初めていらっしゃった方へ

スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

民主党政権の存在理由

  • 2009/10/08(木) 22:43:16

 鳩山政権は2010年度予算編成での税収不足を補うため、赤字国債を増発する方針に転換した。6日の記者会見で平野官房長官も国債増発を否定しなかった。

参考記事 

これを受けて橋下大阪府知事は、

「民主党政権の根幹を揺るがすような方針転換だ」 

「増税はないと言いながら、赤字国債を発行するのは大衆迎合だ」

「赤字国債を発行すれば、大うそつきになる」

と厳しく鳩山政権を批判、

有権者が求めているのは改革路線と強調し、民主党政権が公約違反に踏み切れば「有権者が一気に離れる」と指摘した。

参考記事 


 橋下知事が激怒するのも当然だ。私もあきれ果てている。

「景気回復後、増税をお願いする」という自民党のマニフェストに対し、民主党は「官僚の天下りを根絶し、行政の無駄使いをはぶいて財源を捻出、増税にも借金にも頼らず景気を回復させる」という、まったく正反対の公約を掲げた。

今回のマニフェスト選挙最大の争点はそこだった。

そして国民は民主党を選び、民主党のマニフェストは新政権にレゾンデートル(存在理由)を与える「国民とのお約束」となったわけだ。

 しかし鳩山首相は、消費税率の引き上げを議論する時期について「10年ぐらい(先の)の話だ」と有権者に公約していたにもかかわらず、8月の連合・中央執行委員会において将来消費税の税率引き上げはあり得ると発言、まだ政権が発足してもいないのに公約に違反し、有権者に不信感を与えた。

 「増税しません」が怪しくなると今度は「借金にも頼りません」が怪しくなった。

選挙期間中、自民党による「民主党の政権公約は財源が不明」という指摘に対し、

「(自民党)に言われたくない。あの方たちは、無駄遣いし放題でお金を垂れ流して、足りなければ借金をしてきた」(鳩山首相)

「自民党に(民主党の)財源を批判する資格は全くない。なぜか?自民党の財源は借金なんですよ」(前原国交大臣)

と激しく批判した。

こうして民主党は、借金をしないで自らの政策を実行するための財源を捻出することを国民に約束して選挙に勝たせてもらったにもかかわらず、テレビ朝日に出演した福山政調会長代理が「国債30兆円程度の発行は許していただきたい」と発言し、堂々と公約破り宣言。

いつのまにか政権公約を「自分たちも自民党政権と同じように、財源として借金に頼る」に、すり替えたのだ。

当ブログ関連記事 

今月ついに、来年度の予算で歳入不足が決定的となり、鳩山政権は赤字国債を増発する方針を固めたと報道されている。

 そうなるのも必定だろう。

「国の総予算207兆円を全面組み替え、税金のムダづかいと天下りを根絶します」と公約したのに、鳩山首相は、公募制にすれば独立行政法人の役員が「結果的に公務員になったとしても文句は出ないだろう」と言い訳して、100人程度の官僚天下りを認める方針に転換した。

この公約違反でその分、独立行政法人は存続されるのだから、「税金のムダづかい」がはぶけるわけがない。

そうなれば「増税も借金にも頼らずに景気を回復する」という公約もたちまちウソになる。

 実際、財源探しも難航している。

自民党からの批判で民主党が自己申告した「政策実施に必要な予算額」だが、民主党マニフェストによれば、子供手当てに5.3兆円、暫定税率の廃止に2.5兆円、高速道路無料化に1.3兆円、農家戸別補償に1.4兆円、公立高校無償化に9000億円、後期高齢者医療制度の廃止に8500億円となっている。

(これにはCO2排出25%削減のための予算は入っていないことに注意)

民主党は09年度補正予算を停止して「無駄探し」を行っているが、当座の目標額である3兆円さえ捻出できていない。

たとえ今年の分の財源が捻出されたとしても、子供手当ても高速道路・高校無料化も戸別補償もこれからずっと継続するつもりなら、増税にも借金にも頼らない財源を毎年探さないといけないわけだ。

そんなことが可能なのか?

増税も借金もしないと公約した以上、”Pay-as-you-go”が守れないなら民主党はかかげた政策を実施すべきではない。

さらに停止された補正予算の内訳を見てみると、全国の小学校に太陽光パネルを設置する”スクール・ニューディール事業”(文科省)、自衛隊車両のエコカー等への買い替え(防衛省)、低炭素社会への実現促進費(外務省)などなど、鳩山首相が国際社会に誓約した「CO2排出25%削減」と矛盾することばかり。

参考記事 

もはや民主党政権は、一つのウソを隠すために別のウソを重ね、それがたちまちバレるというデタラメな状態に陥っている。

亀井金融相の”徳政令”、藤井財務相の円高誘導という人為的ミスが明らかな経済政策で日本経済を落ち込ませ、政府の税収を自分から減らしておいて、政権公約を破って赤字国債を増発するというのだから、民主政権は「どんだけド素人集団なんだよ」という話。

選挙公約の目玉だった子供手当ても、「民主党に入れてくれた皆さん、財源が見つからないので今年はもう実現しません。来年見つかったらやります」だそうだ。

参考記事 

というより、今月からようやく開かれる予定の臨時国会で子供手当て実施などのために審議を長々やると、野党から鳩山首相の違法献金疑惑を追及されて大ピンチになりかねないので、臨時国会を短期間で切り上げたい民主党としては子供手当てなんぞを話し合う時間はない、という見方も出ている。

鳩山政権は発足してまだ1ヶ月もたっていないが、まるで末期症状ではないか。

 「天下りと政府の無駄使いを根絶し、増税も借金もせずに子供手当てなどを実施して景気を回復させる」

この選挙公約の実施こそ、民主党政権のレゾンデートル(存在理由)だ。

それが実現しないなら「政権交代。」の意味はゼロ。

公約違反を猛反省し、今すぐ下野せよ。


 最後に公約違反をもう一本。

民主党は沖縄の在日米軍普天間基地移設問題について、自民党政権とアメリカ側との合意内容を見直すと公約し、前原国交相も「何とか鳩山政権下で新たな移設先を再検討し、それを実施することが必要だ」と表明していた。

鳩山首相も県外移設を前提にしていたが、日米首脳会談における土下座状態を引きずっているのか、「政権公約が時間で変化する可能性がある」と発言、自民党政権とアメリカ政府との合意案を容認する可能性を示唆した。

参考記事 

「政権公約は時間で変化する」

鳩山首相に居直り強盗のように開き直られたのではかなわない。

民主党に入れた有権者同様、民主党の詐欺のようなマニフェストに一杯食わされた社民党もご苦労!



↑マスコミが伝えないことを一人でも多くの日本人に伝えるため、あなたの力をお貸しください↓
人気blogランキング


この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

呆れるが正しい。つまり、始めが間違い

こんにちは、donnatです。

赤字国債の発行は間違ってないと思います。
本年度に限って言えば、麻生内閣が作った補正予算の本当に無駄と思われる部分のみ削除して、初年度の子供手当て等は国債で行うのが正当な方法です。
経済不況時でなければ、そんなことを言いませんが今の不況を認識していないから、そんな悠長なことを言い。
挙句の果てに、『やはり、国債の発行もありうる?』などと言うのは恥ずかしいことです。

つまり、「始めから赤字国債に頼らない」などと言わなければいいのです。私が民主党を嫌う一番の理由はこの経済オンチな所なのです。

基本的に亀井大臣の案は賛成です。
中小も助け、銀行にも融資する。
『とにかく全部助ける。』と言うのが亀井氏の案です。
モノトリアムとか、徳政令とかはマスコミが蒼っているだけで的を得ていません。
しかし、経済危機意識のない民主党では亀井氏の意図を汲む議員がどこまでいて、経済界に働きかけることができる人もいません。おそらく、なし崩し的な法案になり、意味を持たないものになるのではないのでしょうか。

温室ガス削減25%も、国債を200兆円くらい発行して、企業と個人に投資するので協力を願うくらいでなければいけません。

最後に、今年度の税収が5兆円ほど減少するみたいです。逆に言えば、リーマン以前なら10兆円の増税が見込める訳です。
経済対策は同時に赤字国債対策になるということを民主党の方々も考えて貰いたいのもです。

無理とは思っているのですが・・・

  • 投稿者: donnat
  • 2009/10/09(金) 09:41:12
  • [編集]

民主党の本音

菅直人など、「国家予算は207兆円、1割や2割は簡単に節約できる。家庭や会社でも、そうやっているでしょう。」と言っていました。
遥洋子もNHKで「無駄遣いしていないと言っていながら、お父さんが、飲み屋に行っているでしょう」と言っていました。

此の言によれば、20兆円や40兆円が簡単に出てこなければおかしい事になります。

結局民主党は、予算の事など、嘘を言っておいて後でばれても、マスコミが味方だから旨く国民を誘導してくれる。それに乗っかって適当に誤魔化せば良い。
やりたいことは外国人参政権などの闇法案を通す事だ。というのが本音だと思います。

  • 投稿者: 八目山人
  • 2009/10/09(金) 11:24:39
  • [編集]

今回はたった一言

これではあまりに麻生さんと安倍さんが可哀そうだし、申し訳無い。(自民党も腰の据わりが出鱈目だったから)
もはや再度のそして最後の一億総懺悔(古い)しか無いのではなかろうか。
おっと其の前にこの数年間、散々世間に害毒を流し続けたマスゴミと御用学者、そしてコメンテーターなる不思議な人種には真っ先に責任を取ってもらうべきだろう事は言うまでも有りません。

  • 投稿者: 火天大有
  • 2009/10/09(金) 18:29:32
  • [編集]

こんばんわ、donnatさん。

>つまり、「始めから赤字国債に頼らない」などと言わなければいいのです。私が民主党を嫌う一番の理由はこの経済オンチな所なのです。

同感ですね。

私も現時点では景気テコ入れのために何らかの手を政府がうつべきだと思っています。

そのためには景気回復後に、所得税の累進度を元に戻すといった増税や、財政規律を考慮した上での国債発行はすべきでしょう。

しかし、民主党は有権者に公約してしまいましたから。

それで選挙に勝たせてもらった以上、公約違反は許されません。

> 基本的に亀井大臣の案は賛成です。

私は残念ながら基本的に反対です。

あれは日本政府が意図的にサブプライムローンを作り出し、破綻したら政府のバランスシートをふくらませて助けるようなものです。

民主の失政による景気底割れ対策としては明らかな弊害がなければの話ですが、日銀にさらなる利下げ、量的緩和政策の復活や国債の買い入れ増額の方をお願いしたいところです。


八目山人さん

>結局民主党は、予算の事など、嘘を言っておいて後でばれても、マスコミが味方だから旨く国民を誘導してくれる。それに乗っかって適当に誤魔化せば良い。

確かに一部マスコミは大本営発表で民主政権をアシストしてますしね。


火天大有さん

>これではあまりに麻生さんと安倍さんが可哀そうだし、申し訳無い。

本当ですね。第4の権力であるマスコミの暴走を阻止する手段がないことも原因となりました。

  • 投稿者: クロフネ@管理人
  • 2009/10/10(土) 01:02:26
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する


・いつもコメント&TBありがとうございます。

アダルト系ブログからの、サイトポリシーに違反したコメント・TBが後を断たないため、受信したコメント・TBを管理人が審査することにしました。

サイトポリシーに違反したものについては予告無く破棄します。

また問題の無いコメント・TBを頂いても表示されるまで少し時間がかかります。 悪しからず御諒承ください。

「管理者にだけ表示を許可する」にチェックを入れると、管理人だけが読める非公開コメントになります。 非公開コメントを下さる方のプライバシーを尊重し、あえてお返事をしておりませんが、「公開コメントでも良いのでレスが欲しい」という方は、非公開コメントにその旨をお書き添えください。
                

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。