初めていらっしゃった方へ

スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

漢人、報復の民族浄化

  • 2009/07/10(金) 00:57:42

 7日の当ブログ記事で取り上げた、中国政府によるウイグル人虐殺事件の続報が入っている。

ウイグル人による大規模な抗議デモの原因となった、広東省韶関市のオモチャ工場で起こった漢人によるウイグル人従業員襲撃事件だが、その原因が判明した。

8日づけ産経新聞朝刊の国際面記事によれば、このオモチャ工場をクビになった漢人労働者がその腹いせに、ウイグル人労働者が漢人の少女二人を強姦したという内容のデマをネットに書きこんでいたという。

この人種差別まるだしの書きこみを鵜呑みにした多くの漢人が、いきなりオモチャ工場のウイグル人労働者を襲撃し、2人を殺害、80人以上を負傷させた。

これがウイグル”自治区”で起こった大規模抗議デモの原因となったわけだが、漢人によるウイグル人を狙い撃ちしたヘイトクライムであるのは誰の目にも明らかであって、ウイグル人が抗議するのも当然すぎる話だ。

どう考えても理はウイグル人市民側にある。

にもかかわらず中国の治安当局はウイグル人デモ隊に実弾を発射、警備車両で群集をなぎ倒すという、信じられない暴挙に出た。

中国政府側は死者150人以上と発表しているが、数百から千人弱の死者を出し、さらに千人以上のウイグル人が当局によって拉致・連行されたという目撃証言もある。

こうなるともはや民族紛争である。

 さらに重要な続報としては、ウイグル”自治区”の主都ウルムチで漢人住民数千人が鉄パイプや角材・スコップなどで武装し、「ウイグル族を倒せ」「数はわれわれの方が多い」などと叫びながらウイグル人街を襲撃、店舗や住居を破壊するなどエスニック・クレンジングが行われているという。

参考記事 

中国の官営テレビでは、流血した漢人など漢人が被害にあった様子ばかりが一方的に報じられ、そのことがさらに漢人のウイグル人への憎悪をかきたてているようだ。

中国共産党の歴史教育そっくりである。

ウルムチはウイグル人の”都”であるはずなのに、そこから脱出しようとするウイグル人がバスターミナルに殺到しているという。

参考記事 
  
 中国人(漢人)は万里の長城を築いて大昔から国境線を明確にしてきた。

現在ウイグル”自治区”と呼ばれる東トルキスタンは、中国人にとって万里の長城の外にある、トルコ系を中心とする異民族の国であった。

それが20世紀中ばの中国共産党による軍事征服後、国策として大量の漢人を植民し、今や主都ウルムチは漢人の方が多く、東トルキスタン全体でも漢人が半数を占めようかという勢いになっている。

漢人はウイグルの大地から石油や天然ガスを掘り出しては中国本土へ送り、権力・富・名誉を漢人が独占する。

共産党独裁政権によって、ウイグル人は植民地の二等国民として生まれながらにして貧困を運命づけられてしまう。

中国共産党独裁政権は人々から言論・思想の自由を奪い、「漢族やウイグル族は決して切り離すことができない”中華民族”という一つの民族である」という洗脳教育を押しつけてきた。

漢人によるウイグル人国家侵略という過去の歴史をぬぐい去り、ウイグル植民地を絶対に手放したくないためだ。

 だが、今回の虐殺事件で中国治安当局はあまりに多くのウイグル人を殺しすぎた。

漢人住民も鉄パイプやスコップで武装し、次々とウイグル人街を襲うなど民族浄化に手を出してしまった。

「漢族とウイグル族は”中華民族”という一つの民族である」という虚構がもろくも崩れ去るとともに、ウイグル人たちに決してぬぐい去ることのできない民族の記憶を植え付けてしまった。

まさしくユーゴスラビア型の民族紛争そのものであり、中国の植民地経営は完全に失敗したと言えよう。

 日本のネット界を見ていると、「過去に日本人は中国にひどいことをしたんだから、中国に何も言えないよね」とか、「反中のネットウヨは過去を反省して、中国を批判すべきでない」などといった書き込みをする人間がいる。

お前達は人間として血も涙もないのかと言いたいが、もし過去に学べというのであれば、中国のウイグル人虐殺事件を世界の先頭に立って糾弾しなければならないのはまさしく日本であろう。

あのような国が国連安保理で常任理事国として強大な権力を与えられていること自体間違いであって、中国の軍事力・経済力を恐れて世界の誰も”裸の王様”に何も言えないのだとすれば、歴史の退歩であり人類全体にとっての不幸である。

日本はもちろん、人権を何より重視するはずのアメリカ・オバマ政権もEU諸国も他の途上国も、世界が一致団結して裸の王様に「お前は裸だ」と言ってやり、中国のあのような蛮行をすぐさまやめさせるべきだ。

 日本では財界を中心に、中国人を念頭に安価な労働力として移民を日本に移植しようと主張する者がいるが、今回の事件を見ればわかるように、中国人は日本人のようにどんな理不尽なことでも我慢するような民族ではない。

理が自分たちにあろうがなかろうが、気に食わなければすぐさま徒党を組んで暴動という手段に訴える。

これをデタラメな民族差別だと思うなら胸に手を当てて考えてみたら良い。

ドライな中国人はチャンスと見れば待遇が良い別の会社への転職をためらわず、一つの企業に忠誠を誓い、我慢して勤め上げるなんて考え方もあまりないから、「中国人従業員の育て損」を経験した日本企業もたくさんあるはずだ。

長野では、聖火リレーにからんで中国人暴徒が日本人市民を襲い、中国人集団に恐れをなした警察が指をくわえて見ているだけだった、という事件が起こったことも記憶に新しい。

中国共産党独裁政権によるウイグル人・チベット人虐殺は、決して対岸の火事ではない。




↑マスコミが伝えないことを一人でも多くの日本人に伝えるため、あなたの力をお貸しください↓
人気blogランキング


関連記事・◆中国、140人以上のウイグル人を虐殺



この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

>ドライな中国人はチャンスと見れば待遇が良い別の会社への転職をためらわず、
これってフィリピン人にも当てはまりますね。今年の春に、フィリピン移民の日系人二世が、父親の血統を引き合いに出して「わたしは日本人だ」として、日本国籍を引き出そうと躍起になっている記事を二、三見つけました。
彼らが、父親の血統を引き合いに出す所は、始めから自分は日本人であるという前提で物を考えているからであって、そこには、自身がフィリピン人足りえる要素の方がはるかに多いことなどお構いなしに見えます。
本来、血統がどうであれ、自身が長年生まれ育った所なのですから、それなりにシンパシーを持っても良さそうな物ですが、どうやや、彼らはよりよい条件に移る事ができれば、そうした物を捨て去る事を何とも思わないようで、良い印象を持ちえません。

  • 投稿者: DUCE
  • 2009/07/10(金) 05:30:21
  • [編集]

これは事実です。

>ドライな中国人はチャンスと見れば待遇が良い別の会社への転職をためらわず、一つの企業に忠誠を誓い、我慢して勤め上げるなんて考え方もあまりない。

この傾向は、中国人だけでなく、朝鮮人(韓国人含む)にもあります。私は、アイルランドに語学留学した経験がありますが、日本人学生は、1年以上でも同じ学校に通い続けますが、彼らはすぐに安い学校へ移っていきます。

ですが、日本人は一番大変な外国人登録証を申請する際に親身になって面倒を見てくれた学校スタッフに恩義を感じているので滅多に転向しません。私も学校経営者に信頼され事務作業や学校清掃の仕事を頂きました。(しかも、給与は私の「労働時間の申告で」というほどの信頼ぶりでした。)

長期滞在していれば、大陸、半島人のクラスメートが減っていく…これは彼らが、人情より実利をとるからでしょう。

もっと恐ろしいのは、彼らが善悪を考慮せず「実利」を追求する傾向があることです。
こんなことを日本で発言すると、また差別主義者呼ばわりされるのでしょうが…。

  • 投稿者: 猫のしっぽ
  • 2009/07/10(金) 11:16:01
  • [編集]

今日のウイグル、チベットは明日の台湾、明後日の日本。

支那人の残虐性を知ってしまうと、恐ろしさで身が縮みます。 選挙が近いですね。 結果を知るのが怖くて、最近喉にモノが詰まったような息苦しさです。

見えているのに止められないのは辛い。 大切な一票、海外から送ります。

  • 投稿者: 丸まる子
  • 2009/07/10(金) 17:55:41
  • [編集]

それでも中共はウイグルを鎮圧する

ただ昨年のチベット蜂起などを見ていても分かるように
最終的に中共は今回の東トルキスタンの事態も鎮圧するものと思われます。
最早チベットもウイグルも過去に大躍進や文化大革命で
自国民を数千万殺した中共にとっては特に大したことではないのではないでしょうか?。
ただ当時と異なり現在はネットというものが発達し
完全な情報の遮断・隠蔽を計れない点は救いと言えるかもしれませんが…。
それと気になるのがこれから世界、日本で行われるであろう
フリーウイグルデモなどといった抗議活動が
実際にシナ・中共に対してどれほど効果を上げるかであります。
確かに過去のフリーチベットなどのネット発の運動は
瞬間的には非常に大きな波を引き起こせましたが
なかなか持続・継続的なものとならないのが正直なところでしょう。
こういった運動の効果や持続性を高めるには
一体どういった方法があるのか色々と考えさせられる次第です。

  • 投稿者: Neatness Neet
  • 2009/07/10(金) 18:27:41
  • [編集]

DUCEさん

>>ドライな中国人はチャンスと見れば待遇が良い別の会社への転職をためらわず、

>これってフィリピン人にも当てはまりますね。

猫のしっぽさん

>この傾向は、中国人だけでなく、朝鮮人(韓国人含む)にもあります。


結局、中国人も朝鮮人も東南アジア人も低信頼社会の人たちですから、程度差こそあれ行動様式が似ているのも当然だと思います。

低信頼社会 http://gaikoanzenhosyo.blog4.fc2.com/blog-entry-233.html

逆にいえば、アジアで高信頼社会をつくりあげることができたのは日本ぐらいですから、こっちの方が稀有な例でしょう。


丸まる子さん

次回の選挙、日本の有権者は民主党や連立相手の社民党の実態を良く理解してから、投票して欲しいものです。切に願います。



Neatness Neet さん

おっしゃる通り、中国政府はどんな虐殺事件を起こそうとも抗議デモを鎮圧しようとするでしょう。

日本としてできることも限られています。

しかし、絶対にあきらめてはいけないと思いますし、長い時間はかかっても結局欧米ロシアの植民地も独立を達成しました。

私はできるかぎりのことをしようと思います。

  • 投稿者: クロフネ@管理人
  • 2009/07/11(土) 01:51:15
  • [編集]

結局ね

我が国に目先の目腐れ金に釣られて、自国を倭自治区にしようとする売国奴が群棲している事、そしてそいつらが権力側に居る事が問題なのです。
こいつらをどうしても炙り出して排除しなければ我が国もチベットやトルキスタンの二の舞ですが。
私は明日の都議選でも未だに迷っています。
民主党保守系に投票するか自民党の女性に投票するかです。

  • 投稿者: 火天大有
  • 2009/07/11(土) 16:52:46
  • [編集]

火天大有 さん

>我が国に目先の目腐れ金に釣られて、自国を倭自治区にしようとする売国奴が群棲している事、そしてそいつらが権力側に居る事が問題なのです。

まったくもって日本のガンです。

>私は明日の都議選でも未だに迷っています。

火天大有さんのお考えを尊重いたしますが、私なら民主・社民・共産・公明系候補はありえません。

  • 投稿者: クロフネ@管理人
  • 2009/07/11(土) 21:41:20
  • [編集]

また中国は批判される要素を作ったような気が?

 最近のウイグル情勢ですが、ウイグル自治区最大の都市ウルムチでウイグル人によるデモが起こりましたが、中国の警察はデモ隊に発砲して2人が死亡する事態となりましたが、改めて情勢は悪化していると言っていいでしょうね。

 さらに中国政府、悪いのはウイグル人だと見なしてウイグル・バッシングプロパガンダを行うなど、民族浄化を助長までしているのだからひどいものです。中国はまた国際社会から非難される要素をまた作ったとしか思えませんね。チベットしかり、ミャンマー(軍事政権支援及びあのアウンサン・スー・チー女史の軟禁を助長)しかり、スーダン(石油利権欲しさにスーダン政府を支援しダルフール紛争を激化させた)しかりとねェ・・・。

 またウイグル人はイスラム教徒でありますから、イスラム教徒に対する残酷行為だとイスラム諸国が知ったら、中国はイスラム諸国を敵に回してもおかしくないと思います。
「中国はアメリカやイスラエルと並ぶイスラムの敵」なんて認識されてもおかしくありませんからね。現にトルコでは反中国デモが起こったし、エルドアン首相はウイグル暴動で中国公安が発砲し多数の死者を出したことについて「虐殺だ」と非難したからそれが出ていると思いますね。

 ウイグル人に対する報復として民族浄化、かつてのユーゴやルワンダのような凄惨なジェノサイドに発展してしまうような気もしますね。もとはイスラム教徒の土地に中国共産党が侵攻して併合、同化したことが始まりなんですけどね。結局力で支配するのはロシアと同じです。中国はどこまで国際社会から批判される要素を作るんでしょうかね?

>日本はもちろん、人権を何より重視するはずのアメリカ・オバマ政権もEU諸国も他の途上国も、世界が一致団結して裸の王様に「お前は裸だ」と言ってやり、中国のあのような蛮行をすぐさまやめさせるべきだ。

 そうですね。特に日本やアメリカ、EUなどが中国政府に対してこの問題などを強く非難する姿勢を見せない限り状況は変わらないでしょう。無論これは同じように人権が問題視されている北朝鮮やミャンマー、ジンバブエ、イランなどにも言えますが。

 この記事ですが、私のブログでも取り扱ってますので是非お越しくださいませ。

  • 投稿者: アジシオ次郎
  • 2009/07/14(火) 14:50:42
  • [編集]

アジシオ次郎 さん

>そうですね。特に日本やアメリカ、EUなどが中国政府に対してこの問題などを強く非難する姿勢を見せない限り状況は変わらないでしょう。

アメリカやEUは残念ながらあまり強い非難はしていませんね。

ところが、アジシオ次郎さんのおっしゃるようにトルコでは、エルドアン首相が抑制されたものながら中国の行為を虐殺と認めましたし、数千人規模の反中デモが発生しているようで要注目だと思います。

今後チベット問題で欧米先進国から、ウイグル問題でイスラム新興諸国から中国は包囲攻撃される形もありえますね。

  • 投稿者: クロフネ@管理人
  • 2009/07/14(火) 21:58:49
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する


・いつもコメント&TBありがとうございます。

アダルト系ブログからの、サイトポリシーに違反したコメント・TBが後を断たないため、受信したコメント・TBを管理人が審査することにしました。

サイトポリシーに違反したものについては予告無く破棄します。

また問題の無いコメント・TBを頂いても表示されるまで少し時間がかかります。 悪しからず御諒承ください。

「管理者にだけ表示を許可する」にチェックを入れると、管理人だけが読める非公開コメントになります。 非公開コメントを下さる方のプライバシーを尊重し、あえてお返事をしておりませんが、「公開コメントでも良いのでレスが欲しい」という方は、非公開コメントにその旨をお書き添えください。
                

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。