初めていらっしゃった方へ

スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天皇陛下のお言葉がマンネリと岡田外相

  • 2009/10/26(月) 21:53:51

 世界の君主制国家には、いろいろなタイプがある。

西欧諸国やカナダ・オーストラリアのように「君臨すれども統治せず」で、実際の政治は国民から選ばれた首相がやる国。

あるいはアジア・アフリカ諸国に多い、君主みずから国家を動かす絶対君主制を敷く国。

タイのように、普段は王様が政治の表舞台におでましになることはないが、いったん国家の土台をゆるがせるような大事件が起こった時は首相と軍の最高司令官を膝元に呼びつけて、「いい加減にしなさい」と一喝し、たちまち事を収めてしまう国もある。

 私は、国民統合の象徴としての皇室に日本独自の文化を守り、国民と共にその文化を育てていただきながら、自由と民主主義のもと、時代にあわえて社会を改革していく立憲君主制国家・日本が大好きである。

共和国も悪くはないが、国家の象徴たる元首を大統領にすると場合によっては選挙等でとんでもない人物が”国家の顔”になるとも限らず、立憲君主制にもとづく民主主義国家がやはり理想的な政体なのではないかと私は考えている。

 きょう26日、第173臨時国会が開かれ、天皇陛下から「国会が、当面する内外の諸問題に対処するに当たり、国権の最高機関として、その使命を十分に果たし、国民の信託にこたえることを切に希望します」とのお言葉をいただいた。

参考記事 

 これに先だつ23日の閣僚懇談会で、岡田外相が「大きな災害があった直後を除き、同じあいさつをいただいている。(天皇陛下に)国会に来ていただいているのだから、よく考えてもらいたい」と語った。 

参考記事 

岡田外相の発言は誰に向けたものであれ、「天皇陛下のお言葉はいつも同じでマンネリだから変えた方が良い」というふうにしか受けとめられないのだが、立憲君主制にもとづく民主国家・日本の土台をゆるがしかねない問題をはらんでいる。

陛下のお言葉をどうすべきか、内閣において検討の余地はあると思うが、どこからどこまでが憲法上の制約を逸脱した政治的なものになってしまうか線引きが難しく、場合によっては時の権力者が悪用し、「天皇陛下のご発言」を利用して自分の言いたいことを世間に広めようとするかもしれない。

「壊れていないならば直すな」という言葉があるが、現状、天皇陛下のお言葉に特に大きな問題がない以上、それをあえて大きく変更する必要はないと思う。

 最高裁判決に逆行する、千葉法相による不法入国者への在留特別許可付与なんかもそうだが、自民党旧竹下派と旧社会党の野合ともいえる鳩山左翼政権の”革新性”が、憲法や民主主義システムをぐらつかせるような事例が多すぎる。もちろん日本独自の文化もそうだ。

外国人への参政権付与や、中国などへの主権の委譲・東アジア共同体創設については今さら言うまでもない。

それでいて「民主・社民・国民新党連立政権を支持するものが真の保守だ」という人がいるのだから噴飯ものである。




↑マスコミが伝えないことを一人でも多くの日本人に伝えるため、あなたの力をお貸しください↓
人気blogランキング


この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

祝辞に対して心が籠もって無いと注文つけるのは普通に考えておかしい事の筈だと思うのですがそれも理解出来ないのでしょうか。この手の人達は群盲像を撫でるというか何故そうなのかという事に想像が及ばなかったり、そのものを成り立たせている根本を理解出来てないアホ発言を繰り返します。生まれが良いだけとか試験の出来が良いだけで戦場では役に立たないエリート、かつての帝国陸海軍もこんな連中が大手を揮って歩いていたんでしょうね。そう思うと大日本帝国が潰れてしまったのもわかる気がします。二の轍は踏みたくないのですが、みんな理解してるのかなぁ。

  • 投稿者: 初心者
  • 2009/10/27(火) 01:12:25
  • [編集]

民主って完全な左翼政権でしょう

伊藤忠で活躍された経済人で、今はアメリカに住んで居られる北村氏の意見を、下に貼っておきます。

クライン孝子氏が、ドイツと比べると日本はダメだと言うように、この北村氏は、日本と比べるとアメリカはこんなに良いという事が多いです。ただ、いわゆる左翼では有りません。

http://agora-web.jp/archives/783385.html

ところで、「民主・社民・国民新党連立政権を支持するものが真の保守だ」と言っている人とは、誰のことですか。

  • 投稿者: 八目山人
  • 2009/10/27(火) 11:40:15
  • [編集]

岡田 克也が言うからおかしくなる

こんばんわ、donnatです。

岡田 克也に何か意図があったのか?
原理論者と思っている岡田からこのような言葉がでたのは驚きであった。単に驕って出た言葉だろうか、それとも天皇の尊厳を利用しようとするつもりか、天皇の尊厳そのものを落とそうとする戦略だろうか、私は怒るよりそちらの方が気になった。

クロフネ氏も内閣が天皇のお言葉を利用することを書かれていたが、左派内閣の鳩山政権で天皇のことを語られると背筋が寒くなる。

普段から天皇に対して、尊敬の念を持たれている方から出た言葉なら素直に心に響くと思う。
確かに天皇のお言葉を身近に感じたいという思いはある。
「国会のみなさん、困難な政治や経済に取り組む、その姿勢は大変りっぱなものと思います。しかし、国を思うあまり、国民を思うあまりに、野次や罵倒といった、りっぱな紳士淑女の行為とは思えない行為は、将来を見据えた青年や少女の為にならないと思います。どうか、紳士淑女としての心構えを忘れずに政務にたずさわって下さい。」
などと言っていただけると、私も心からすっきりとするというものである。

私の尊敬する安岡正篤氏が存命なら、
顔を赤めて怒り狂うだろうか?
腕を組んで苦笑いをされるだろうか?
(先生が存命の頃は、私は学生で先生の事を知りもしないかったのでの、その人となりは本以外では知る由もないのだが・・・)

しかし、あえて今騒ぎたてる行為ではない。岡田克也の行為は波静かな湖畔に石を投げ入れたような行為である。
実に、無様で醜い行為である。

  • 投稿者: donnat
  • 2009/10/27(火) 23:42:52
  • [編集]

初心者さん

>祝辞に対して心が籠もって無いと注文つけるのは普通に考えておかしい事の筈だと思うのですがそれも理解出来ないのでしょうか。

岡田外相の真意は、よくわからないですね。

改革をアピールしたいがためのスタンドプレーに走って、深いところまで思いが至らなかったのか、それとも何か意図するところがあったのか。

ともかく、あまり適切な発言ではなかったと思います。


八目山人さん

>ところで、「民主・社民・国民新党連立政権を支持するものが真の保守だ」と言っている人とは、誰のことですか。

総選挙前から、社民党や国民新党へのリンクを張りつつ民主党への政権交代を訴えていたプロパガンダ・ブログなんかそうですね。「自民党政権で日本が乗っ取られる!」とか言いながら。

人気ブログランキングあたりを流して見ればだいたい見当はつくのではないでしょうか。

もし民主党政権を誕生させた後、しれっとした顔をして過去記事を消去し、民主政権批判を始めているようでしたら、もっと軽蔑しますが。


三馬鹿さん

そのブログ主は以前当ブログにおいて荒らし行為を行ったため永久追放処分を受けております。

また3年以上たったにもかかわらず、本人もしくはその仲間が依然として当ブログへのネットストーカー行為を続けています。

よってそのブログの紹介はご遠慮ください。

以上の理由により当該コメントは削除させていただきます。


donnatさん

>単に驕って出た言葉だろうか、それとも天皇の尊厳を利用しようとするつもりか、天皇の尊厳そのものを落とそうとする戦略だろうか、私は怒るよりそちらの方が気になった。

同感です。

確か、福島・少子化対策相が岡田外相を批判していたような気がします。

弁護士あがりのせいもあるのでしょうが、ちょっと面白い現象だなと思いました。

  • 投稿者: クロフネ@管理人
  • 2009/10/28(水) 00:46:13
  • [編集]

知識を知り常識、良識を忘れる。

ども、ショボケンです(´・ω・`)
 一応外相ともあろうお方が日本のシンボルを貶すような台詞を平然と言うことがどんなことか理解しているのだろうか?まあしてると思えないからそう考えるわけなんですがw
 こんな外交音痴は早く摘み出して欲しいものだけど。国会が毎日楽しみで仕方がありませんw
 
 話が変わりますがクロフネさんが書き込みを削除するなんて相当な事なんですが何かあったんでしょうか?
 コメントから察するにリンク先に問題があるみたいですが。
余程の事をしている方のようですね。

・・・・・その方ってもしや最近まで自民党を非難し、明らかな翼賛主義的発言をしておきながら民主党がとり、問題だらけだと解るといなや「大昔からそう思っていた」と手のひらを返したように民主党を非難し、個人を執拗に蔑む行為をまるで英雄的行為かのごとく振る舞い、9割近くが新聞のコピペにもかかわらずまるで自分の意見であるかのように言って(自分の意見と思わしき部分は明らかに明後日の方向な見解)反論や良心的意見は無回答orコメント消した挙句右翼キチガイだの〇〇信者だのレッテルをはって馬鹿にし、記事自体も読者を見下したような書き方しかされておらず、いつブログサイト管理人に通報してやろうかと私が監視しているサイトではないですか?
 クロフネさんの最近のコメントから察する「に私が知っている世の中で人間として最低の部類に入る1人」とよく似ているそんな気がしますと迷探偵ショボケンは推理します。・・・まあ
人違いである可能性もありますが。(そんな非常識な人間が沢山いるとは考えたくないですが) 
最近思うのですが保守派の中でも特に声の大きい部類の人が保守全体のモラルを下げているように感じます。
それはリベラル改革派の陣営にも言える状況のようですが。
とある民主党議員のブログで意見を交わしているのですが、その人は(迷惑になるかも知れないので名前は伏せます)考え方がまるで違う私の意見をちゃんと聞いてくれるし、その人は保守ではないけど日本の為にやっている事等を丁寧に答えてくれるので中々良識のある方なのですが。
 やっぱりそういった方も左翼側からも非難され保守側からは相手にすらされない今の現状を嘆いていました。
 その方が言っていたのですがとても感銘をうけたので紹介します。
「政治と言うのは派閥があっても言いのです。意見が違うのは当たり前ですので。ただ双方がまるで問題点が『片方』だけに在るような風潮が席捲している事がネット、世論、また政党においても同じ様な状態である事がとても問題である気がします。真の民主主義は互いを貶しあうのではなく、双方の意見をより議論すると言うまさに基本であり『原点』こそ政治の本質だと私は思います。」
と言っていました。
 なんと言うか思想の違いはあれどこの人は日本の事を真面目に考えているんだなと(現職議員に失礼ですが)思いました。
こういった良心的意見はその大きく粗暴な声に掻き消えている事に怒りを覚えそうでした。
 しかしそれと同時に、本気で意見をぶつけ合う事の出来る方もいる事が確認でき、未来に希望が持てました。
 
こういった地道な活動をこれからも私はネットを通じてやって行きたいですね。
・・・・仕事が暇な時にね(´・ω・`)

  • 投稿者: ショボケン
  • 2009/10/29(木) 13:20:41
  • [編集]

ショボケンさん

>話が変わりますがクロフネさんが書き込みを削除するなんて相当な事なんですが何かあったんでしょうか?

先方は、3年以上経った今でもこちらをネットストーキングしているのでエサをやりたくないのですが、国会の審議におけるいわゆる強行採決に関するエントリーをアップしたところ、ブログをやっている見ず知らずの人間からいきなりケンカをふっかけられたのです。

(その記事とコメントは残してあります)

その人物の”論破”の手法は典型的なストローマン論法という詭弁の一種で、こちらがそんなことは一言も言っていないのに、例えば「クロフネが1+1が3だと言ったぞ。1+1は2に決まっているだろが」などと自分のブログの信者に向けたエントリーをアップして、そのことを全く疑わない信者と一緒になって「1+1が3だなんて、あいつは馬鹿で頭がどうかしている。完全に論破してやったぞ」なとど宣言してこちらを笑い、信者と共にこちらのコメントらんにやってきては荒らすという、まったく卑怯千万な人物でした。

議論の過程でこちらから罵倒語を使わなかったにもかかわらずです。

荒らし行為のおかげで予定していた記事のアップができなくなりましたし、うちの常連読者さんから「もう相手にしない方が良い」というアドバイスもあり、それ以後も向こうから挑発的な書き込み・TBがありましたが一切削除して無視することにしました。

つい最近まで私はすっかりそのことを忘れていましたが、本人かその仲間が3年もの間こちらをしつこくストーキングしていて、民主政権誕生を好機とばかりにコメントらん荒らしを再開させました。

ショボケンさんもその書き込みをご覧になっていませんでしたか。

相手はかなりの”サイコさん”と思われますが、IPと書き込み時間はしっかり記録してあるので、何かあったら即通報しようと準備しています。

ただ、ショボケンさんが監視なさっている人物と同一かはわかりません。

  • 投稿者: クロフネ@管理人
  • 2009/10/30(金) 00:05:49
  • [編集]

私がみるところ

この民主党の閣僚と称する連中は驚くほど国家や民族と言う概念に無知で無理解、おまけに歴史を理解(咀嚼)する能力が根本的に欠落している。
更に以上の事を勉強する様にも見えず。
国民の最大公約数の幸福の追求と言う単語に至っては薬にもしたくないようだ。
いやはや今回の件は余りの不遜と無知加減に言葉も無いが、これが歴史と道徳を無視した戦後植民地教育の当然の帰結かと考えれば半ば納得するしか無い心境です。
最後に、連中はどうやら政治家や外交官にだけ求められる正直と誠実さと言う概念も理解して居ないようですね。

  • 投稿者: 火天大有
  • 2009/10/30(金) 20:57:20
  • [編集]

火天大有さん

>連中はどうやら政治家や外交官にだけ求められる正直と誠実さと言う概念も理解して居ないようですね。

イギリスあたりでは「外交官とは自国の利益のため外国にウソをつく”誠実”な人間」と言われているようですが、民主党の場合は「外国のために自国民にウソをつく誠実な人間」と言えそうです。


  • 投稿者: クロフネ@管理人
  • 2009/10/30(金) 23:47:44
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する


・いつもコメント&TBありがとうございます。

アダルト系ブログからの、サイトポリシーに違反したコメント・TBが後を断たないため、受信したコメント・TBを管理人が審査することにしました。

サイトポリシーに違反したものについては予告無く破棄します。

また問題の無いコメント・TBを頂いても表示されるまで少し時間がかかります。 悪しからず御諒承ください。

「管理者にだけ表示を許可する」にチェックを入れると、管理人だけが読める非公開コメントになります。 非公開コメントを下さる方のプライバシーを尊重し、あえてお返事をしておりませんが、「公開コメントでも良いのでレスが欲しい」という方は、非公開コメントにその旨をお書き添えください。
                

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。