシーに違反したものについては予告無く破棄します。

また問題の無いコメント・TBを頂いても表示されるまで少し時間がかかります。 悪しからず御諒承ください。

「管理者にだけ表示を許可する」にチェックを入れると、管理人だけが読める非公開コメントになります。 非公開コメントを下さる方のプライバシーを尊重し、あえてお返事をしておりませんが、「公開コメントでも良いのでレスが欲しい」という方は、非公開コメントにその旨をお書き添えください。
                

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。