初めていらっしゃった方へ

スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

建国4周年

  • 2009/02/11(水) 00:02:57

 今日2月11日は建国記念の祝日です。

昔でいえば紀元節で、今年は紀元(皇紀)2669年ということになります。

 私事になりますが、今を去ること4年前の紀元節2月11日に合わせて、当ブログは立ち上げられました。

つまり今日で当ブログは”建国4周年”にあたります。

読者のみなさまからの応援に励まされて、何とかここまでやってこれました。
大変感謝しております。ありがとうございました。

 ところで、私がネット界で言論活動らしきものを始めたのは実はもっと古く、今から10年以上前の1998年あたりからです。

そのとき2chとは別の掲示板をウロウロしていたのですが、日本語の使える韓国人が”管理者”を自称して仕切っているトピックに迷い込んでしまいました。

トピには、その韓国人を崇拝する日本人の取り巻きが何人もいて、異様な雰囲気でした。

特に変だと感じたのは、韓国についてちょっとでもマイナス面を指摘する人がいると、その韓国人が逆ギレしてその人物の追放を宣言、取り巻きの日本人たちもよってたかって攻撃し、自己主張の弱い日本人はすごすごと退散していくということが何回もあったことでした。

私はどういうわけか自己主張が生来強いらしく、場の空気がどうだろうと正しいと思ったことはハッキリ主張する方なので、韓国のマイナス面を指摘した日本人がふたたび追放された直後、とうとう我慢ができなくなってその韓国人に抗議の書き込みをしました。

すると案の定、その韓国人は「管理者としてお前を追放処分とする」と宣告、日本人の取り巻きたちも一斉に攻撃してきましたが、かまわず続け、

「日本は言論の自由が保証された国であり、ここは日本企業が運営している掲示板だ。本当の管理者でもない外国人のあなたが日本人から言論の自由を奪い、その人を追放する権利なんて無い。文句があるなら自分自身で掲示板をつくり、そこの管理者となったらどうか」と私が書きこんだところ、

その韓国人はさらに逆上したあげく、「ここにはもう来ない」と捨てゼリフを吐いて出ていきました。

日本人の取り巻きたちから「日韓友好の場を破壊しやがって。どうしてくれる」などとさんざん非難されましたが、結局”教祖”がいなくなったことで取り巻きたちもそのトピックに寄り付かなくなり、そのトピはあっという間に落ちていき消滅しました。

今から振り返ると、韓国人教祖がつくった新興宗教を一つぶっこわしたような感慨をおぼえますが、その事件があってからというもの、今まで気がつかなかった、掲示板のあちこちのトピで韓国人と思われる人がおかしな言動をしていることが殊更、目につくようになりました。

歴史関連や東アジア関連のカテゴリーは特にひどかったように思います。

日本語の使える韓国・朝鮮人と思われる人達が、「日本はもともと原始的だったが、古代韓国人が日本人の祖先になってやったおかげで文明国になれた。しかし日本人はその恩を仇で返し、日韓併合によってひたすら奪い、韓国人を絶滅させようとした」などという、韓国国定教科書でおなじみの韓民族優越主義を垂れ流していました。

中国人も日本の歴史をひたすら真っ黒に塗りつぶしていました。

今から比べれば1998年というと、まだまだ日本社会において「被害者である韓国・朝鮮・中国人の歴史認識は絶対に正しい。生まれながらにして罪を背負った日本人は、それにたった一つでも疑問を持つことすら許されない」という雰囲気が強かったように思いますが、

その掲示板にも特定アジア人のプロパガンダ工作に対抗しようとする日本人がいて、お互い助け合わないといけないというきまりは無かったのですが、私も後からそれに参加して、みんなで特定アジア人によるプロパガンダ書き込みに対する地道な反論をやっていました。

その時の”戦友”であるコテハンさんの名前は今でも覚えていますが、そうした人たちがいわゆる”ネット保守”の先駆けだったのかもしれません。

(当時2chの方はどうなっていたのか良く知らないのですが)

 しばらくして、自分が苦労してつくった反論書き込みが、トピックの消滅とともに消えてしまうのがもったいなく思えて、自分が主催するトピックをつくり、そこに投稿を保存するようになったのですが、それがこのブログの原型です。

そのうち、掲示板を運営する会社が不適当と判断した書き込みをアップできないようにする措置を取り、政治や歴史問題で私も自由な投稿ができなくなって非常に憤慨していた2005年ごろ、ブログというものが流行りだしました。

ブログはそもそも日記なんかを公開するためのものだったようですが、手軽につくれてしかも自分が好きなように管理・保存ができるので、特ア史観への反論が依然タブー視されるなかで政治コラムを書くのに使うにはうってつけだと思い、掲示板とブログの二本立てにしてみました。

すると、やはり自由に言論活動が出来ることと、読者さんが圧倒的にブログの方に増えたこともあり、ブログ一本に活動を絞り、現在に至ります。

その間、小泉元首相による靖国参拝復活、中国の反日民族主義大暴動、韓国ノムヒョンのクレージー外交、人権擁護法案反対運動、安倍政権の成立とマスコミ・公務員による引きずりおろし、守旧勢力による売国福田政権誕生と自滅、麻生政権の誕生といろいろありました。

 今日から5年目のスタートとなります。

日本を取り巻く内外の情勢は依然厳しいものとなっていますが、はやく日本が、日本国民の幸福・利益のために当たり前のことが当たり前にできる国となってくれるよう、初心を忘れず明るくポジティブに、微力ながら自分が出来ることをコツコツやっていきたいと思っております。

これからもどうぞよろしくお願いします。

日本を愛する人みんなで協力し、希望にあふれた強い日本をつくっていきましょう。


banner_04.jpg

↑5年目も、どうぞよろしくお願いいたします↓
人気blogランキング


関連記事・建国一周年

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

今日はクロフネさんの記念日ですね

こんにちは
 今日はクロフネさんの記念日ですね。ずいぶんと長い間闘ってきたのですね。わたしはパソコン暦が浅いし、政治するようになったのが人権擁護法案からなんです。しかもブログ暦は4日だったりします。(おかげで誰もお客が来ませんが)
 これからも頑張ってください。
 わたしもちょくちょくコメントしに来ますんで。

  • 投稿者: OOIDOYA
  • 2009/02/11(水) 09:10:01
  • [編集]

4周年おめでとうございます。

(たまに)拍手するだけの一読者ですが、いつも考えさせられる内容で楽しみにしております。
これだけのクオリティを継続するのは大変でしょうが、これからも健康に留意してがんばってください。

  • 投稿者: たろう
  • 2009/02/11(水) 10:14:14
  • [編集]

4周年、おめでとうございます。

クロフネ様がブログを立ち上げるまでにそんな経緯がありましたか。
恐ろしい工作ですね。
特アの浸食を防ぐため、国の在り方を見つめ直すためにも、今後のご活躍を期待します。

  • 投稿者: blue
  • 2009/02/11(水) 12:43:01
  • [編集]

4周年おめでとうござんす!紀元二千六百年に「国旗」を持ち掲揚台で立って居た事を考えると夢の様です。

朝から今年もドライブ「公立・小・中・高校」には一本も国旗がない。実に寂しいものです。

  • 投稿者: 猪
  • 2009/02/11(水) 13:35:08
  • [編集]

http://donnat.cocolog-nifty.com/

こんにちは、donnatです。

4周年、おめでとうございます。
建国記念日に立ち上げていたのは、初めて知りました。
いつもながら志向の高さに感服します。

私の方はいつ立ち上げたか忘れるほど希薄です。
名前も他事総論、
多事総論をもじって、その他の事を論じてみようという意味で「つれづれなるままに」が心情です。

私も2chに書き込みをした時期もありましたが、意見が違うとすぐに攻撃対象になってしまい、論じても妥協点が見出せないのでやめてしまいました。
その代わりにブログを立ち上げた訳です。

クロフネさん、日本の方向を示した記事を多く書いて下さい。
がんばって下さい。


  • 投稿者: donnat
  • 2009/02/11(水) 14:49:41
  • [編集]

きっかけ

コイズミの功績は大きいわ
朝鮮半島というキチガイの存在を世の中に知らしめたのだから

コイズミがいなかったら日本は今だ朝鮮人の言いなりだったろう

  • 投稿者: にくいしくつう
  • 2009/02/11(水) 16:22:07
  • [編集]

クロフネさん
四周年記念おめでとうございます。
私も昔、似たような経験があります。たぶんワールドカップを境にしてネット言論から反日サヨクがしおしおしてきたんじゃないかな。

  • 投稿者: 静流
  • 2009/02/11(水) 21:57:07
  • [編集]

OOIDOYAさん

>ずいぶんと長い間闘ってきたのですね。

「闘った」と言えるほど貢献したかはわかりませんけれども、90年代末から比べると少しづつ日本が良くなっているのは間違いないです。

それに、私よりよほど歴史や他の分野に詳しい方も日本のネット界には沢山おられて、大変勉強になりました。

そのことと、こうしてコメントくださる読者の皆さんの二つが私にとって大きな財産ですね。


たろう さん

温かいお言葉ありがとうございます。

健康に注意しつつ、出来る範囲内でボチボチやっていきたいと思います。



blueさん

>恐ろしい工作ですね。

在日韓国・朝鮮人コテハンの名前もいくつか覚えています(苦笑)


猪さん

>朝から今年もドライブ「公立・小・中・高校」には一本も国旗がない。実に寂しいものです。

そういえば子供の時、旗日には路線バスは日の丸をかかげて走っていました。
今は、とんと見かけません。

私もブログに日の丸をかかげれば良かったです。


donnatさん

>私も2chに書き込みをした時期もありましたが、意見が違うとすぐに攻撃対象になってしまい、論じても妥協点が見出せないのでやめてしまいました。
その代わりにブログを立ち上げた訳です。

donnatさんのブログにもそうした歴史があったのですね。
お互い日本のためにがんばっていきましょう。


にくいしくつう さん

小泉さんは、左右両方からいろいろ言われていますが、完璧ではなくとも私は彼の功績は大だと思います。


静流 さん

>たぶんワールドカップを境にしてネット言論から反日サヨクがしおしおしてきたんじゃないかな。

2002年は大きかったですね。

韓国がいかに狂った国であるかはもちろん、日本のマスコミがいかに偏向しているか、多くの人が気づくきっかけにもなりましたし。

  • 投稿者: クロフネ@管理人
  • 2009/02/11(水) 23:39:08
  • [編集]

4周年おめでとう御座います。

4周年、本当に長いですね、自分に出来ない事を実行している方を見ると本当に頭が下がります。
私は現在ブログの練習としてミクシィに入ったら、そこで足踏みしている状況です。
ミクシィの様なトピでも、特亜人と思われる連中はやりたい放題です。
しかも自分にミスが有って、参加者全員に指摘され謝罪するように言われても、特亜人の場合は絶対に謝らず、他のトピで又しても荒しを続けています。
この粘着質と被害者意識、そして夜郎自大ぶりは手も足もつけようが有りません。
もっと我が同胞は特亜人に対して毅然とした態度が必要です。
そして周囲の皆さんも同胞を援護する心構えが必要でしょう。
でなければ我が国の将来は相当に暗いです。

クロフネさん今年こそはリアル世界に飛び出しましょう。
私は現在着々と準備を進めて?います。
クロフネさんもお体に気をつけて、風邪など召さぬ様に頑張って下さい。
今年は必ずいい年にします。

  • 投稿者: 火天大有
  • 2009/02/14(土) 22:08:32
  • [編集]

火天大有さん

ミクシィでも特ア人、大暴れですか。

たまげました。懲りない連中ですね。

>クロフネさん今年こそはリアル世界に飛び出しましょう。
私は現在着々と準備を進めて?います。

”草の根保守のパワー”の方は、私の力不足で思ったように支持が集まっていませんし、日本の保守勢力の大同団結もいろいろあって難しいですね。

私は基本的にマキャべリストなので、日本を守るという目的のためなら「保守の組織化」という手段は充分アリだと思うのですが、そうは考えない方が大勢のようで残念です。

創価にしろ解同にしろ日教組にしろ民潭・総連にしろ、向こうはみんな組織化して日本社会で恐るべきパワーを持っているわけです。

だったらこっちもと思うのですけど...。

  • 投稿者: クロフネ@管理人
  • 2009/02/15(日) 21:48:37
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する


・いつもコメント&TBありがとうございます。

アダルト系ブログからの、サイトポリシーに違反したコメント・TBが後を断たないため、受信したコメント・TBを管理人が審査することにしました。

サイトポリシーに違反したものについては予告無く破棄します。

また問題の無いコメント・TBを頂いても表示されるまで少し時間がかかります。 悪しからず御諒承ください。

「管理者にだけ表示を許可する」にチェックを入れると、管理人だけが読める非公開コメントになります。 非公開コメントを下さる方のプライバシーを尊重し、あえてお返事をしておりませんが、「公開コメントでも良いのでレスが欲しい」という方は、非公開コメントにその旨をお書き添えください。
                

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。