初めていらっしゃった方へ

スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東シナ海ガス田に不審な中国船出現 ほかグローバルインテリジェンス

  • 2009/07/15(水) 00:10:59

◆東シナ海ガス田に不審な中国船出現 

日中両政府が昨年6月に共同開発することで合意している東シナ海のガス田”白樺”に、ここ数日不審な中国船が停泊していることが分かった。

中国が合意に違反して単独開発を強行している可能性もあり、日本政府は中国側に「重大な懸念」を申し入れた。

 中国側は採掘施設の維持・管理に関する作業だと説明したというが、だったら日本政府に事前に一言あってしかるべきで、毎度毎度のことながら、まったくもって不誠実きわまりない。

日中合意に違反していないというなら、日本側の担当者を現場に入れることをすぐさま許可するべきだろう。

 今回の中国側によるガス田・白樺への船舶派遣は、数日前から自衛隊の哨戒機によって察知されており、用意周到に準備されたものであるのは明白だ。

12日の都議会選挙で日本の権力構造が一瞬空白状態になることを見越した上での計画的犯行のように思われる。

麻生政権の権力基盤がぐらついたとたん、それまで虎視眈々と狙っていた特定アジア各国がハイエナのように日本の領土・領海に食らいついてくる。

 過去同じようなことが起こっており、福田前首相が退陣し、自民党総裁選がスタートした08年9月13日の翌日、四国沖の日本領海を国籍不明の潜水艦が侵犯した。

来るべき解散総選挙の前後に、周辺国が再び日本の権力空白期を狙って、領土・領海を犯すことも考えられる。

自衛隊の皆さんには日本の守りをどうかよろしくお願いしたい。

 東シナ海ガス田問題にかてて加えて、中国国有企業が引き起こした殺人ギョーザ事件の日本人被害者への謝罪と賠償も今の今まで一向になされないのはいったいどうしたことか。

中国共産党独裁政権による悪逆非道の数々、本当に許しがたい。


関連記事・失策・失策また失策



◆中国警察がまたしてもウイグル人を射殺 

中国政府治安部隊によるウイグル人虐殺や、鉄パイプやスコップなどで武装した漢人住民によるウイグル人住民を対象にした民族浄化的襲撃から1週間以上たったが、またしてもウイグル人の命が奪われた。

中国警察の発表によると、「ウイグル人同士の暴力行為をおさめるため」に警官がウイグル人2人を射殺、残り1人にケガを負わせた。

 だが、事件を目撃したという複数の地元ウイグル人はこれを否定、逃げ惑う若いウイグル人男性3人に対し、漢族の警察官が何発も発砲し射殺したという。

中国当局によるとウイグル人同士の暴力行為があったとのことだが、この発表は不自然のように思えるし、漢人警官が逃げ惑う相手をいきなり射殺する必然性もまったく感じられない。

無防備宣言もへったくれもあったものではない。

これもウイグル人を対象にした漢人によるヘイトクライムではないだろうか。

新華社は「射殺されたウイグル人はジハード(聖戦)を叫んでいた」と報じているが、だから早急に消してしまう必要性があったのか。

 一方トルコではエルドアン首相が「ウイグル人大虐殺だ」と中国を激しく非難、国内では数千人規模の抗議デモが起こるなど、イスラム世界で反中感情の火が燃え広がりはじめた。

そんな中、アルジェリアを拠点とする”イスラム・マグレブ諸国のアルカーイダ”が中国への報復を呼びかけ始めたと報じられている。

参考記事 

中国政府スポークスマンは、中国の安全のためアルカーイダへ対抗措置をとることを発表している。

ここにきてウイグル情勢が一挙に複雑化してきた。


関連記事・漢人、報復の民族浄化




↑マスコミが伝えないことを一人でも多くの日本人に伝えるため、あなたの力をお貸しください↓
人気blogランキング

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

合意違反?「白樺ガス田に中国船」

隙を見せればたちまち食いつく油断のならない国

  • From: 倉鉢徹のページ |
  • 2009/07/15(水) 11:06:36

この記事に対するコメント

中共の植民地にされる

自虐史観に凝り固まって原爆による虐殺正当化発言を礼讃してます→http://www.h5.dion.ne.jp/~chosyu/genbakuyurusetoseltukyousuruheiwa.htm利益追求と偏向報道を繰り返す長崎売国新聞社

中川(秀)みたいなのもこういうふざけた発言を喜ぶんでしょうね。
加藤に続き横田夫妻への田原の妄言も自国のスタンスを否定する事を前提にしてますし

  • 投稿者: 抗共義勇
  • 2009/07/16(木) 17:08:22
  • [編集]

河野・村山談話を上回る「自虐」本島談話

親社会主義市長・本島等 「天皇に戦争責任がある」等と議会で発言し、広島・長崎への原爆投下や東京大空襲、沖縄戦による犠牲を自虐史観に基づき、「当然の報い」などと発言した市長。
展示計画を議会や市民に報告せず長崎原爆資料館建設を強行した。「東京大空襲は日本の『侵略』の結果だ」と、アジア解放・自衛戦争を侵略へと置き換え、空襲容認史観に立脚している。
 本島を礼讃する共産党を中心とする反日極左集団はことあるごとに日本を「悪役」へと仕立て上げてを展示するよう主張してきた。
 彼らは、長崎原爆資料館やピースおおさかで、やらせ映像やニセ写真さえ使っている。"平和博物館"を貫く思想は、こうした恐るべき原爆・空襲容認史観なのである。

  • 投稿者: 抗共義勇
  • 2009/07/16(木) 20:22:36
  • [編集]

中国海軍艦艇が沖ノ鳥島近海で軍事演習

はじめまして。

艦艇5隻は6月19日に東シナ海から沖縄本島と宮古島の間を通過して太平洋に出た後、 6月22日に沖ノ鳥島の北東約260キロ付近の海域で確認されていたことが15日に分かったとのことです。

海洋基本法と海洋基本計画について
内閣官房 総合海洋政策本部事務局 企画官 小平卓
http://www.mlit.go.jp/common/000020423.pdf

4ページに日本の領海等概念図が掲載されてあります。
ということで、沖縄本島と宮古島の間を通過は完全な領海侵犯です。

沖ノ鳥島を破壊するつもりなのですかね、さっさと撃沈して海のもくずにしてほしいです。

  • 投稿者: 橘
  • 2009/07/16(木) 21:24:36
  • [編集]

抗共義勇さん

アメリカの原爆投下に関して言えば、あれは明らかな戦争犯罪であって、真珠湾奇襲があろうがなかろうが決して許されるものではありません。

しかし、反戦平和勢力を自称する人達は、どういうわけか「悪いのは日本」と主張して、原爆で亡くなった人達を誹謗します。

賠償訴訟なんかも、原爆を投下した張本人であるアメリカではなく、日本政府だけを訴えるというのも本当にワケわかりません。

そういえば田原総一朗、訴えられたらしいですね。


橘さん

これは取り上げようと思っていたネタですが、「沖ノ鳥島周辺に広がる日本のEEZを認めない、これは中国のものである」という中国側からもメッセージでしょう。

私は怒ってます。本当に許せません。

  • 投稿者: クロフネ@管理人
  • 2009/07/17(金) 00:04:44
  • [編集]

しかしアレですねwww

今回のアルカイダ系組織の発表で世界中支那人にとって安全な場所は無くなったと言うのに、中共は強気ですね。
どうせ言うだけタダの国民性だから、取敢えずリップサービスを言ってみただけで、本当に国民総てを護れるなんて考えても居ないでしょう。
中共幹部だけは守り抜いて、一般国民が被害に遭ったら、ここぞとばかりに被害者面をしてキャンペーンを張るつもりでしょう。
先の大戦では通州虐殺の加害者だった支那人はその後の帝國陸軍の防衛行動を声高に非難する事で我が国を悪者にした前科が有ります。
世界中が支那の涙と恫喝に振り回されない覚悟が必要です。

  • 投稿者: 火天大有
  • 2009/07/19(日) 18:19:55
  • [編集]

火天大有さん

>今回のアルカイダ系組織の発表で世界中支那人にとって安全な場所は無くなったと言うのに、中共は強気ですね。

相手に弱気を見せないというのはこういう場合の鉄則でしょう。

イスラム社会にじわじわと反中感情が高まっているようで要注目です。

  • 投稿者: クロフネ@管理人
  • 2009/07/20(月) 21:20:41
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する


・いつもコメント&TBありがとうございます。

アダルト系ブログからの、サイトポリシーに違反したコメント・TBが後を断たないため、受信したコメント・TBを管理人が審査することにしました。

サイトポリシーに違反したものについては予告無く破棄します。

また問題の無いコメント・TBを頂いても表示されるまで少し時間がかかります。 悪しからず御諒承ください。

「管理者にだけ表示を許可する」にチェックを入れると、管理人だけが読める非公開コメントになります。 非公開コメントを下さる方のプライバシーを尊重し、あえてお返事をしておりませんが、「公開コメントでも良いのでレスが欲しい」という方は、非公開コメントにその旨をお書き添えください。
                

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。