初めていらっしゃった方へ

スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

政権交代

  • 2009/08/31(月) 21:32:00

 きのう投開票された第45回衆議院選挙は、308議席を獲得した民主党が勝利、新生党・社会党らを中心とした細川連立政権が誕生した1993年以来16年ぶりに自民党が下野し、政権交代することとなった。

麻生太郎首相はきょう午後、正式に自民党総裁を辞任することを表明した。

 また最高裁判所判事の国民審査も同時に行われ、9人全員が信認された。最高裁判所判事に対する不信任票は6~7%と報じられている。

 今回の衆議院選挙は民主党の勝利に終わった。

自民党は119議席にとどまり下野が確実となった。

私は自民の獲得議席は100前後、最悪の場合二ケタを覚悟していたから、119議席という数字は良い意味で予想外だったが敗北にはかわりない。

 今回の選挙は一言でいって、「政権交代というワンフレーズ選挙」だったと思う。

多くの有権者の脳内では、


 政権交代 善<------->悪 交代しない


という風になってしまっていたようだ。

選挙の争点が”政権交代”の一点のみにしぼられ、経済成長戦略・外交安全保障・教育といった政策の中身は有権者の耳目にほとんど入らなかった。

多くの有権者にとって”自民党”は悪を示す記号となり、大臣経験者を筆頭にどれほど政策や実績を訴えても自民党候補というだけでバタバタと倒れていき、逆に民主党の看板をかかげた政治経験を持たない全くの新人が「政権交代!」とワンフレーズ唱えただけで、続々と当選していった。

民主党308議席のうち、半分弱の143人が新人議員だそうだ。

そのうち小沢代表代行が選挙運動を取り仕切った新人は60人以上、小沢代表代行の影響力が及ぶ”小沢チルドレン”は100人近くにのぼると報道されている。

 マスコミは「歴史をかえる民主の大勝」と大騒ぎしているが事の本質を捉えていないと思う。

小泉氏による郵政解散選挙いらい、日本の選挙はどっちかが大勝して、どっちがか大敗するシステムというか風土になったというのがおそらく正しいのだろう。


   前回  今回

自民 300 → 119 

民主 115 → 308 


小沢氏は常々「日本を二大政党制にする」と言ってきたが、実は4年前の郵政解散選挙のときから既に二大政党制に突入していたのだと思う。

アメリカ大統領選にも似た、どちらか勝った方が果実を総取りしてしまうシステム。

今回の結果は与党側にとって最悪だったが、システムそのものは私は嫌いじゃない。
”治世”も結構だが、”乱世”おおいに結構である。

国民新党の綿貫代表の比例落選が象徴しているが、”蟹工船ブーム”がいわれた共産党はもちろん、郵政国営化をかかげる国民新党や社民党など小政党は前回に引き続き埋没した。

民主の”政権交代”というワンフレーズに寄生して、かろうじて議席を維持している状況だ。

社民のある候補者は選挙中、「民主、民主、民主党、国民新党推薦、民主党推薦」を連呼していたという。

参考記事 

鉄の組織力を誇った公明党も、”政権交代”のワンフレーズには勝てなかった。

小泉チルドレンが国会から去り、新たに小沢チルドレンが乗り込む。
その結果、当選者の平均年齢はかわらない。

小泉チルドレンは83人だったからむしろそれ以上か。

参考記事 


 選挙結果は私にとって大変残念なものとなってしまった。

しかし民主主義を尊重し、その結果を受け入れようと思う。

だからといって多数派の意見がいつも絶対に正しいとは今も思っていないが、前回選挙からの4年間、野党支持者が盛んに使ってきた「愚民どもが乗せられやがって」という物言いは絶対にしたくないし、善悪二元論もとらない。

(民主党が勝利した場合のメリットとデメリットを比較して、デメリットの危険が大きすぎると判断したから私は民主を支持しなかった)

物事には必ず良い面と悪い面があるのであって、今回のような選挙結果であっても日本に何かしら良いことをもたらすはずである。

それが何であるかは今は私にもわからない。

国民が本当の意味で責任ある主権者として政治にめざめるきっかけとなるか、自民党が死に物狂いで自己改革をすすめ、頼りになる真の保守政党へと生まれ変わるか、はたまた新たな政界再編の呼び水となるのか。

民主党政権が終わった時にそれはおのずから明らかになるであろうし、それにいち早く気づき、生かすことができた者が次の勝利者となるだろう。

 そして民主党がマニフェストを公約通りに実行しても、私が懸念したことが奇跡的に起こらないことを強く祈る。

つまり今日から日本の政治が180°ガラっと変わり、政治家から一切の汚職がなくなり、霞ヶ関官僚の無駄使いと天下りが根絶され、地方公務員の常識外れの高給も引き下げられ、日本経済がすばらしく成長してみんなの収入が増え、しっかりとした外交・安全保障政策により国民の主権・生命・財産や国土・領海がしっかりと守られ、我々日本人が外国から無実の罪を着せられて誇りも財産も奪われるようなことは絶対に起こらず、日本社会の治安が良くなって安心して暮らせるようになり、税金をあげず政府の借金も増やさずに今より沢山の年金・保険料がもらえるようになることを祈るばかりである。

日本の国と国民にとって、その方が良いことに違いないのだから。

 最後に絶対に忘れて欲しくないことは、他の誰のせいでもない、「これから日本に起こるすべてのことは民主党に投票した有権者の責任」ということだ。

日本の新しい政権が何をやり何をやらないのか、自分が選択した道とその結果から絶対に目をそらさず、しっかりと最後まで監視し続けて欲しい。

自分の意志で選んだ道がどういう結末を導いたのか、そこから一つでも多くのことを学び、次回正しい選択をするために生かして欲しい。

それだけを切に願う。

「私のせいではない。こんな未来を選択した覚えはない」

そんな言い訳だけは聞きたくない。

 これは蛇足だが、投票所で私はマスコミの出口調査にひっかかった。

投票した候補者名・政党名を聞かれたところまではいつもと一緒だったが、最後にちょっと意外な質問をされた。

その瞬間「こんな質問をする意味があるのだろうか」と思ったが、マスコミは何か情報を掴んでいるのだろう。

帰宅する道すがら、「あの質問はこれからの日本がどうなるか暗示しているのだろうか」とも考えたが、これも4年以内に明らかになるかもしれない。




↑マスコミが伝えないことを一人でも多くの日本人に伝えるため、あなたの力をお貸しください↓
人気blogランキング


この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

今回の選挙を振り返って

 政権交代が焦点となった今回の衆議院選挙、終わってみれば民主党が過半数を悠々越える議席を獲得し、自民党は多くの議席を失うという結果でした。東京都議会議員選挙以上の激震と言っていいでしょうコレは。

 かつてない惨敗を喫した自民党は、中川昭一、与謝野馨、海部俊樹、山崎拓、久間章生といった大物が落選し(武部勤・町村信孝・小池百合子は比例で当選)、また前回の選挙で旋風を巻き起こした“小泉チルドレン”はほとんどが落選という惨憺たる結果でしたが、これには小泉後の安倍・福田・麻生政権の迷走が自民党全体に大きなダメージとなったとも推測します(公明党は太田代表が落選するなど小選挙区ですべて落選した)。迷走する政権に対して大半の有権者が自公連立政権、いや自民党に見切りをつけたと思いますね。

 民主党の大圧勝、自民党はかつてない大敗北となった今回の衆議院選挙、2009年8月30日という日は、日本の政治における大きな転換点として歴史に名を残すことになるでしょう。

 この衆院選の話題ですが、私のブログでも取り扱ってますので是非見に来てくださいませ。

  • 投稿者: アジシオ次郎
  • 2009/08/31(月) 22:35:39
  • [編集]

腹黒

なんというか、私はめんどくさがりなので、今回民主党に投票した人たちの鬱憤を煽って何かに結びつけることで堂々と政府批判を繰り広げたいなぁ、と思います。基本は是々非々ですけど、国益にかなうのなら自民も民主もないですからね。
目立たないとこにも筋を通す勤勉さは私にはありませんw。

  • 投稿者: クマのプータロー
  • 2009/08/31(月) 23:51:10
  • [編集]

実に冷静です。

いろいろなBLOGを見て回りましたがとても冷静です。
 今回の選挙について結果が出ているのにその結果を正視できないBLOGが多い事にびっくりしました。ここの管理人はとても冷静だと思います。いろいろな考えを持つ人が集まり、様々な意見が出ますが事実を正視する姿勢が大切だと思います。
 時々読ませていただきます。

  • 投稿者: 蘭
  • 2009/09/01(火) 08:58:03
  • [編集]

貴殿文章は冷静で知性を感じるので、好感を持って拝読しております。

さて、今回の結果を見ると、選挙のたびに右へ行ったり左へ行ったりする国民性では混乱を招くだけですし、小選挙区はなじまない国民性と思ってしまいます。

いろいろ感想はあるかとは思いますが、公明党と自民党の蜜月の関係が切れたことは大きな収穫だったと思います。これだけは間違えないでしょう。

  • 投稿者: izumineko
  • 2009/09/01(火) 11:27:41
  • [編集]

とっても気に成ります。

>「あの質問はこれからの日本がどうなるか暗示しているのだろうか」とも考えたが、これも4年以内に明らかになるかもしれない

この部分が気になって夜も眠れません。

それはそれとして、裁判官の国民審査は酷い結果に終わりましたね。
クロフネさんの当該ブログは随分拡散したつもりですが、それでもこんなもの何ですね、非常に残念です。
と同時に、やはり無知蒙昧の徒とは席を同じくしたくない、傲慢の謗りをうけてもそう思います。

選挙で言えば。私の投票した候補は(二人とも)当選したので、個人的には勝負勘として満足です。

あとは保守再生と民主分裂に向かって活動するだけです。

  • 投稿者: 火天大有
  • 2009/09/01(火) 13:44:19
  • [編集]

ま、選挙結果に国民は結果責任を負うのが民主主義だから。

「景気景気」ホザいてベーシックインカムを担保する等のセイフティーネットの整備を完全に忘れて生活不安を作り、単に「民主に任せれば大変な事になる~!」とか主権者を不安に陥れる事に躍起になっていたドキュン政党が今度の選挙で負けた事は、まさに

自己責任

と思うがね。

  • 投稿者: 犬笠銀次郎
  • 2009/09/01(火) 23:31:42
  • [編集]

わたしも出口調査に引っかかりましたが、質問はありませんでしたね。どんな質問だったのでしょう?

今日エレベーター内で両方の紙に自民党って書いちゃった!なんて言っている若者が居て哀しくなりました…大事な一票がどの選挙区かは分かりませんが。

鳩山さんはトップの器ではないと思います、どんな失言が飛び出してマスコミがどうフォローするのか、国内問題ならマスコミがどうとでも出来るかもしれませんが、国際問題、ことに領土問題に及ばないことを祈っています。今は祈るだけしかないです。

  • 投稿者: まい
  • 2009/09/01(火) 23:58:05
  • [編集]

何度も言うが結果がどうなろうと世界は続く

 これからどうなるかを見て行く必要があるため、私は自民が悪いとか民主が正しいとかは「今は」言いません。
 
 民主党と言う「社会主義的政権」がこれからどのように国の舵取りをするのかはこれからわかる事でしょう。船出と言うのはどんな船でも港から出発します。海に出てからが本番だと思います。乗組員である我々国民がその航海を見守る必要があると思います。
 出初めだけを見て「この党は正しい」と言う事だけは言わないで欲しい。確かに投票結果は多くの方が政権交代を望んだわけですが、その結果が出るのはまだ先だと思うのは私だけなのだろうか?
 世論の様子を見ていると「民主が勝ったから正しい。」という感じの声をよく聞きます。確かに「歴史は勝者が作る」「勝ったものが正義」と言う言葉がある。しかし歴史にしても何にしても「その後」も続くのがこの世界だと思います。続く中でどんな事が起こるかは解らない。だから勝ったからもう政治を見る必要が無いなどと言う考えに陥らないで欲しいです。
 自民にしてもそうだ。今の世論は自民のやった事は『すべて』間違っていたから負けたのだと言っている方が多い。結果から考えるに何かしら反省すべき点はあると思います。しかし『すべて』間違っていたのだろうか?人によっては「間違っている」「再検討すべき」と言うやり方も他の方から見たら「良いのではないか?」「とても有意義」という意見もあったと思う。
 見方によって変わる物を『すべて』一方的に間違っているという見解、私はそれこそ『間違っている』と思います。
 自民党の方々はこの結果を真摯に受け止め、審議していくと言っています。「そんなの当たり前だ」と言う人が居るかも知れませんが・・・民意を汲んで溜飲を飲み干すのはとても苦しい事だと思います。
「当たり前だ」とか最後まで責め倒す方々に言いたい事がある。
負けを認め反省すると言っている人間に最後まで泥をかぶせるような愚劣な考えしか出来ない人間に同じ様な立場に陥った時このような真摯な態度が出来るだろうか?その時同じ様に責められ嘲笑されても頭を下げ続ける事が出来るだろうか?
 私が生きて来た人生の中の経験上そういう輩に限って見苦しい事この上ない醜態を晒す事が殆どでした。そんな汚れた目で先を見通せるとは思いません。恥ずかしいので止めたほうが良いと思う。
 前も言ったと思いますが、これからも政治に興味を持つ事を行政を監視する事を私は止めないで行きたいと思います。

 話は変わりますが最近の某ニュース番組で「選択の責任」というコーナーが始まりました。最初の挨拶で「国民は政党を選んだ責任があります。それは有権者の課せられた義務です。」等など普通に聞いていると「その通り」と言いたいのだが…。その番組は今まで自民党をこれでもかと叩いていた番組でもあるし、何より「そんな」事をメディアが言うこと自体が異常に感じました。(いままでそんな事をコーナーまで設けて言った事無かったと記憶してるのでどの局番、新聞等の情報媒体でも)
 クロフネさんがどんな質問されたかわかりませんが私もこんな事態に遭遇して「この四年間に何かが起こるのか?」と勘ぐってしまいました。
 社民党の連立条件に社民が掲げるマニフェストの実現が含まれるそうです。
・・・(´・ω・`)なにそれ怖い。

最後に一言
人間は行動を約束することはできても、感情は約束できない。

友愛は「感情」です。マニフェストは「行動」です。分けて考える事をお勧めします。

  • 投稿者: ショボケン
  • 2009/09/02(水) 11:30:59
  • [編集]

アジシオ次郎さん

>民主党の大圧勝、自民党はかつてない大敗北となった今回の衆議院選挙、2009年8月30日という日は、日本の政治における大きな転換点として歴史に名を残すことになるでしょう。

私は、歴史の転換点はやはり郵政解散選挙だったと思います。

残念ながら安倍さんも麻生さんも、日本の政治風土・選挙システムの大変革に適応できなかったということではないでしょうか。


クマのプータロー さん

>基本は是々非々ですけど、国益にかなうのなら自民も民主もないですからね。

私も是々非々で行きたいと思いますが、”非”の場合は容赦しません。



蘭さん

>今回の選挙について結果が出ているのにその結果を正視できないBLOGが多い事にびっくりしました。

マスコミの「日本はすべてダメだ」は明らかに間違いですが、最近ネットで「日本はすべて正しい」かのようにいう風潮が強まっているのは私も懸念するところです。

「日本はすべて正しい論」に脳が慣れきってしまうと、今度は「日本にある問題点を改善しよう」という主張が「日本ダメ論」と区別がつかなくなって、それをまったく受け付けなくなる。

まるで大東亜戦争末期に南米にいた”勝ち組”みたいな人が増えている気がします。


izuminekoさん

>貴殿文章は冷静で知性を感じるので、好感を持って拝読しております。

お褒めにあずかりまして光栄です。ありがとうございます。

私はマキャベリストなので、今まで自公連立には目をつぶってきましたが、自民党も公明票を頼りにせずとも済むよう反省するべきところはしっかりと反省して、確固たる保守政党として復活をとげてほしいと思います。


火天大有さん

>この部分が気になって夜も眠れません。

どうもすみません。もしそれが現実となったとき、読者の皆さんには正直にお話しようと思います。

それにしても裁判官の国民審査は何も起こりませんでしたね。
ちょっと落胆しています。

ブログ記事拡散、ありがとうございました。



犬笠銀次郎さん

>「景気景気」ホザいてベーシックインカムを担保する等のセイフティーネットの整備を完全に忘れて生活不安を作り、

自民敗北の責任が自民自身にあるのは同意。

だが、ベーシックインカムを担保するためのセーフティネットの整備にだってお金はいるわけで、麻生政権の成長戦略重視は少なくとも間違いではなかったと思うがね。

今回は「政権交代」のワンフレーズの前に、細かい説明は無力だっただけで。


まい さん

>国際問題、ことに領土問題に及ばないことを祈っています。今は祈るだけしかないです

私も、外交・安全保障問題で致命的なミス(わざとやるものも含めて)をおかさないことを祈ってます。


ショボケンさん

>世論の様子を見ていると「民主が勝ったから正しい。」という感じの声をよく聞きます。
>今の世論は自民のやった事は『すべて』間違っていたから負けたのだと言っている方が多い。

「勝てば官軍」「民草は風に流される」というやつですね。

私もこれを懸念しています。

>話は変わりますが最近の某ニュース番組で「選択の責任」というコーナーが始まりました。最初の挨拶で「国民は政党を選んだ責任があります。
>その番組は今まで自民党をこれでもかと叩いていた番組でもあるし、何より「そんな」事をメディアが言うこと自体が異常に感じました。

これはおかしいですね。

もし負けた自民党のやったことがすべて間違っていたのなら、その責任は国民にあるということになる。
しかし国民の責任を検証する番組というのは見たことがありません。

  • 投稿者: クロフネ@管理人
  • 2009/09/02(水) 15:00:24
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する


・いつもコメント&TBありがとうございます。

アダルト系ブログからの、サイトポリシーに違反したコメント・TBが後を断たないため、受信したコメント・TBを管理人が審査することにしました。

サイトポリシーに違反したものについては予告無く破棄します。

また問題の無いコメント・TBを頂いても表示されるまで少し時間がかかります。 悪しからず御諒承ください。

「管理者にだけ表示を許可する」にチェックを入れると、管理人だけが読める非公開コメントになります。 非公開コメントを下さる方のプライバシーを尊重し、あえてお返事をしておりませんが、「公開コメントでも良いのでレスが欲しい」という方は、非公開コメントにその旨をお書き添えください。
                

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。