初めていらっしゃった方へ

スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デフレの原因(その1)

  • 2009/11/03(火) 01:27:06

 鳩山外交のダメっぷりは相変わらずだが、今日はちょっと目先を変えて我々の生活に密接にかかわる経済の話をしたい。

今日の産経新聞朝刊一面は”デフレの恐怖”という特集だった。

参考記事 

デフレの定義は「持続的な物価下落」とされるが、今年前半から全国消費者物価指数が下がり始め、デフレ色が再び濃くなってきた。

今年9月の全国消費者物価指数(生鮮食品を除いたコアCPI)は前年同月比2.3%の下落で、7ヶ月連続のマイナスとなった。

物価の下落が企業の儲けを減らし、給料の減少どころか失業者を増やしてしまう。
それがますます商品が売れない原因となって物価を下げる。

いわゆる”デフレスパイラル”だが、そうした悪い兆しが見え始めている。

デフレというのは、商品(モノ)に比べてお金が少ないという状態であり、モノが余りぎみだから値段が下がり、逆にお金の価値が高まると考えてよいと思う。

 それでは、日本のデフレの原因とは何だろうか?

その原因は複合的なものでいくつか考えられる。

産経新聞の記事にあるように、1円でも安い商品を求め”もったいない”を美徳とし「消費は浪費につながる悪」とみなす日本人の民族性が一つ。

これも記事で触れられているが、ライバル企業が値下げしたら赤字になろうが倒産しようが自分も値下げせずにはおられず、まず低価格競争でお客さんにアピールしようとする日本商人の習性が一つ。

最後に世間ではあまり指摘されていないようだが、私が考える日本のデフレ最大の原因は中国である。

 世界最大の人口を擁するこの国は、かつては社会主義のもと世界経済とは切り離された、いわば”ひきこもり”の貧困大国だった。

それでも中国経済の強さや「社会主義体制の資本主義体制に対する優越性」をアピールするために見栄をはり、実力をはるかに越える高いものが人民元の対ドル交換レートとして北京政府によって設定されていた。

かつて毎日放送系列で放映されていた番組”世界まるごとHOWマッチ”で、司会である大橋巨泉氏の隣にいたおねいさんが人民元札を手に持って、「1人民元は約100円です」とやっていたのを憶えている。(現在の相場では1人民元は約13円。 同じ時期、記憶が確かならばソビエト・ルーブルは240円だったはず)

しかし1992年、最高指導者である小平が深センなどを訪問して”南巡講話”を発表、”社会主義市場経済”の導入によって改革開放政策のスピードをいっそう速めることを宣言した。

北京政府がどう言い訳しようが「中国の資本主義化と世界経済競争への参入」に他ならなかった。

94年には人民元を”管理変動相場制”に移行させ、北京政府が見栄で決めていた公定レートと実勢レートを一本化するのにあわせ、人民元の対ドルレートを33%も切り下げた。

むかし1人民元は100円ぐらいだったのに現在13円前後まで安くなっているのは、これが大きく関係しているが、中国がモノをつくって輸出するときそれだけ値段が安くなるというわけだ。

(値段1元の商品をつくって日本に売るとき、それまで100円していたものが13円に値下がりしたということ)

こうして中国がしかけたグローバリゼーション戦略によって、日本円に直してラーメン一杯何円何十銭というレベルの物価で暮らす年収数千円以下の人達が、億単位で世界経済に組みこまれたのである。

これでは世界に強いデフレ圧力がかかるのも当然だろう。

このグラフを見てみると、中国が社会主義市場経済を開始した92年あたりから日本の物価上昇が明らかに鈍化を始めている。

アジア通貨危機のあった97年ごろには物価が上昇しているが、これは通貨危機によって中国を含めたアジア各国で生産が縮小したせいかもしれない。

だがそれを乗りきると再び物価上昇は伸び悩み、ついに99年にはマイナスに落ち込んでしまった。

これは中国経済の成長と逆比例している。

世界全体の消費能力に比べ、中国の生産能力があまりにも大きすぎるということではないか。

それではデフレ脱出のため、日本はどうすれば良いのだろうか?

次回に続く




↑マスコミが伝えないことを一人でも多くの日本人に伝えるため、あなたの力をお貸しください↓
人気blogランキング

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

無い無い尽くし

こればっかりは穏やかな解決法が見つかりません。
1日も早く人民解放軍の内部崩壊を画策して、国籍を問わず在外の大陸系中国人を送還し、人民元を完全変動相場制に移行させることくらいでしょうか。

  • 投稿者: クマのプータロー
  • 2009/11/03(火) 06:25:23
  • [編集]

三重苦

13~4年前になるかと思いますが、当時私は「三重苦」を唱えていました。
1.バブル崩壊  2.少子化  3.賃金が三十分の一で人口が10倍の中国が隣にある  でした。
よって、日本を短期間で成長路線に持って行くのは難しい。と言っていましたが、誰も興味を示してくれませんでした。

また、デフレの定義=2年続けて消費者物価が低下する、はおかしい。それはコストを無視している。
中国で生産し生産コストが大幅に下がる事により、粗利益は前期よりアップしているのに、売価は下がっている場合でも、デフレと言えるのかとも言っていましたが、やはり誰も興味を示しませんでした。
此れを私はユニクロ理論と言っていました。

経済は詳しい人だけで議論しないと、変な方へ行ってしまいます。

最近では郵政民営化について、保守派(城内氏などの取り巻き)が、アメリカの陰謀論を唱え、異常なまでに、郵政を国営に戻すべきと言っています。
郵政民営化のご褒美に竹中平蔵氏に、2兆円がCIAから渡っていると真面目に言っている人が居ます。

  • 投稿者: 八目山人
  • 2009/11/03(火) 14:38:40
  • [編集]

目からうろこの日本歴史の真実を


日本の本当の歴史
http://hanausagi.iza.ne.jp/blog/

拡散希望します。
誇れる日本の歴史を。

  • 投稿者: 2
  • 2009/11/03(火) 15:02:32
  • [編集]

中国の影響は大きいが妥協しなければ何とでも

こんにちは、donnatです。

中国の生産力は凄まじいものがあります。
特に、米・欧がその利権を狙って投資するために市場規模が拡大する一方です。
しかし、欧州では中国が国力を増強しても他人の庭であって、そこで紛争が起ころうと何が起ころうと遠いアジアの事だと考えていることが危険です。
(言っても仕方ないことですが・・・。)

さて、
デフレ等の対策ですが、外圧に屈しない勇気さえあれば、関税を0(ゼロ)にしてもおつりが出すことができます。
簡単に言えば、安全基準の徹底であります。
食品や製品に安全基準の徹底を施し、世界で最も高い安全を義務付けを強制することです。もちろん、これは国内産業にも適用されます。
さらに、事件や事故が起こった場合の対策保障を義務付けであります。つまり、保険であります。
この保険金の積み立てが差益の大きな障害となり、価格の調整機能になるのです。安いことには安いリスクがあり、当然保険金が上がり、価格に転化され安い商品が安く輸入できない。または、現地でのランニングコストが高価になり、差益の還元に繋がると思われます。

最もこれをすれば、米の畜産・農業関係者が政府圧力を掛けてくるのは必定。
この覚悟があればできるのですが・・・
やはり、無理でしょう。

  • 投稿者: donnat
  • 2009/11/03(火) 17:00:51
  • [編集]

クマのプータロー さん

>人民元を完全変動相場制に移行させることくらいでしょうか。

国際社会が一致団結して圧力をかけるべきなんですがやれないでしょう。特にアメリカが。

中国も近隣窮乏化政策は手放さないと思いますし。


八目山人さん

>3.賃金が三十分の一で人口が10倍の中国が隣にある でした。 よって、日本を短期間で成長路線に持って行くのは難しい。と言っていましたが、誰も興味を示してくれませんでした。

八目山人さん、鋭い洞察でしたね。

>近では郵政民営化について、保守派(城内氏などの取り巻き)が、アメリカの陰謀論を唱え、異常なまでに、郵政を国営に戻すべきと言っています。

郵政民営化は功罪相半ばする政策でしたが、アメリカ陰謀論はどうかと思います。

もしそうだとしても絶対に国有化しなければいけないということはないでしょうし、国士を自負する人が郵政株を買い占めるなり、郵貯をおろすなりすれば良い。

むしろ郵政ファミリーが国民に向かって「自分たちのメシの種を守ってくれ」と叫んだところで石を投げられるだけでしょうから、それを正当化するために「アメリカに国民の財産が乗っ取られる!」とプロパガンダを流しただけでしょう。

実際には「郵政公務員に国民の資産が乗っ取られていた」が正確ですが。

それをプロパガンダと見ぬけない一部の保守派の人達がまんまと乗せられてしまったと。


donnatさん

>最もこれをすれば、米の畜産・農業関係者が政府圧力を掛けてくるのは必定。
この覚悟があればできるのですが・・・ やはり、無理でしょう。

おっしゃるとおり、「非関税障壁だ」と外国から非難ごうごうでしょうね。

  • 投稿者: クロフネ@管理人
  • 2009/11/05(木) 00:56:15
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する


・いつもコメント&TBありがとうございます。

アダルト系ブログからの、サイトポリシーに違反したコメント・TBが後を断たないため、受信したコメント・TBを管理人が審査することにしました。

サイトポリシーに違反したものについては予告無く破棄します。

また問題の無いコメント・TBを頂いても表示されるまで少し時間がかかります。 悪しからず御諒承ください。

「管理者にだけ表示を許可する」にチェックを入れると、管理人だけが読める非公開コメントになります。 非公開コメントを下さる方のプライバシーを尊重し、あえてお返事をしておりませんが、「公開コメントでも良いのでレスが欲しい」という方は、非公開コメントにその旨をお書き添えください。
                

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。