初めていらっしゃった方へ

スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国人姉妹に在留許可

  • 2009/10/14(水) 00:56:22

 1997年に「中国残留孤児(すでに故人)の娘」と主張する母親に連れられ来日したが、2003年大阪入管から「孤児との血縁関係がない」と在留資格を取り消され国外退去を命じられていた家族のうち、母親と来日後に生まれた三女は中国に帰国したものの、残りの姉妹に対し千葉法務大臣は9日、在留特別許可を与えた。

一家は退去処分取り消しを求めていたが、06年最高裁で敗訴が確定していた。
敗訴確定後に在留が認められるのは異例という。

参考記事 

 千葉法相が、最高裁も違法ではないと認めた国外退去命令を受けていた中国人姉妹に対し在留特別許可を与えた。

最高裁判決の詳細をネットで調べても見つけられなかったのだが、「大阪入管の退去命令は違法性はない」というものだったようだ。

一方、千葉法相が中国人姉妹に与えた在留特別許可は”出入国管理及び難民認定法”の第五十条に基づくものである。



(法務大臣の裁決の特例)
第 五十条 法務大臣は、前条第三項の裁決に当たつて、異議の申出が理由がないと認める場合でも、当該容疑者が次の各号のいずれかに該当するときは、その者の在留を特別に許可することができる。

 一  永住許可を受けているとき。

 二  かつて日本国民として本邦に本籍を有したことがあるとき。

 三  人身取引等により他人の支配下に置かれて本邦に在留するものであるとき。

 四  その他法務大臣が特別に在留を許可すべき事情があると認めるとき。



大阪入管の退去命令は違法ではなかったが、千葉法相が「特別に在留を許可すべき事情がある」と認めたために中国人姉妹に在留特別許可が与えられた。それゆえ明確な憲法違反に問うことはできないということのようだ。

 しかし、「残留孤児と血縁関係にない」として入管から在留資格が取り消され、最高裁も違法ではないと認めている措置を、千葉法相が個人の判断でひっくり返すからにはそれなりに正当な理由がなければならない。

日本における、外国人に対するこれまでの出入国管理ルールや法的安定性を無秩序に破壊するようなことがあってはならない。

その点、「特別に在留を許可すべき事情」があったとは私には思えない。

この中国人姉妹が得た在留資格は残留孤児と血縁関係にあるという前提で与えられたものであるし、その前提が間違っていた以上、在留資格は「偽りその他不正の手段」によって取得されたものであると言わざるを得ない。

日本での生活基盤も一番最初に誤って在留資格が与えられなければ、そもそも存在していないもので、特別な在留許可を与える理由にはならない。

法の番人であるはずの法務大臣が、自らの主観的正義によって法をないがしろにしているように思えて仕方がない。

なぜ在留特別許可を与える必要があるのかマスコミを通してでも良く説明して、有権者が納得できるようにすべきだ。

 明白な憲法違反ではないのかもしれないが、千葉法相の今回の措置は最高裁が「人権を保障する日本国憲法」を踏まえながら「違法ではない」と認めたことをひっくり返したことは否めないわけで、「行政の暴走に待ったをかけるため」と説明される日本における最高裁の違憲立法審査権というシステムも完全無欠ではないように私には思われる。 

どういう理由であれ、憲法や最高裁の判断を行政がひっくり返してしまうというのは民主主義システムの危機だし、今回の千葉法相の決定はそうした危険をはらんだグレーゾーンのもののように思えた。

たとえ違法ではなくとも、不正な手段で日本に入りこもうとする外国人を水際で防ぐという政府の重大な役割を千葉法相自ら放棄するばかりか、かえって是認している。

私が鳩山政権を支持できない理由がもう一つ加わった。




↑マスコミが伝えないことを一人でも多くの日本人に伝えるため、あなたの力をお貸しください↓
人気blogランキング

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

世も末

日本はいつの間にか法治国家から人治国家になってしまいました。

  • 投稿者: クマのプータロー
  • 2009/10/14(水) 06:17:44
  • [編集]

クロフネさん


いつも適時の話題を提供してくださり感謝いたします。

さて、記事の件ですが、わたしもクロフネさんと同様に現代民主主義の危機を感じざるを得ません。
現代民主主義の基本原則である「三権分立」は、特定の者または機関に権力を集中させ、結果的に独裁・強権政治が行なわれることのないように先人たちが努力して築いてきた制度です。この制度があってこそ、わたしたちは政治的な発言の自由が保障され、為政者を糾弾する機会を得ることが出来ているのです。そもそも、民主党はこの機会を十分に活用して政権を奪取したのではありませんか。

法務大臣に特別在留許可を与える権限が付されているのは、政治難民など国際問題となりうる(司法の決定を上回る)高度な政治判断を要する場合があるからであり、”かわいそう”などという情緒的なものではないはずです。ましてや個人的な思想信条で乱発するものでもありません。
法務大臣が誰もが納得しうる「高度な政治的事情」を説明できないのであれば、それは明らかに「権限の濫用」であり司法権の侵害、三権分立の無効化、現代民主主義に対する挑戦と言っても差し支えないでしょう。

西松建設に絡む「国策捜査」発言など言いたい放題に言っても何のお咎めもなし活動し、三権分立(政治的発言の自由)の恩恵を受けて政権を奪取したにもかかわらず、自らが政権に就くと三権分立を蔑ろにする民主党の姿勢は、まるでナチスが政権を取ったときのようです。
もっとも、千葉氏は社会主義者ですから三権分立など鼻クソのように思っているのかもしれませんが・・・

とにかく、このような日本の近現代史上まれに見る危険な政権は一刻も早く退いてもらうのが妥当であり、われわれ保守勢力は民主党政権の危険さをことあるごとに訴えていかなければならないと思います。

  • 投稿者: 無名戦士
  • 2009/10/14(水) 10:04:29
  • [編集]

この姉妹がよしんば残留孤児の子孫だからと言うことがいったんなんなんですか、とこの場で主張したいですね。残留孤児本人ですら、向こうの家庭で育った実績があるだろうに、二世、三世に至っては、なおの事、向こうの人間に過ぎません。
にもかかわらず、日本人の血統にこだわって受け入れていたら、将来にわたってますます死那塵の流入が増大していく事でしょう。いい加減、残留孤児との血統で受け入れる事はやめにしてもらいたい物です。シッシッ( ゚Д゚)ノ.;' ( ; `ハ´)アイヤー

  • 投稿者: DUCE
  • 2009/10/14(水) 19:07:46
  • [編集]

クマのプータローさん

>日本はいつの間にか法治国家から人治国家になってしまいました。

本当にこれでは人治国家です。大変ゆゆしき問題のはずですが、日本の法曹界は静かすぎるのはどういうわけでしょうか。


無名戦士さん

>法務大臣が誰もが納得しうる「高度な政治的事情」を説明できないのであれば、それは明らかに「権限の濫用」であり司法権の侵害、三権分立の無効化、現代民主主義に対する挑戦と言っても差し支えないでしょう。

強く同意です。

国籍法が違憲とされてすぐさま”改正”した麻生政権との差は何なんだろうと首をかしげます。

中国では未だに三権分立が確立していませんが、社会主義者・千葉法相にとっては三権分立クソくらえなのでしょう。

日本の名だたる法学者は、「日本がとる立憲主義によって独裁政治の出現は防がれる」と説明してきましたが、私は立憲主義でさえも独裁政治の出現を防ぎきれないのではないかと疑問に思い始めました。

だったら何のための立憲主義かと!

もしかしたら先の総選挙で日本国民自ら民主主義を殺してしまったのかもしれません。

民主党とグルになったマスコミがそそのかしたわけですが。


DUCEさん

日本側の善意を悪用すれば、2世・3世受け入れに対する世間の目はどんどん冷たくなっていくのではないでしょうか。

  • 投稿者: クロフネ@管理人
  • 2009/10/15(木) 01:01:33
  • [編集]

>社会主義者ですから三権分立など鼻クソのように思っているのかもしれませんが・・・

フェミニストという側面を忘れないで欲しい。
今回反日感情と、対象が女性という事で勝手な事やっている。
同じ女性同士という奴だ。

日本女性のフェミニストは、国際反男性(特に日本の男性)ネットワークを持っている。
そういったネットワークからも攻撃を日本は受けている。
いや正確には、日本だけじゃないんだが・・・・・・

オレは保守とは違う価値観の持ち主で、移民賛成派だけど、日本のフェミニストや左派は、多民族国家にしたところで結局ガンにしかならない。

  • 投稿者: 無名戦士
  • 2009/10/15(木) 22:03:44
  • [編集]

無名戦士さん

>フェミニストという側面を忘れないで欲しい。

>日本女性のフェミニストは、国際反男性(特に日本の男性)ネットワークを持っている。

なるほど。

「国際反男性(特に日本の男性)ネットワーク」についても警戒度を上げてみましょう。

  • 投稿者: クロフネ@管理人
  • 2009/10/15(木) 23:06:07
  • [編集]

クロフネさん、価値観の違うオレにも丁寧な対応有難うございます。
オレは保守派を敵視してないし、このブログの主張はなるほどと思えるのも多いので、荒れないように片隅にひっそり書き込みます。

フェミもそうですが、左翼も国際ネットワーク持っています。
例えば日本の左翼が新聞を税金投入で救おうとするのも、原型が無い訳ではないのです。

http://www.melma.com/backnumber_45206_4524342/

>老舗新聞が軒並み経営危機に陥る

アメリカの新聞事情です。
ここでロックフェラーの名前が出てくるので、陰謀論好きの人はそこを見るかもしれませんが、向こうは多民族・多人種社会ですので、狙いはまた別にあります。

http://moneyzine.jp/article/detail/154637

>主な顔触れはデービッド・ロックフェラーJr、ウォーレン・バフェット、ジョージ・ソロス、マイケル・ブルムバーグ、テッド・ターナー、オプラ・ウィンフレーと言った超豪華メンバー。この集まりを呼び掛けた人物はパソコンソフトの標準化を通じて寡占状態を築き上げ、個人資産5兆円を超すビル・ゲイツである。

>これほどの大富豪たちが一堂に会し、密かに議論したテーマは何であったのか。実は世界の人口増大をいかに食い止めるか、そのために彼らが所有する巨万の富をいかに有効に活用すべきか、ということであった。

まぁロクでもない事考えている可能性ありますが、日本の左翼は自分の利益になれば何でもやるので、危険だと思います。

今度は民族問題や女性差別問題・環境問題で攻撃しようとするのでしょう。
結局これでは彼等が原因で、日本が多民族国家になっても災いがおこると思います。

とはいえ、反日のはけ口としての多民族主義を拒否する多民族主義者のオレのようなのは、少数派ですけどね。
当然国家主権や領土の問題等は、妥協する必要無いと考えます。

  • 投稿者: 無名戦士
  • 2009/10/17(土) 01:25:56
  • [編集]

無名戦士さん

>クロフネさん、価値観の違うオレにも丁寧な対応有難うございます。

当ブログのサイトポリシーにもあるとおり、価値観の違う方を排除するようなことはしていないつもりです。

もちろん人としての最低限の礼儀をもって、コミュニケーションできることが条件ですけど。

>とはいえ、反日のはけ口としての多民族主義を拒否する多民族主義者のオレのようなのは、少数派ですけどね。

誤解のないよう説明しておきますと、私は安価な労働力としての移民受け入れに反対しているだけで、外国人・外国文化の排斥をしているわけではありません。

国際結婚等で日本に外国人が増えていくのは避けられないと思いますし、優秀な頭脳の持ち主ならば厳選して定住を認めてもよいかもしれません。

もちろん、外国人に日本国籍を与える基準や出入国管理でキッチリけじめをつけるのは当然、という考え方です。

保守と言っても、国粋民族系や軍国主義系などいろいろありますが、ウチはさしずめ「戦略系保守」といったところで保守の中でも少数派でしょう。むろん、ウチは自由民主主義を支持しています。

誤解されないようにちょっと差別化してみますか。


>フェミもそうですが、左翼も国際ネットワーク持っています。

ちょっと古い記事ですが良かったらどうぞ。

http://gaikoanzenhosyo.blog4.fc2.com/
blog-entry-418.html

  • 投稿者: クロフネ@管理人
  • 2009/10/17(土) 22:55:18
  • [編集]

入管法で言えば

我が国は既に破綻しています。
我が国はどの様な犯罪を犯した外国人でも、相手国が受け入れてくれないか、若しくは当人の生活基盤が何処に有るかで国外退去の基準が決まっています。
これは既に法を踏み躙っています。
これは私は入管広報センターで直接聞いた話です。
我が国は何時の間にか法務官僚が率先して法を破り、其の上で国民には法を強制すると言う凄まじい2重基準が数十年前から行われていた模様です。
そもそもの原因は在日朝鮮人犯罪者と大村に収容された密入国朝鮮人に朝日新聞とサヨク弁護士が強硬に寛大な処置を取らせ続けたのが発端の様です。
私と会話した入管の女性職員は吠えるように言いました『じゃあどうしろって言うのよあの人達(裁判で国外退去処分以上の罪が確定した犯罪外国人です念のため)は日本にしか生活基盤がないのよ、相手国だって引き受けてくれないし』
我が国は完全に価値観が倒錯しています。
私の絶望の一因は、この辺りにも有るのです。
基より役人の人事権は政治家が握っているので、この女性職員が偶々異常だったのかも知れません。
しかしその政治家が千葉景子ならば・・・
暗澹とした気分です。

  • 投稿者: 火天大有
  • 2009/10/18(日) 14:40:18
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する


・いつもコメント&TBありがとうございます。

アダルト系ブログからの、サイトポリシーに違反したコメント・TBが後を断たないため、受信したコメント・TBを管理人が審査することにしました。

サイトポリシーに違反したものについては予告無く破棄します。

また問題の無いコメント・TBを頂いても表示されるまで少し時間がかかります。 悪しからず御諒承ください。

「管理者にだけ表示を許可する」にチェックを入れると、管理人だけが読める非公開コメントになります。 非公開コメントを下さる方のプライバシーを尊重し、あえてお返事をしておりませんが、「公開コメントでも良いのでレスが欲しい」という方は、非公開コメントにその旨をお書き添えください。
                

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。