初めていらっしゃった方へ

スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

金星へ向かう日本?

  • 2009/09/11(金) 23:56:31

 第93代内閣総理大臣となることが確実な鳩山由紀夫民主党代表。

その奥様・幸(みゆき)さんが、世界中のマスコミで取り上げられ話題になっていることは皆さんも良くご存知だろう。

「(自分の)魂がUFOに乗って金星に行った」

「アメリカの俳優トム・クルーズ氏の前世は日本人で、私は前世で彼と会ったことがある」

このような幸さんの発言が、全世界をセンセーショナルにかけめぐった。

参考記事

 私は常識の奴隷とはなりたくないので、世間一般でどんなに馬鹿げていると思われていることでも、一度は「実は本当なのではないか」と疑って、できるかぎり検証していくクセをつけている。

その検証結果によって「ああ、やっぱり世間が正しかったな」とか「実は常識とされることの方が間違っているのではないか」などと判断を下していく。

「世間で常識とされているから」「エライ人が言ったから」という理由で結論を出すことは絶対ない。

西洋科学が万能で、この世のすべての事象を科学で割り切れるとも思っていない。

表現の自由も尊重されるべきだし、人間が画一的では面白くない、社会がユニークな個性をどんどん認めていくべきだとも考えている。

だが、人間の魂が本当にUFOに乗って金星に行けるのか、トム・クルーズ氏の前世が日本人で、前世の鳩山幸さんと面識が本当にあったのか、残念ながら確認するすべを持たない。

 私は、日本ではなく外国のマスコミによって初めて、日本の次期ファーストレディーがどういう方なのかを存じ上げることとなった。

これがもの書きや芸術家なら大変結構なことだと思うのだが、国家の最高指導者やそれを支えるパートナーとなれば話はだいぶ違ってくる。

核ミサイルの発射ボタンを委ねられるアメリカ大統領ほどではないにしろ、一つの間違いも許されない、1億3000万日本国民の命運を預かる最高権力者に求められる判断に、悪い影響を与えることはないのかと懸念してしまう。

毛沢東の妻・江青が国政に介入して、中国に取り返しのつかない悲劇をもたらした歴史がある。イメルダ・マルコスもそうだ。

 麻生総理の「高級バー通い」や「ホッケの煮つけ」がヤリ玉にあげられ、「そんなことでは庶民生活の苦しさを理解し、様々な問題を解決していくことなんて無理」などと、ほとんどのマスコミや民主党から集中砲火を浴びせられ、けっきょく自民党が下野することとなったのも記憶に新しい。

そうした論理を取るならば、「UFOに乗って金星に行き、トム・クルーズと前世で会った」とおっしゃる何とも浮世離れしたファミリーが、庶民生活の苦しさを理解して難題を解決できるとはとても思えない。

むしろ庶民生活からの乖離という基準からすれば、「ホッケの煮つけ」より「UFOで金星に行ってしまう」ほうが深刻だろう。

どうしてマスコミ各社は、麻生総理の時と同じように集中砲火を浴びせないのだろうか?

あれほど麻生氏の資産家ぶりをバッシングしたマスコミが、鳩山家の”音羽御殿”を総攻撃したという話もまったく聞かない。

 日教組・自治労・民団はもちろん、なんたらペンタゴンと戦うと言って民主党を熱狂的に支持してきた勢力は、「UFOに乗って金星に行き、トム・クルーズと前世で会った」と主張なさっているファミリーを日本の最高権力者にするべく全力を注いできたわけだが、彼らはいったいこの日本をどうしたいのだろうか?

「自民にお灸をすえる。ダメだったらすぐ元に戻せば良い」と言って民主党政権を誕生させた大多数の有権者にも、UFOに乗って金星に行ってしまったファミリーに自らの命と生活を託した感想をじっくりと聞いてみたい。

これまで曲りなりにも平穏無事だった日本。これからいったいどこへ行ってしまうのだろう。




↑マスコミが伝えないことを一人でも多くの日本人に伝えるため、あなたの力をお貸しください↓
人気blogランキング

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

最初に鳩山夫婦の馴れ初め(恩人の妻との不倫・略奪婚)を小耳にはさんだ時「自分たちをジョン・レノンとオノ・ヨーコだと思ってるんだろうなあ」という印象を受けました。まだ選挙前のことです。
元夫にはまったく音信もなく逃げ去って、鳩山母がしばらく後にその方にあいさつしに来たきりだそうです。

しかし最近では、私の幸夫人を見る目も変わりました。
選挙期間中の数少ないテレビへの露出を見た個人的な感想ですが、鳩山氏よりもある意味危険な存在なのではないかと思い始めています。

ただのオカルト電波系ではなく、自分と夫のことしか見えない・善悪の判断がつかない女性ではないか?という懸念です。
馴れ初めからして社会的には悪ですし、鳩山家は資産家ですから、その後の人生で他者との接触は「閉じた」ままでも暮らしていけます(または「開け閉め」を自分の好き勝手にできる)。

心不全で死亡した会計士に前日会っていたのも幸夫人、死亡診断下した医師を連れてきたのも幸夫人と聞き及んでおります。これは未確認情報なので詳細確認したいのですが、どなたか知りませんかね?

まあそのへんの憶測はさておき
幸さんはどうやら一部でサイエントロジスト認定されているようですね。鳩山さんご自身は祖父の入っていたフリーメイソンにあこがれているようですし…。
この場合、実際どうかではなく海外の多くの国民に「そのように報道され、認識された」点が問題になってくるのでしょう。今はまだトンデモ発言だけが目新しく注目されていますが、政権が続き、しかも相手国に反感を買うような失策をしてしまったときにじわりと影響がでそうです。
特にキリスト教圏では、カルト指定されたサイエントロジー信者では要職につけないところがあるようです。フリーメイソンにしろサイエントロジーにしろ、発祥が西洋なのがいけませんね。キリスト教の異端・敵です。日本の文化宗教として理解を求めるレベルじゃありません。
カソリック教徒だった麻生さんはローマ法王に謁見することができましたが、鳩山さんでは信用されそうにありませんね。

ともかく、のちのちまでネタにされるような話題をすでに提供しちゃったのは間違いなさそうです。

  • 投稿者: ROM者
  • 2009/09/12(土) 01:20:26
  • [編集]

主役は幸夫人

鳩山総理が外遊すると、海外報道機関は総理を無視して、夫人の奇怪発言・異常行動を期待して、そちらばかり追いかけることになるのでしょう。
引っ込んでいればいいのに、派手で、目立ちたがり屋で、人気があると勘違いして、発言や行動はさらにエスカレートし、「クスリの影響」 説などが出てくる可能性が懸念されます。

  • 投稿者: 香山
  • 2009/09/12(土) 10:08:22
  • [編集]

人間の魂が本当にUFOに乗って金星に行けるとか、トム・クルーズ云々と言い出す人間はサイエントロジーと呼ばれる新興宗教団体(フランスではカルト扱い)に属しているサイエントロジストと見られるようです。因みにトム・クルーズはサイエントロジストでフランスやドイツで色々問題になってるみたいです。これだと欧州方面ではかなり厳しい扱いを受けそうですね。他にも略奪愛とか言ってるみたいですが、イスラム圏とか封建的な地域だとこういう女性をどう見られるのか……。この方は国際会議で座る場所は無いかもしれません。
まぁ鳩山氏ご自身に関しても、鳩山論文の掲載誌クリスチャンサイエンスモニターって世界日報(統一教会の機関誌)と提携していたような…とか。櫻井よしこ氏はここで勤務してたのかとか。崇教真光? 世界救世教? 生長の家? フリーメイソン?などなど胡散臭い右派と妙な宗教団体が芋づる式に出て来て怖いです。
正直な所、日本はカルト団体に乗っ取られたんじゃないかと不安になります。オウム事件のような事が起きないように祈るばかりです。
そして騒動に気付いた鳩山氏は早速隠蔽を始めた模様です。
幸夫人が最も華やかなファーストレディー…米タイム誌選定
http://hochi.yomiuri.co.jp/topics/news/20090911-OHT1T00028.htm
鳩山事務所では、この番組について「様々なとらえ方をする人がいますので」との配慮から「再放送はお断りしている状態」としている。
マスコミは終わってますね。

  • 投稿者: 初心者
  • 2009/09/12(土) 11:54:07
  • [編集]

これはね、総ての可能性を否定せずに考えてみることとは関係はないでしょう。多分みゆきさんと言うひとは、すでにこの歳で妄想をみているのでしょう。国家の指導者の妻としては明らかにだめです。精神鑑定を受け、しかるべき処置をとる必要があるとかんがえます。夫の鳩山氏もにたようなものかもしれません。精神が弱いのなら国家の指導者として不適格でしょう。言う事がころころ変わってますね。おかしい言動です。週刊誌で取り上げられてる嫁泥棒や下半身のだらしなさなど、倫理観のないのは総理としては致命的でしょう。

  • 投稿者: 英雄
  • 2009/09/12(土) 21:26:57
  • [編集]

ROM者 さん

>元夫にはまったく音信もなく逃げ去って、鳩山母がしばらく後にその方にあいさつしに来たきりだそうです。

それが事実だとすれば、ひどい話ですね。

> ただのオカルト電波系ではなく、自分と夫のことしか見えない・善悪の判断がつかない女性ではないか?という懸念です。

こうした報道でようやく情報を集めはじめたばかりですが、今後もチェックしようと思います。


香山さん

>鳩山総理が外遊すると、海外報道機関は総理を無視して、夫人の奇怪発言・異常行動を期待して、そちらばかり追いかけることになるのでしょう。

同感ですね。マスコミとしては格好の好奇ネタですから。


初心者さん

>サイエントロジストと見られるようです。

上のかたもおっしゃっていましたが、そんな話が出ていますね。私は確認がとれないのですけど。


英雄さん

>これはね、総ての可能性を否定せずに考えてみることとは関係はないでしょう。

いえ、私が「すべて」といったらすべてです。

その上でファーストレディーとしては不安だと言っているわけです。

  • 投稿者: クロフネ@管理人
  • 2009/09/12(土) 21:59:01
  • [編集]

サイエントロジーに関しては日本語の情報は殆ど無いようですね。
一応英語版wikipediaですが、
http://en.wikipedia.org/wiki/UFO_religionのScientologyの項目に少し載っています。
下のURLにはもっと詳しい内容が載っています。
http://en.wikipedia.org/wiki/Space_opera_in_Scientology_scripture
後は英語ですがアニメのサウスパーク Season9 第十二話が丸々サイエントロジーに関する回になっています。Click To Watch Trapped in the Closetをクリックすれば無料視聴できます。
http://www.southparkstudios.com/episodes/103804

  • 投稿者: 初心者
  • 2009/09/13(日) 16:48:56
  • [編集]

初心者さん

>サイエントロジーに関しては日本語の情報は殆ど無いようですね。

興味深い情報ありがとうございます。

どうやらあんまり良く思われていない集団のようですね。

  • 投稿者: クロフネ@管理人
  • 2009/09/15(火) 11:43:19
  • [編集]

どうせ別世界に行くのなら

鳩山夫妻の信奉者と民主党内サヨクと社民党を連れて、金星でもどこでも行って欲しい。
当然二度と地球に戻ってこなくて結構です。

  • 投稿者: 火天大有
  • 2009/09/18(金) 21:33:49
  • [編集]

火天大有さん

>鳩山夫妻の信奉者と民主党内サヨクと社民党を連れて、金星でもどこでも行って欲しい。
>当然二度と地球に戻ってこなくて結構です。

腹をかかえて笑ってしまいました。

左翼連中は今すぐ金星人に輸出したいです。

  • 投稿者: クロフネ@管理人
  • 2009/09/19(土) 18:36:13
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する


・いつもコメント&TBありがとうございます。

アダルト系ブログからの、サイトポリシーに違反したコメント・TBが後を断たないため、受信したコメント・TBを管理人が審査することにしました。

サイトポリシーに違反したものについては予告無く破棄します。

また問題の無いコメント・TBを頂いても表示されるまで少し時間がかかります。 悪しからず御諒承ください。

「管理者にだけ表示を許可する」にチェックを入れると、管理人だけが読める非公開コメントになります。 非公開コメントを下さる方のプライバシーを尊重し、あえてお返事をしておりませんが、「公開コメントでも良いのでレスが欲しい」という方は、非公開コメントにその旨をお書き添えください。
                

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。