初めていらっしゃった方へ

スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

衆議院選挙せまる!

  • 2009/08/29(土) 00:51:22

 いよいよ第45回衆議院選挙の投票日が今度の日曜日と迫った。

当ブログでも有権者の皆さんの一票が有意義なものとなるよう、あまりマスコミが報じない事実をなるべくわかりやすく、精一杯伝えてきたつもりだ。

お伝えすべきことは語り尽くしたので、もう言うべきことはない。

だからこれまで述べてきたことをもう一度おさらいしておこう。

 多くのマスコミが自民党が悪の根源のように言っている。

だから自民党の反対である民主党を選択すれば、穢れた自民党が下野しさえすれば日本はすべてうまくいくのか?

残念ながらそうとは限らない。

当ブログ参考記事 

民主党がいったいどういった人たちによって結成され、どういった政策をかかげているのか、自分の頭をフル回転させてじっくりと吟味しないといけない。

 それでは民主党を指導する政治家たちはいったいどういった人たちなのか?

民主党は最近誕生した、全く新しい政治勢力のようなイメージを持つ人もいるのかもしれないが、実は自民党の旧竹下派経世会のメンバーと旧社会党の人たちが集まり、看板を架け替えただけの政党である。

当ブログ参考記事 

参考記事 

 民主党がかかげる政策の方はどうか?

民主党は「生活が第一」と言っているが、生活のためには収入がいる。

収入を得るためには仕事がなければいけないが、民主党のマニフェストにはどうやって国民の仕事を増やすかの成長戦略がない。

当ブログ参考記事 

あるのは国民から集めた税金を誰に配るかといった話ばかりだ。

 さらに民主党の政策は相互に矛盾したものが非常に多い。

内需を拡大させると言いながら、子供がいない家庭は配偶者控除・扶養控除廃止という増税を行うと言っている。

高速道路を無料化することも内需拡大につながるとしているが、結局高速道路の維持費として税金を投入するのだから増税につながって、配偶者控除・扶養控除廃止と同様、増税に備えた国民が消費をおさえる結果にならないかという懸念がある。

高速道路無料化は、CO2など温室効果ガスを今よりもっと厳しく削減すると言う民主党の環境政策と矛盾している。

最低時給1000円引き上げ義務化は、国内企業の海外脱出を促し、国民の仕事がまるまる無くなってしまう恐れがある。

国内農業に何の準備も出来ていないのに、いきなりアメリカとFTAを締結してアメリカ産農産物に日本の市場を開放するというのも、地方や都市近郊の農家の生活がめちゃくちゃになってしまわないのか。

当ブログ参考記事 

 そもそも民主党は、子供手当てや高速道路無料化・農家戸別所得補償などの政策を、増税もしなければ国債を増発することもしないで達成すると言っている。

「国民から一切お金を集めずに、国民にお金を配ります」

そんな虫の良すぎる話はねずみ講か何かのようで逆に怖い。怖すぎる。

結局増税するか、国民にとって欠かせない行政サービスを削ってそれらを実施するか、そのどちらかに追いこまれることになりはしないか。

自民党政権はこの年末に防衛計画大綱の改定を予定しているが、集団的自衛権の行使や武器輸出三原則の緩和など重要な政策がもりこまれそうである。

ところが民主党が政権を取ったら新たな防衛計画の大綱のとりまとめを来年以降に先送りするという。

参考記事 

防衛力というのは、日本人がどの外国からも命令されず、平和に生活していくのに欠くことのできない行政サービスである。

もちろん台風・洪水・地震などが発生したときも、国民を助けてくれるのは自衛隊だ。

防衛計画というのは国民の生活はもとより命に直結してくるほど大事なものだが、民主党はこれから何年もほったらかしにしておくというのである。

日本人がどの外国からも命令されず、平和に生活していく。これを守るのが「生活が第一」ではないのか?

民主党は、言っていることと実際にやろうとしていることが正反対だ。

 私は、自民党も民主党も腐敗の程度はたいして変わらないと思う。(だってもともと同じ党だったんだし)

ならばどの政策を最優先して選ぶかということになるが、「日本人がどの外国からも命令されず、平和に生活していく」ということを考えるなら、迷いなく自民党しかないと言える。

  「でも官僚の不正だけは絶対に許せない。ぜんぶ自民党の責任だからお灸をすえるしかない」という人は沢山いるのかもしれない。

ただ「官僚の不正・天下りは許せない」という人が同時に「だって地方公務員の給料ってサラリーマンの倍近くあるんだよ」なんて言うのだから、私はがっくりしてしまう。

政府自民党=霞ヶ関にいる中央官庁に勤める官僚=地方公務員、これらをひっくるめて諸悪の根源と考えているみたいだがそれは間違っている。

政治というのはリーダーが命令をくだせば下が「ハイそうですか」と言って従うのだから、霞ヶ関官僚の天下りも地方公務員の常識外れの高給も、ぜんぶ首相の責任という思い込みからそういう発想が出てくるのかもしれない。

でも実際の政治とか権力というのはそれほど単純じゃない。

会社だって幹部同士に派閥争いがあり、経営陣の方針に抵抗する労働組合だってある。

ワンマン社長が経営する小さな町工場ならいざ知らず、大企業であれば必ずしも社長の一存で組織のすべてを自由に決められるわけではない。

ましてや大企業よりも巨大なお役所ともなればなおさらだ。

イラクの独裁者フセイン大統領だって、何でも自由に決められるわけではなかった。

今は自分に従っているふりをしている政敵にいつ寝首をかかれるかわからないから、”共和国防衛隊”というフセイン大統領個人のために動く私兵集団(実はイラク正規軍より強い)を結成していたぐらいだ。

日本だってそう。

日本の公務員はストをする権利など”労働三権”が認められていない。

そこで公務員は自らを”弱者”と位置付け、公務員の雇い主である国民とその代理人・政府に対して待遇を向上させるための闘争をはじめた。

学校の先生にしろ役場で年金を集める人にしろ地方公務員の場合、日教組や自治労という労働組合をつくり、そこが国民やその代理人・政府に対して戦っている張本人である。

自治労らの長年にわたる闘争の成果が現在地方公務員が受けている待遇というわけだ。

それは、

○ 国民の代表=政府(自民党) VS 地方公務員(自治労)

という構図であって、

× 国民 VS 政府(自民党)=地方公務員(自治労)

じゃないことを多くの国民が本当に知らないようだ。

政府(自民党)≠ 地方公務員(自治労)

ということは、地方公務員の労働組合が支持している政党は自民党ではないということ。

ではどこか?

民主党である。

その証拠に民主党から多くの地方公務員が政治家として立候補し、実際に何人も当選している。

民主党のマニフェストにも、公務員にストをする権利など”労働三権”が認められていない状態を見直すと書いてある。

今でも失業の心配がほとんどなく民間より給与が高いのに、民主党政権を誕生させてストをやる権利を認めてもらい、その権利を使って待遇を良くするための闘争を行おうともくろんでいるのだ。

このように地方公務員のために働く民主党が、地方公務員の痛みが伴う改革をすることができるだろうか?

民主党は公務員改革を主張しているが、霞ヶ関官僚を叩くことはできても、地方公務員の腐敗がひどくなるなら結局一緒じゃないだろうか?

確かに自民党は腐敗しているかもしれないが、自民党旧竹下派経世会(その源流は田中派)の人たちがつくった民主党も結局変わらないのではないか?

これは朝三暮四じゃないのか?

どうせたいした違いがないなら先ほど言ったように、私は日本人がどの外国からも命令されず、平和に生活していける政策をかかげる政党を選ぶ。

あす日曜日、私たち日本国民ひとりひとりの未来を決める選択が行われる。

自らの参政権を有意義に行使してほしいと思う。

今度の衆議院選の結果が、日本の繁栄と国民の幸福につながるものになることを心より祈っている!



↑マスコミが伝えないことを一人でも多くの日本人に伝えるため、あなたの力をお貸しください↓
人気blogランキング

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

明日は 衆議院選挙 です!!

衆議院選挙 いよいよ明日に迫りました!! 麻生総理が誕生して以来、 選挙 選挙 と言われながら1年近く、もやもやした日を過ごしてきました。 ...

  • From: パソコン初心者のなんでも奮闘記~フリーソフト・ブログなど~ |
  • 2009/08/29(土) 08:46:00

「今の閉塞感と民主党」「最高裁判所裁判官-国民審査」(09解散総選挙-3)

 「民主党もダメだと解っているけれど、今の閉塞感を打ち破るためには今回は政権交代もやむなし!」 今回の解散総選挙について、何人かの友人からそんな言葉を聞きました。  前々回の記事でも触れていたように私は本来政権交代論者で、緊張感を持った複数の責任政党が...

  • From: 山本大成 「かわら屋の雑記帳」 |
  • 2009/08/30(日) 00:39:02

「バラマキ批判と雇用・経済対策」(09解散総選挙-2)

 「景気後退時の選挙で勝った与党は、歴史上存在しない」 そんな言葉を良く耳にしますが、今回の選挙に於ける自民党に対する逆風の本質は実にこの一言に尽きるのではないかと感じています。 例えば会社などの営利組織の場合でも、業績が拡大中であれば様々な矛盾は業績...

  • From: 山本大成 「かわら屋の雑記帳」 |
  • 2009/08/30(日) 00:40:33

この記事に対するコメント

人事も天命も

この時期の言動には神経を使いますが、力作をしっかり見させていただきました。

この時期の国民の投票行動をひろゆき氏が「スパ生」で代弁してくれていたような気がするのですが、「政治家が、民主党が公約を絶対守るなんて思っています?」という問いかけが私が話をした団塊達に共通する態度でした。

ごく一般の日本人ならば、公約について「目安」ぐらいにしか考えていないので政治家に「守ろう」と言うインセンティブが生じないだけで、民主党のバックにいる有無を言わせない連中は政治家に対して何をするかわからないので、政治家のほうに積極的に「守ろう」というインセンティブが生じやすい構造をしているのは確かです。

敵は日本人のフリをした外国人であることを肝に銘じるべきだと思います。

  • 投稿者: クマのプータロー
  • 2009/08/29(土) 06:44:02
  • [編集]

どうなろうとも世界は続く

今、日本は重大な分岐にあると思います。
私が言える事はただ一つ。
 どんな判断が下されようと、これからも政治に興味を持ち続けていきたいと思います。これからも国民として行政の在り方を監視していかないといけないと心から思います。民主党が勝とうが自民に軍配が上がろうがその事をどうか忘れないで欲しいです。

最後に一言
高く登ろうと思うなら、自分の足を使うことだ。高いところへは、他人によって運ばれてはならない。人の背中や頭に乗ってはならない。

 情報というのは無価値です。加工屋(マスコミ)があるから価値がある様に見えるだけです。
 自分で調べてください。その結果がどうであろうと貴方には価値がある。
昔から全世界で同じ様なコトワザがあるじゃないですか。
「百聞は一見にしかず」 (´・ω・`)

  • 投稿者: ショボケン
  • 2009/08/29(土) 18:21:37
  • [編集]

クマのプータロー さん

>ごく一般の日本人ならば、公約について「目安」ぐらいにしか考えていないので政治家に「守ろう」と言うインセンティブが生じないだけで、民主党のバックにいる有無を言わせない連中は政治家に対して何をするかわからないので、政治家のほうに積極的に「守ろう」というインセンティブが生じやすい構造をしているのは確かです。

目安では困りますね。

でないと、いつまでたっても政策本位で政党がつくられ、政策本位で政権選択が行われるようなことになりませんから。

政治家のほうに「マニフェストを守らないと痛い目を見る」というインセンティブが生じるよう、国民がしっかりと監視しなくてはいけません。


ショボケンさん

>これからも国民として行政の在り方を監視していかないといけないと心から思います。民主党が勝とうが自民に軍配が上がろうがその事をどうか忘れないで欲しいです。

まったくもって同感です。

そして選択の結果これから日本に起こることは、その政権を選んだ国民が最終的に責任を負うということも絶対に忘れてはいけません。

もし選択を間違えたのなら、どうして間違ったのかを分析し、次はもう同じ過ちをおかさないということを心がけないと、今回の選挙がまったく無意味なものになってしまいます。

「百聞は一見にしかず」でしっかりと新政権を監視して欲しいと思います。

  • 投稿者: クロフネ@管理人
  • 2009/08/29(土) 22:19:48
  • [編集]

選挙を控え、麻生内閣の功績です!m(_ _)m

拝啓、管理人さん
選挙を控え、麻生内閣の功績を紹介いたします。

付記URLからご覧下さい、しかし 麻生内閣の数々の功績は報道されません。

m(_ _)m乱文にて 敬具

  • 投稿者: (^o^)風顛老人爺
  • 2009/08/30(日) 03:46:43
  • [編集]

投票してきました。

あとは天のみぞ知るですが、選挙結果次第では私の政治活動は地下潜行型に成るでしょう。
どちらにせよ愛国者んは心胆を強く持って生き抜かねば成らない時代が始まっていたんだと思う今日この頃です。

  • 投稿者: 火天大有
  • 2009/08/30(日) 15:48:58
  • [編集]

(^o^)風顛老人爺さん

>付記URLからご覧下さい

URLがどこかわかりませんでした。

それにしても麻生内閣の功績は報道からまったく無視されましたね。


火天大有さん

>どちらにせよ愛国者んは心胆を強く持って生き抜かねば成らない時代が始まっていたんだと思う今日この頃です。

もしもの時は、保守ブロガーみんなが増やした仲間というレガシーがカギになってきそうです。

  • 投稿者: クロフネ@管理人
  • 2009/08/31(月) 22:04:02
  • [編集]

拝復、管理人さん
私のハンドルネーム隣のURLから御覧になれます。

麻生内閣の功績動画は選挙が終わってから閲覧数が伸びております。m(_ _)m乱文にて 敬具

  • 投稿者: (^o^)風顛老人爺
  • 2009/09/02(水) 17:54:36
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する


・いつもコメント&TBありがとうございます。

アダルト系ブログからの、サイトポリシーに違反したコメント・TBが後を断たないため、受信したコメント・TBを管理人が審査することにしました。

サイトポリシーに違反したものについては予告無く破棄します。

また問題の無いコメント・TBを頂いても表示されるまで少し時間がかかります。 悪しからず御諒承ください。

「管理者にだけ表示を許可する」にチェックを入れると、管理人だけが読める非公開コメントになります。 非公開コメントを下さる方のプライバシーを尊重し、あえてお返事をしておりませんが、「公開コメントでも良いのでレスが欲しい」という方は、非公開コメントにその旨をお書き添えください。
                

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。