初めていらっしゃった方へ

スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

韓国のアンフェアな通商政策を許すな!

  • 2009/06/24(水) 00:31:44

 最近アップした”ええかっこしいはいらない”の記事で、CO2排出削減による”環境保護”をめぐって、エゴとエゴがぶつかり合う熾烈な外交戦が繰り広げられていることをとりあげた。

自動車産業でも、トヨタのプリウスやホンダのインサイトといった低燃費ハイブリッドカーが好評を博しているが、エコカーの本命といわれてきた電気自動車が今月とうとう発売された。

三菱自工の”i-MiEV”(アイ・ミーブ)がそれで、当初は官公庁向けに、来年からは一般向け販売される。

スバル・ブランドを持つ富士重工も、これを追いかけるように7月”プラグイン・ステラ”を発売する予定だ。

2010年には日産初の量産型電気自動車を日米で発売する予定で、8月に発表会を開くとアナウンスされている。

ハイブリッドカーで世界のエコカー市場をリードしてきた日本の自動車産業だが、電気自動車の分野でも積極的な投資と開発が行われているようで非常に頼もしい。

 そんなおり、今朝の産経新聞でゆゆしきニュースを読んだ。

携帯電話やノートパソコンはもちろん、日本で発売された電気自動車にも搭載されているリチウムイオン電池だが、韓国政府は7月から指定機関で認証を受けなければ同電池を組み込んだ製品を韓国内で販売させないとする規制を導入する。

参考記事 

別の報道では、この規制に対してアメリカから抗議があり、韓国はアメリカ製品を例外扱いとすることを決めたという。日本製品に対しては例外扱いの対象外であり、この点あきらかに日本製品は差別を受けている。

リチウムイオン電池の分野では、三洋やソニー・パナソニックなど日本企業各社で世界シェアの60%を押さえるなどトップを走っており、韓国企業が20%強でそれに続いているとされる。

どうやら日本企業を狙い撃ちにしたアンフェアな保護貿易政策のように思える。

電気自動車に関して言えば韓国企業は大きく出遅れてしまっており、まだカゲもカタチもできていないようだ。

日本製の電気自動車が韓国市場に流入すれば劣勢はあきらかである。

韓国の政府や自動車産業界が、どんな手を使ってでも日本製品を韓国市場から締め出したいと考えても不思議ではない。

参考記事  

 最初の記事にあるように、「韓国国内では現地企業のシェアが高いので、(日本企業に)それほど大きな影響がでるかは疑問」(ソニー関係者?)という意見もあるが、私はそうは思わない。

電気自動車にしろ何にしろ、日本製のリチウムイオン電池を搭載した製品が韓国市場でも大きいシェアを獲得すれば、韓国企業が国内市場で体力をつけて世界市場で日本企業に反撃していくことが非常に困難になる。

麻生政権は近く開かれる世界貿易機関の関連委員会で懸念を表明する予定だが、強く支持したい。
というか、重箱の隅をつつくように違法なところはないか調べて韓国をWTOに提訴するべきだ。

 これまで日本は、どういうわけか韓国のアンフェアな保護貿易政策を見逃してきた。

韓国は、長らく日本車の対韓輸出を禁じてきたが、それに対して日本政府から強く抗議したという話は聞かない。

やむなく日本メーカーはライセンス生産権を韓国メーカーに販売することにしたが、韓国企業はその技術をもとに”ナンチャッテ日本車”をつくって、相撲の力士の広告とともに世界に売りこんだ。

今や自動車の作り方を教えた三菱自工より、教えてもらった現代の方が世界シェアが大きくなっている始末だ。

お人好しにもほどがある。

電気自動車の分野でも同じ轍を踏むようなことは絶対にあってはならない。

 韓国・アンフェア・環境保護といえば、韓国の環境保護政策についても極めてアンフェアだといわざるを得ない。

彼らは普段、「韓国は先進国クラブと言われるOECDにも加盟している世界十何位の経済大国」などと主張しているが、京都議定書を定める時は「韓国は発展途上国」と主張して、アンフェアにも先進国として果たすべき温室効果ガス削減義務から逃げ出した。

これに対して日本や他の先進国が抗議して、韓国にも義務を課すようにしなかったのは、まったくもって遺憾だった。

2013年以降のポスト京都議定書体制では、彼らが自称しているように韓国にも先進国基準のCO2削減義務が課されるよう、日本も強く主張すべきだ。

「ええかっこしい」をやっている場合ではない。

 日本と中国という東アジアの二大大国の間で目立たないことを良いことに、外国製品の締め出し・為替操作・”ベンチマーク”という名の知的所有権侵害など、アンフェアな保護貿易政策・近隣窮乏化政策をとる韓国。

日本はこれ以上絶対に見逃してはいけない。

ビジネスに「過去の引け目」もへったくれも無いし、日本が韓国から貿易黒字を稼いでいることも関係ない。

自分たちの子や孫の世代が安心して仕事をし、暮らしていけるかどうかがかかっているこの問題、政府はもちろん日本企業も真剣に考えて、しっかりと対処して欲しい。

(良い機会だから触れておきたいが、韓国は対日貿易赤字解消のため”日韓経済協力”の美名のもと、製造装置や中間部品を製造する日本の中小企業のすぐれた技術を韓国にもってきて自前の素材産業を育てようとしているが、その要求に日本が応じては絶対にダメ。日本のストロングポイントをわざわざドブに捨てるようなものだからだ)




↑マスコミが伝えないことを一人でも多くの日本人に伝えるため、あなたの力をお貸しください↓
人気blogランキング



この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 投稿者: -
  • 2009/06/24(水) 13:00:11
  • [編集]

最近何時も思うのですが

どうして最近の世界は朝鮮人を(南北問わず)甘やかすのでしょうか?
我が国等が朝鮮の非を打ち鳴らすと、まるで我が国の方が孤立するかの様な勢いです。
それほど連中が国際的な交渉術や篭絡術に長けているのか知りませんが。
やれ金融だのアメリカンスタンダードだのと言って、世の中が錯覚だらけの世界で生きていると、実質よりも錯覚造りが上手い方が重要視されるような気がしますね。
私的には嘘のストレートフラッシュよりも真実のスリーカードが強いと言う考えなので誠に間尺に合わない毎日ですね。

  • 投稿者: 火天大有
  • 2009/06/24(水) 15:54:47
  • [編集]

その後、抗議の甲斐あって(?)一応こうは言ってきましたけどもね。どうなることやら。

リチウム電池認証制度、日本機関の証明も認定
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090623-00000021-yonh-kr
>【ソウル23日聯合ニュース】知識経済部は23日、日本との間で紛争の可能性が指摘されているリチウムイオン電池認証制度導入に関し、日本の認証機関の証明も容認する立場を明らかにした。

  • 投稿者: abc
  • 2009/06/24(水) 22:07:09
  • [編集]

火天大有さん

>それほど連中が国際的な交渉術や篭絡術に長けているのか知りませんが。

朝鮮半島は数千年に渡って異民族の支配を受けてきましたから、日本人よりはるかに異民族との交渉の経験はあります。

被害者を装ってお涙頂戴作戦やら、ワイロとして異性を抱かせ、相手が言うことを聞かなくなればワイロを受け取ったという事実をもとにゆすりたかり。

外国人を100%善人と信じ、言いがかりをつけられても反論すらためらうナイーブな日本人は彼らの敵ではありません。

これからどうなるかはわかりませんが。


abc さん

韓国、譲歩しましたか?

こういうエントリーをがんばってアップした甲斐があったというものです。

  • 投稿者: クロフネ@管理人
  • 2009/06/25(木) 01:03:20
  • [編集]

コメントの書き方が少し悪かったかもしれない。すまない。エントリーは言いことを言っていると思います。

  • 投稿者: abc
  • 2009/06/25(木) 21:43:36
  • [編集]

abcさん

>コメントの書き方が少し悪かったかもしれない。すまない。エントリーは言いことを言っていると思います。

いえ、前回の私のコメントは書いたとおりの内容と解釈してください。

別にabcさんのコメント内容に腹を立てたとかは一切ございませんのでご安心を。

  • 投稿者: クロフネ@管理人
  • 2009/06/26(金) 00:30:20
  • [編集]

ポスト京都議定書では…

京都議定書における途上国を「似非途上国」と本当の途上国に分けて、前者には削減義務を負ってもらうという提案を日本はしていたのですが、途上国側が「分断作戦だ」と反発して潰されてしまったのですよ。他の先進国からの援護射撃もなく、日本は一体どんな交渉をしているのか、不可解千万です。 

  • 投稿者: 高峰康修
  • 2009/06/27(土) 01:20:13
  • [編集]

高峰康修さん

>京都議定書における途上国を「似非途上国」と本当の途上国に分けて、前者には削減義務を負ってもらうという提案を日本はしていたのですが、途上国側が「分断作戦だ」と反発して潰されてしまったのですよ。他の先進国からの援護射撃もなく、日本は一体どんな交渉をしているのか、不可解千万です。 
そうだったんですか。

であるならば、本当の途上国だけに何かインセンティブ(ODAもしくは金融支援・環境保護技術)を与えてこちらに引き込むとか手はありそうなんですが...。

  • 投稿者: クロフネ@管理人
  • 2009/06/27(土) 22:30:20
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する


・いつもコメント&TBありがとうございます。

アダルト系ブログからの、サイトポリシーに違反したコメント・TBが後を断たないため、受信したコメント・TBを管理人が審査することにしました。

サイトポリシーに違反したものについては予告無く破棄します。

また問題の無いコメント・TBを頂いても表示されるまで少し時間がかかります。 悪しからず御諒承ください。

「管理者にだけ表示を許可する」にチェックを入れると、管理人だけが読める非公開コメントになります。 非公開コメントを下さる方のプライバシーを尊重し、あえてお返事をしておりませんが、「公開コメントでも良いのでレスが欲しい」という方は、非公開コメントにその旨をお書き添えください。
                

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。