初めていらっしゃった方へ

スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新たなジャパニーズドリームを!(その12)

  • 2009/08/05(水) 23:54:24

”新たなジャパニーズドリームを!”バックナンバーはこちら。

(その1) (その2) (その3) (その4) (その5)

(その6) (その7) (その8) (その9) (その10)

(その11)


 これから日本が目指すべき国家像や理想とする社会について考える連載企画、”新たなジャパニーズドリームを!”

前回は国際収支発展段階説を使って日本経済を分析すると、1985年のプラザ合意以後、急速な円高によってコスト削減に迫られた製造業が海外へ出て行ってしまった結果、現在の日本は貿易黒字が減少する反面、海外投資の収益を示す所得収支黒字が増大するという”未成熟な債権国”から”成熟した債権国”へと向かっている兆候があること、

工場の海外移転や国内にとどまった企業でも人件費の切り下げが行われた結果、戦後日本の急成長をひっぱってきた製造業を中心に、就職先の減少・所得の低下が発生し、失業者・低所得労働者層の増加や少子化進行の原因となっていること、

それを防ぐためには日本を”未成熟な債権国”段階に踏みとどまらせることが急務であることを指摘した。

海外投資の収益が増加しても、企業や投資家の利益にはなっても国内にいる労働者の就職口や所得の増大にはつながりにくいからだ。

 けっきょくのところ日本の経済面における閉塞感は、外国の陰謀のせいでも売国奴のせいでもない。(そう思いこむのが一番楽だが)

”未成熟な債権国”段階にあった頃の日本は国内の製造業が活気にあふれ”世界の工場”であったのが、1980年代後半を転換点としてそうした状況が一変してしまったことが最大の原因なのだ。


      エレクトロニクス産業の生産額
(2006年 単位十億円 電子情報技術産業協会資料による)   


       日系企業生産総額  うち国内生産額

 テレビ       5461        942 

 DVD等       406        101

 カーオーディオ・ 1669        591
 カーナビ等

 携帯電話     2522       1704

 コンピュータ   6798        2317
 関連製品

 電子部品    17800       10161
 デバイス等

 電子産業計   42154       20283


(日本のお家芸ともいえるエレクトロニクス産業も、製品の半分以上が今や海外で生産されている。その分、日本人の仕事が無くなっているということだ)


 バブル崩壊から現在に至るまで、日本はゆっくりと”成熟した債権国”へと向かっている兆候があらわれているが、状況の変化は日本のまわりでも起こっている。

18世紀末の産業革命から1980年代中ごろまで、先端工業というのは欧米や日本といった限られた先進国がやるものだった。

ところが現在は日本企業を含めた大企業が続々と進出した結果、中国やインド・ブラジルといった発展途上国でも当たり前のものになってしまった。

皆さんは”エンブラエル”という企業をご存知だろうか? 

”エンブラエル”はブラジルの航空機メーカーで、近年100席以下の小型旅客機市場で急成長をとげた。

日本航空やアメリカン、ユナイテッド航空といった世界の大手エアラインに続々と採用され、アメリカのボーイング、EUのエアバスインダストリーについで世界第3位の航空機メーカーになるのも近いと言われる。

日本の航空産業もかつてYS-11という小型旅客機で世界に売りこみをはかったが、エンブラエルはそれをはるかに上回る成功を収めている。

 今や工業が限られた先進国だけのものでなくなり、さまざまな工業製品がコモディティ化してきていると言える。

ある商品を開発すれば、開発者は競争者が現れるまでは先行者として市場と利益を独占できる。  

だが遅かれ早かれ競争者がその市場に参入してきて大量生産による低価格競争となれば、その商品は消費者に広くゆきわたる反面、利ざやが薄くてあまり儲からないものになってしまう。

コモディティとは大豆やトウモロコシのような一般消費財・日用品というのがそもそもの意味だが、途上国で工業が当り前となるにつれ、テレビや携帯電話・冷蔵庫のような工業製品が大豆やトウモロコシ並にコモディティ化してしまった。

その代表例がDRAMや液晶パネル市場だろう。

韓国は”ベンチマーク”と言い換えているが、つまるところパクリ戦略で日本のお家芸であった半導体や液晶市場に狙いをつけストーカーのようにつきまとってきた。

当初は日本企業から二流技術を買ったり、日本人技術者に高給を出して技術を教えてもらっていたりしたのだが「日本のパクリ」と侮るなかれ、韓国企業のしかけた低価格競争に巻き込まれた日本企業にとってDRAMや液晶の市場はすっかり儲からないものになってしまった。

日韓友好だか罪滅ぼしだか知らないが、自分の子や孫を低所得労働者に転落させるために、苦労して開発した虎の子の技術をはした金でくれてやるお人よし日本人にもあきれる。

(もっとも価格競争だけに、韓国の貿易収支を見ると向こうもあまり儲かっていないようだが)

ある市場が一旦コモディティ化してしまうと、シェアでトップを走る者はそこそこ儲かる反面、二番手以降はジリ貧の消耗戦を強いられると言われる。

トップは薄い儲けをさらなる設備投資や技術開発に投入できるが、二番手以降はだんだんそれが難しくなっていくからだ。

(日本の派遣など非正社員の増加はそうした消耗戦の結果であろう)

この場合、製品の優秀さはあまり関係が無くなる。

コモディティ化した市場では価格の安さぐらいしか消費者にアピールできないため、製造コストや人件費、自国通貨の安い途上国・中進国はその分有利で、日本のような先進国には不利である。

日本円に換算して月給3万円の中国人労働者がつくる商品に国産品が低価格で対抗するのは無理がありすぎる。日本の労働者の月給を3万にしたら生活できなくなってしまう。

まさに日本国内の製造業空洞化、日本の成熟した債権国化の原因がそこにある。

 それではどうすべきか。

クロフネは”ハイ・ロー・ミックス戦略”を提案したい。

低価格競争に巻き込まれないよう国産の商品に高い付加価値をつけて、値段が高くても商品を売れるようにすることが”ハイ”側の対策となろう。

例えばテレビやパソコン、携帯電話や自動車にしろMADE IN JAPANの工業製品を所有することが社会の成功者であり豊かな生活の証し、いわゆる
”ステータスシンボル”となるような高級ブランド化をすすめるのである。


こうすれば、国内に工場を置いて人件費の高い日本の労働者がつくってもビジネスが成り立つ可能性が出てくる。

シリーズの10回目で述べたように、それによって日本の労働者の最低賃金を少なくとも結婚・子育てが可能になるまで何としても引き上げたい。

高い付加価値をつけることによって、輸出の際に相手国との円による貿易決済を拡大することも重要だ。

そのためには品質にいっそう気を使い、政府や業界団体が高品質を保証するMADE IN JAPANマークをつけ、そのMADE IN JAPANマークを世界中に広告して他国製品との差別化をはかる。

幸い日本には「最先端工業の発達した先進国」という良いイメージ、レガシーがある。

世界中の人々が、「日本でデザインされたMADE IN JAPANの工業製品を愛用したい」「それを使って日本的なライフスタイルをおくりたい」と思ってもらえるようにしなくてはいけない。

日本文化という”ソフト”を工業製品に付加して売るわけである。

日本の叡智を結集して新たなマーケティング戦略を打ち出し、すみやかに実行に移す必要がある。

それを考えれば、現代日本人のライフスタイルが月100時間の無給残業や休日出勤は当り前、過労死とうつ病自殺におびえながら暮らすなんて貧しいものじゃダメ。

世界中の人々がこのようなライフスタイルを見て、豊かさやステータスを感じたり「日本的なライフスタイルを送りたい」と考えることはまずないだろう。

だから発想の転換が必要だと言っているのである。

途上国の人々に、物質的な豊かさが浸透しはじめている。

そこで先進文明国の先輩としての日本が途上国の人達に「真の豊かさとは何か」を提案できなければ、先進文明国の地位からすべり落ちることになるだろう。

低価格にしないと売れない→日本の労働者の人件費を削って働く時間はもっと長くしないといけない→でも途上国でつくられた安い製品に勝つのは難しい→だから商品の価格をもっと下げる→人件費がもっと削られる

という悪循環ではなくて、

高い付加価値がついているから値段が高くても売れる→日本の労働者の給与や生活の質をあげられる→日本人のライフスタイルの豊かさが日本文化の質をさらに高める→日本製品にさらなる高付加価値をつけられる→日本人がもっと豊かになる

という好循環へと日本を転換させたい。


 次にハイ・ローミックス戦略の”ロー”の部分だが、世界各国の富裕層は数が限られる以上、高級ブランド化戦略だけでは限界がでてくるかもしれない。

途上国の工業化で、中間階級が成長し庶民層でも購買力がそこそこついてきた。

先進国・途上国の双方で圧倒的多数を占める庶民市場を放っておく手はない。

そこで高級ブランド化させたものとは別に、テレビ・携帯電話・パソコンなど様々な工業製品で低価格かつそれなりの品質保証を売りにした新たなブランドをたちあげる。

このブランドは徹底的に製造コストを下げるために世界の最適な場所に工場をつくる。
また製品の機能もマーケットが望む必要最小限にとどめ、その分販売価格を下げる。

(もちろん低価格とはいえ不良品続出は論外)

製品のデザインも各国市場の好みに徹底的にあわせ、必要ならば現地人デザイナーを採用する。

コモディティ化した市場と低価格競争に徹底的に適応することで、マーケットシェアでトップを占め薄利多売で利益をだす。

その利益は日本本国へと送り、これを国内の労働者に分配してやはり所得水準を引き上げ、労働時間を下げていく。


このハイ・ロー・ミックス戦略で国内の製造業を立てなおし、雇用の創出と所得の増加、さらにやりがいのある仕事と私生活がうまくバランスのとれたものにすることで、新たなジャパニーズドリームを実現してはどうだろうか。

世界がサブプライムショックに見舞われている今こそ、日本にとって戦略転換の絶好のチャンスだ。

 卵が先かニワトリが先かではないが、まず日本の経営トップが固定観念を変えることが先である。

現在の日本の製造業は、高級ブランド化戦略でいくのか徹底的に低価格を追求するのか、戦略があいまいのように思える。

先日クロフネ家で愛用していた国産オーブンレンジが寿命を迎えてしまったので、新しい国産オーブンレンジに買い換えた。

それまでクロフネ家で使っていたオーブンレンジはやや高級機種だったのだが、国産電化製品の消費者として一言いわせてもらいたい。

オーブンレンジなのに、ゆで野菜がつくれるボタンやら鶏の唐揚げがつくれるボタンまでついていたのだが、買ってから壊れるまで一度も押したことはなかった。

それよりも火力というオーブンレンジの本業というべき部分が少々不満で、多種多様な副業をこなせる反面、本業がおろそかになっているのは残念だった。

技術者としては便利で消費者が喜ぶだろうと思ってそういう機能をたくさんつけたのはわかるが、技術者の独り善がりになってはいないだろうか。

 また叱咤激励のつもりで言うが、富士通のパソコンは機能は良いのかもしれないが、デザインが古くさくてやぼったく見える。

技術好きの日本人消費者は見てくれより中身・機能を優先させるかもしれないが、外国の消費者の場合、機能はそこそこでも良いから見栄えのするデザインのほうを選ぶという人も多い。

世界市場に適応するということはそういうことではないだろうか。

産業革命を達成したイギリスの製造業が落ちぶれた時、問屋は新商品を開発しようとするメーカーに「消費者はそんなものを望んでいない」と言い、消費者には「そんなものはつくってません」と言ったという。

他山の石としたいものである。

 ともかく戦略があいまいのままでは、国際競争には勝てない。 

実現できれば経営者・国民・政府すべての利益になることをまず理解して、一致団結して日本の国家戦略として”ハイ・ロー・ミックス戦略”を押し進めてみてはどうだろうか。

財界と政府が協力して戦略の細部をつめる。

必要ならば企業のM&Aなどによる業界の再編成を行って規模拡大の有利性を使う。

海外で稼いだ利益を国内送金して労働者の給与を上げる場合は非課税にしたり、”ハイ・ロー・ミックス戦略”の妨げになるような規制は廃止するなど政府も全面的に協力する。

政治や財界の指導者の積極的なリーダーシップを求めたい。

 日本をおおう閉塞感を振り払えるのは、後で増税することを前提に政府が借りた金を群がる国民にバラまくような虚業ではない。

実業なのだ。 



次回いよいよ最終回

banner_04.jpg

↑いつも応援ありがとうございます↓
人気blogランキング

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

更に付け足すと

我が国が高付加価値製品を送り出しても、支那が丸々偽者を造ったり。
朝鮮が世界で成りすまし販売をしたりするのでは、効力が殺がれてしまう。
やはり不正に対しては毅然とした対応をすぐに執れる政府が必要だろう。
その意味では民主党はどうにも・・・

  • 投稿者: 火天大有
  • 2009/08/07(金) 08:40:08
  • [編集]

クロフネ 様

今回も素晴らしいエントリーありがとうございます

皆様 大量拡散して下さい
みんなで日本を守りましょう

総選挙★当選・落選候補リスト(全選挙区版)
www35.atwiki.jp/kolia/pages/296.html
各議員の売国・愛国情報を元に、誰を当選させ、誰を落選させるべきかのリスト

国民が知らない反日の実態
www35.atwiki.jp/kolia/

フランス国営放送 「日本の実態」
www.youtube.com/watch?v=R6cP05l5HWw&feature=channel
日本の危機的状況が すべて分かる動画です
<<美人アナ>>

2分で分かる麻生内閣の実績
www.youtube.com/watch?v=WINJlQrxhSo&feature=channel
マスコミの洗脳に気付きます

治安崩壊
www.youtube.com/watch?v=PPhgd0Ojtw0&feature=channel
ぜひ、奥様、娘さんに教えてあげてください

  • 投稿者: 830
  • 2009/08/07(金) 11:13:44
  • [編集]

1~全部読ませていただきました。とても難しい問題だと思います。自分にはちょっとどうしたらいいか考えが付きません。
自分の中では日本人の平均年収は良くて横ばい、アジア諸国の賃金が追いつくまではあがっていくのはなかなか厳しいと思ってます。
管理人さんの「ロー」部分に当てはまることですが、日本の100円ショップのようなものは海外でも競争力あると思います。同じような1ドルショップやらは海外でもありますが、日本の商品は贔屓目かもしれませんが質がいい気がします。

もう1つのアプローチとして昔(10年前ほど)に比べると物がだいぶ安くなったような気がします。年収を上げる方法と同時に、この下がった年収でも結婚を含めた普通の生活ができるような社会を目指していくのがいいのかなーと考えてます。


 民主が日米でFTA締結といって、農産物除く、とか言い出しましたが農産物除いたFTAなんかはアメリカ結んでくれないと思いますがどうでしょう。民主の外交政策はこれ以外も相手があることを全く無視しているものが多い;;
 内政のばらまきは目糞鼻糞なので、外交で自民をとるか、公務員改革と役人と業界の癒着断絶を期待して民主とるか。
お互いマニフェストの批判合戦してないで建設的な議論して欲しいものです。

  • 投稿者: Zion
  • 2009/08/07(金) 19:46:40
  • [編集]

日本人に賃金が回らないと国内市場の縮小に繋がりますから、海外生産による人件費削減は壮大なデフレ自転車操業の始まりであり、行き着く先は国内経済の死である気がします。
実際、世界でもトップを誇っていた米国市場も今やバブル経済で崩壊寸前、欧州各国は財政が持つのかどうか怪しいですし新興国は言わずもがなです。結局、世界中の人間を中間層に押し上げるだけの経済力は存在せず、かつてのブロック経済のように有る範囲の中で回すことが限界なのでしょう。ただ、この経済を回す行為がどのように実現されるかが難しい課題なんですが。

  • 投稿者: 初心者
  • 2009/08/07(金) 19:57:21
  • [編集]

火天大有さん

>我が国が高付加価値製品を送り出しても、支那が丸々偽者を造ったり。
>朝鮮が世界で成りすまし販売をしたりするのでは、効力が殺がれてしまう。

これについては厳しく報復措置をとることが必要ですね。

おっしゃる通り、民主党の友愛外交では望み薄なんですが。


830さん

>今回も素晴らしいエントリーありがとうございます

そうおっしゃっていただけると光栄です。


Zionさん

>1~全部読ませていただきました。

お付き合いくださいまして、ありがとうございます。

>日本の100円ショップのようなものは海外でも競争力あると思います。

ただ残念なことに、売られている商品のほとんどは日本以外でつくられたものではありませんか?
それでは日本人の雇用につながらないので困ったことです。

>この下がった年収でも結婚を含めた普通の生活ができるような社会を目指していくのがいいのかなーと考えてます。

なるほど。新たな視点です。

そうなると日本の物価をもっと下げないといけないということになりそうですが、モノやサービスを生み出すため働く日本人がますます貧しくなってしまいそうな気がします。

>民主が日米でFTA締結といって、農産物除く、とか言い出しましたが農産物除いたFTAなんかはアメリカ結んでくれないと思いますがどうでしょう。

日本の農業に国際競争力をつけさせるための移行期間を置いた上でなら、農産物も含めたFTA締結も悪くないと思います。

しかし、Zionさんがおっしゃる通り、農産物除いたFTAではアメリカも乗って来ないと思われます。


初心者さん

>結局、世界中の人間を中間層に押し上げるだけの経済力は存在せず、かつてのブロック経済のように有る範囲の中で回すことが限界なのでしょう。

世界中の人間を中間層に押し上げる前に、世界の資源が枯渇してしまうという問題もあると思います。

そうなると、今度はデフレではなくすさまじいインフレが起こる可能性も出てくるのではないでしょうか。

  • 投稿者: クロフネ@管理人
  • 2009/08/08(土) 00:18:37
  • [編集]

こういった商業関係は各国がなるべく協議すべき問題ではありますが・・・・中々「我」が強い共産・社会主義国家が足を引っ張ってしまっているのが残念です。特にブランドに関しては商業的に不公平などと言って猛反発を起こしてますからね。(´・ω・`)

 国際基準を定めるなりすれば価格競争ではなく技術・ブランド競争につなげれると思います。・・・かなり難しいですが。
現在の先進国家がどれだけそれを途上国家に理解させるかに世界的な不況の燻ぶりを消せるかがかかっていると私は思います。
 出来ればその時、日本がリーダーシップをとってほしいです。

不利な状況を力に変えれるのが日本の強みだと思います。
ネガキャンなどに惑わされなければきっとどうにかできるハズ。

  • 投稿者: ショボケン
  • 2009/08/11(火) 18:36:51
  • [編集]

ショボケンさん

>現在の先進国家がどれだけそれを途上国家に理解させるかに世界的な不況の燻ぶりを消せるかがかかっていると私は思います。

我の強い国に知的所有権の尊重や保護貿易の禁止を徹底させられるかどうかは、まさにこれにかかっているわけですが、アメリカを筆頭に現在の世界は中国のようなトップクラスで我の強い国に何も言えなくなっていますから難しいところです。

日本はできるだけ自衛措置を講じていくしかないのでしょうが、”友愛”の民主党では...。




  • 投稿者: クロフネ@管理人
  • 2009/08/11(火) 22:22:34
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する


・いつもコメント&TBありがとうございます。

アダルト系ブログからの、サイトポリシーに違反したコメント・TBが後を断たないため、受信したコメント・TBを管理人が審査することにしました。

サイトポリシーに違反したものについては予告無く破棄します。

また問題の無いコメント・TBを頂いても表示されるまで少し時間がかかります。 悪しからず御諒承ください。

「管理者にだけ表示を許可する」にチェックを入れると、管理人だけが読める非公開コメントになります。 非公開コメントを下さる方のプライバシーを尊重し、あえてお返事をしておりませんが、「公開コメントでも良いのでレスが欲しい」という方は、非公開コメントにその旨をお書き添えください。
                

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。