初めていらっしゃった方へ

スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自民党総裁選せまる

  • 2009/09/24(木) 23:23:13

 自民党の総裁選が28日に迫った。

立候補しているのは谷垣禎一・元財務相(64)、西村康稔・前外務政務官(46)、河野太郎・元法務副大臣(46)の3人である。

 3氏の政策スタンスについて、

谷垣氏はいわずと知れた親中派リベラルの代表格。
外交では「アジアとの共生」を訴え、鳩山氏の友愛外交と通じるところがある。
内政面では地方重視・小さな政府や市場原理主義からの決別をかかげ、やはり民主党の”リベラル路線”に近い印象がぬぐえない。

内政・外交とも旧宏池会の流れをくむ谷垣派の領袖(現在は古賀派と合併)らしいもので、この方が「保守の理念」を主張するのはかなり違和感を感じる。

西村氏は、外交面で日米同盟を基軸とし鳩山氏がすすめる東アジア共同体結成については反対。
拉致問題の解決に力を入れ、外国人参政権付与や靖国神社に代わる追悼施設建設もやらないと言明している。

内政では谷垣氏と同様に地方重視をかかげ、新しい国づくりのための憲法改正や天下り・渡りの全面禁止、官僚に頼らない政治の確立を訴えている。

最後に河野氏だが、外交面では靖国に代わる追悼施設の建設について積極的に推進、岡田外相が言う「日米核密約の公開」に賛同している。二重国籍を容認するよう国籍法改正を訴えたことも記憶に新しいところだ。

内政面では小泉構造改革を継承して「小さな政府をめざす」としているがそれはともかくとしても、「自民党は保守のよって立つところへ戻るべきだ」と主張する河野氏の国家観・外交政策が本当に保守と呼べるのか極めて疑問だ。

自民党総裁選候補者紹介(公式) 

 内政面で心もとない点もあるし今のところ知名度がなく「地味なキャラ」で有権者に対するインパクトに欠けるものの総裁として成長する過程でどうにでもなる。私的には西村氏が新しい自民党総裁にはベターだと思う。

ただ、現在の情勢は国会議員票(199票)の過半数(100票)を固めた谷垣氏がリードしているという。

「これまでの経験にもとづく安定感」が谷垣氏支持の理由だそうだが、選挙に大敗してもなお自民党のセンセー方は有権者のニーズというものがさっぱり掴めていないようだ。

マスコミによる自民ネガティブキャンペーンを差し引いても、少なくとも多くの有権者はこれまでの”自民党的なイメージ”にNOを突きつけた結果、自民党は大敗したわけだ。
 
自民党は死に物狂いになって変わらなければいけないのに、「これまでの経験」に基づいて「安定」を求めてどうする!

 また、与党・民主党との対立軸をつくり政権奪還のために戦っていくには、マスコミによる自民ネガティブキャンペーンをものともせず、自由民主党という名前に高いブランド・ロイヤルティ(忠誠心)を示してきた固定客(コアな支持層)を核として、広く有権者の支持を増やしていかなければならない。

だが自民党が谷垣総裁・河野総裁なんて誕生させたら、私も含めたコアな支持層はドン引きだろう。

無党派層はもちろん、これまで自民という名に高いブランド・ロイヤルティを示してきた有権者が何を望んでいるかさえ、センセー方は良くわかっていない気がする。

国家観や外交・安保政策で自民党が一番マシだったから、多少の難に目をつぶってでも支持してきたわけで、それさえなくなってしまえば自民を支持する理由がなくなる。

私は日本という国にロイヤルティ(loyalty)があるのであって、自民党にあるのではない。

一刻も早く政権を奪還したいのであれば、自民党はそこのところを肝に銘じて欲しい。




↑マスコミが伝えないことを一人でも多くの日本人に伝えるため、あなたの力をお貸しください↓
人気blogランキング

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

河野太郎は自民党を離党する口実を作るために立候補したのではないかと勘繰ってしまう発言が目立ちます。この人だけ民主党に行けば全て円く収まると思うのは私だけでしょうか。離党する同志をできるだけ多くするために発言をエスカレートさせているとしか、思えません。この人をトップに頂いても再生とは程遠い近未来しか浮かんできません。

  • 投稿者: クマのプータロー
  • 2009/09/25(金) 06:31:18
  • [編集]

歴然とした報道

 この様に破れた政権は哀れなのか!!
 一時の政権政党も敗戦となればその哀れは全くである、この実情をみていると自民党の復権は遠のいた、参議院議員選挙での復興はほど遠いと感じる。下野した政権の復興は日本では10年以上掛かるのではと思える。総裁選の候補者3名の発言の勢いがどうしてか伝わってこない、情熱も伝わってこないのは一体どうした事か。
 残念ながら自民党の復権は当分は期待出来そうもない、相手の失敗を期待するしかないのか...残念である。それも良し。

  • 投稿者: gogo
  • 2009/09/25(金) 17:04:20
  • [編集]

クマのプータロー さん

>この人だけ民主党に行けば全て円く収まると思うのは私だけでしょうか。離党する同志をできるだけ多くするために発言をエスカレートさせているとしか、思えません。

私もです。

自民党を改革するというよりは、後先考えず破壊しつくしてしまうのではないかと危惧します。


gogo さん

私を愚民呼ばわりするつもりなのか?とあなたの釈明を求めているのに、一切無視なのでしょうか。

また、鳩山政権の事実を指摘しただけなのに人のブログにずかずか入りこんできて、「揚げ足とりはやめろ」などと命令される筋合いもありません。

それでも無視されるなら、こちらにも考えがありますけど。

  • 投稿者: クロフネ@管理人
  • 2009/09/26(土) 01:16:20
  • [編集]

寂しいですね

何れにせよ自民党は(民主党も)遠からず終焉を迎えて想像もつかない統治体制が出来上がると思いますが。
(江戸幕府に慣れた国民が明治新政府を想像すら出来なかった様に。)
それにしても自民党は人材が払底していますね。
だから国民の志向も読めないんでしょうね。

  • 投稿者: 火天大有
  • 2009/09/26(土) 18:15:12
  • [編集]

火天大有さん

> それにしても自民党は人材が払底していますね。だから国民の志向も読めないんでしょうね。

残念ながらそれはありますね。

もともとノンポリ政治家が増えてきたなと思っていましたが、民主もそうなんですが政策も信念も薄弱な人が多いです。だから政権を失うとうろたえ、声の大きな一部に引きずられていきます。

別に一度下野したからって人生終わりというわけではありませんし、逆境こそ最大のチャンスなのですから肝をすえて這い上がってきて欲しいです。

あきらめずに準備していれば自民にも必ずチャンスは来ると思います。

  • 投稿者: クロフネ@管理人
  • 2009/09/26(土) 22:51:41
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する


・いつもコメント&TBありがとうございます。

アダルト系ブログからの、サイトポリシーに違反したコメント・TBが後を断たないため、受信したコメント・TBを管理人が審査することにしました。

サイトポリシーに違反したものについては予告無く破棄します。

また問題の無いコメント・TBを頂いても表示されるまで少し時間がかかります。 悪しからず御諒承ください。

「管理者にだけ表示を許可する」にチェックを入れると、管理人だけが読める非公開コメントになります。 非公開コメントを下さる方のプライバシーを尊重し、あえてお返事をしておりませんが、「公開コメントでも良いのでレスが欲しい」という方は、非公開コメントにその旨をお書き添えください。
                

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。