初めていらっしゃった方へ

スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

麻生首相訪米

  • 2009/02/27(金) 00:31:02

 麻生太郎首相は日本時間25日、ホワイトハウスのオーバルオフィスでオバマ大統領と初めての首脳会談を行った。

会談は1時間の予定を20分もオーバーし、安全保障から金融不安対策、環境保護の各分野で話し合いが行われた。

参考記事 
 
 オバマ大統領がホワイトハウスに一番最初に迎えた外国の首脳が麻生首相だったのは、やはりアメリカ経済が大きなダメージを受けているせいだろう。

オバマ大統領は同じ日の夜にはじめての議会演説を控えており、日米首脳会談は昼食会のない略式となったが、オバマ氏が多忙を極めるこの日に日米首脳会談をねじこんだ理由も同じだろう。

ヨーロッパ各国も同様だが、金融不安や景気の下支えにアメリカ政府は巨額の財政出動を余儀なくされ、国債の大増発が国債価格の暴落と金利急上昇の引き金になるのではないかという懸念が、マーケットでくすぶっている。

もしそうなれば、世界の基軸通貨ドルの信認は大きく揺らぐことになる。

アメリカの伝統的な同盟国イギリスも金融危機でアメリカ以上のダメージを負ってしまった。

中国は世界第1位のアメリカ国債保有国であるが、米中はガイトナー財務長官と温首相との”為替戦争”があっていらい、ギクシャクしている。

そんななか、世界第2位のアメリカ国債保有国である日本に、アメリカは足を向けて寝られないということだ。

麻生首相が何度も「ドル基軸通貨体制の維持は重要」と繰り返しているのは、そうしたことを前提にしている。

中国マスコミは今回の日米首脳会談に”ジェラシー丸だし”のようだが、オバマ大統領がホワイトハウスに初めて迎えた外国首脳がイギリスでも中国でもなく日本の首相だったというのはそういうわけだったのである。

 また、前回の民主党政権(クリントン政権)が露骨な反日外交路線をとった大きなツケがここでまわってきている。

つまり、日本側にアメリカ民主党政権への不信感が未だふっしょくされていないのだ。

クリントン国務長官が本当はどう思っているかわからないが、アジア歴訪の最初の訪問国に日本を選び、明治神宮に参拝して日本人の心に訴えかけたのは、その後始末という意味あいがある。

アメリカで民主党が政権を取ったら日米関係はどうなることかと思っていたが、皮肉にもサブプライム金融危機という国際環境が、今のところは日本にとってプラスに働いているようだ。
 
 首脳会談において、「アメリカは核抑止力を含めた日米安保条約に基づく日本防衛の責務を果たす」 「日米が緊密に連携して、北朝鮮による日本人拉致・核ミサイル開発などの包括的な解決をめざすことが重要」「開放された貿易体制の維持」といったオバマ大統領の言質を、麻生首相が引き出したことを評価したい。

また麻生首相がオバマ大統領に対し、「東アジアで冷戦は終わっていない。朝鮮半島、台湾海峡は極めて危険な可能性があり、そのへんを理解しておかないと東アジアに対する見方を間違える」と訴えたことについては強く支持したいし、

環境保護に関心が高いオバマ氏に、環境への負荷が少ない鉄道の日本における高い普及率をアピールしながら、さりげなく日本の新幹線技術の売りこみをかけた点もとても良かったと思う。

麻生首相は帰国後の国会で、「尖閣諸島は日本固有の領土であり、(第三国による侵略の際は)日米安保条約の対象になる」と述べたことも、非常に心強い。

参考記事 

 オバマ大統領は日本への注文として、予想どおり内需拡大を求めてきた。

であるならば、アメリカ製戦闘機・ロッキードマーチン”F-22ラプター”の対日輸出を許可する政治決断をなさってはどうだろうか。

日本は古くなりすぎたF-4戦闘機の代替として、次期戦闘機の選定をすすめている。

大統領が申されるまでもなく、日本側に需要はあるのだが、当のアメリカがF-22の輸出をいまだ認めていない。

中国や北朝鮮が大量破壊兵器を含めた大軍拡を行っており、東アジアの軍事バランスが崩れようとしている。

こうした状況では日本も自国防衛がお留守になってはいけないから、いくら国際貢献のためとは言っても、こんご自衛隊部隊を遠いところへ派遣しにくくなるだろう。

だが、アメリカが日本にF-22を輸出すれば、オバマ氏が求めた日本の内需が拡大されるし、F-22生産ラインで働くアメリカの労働者にジョブが与えられる。深刻な経済危機を抱えるアメリカにも良い話だ。

量の少なさを質でカバーすることにより、日中間の軍事バランスは均衡へ向かうだろう。
同時に「日本の防衛に責任を果たす」というオバマ大統領の約束も果たされる。

F-22の対日輸出は、日米双方に大きな利益をもたらす。ぜひアメリカ政府に決断して欲しい。

 略式で短い日米首脳会談だったかもしれないが、得意の外交・安全保障分野で、久しぶりに麻生さんらしい仕事が見られたなと思う。

ブッシュ政権末期にヒル国務次官補が中心となって、北朝鮮の核兵器放棄や拉致事件の解決をおざなりにして一方的に関係改善を進めたが、麻生首相がそのことを批判したのは痛快だった。

河村官房長官が必死になってフォローしていたが、当たり前のことを言ったまでであり、そんな必要もないだろう。

この調子で、内政・経済政策もがんばっていただきたい。

 一方、これに触発されたのか、民主党の小沢党首も日米関係と安全保障問題に言及、対米追従脱却を訴え、在日米軍が撤退した後は日本の責任でもって国防力強化をはかることを主張した。

参考記事 

対米追従脱却うんぬんはともかく、憲法改正も含めた自主的な国防力強化には賛成である。

民主党は、非武装平和をかかげる日教組や自治労に支援された社会主義者の議員を党内にかかえているが、小沢党首は彼らをしっかり押さえて、ぜひ憲法改正も含めた日本の自主国防力の強化を党是に据えて欲しい。

それが外交・安全保障に責任ある政党というものだ。


banner_04.jpg

↑麻生首相の訪米は成果ありと思う方はポチッとしてください↓
人気blogランキング

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

 麻生総理は日本の鉄道網についての重要性をわかっているようですね。日本は内需拡大を今こそ民間のお金を使いアーバン・ニューディールを行うときです。
地価下落、円高、エネルギー問題、労働人口の激減、労働生産性の向上、1500兆円の眠れるお金、不況、資源安
等考慮にいれると答えはアーバンニューディールを地方分権とセットにして行うしか答えはありません。だまってこのまま1500兆円のお金をもったまま円が紙切れになるのを待つか魅力ある筋肉質な日本をつくってなおかつ円高にするのかはこれから麻生総理が均衡ある国土発展的地方ばら撒き社会主義を捨ててアーバンニューディール政策を実行するかにかかっています。

  • 投稿者: ななし経営者
  • 2009/02/27(金) 01:26:46
  • [編集]

小沢代表の発言はいろいろ物議をもたらしているようですが、良かったと思っています。チャンネル桜では「中国重視姿勢か?」という話もありましたが、両方を天秤にかけて良い条件を引き出すと考えれば悪いことでもないかなと思っています。喧々諤々やってほしいものです。で、民主党内の理想平和主義者の目を覚ますことができたら、悪いことではないでしょう。

  • 投稿者: fuyuneko
  • 2009/02/27(金) 10:00:46
  • [編集]

ラプラターも良いですが武器輸出三原則などは廃棄すべきでしょう。国内産業も生き返るのでは無いでしょうか?
ついでに「インド」から「核」をリースでも良いでしょう。是非今後アメリカと話して欲しいものです。
小沢氏の政策も腹もコロコロ変化しますので「社会党」の枠からは出られないのでは無いでしょうか???

  • 投稿者: 猪
  • 2009/02/27(金) 12:12:43
  • [編集]

メディアの報じ方

朝日と毎日はWP紙とのインタビューにおいて麻生氏が前政権の批判を行ったと麻生氏に対するネガティヴ報道をしてますが、前文を読む限り、事実を挙げて、日本が抱いたブッシュに対する気持ちを過不足なく述べていたと思います。全文を通して、日本を代表する首相として申し分のないユーモアを交えた受け答えであったとの印象です。

朝日と毎日のアメリカ駐在記者は素直に英文が読めないのでしょうか?
なんとしても日本の首相のあらを探したいのであろうと思います。出展がするされている記事は原文を当り確認する必要がある、日本の新聞は信頼を失ってます。

  • 投稿者: 日本人
  • 2009/02/27(金) 12:46:34
  • [編集]

結局は国内問題

今回の御意見にも総て賛成ですが集約すると、結局は我が国の国内問題に帰結するんですよね。
我が国の議員諸氏が正常な国益感覚を持って毅然とした発言や行動を心掛けていれば、いつもいつもの外交的ドタバタは起きない訳で。
まあこんなコメントばかり書かなきゃいけない状況も情け無い限りで、あ~あですね。
あ最期に麻生さんの成果を総て踏み躙る売国アホマスゴミは総て倒産してほしいですね、当然犬HKも含めてね。

  • 投稿者: 火天大有
  • 2009/02/27(金) 23:20:44
  • [編集]

ななし経営者さん

自治労や日教組などが力をもっているうちは、地方分権は次期尚早なのではないかと思っていましたが、最近は少々危険でも地方分権をすすめて、有能な人にぜひ地方の首長さんになってもらって、”楽市楽座”的な政策をやってもらって日本を活性化した方が良いのかもと思い始めています。


fuyunekoさん

”豪腕小沢”の真価を発揮して、民主党内の非武装平和の中2病議員を一掃し、憲法改正と自主国防強化・北による拉致被害者奪還・竹島と北方領土の日本復帰実現をめざすなら人気が出ると思いますよ。


猪さん

私も武器輸出三原則は撤廃すべきだと思います。

三原則堅持を主張する人々が平和勢力としてお手本とする中国も韓国も北朝鮮も、どんどん武器は輸出していますから日本も見習いたいものです。


日本人さん

私は、麻生さんは当たり前のことを当たり前のように言ったに過ぎないと思います。

この発言を、さんざんブッシュ政権を批判してきた日本のマスコミが叩くならお門違いとしか言いようがありませんし、河村官房長官が慌てて釈明するのもまったくおかしな話です。

  • 投稿者: クロフネ@管理人
  • 2009/02/27(金) 23:35:45
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する


・いつもコメント&TBありがとうございます。

アダルト系ブログからの、サイトポリシーに違反したコメント・TBが後を断たないため、受信したコメント・TBを管理人が審査することにしました。

サイトポリシーに違反したものについては予告無く破棄します。

また問題の無いコメント・TBを頂いても表示されるまで少し時間がかかります。 悪しからず御諒承ください。

「管理者にだけ表示を許可する」にチェックを入れると、管理人だけが読める非公開コメントになります。 非公開コメントを下さる方のプライバシーを尊重し、あえてお返事をしておりませんが、「公開コメントでも良いのでレスが欲しい」という方は、非公開コメントにその旨をお書き添えください。
                

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。