初めていらっしゃった方へ

スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

必死なロシア

  • 2009/01/30(金) 21:55:47

 世界的な金融不安の影響をモロに受け経済危機が深刻化しているロシアが、日本対してさらに強硬な態度をとりはじめた。

日露間の外交交渉ですでに合意され、長いこと実施されてきた北方領土におけるビザなし交流の約束をロシアが一方的に破り、日本側の人道支援物資運搬船に対してロシアへの”出入国カード”の提出を要求した。

とうぜん日本側は、それでは北方領土がロシアのものと認めたことになってしまうので拒否したが、人道支援物資を積んだ船の北方四島への入港ができず、日本へ引き返す事態となってしまった。

参考記事 

 一方日本海では、日本の漁船がロシアの経済水域内で違法操業したとしてロシア国境警備隊に拿捕された。

しかし、日本漁船側は漁を終えて休息のため停泊しているとき、海流に流されてロシア側に入ってしまっただけだと言っている。

参考記事 

 ロシアがいつにも増して日本に対し強硬になっているように思える。

ロシアが今おちいっている深刻な経済危機と無関係でないのは言うまでもない。

世界的な景気後退の影響で原油価格がバブルの頂点であった1バレル140ドル台から1バレル40ドル台まで暴落してしまった。

製造業は相変わらずボロボロだし、ロシアは原油や天然ガスといった地下資源を輸出するしか食っていけない。

イリューシンやツポレフといったロシアの旅客機メーカーや、ボルガやカマズといった自動車ブランドの国際市場における競争力・影響力はほとんどない。

エネルギー価格の暴落で今年は4兆ルーブル以上の財政赤字が見込まれているし、「世界基軸通貨の一つへ」と意気込んでいたルーブルも暴落してしまった。

ロシア政府は、ウクライナ経由西欧行きのガス供給をストップし、エネルギー危機をつくることで原油ガス価格の高騰を狙ったがそれも空振り。

メドベージェフ大統領は麻生首相に、2月にサハリンでの首脳会談開催を持ちかけ、ロシア経済の危機を救うべく、日本からの助けを引き出そうと必死である。

 だが、今の状況のまま日露首脳会談に突入すれば、経済援助をお願いする弱い立場のロシアが不利であるのは明々白々。

日本から経済的な援助をもらう交換条件として、北方領土問題でさらなるロシアの譲歩が必要になるかもしれない。

外交は「相手にいかに恩を売るかのゲーム」と言われる。
そして、「ロシアの外交官は、何もないところから相手に恩を売る天才」とも。

ロシアは日露首脳会談を有利に運ぶため、北方領土におけるビザ無し交流の約束を堂々と破り、日本の漁船を「待ってました」と拿捕して、「この問題を解決して欲しくば、麻生首相じきじきにサハリンに来い。日本がロシアへカネを出すなら解決してやろう」と切り出すつもりなのだろう。

これでロシアは何も無いところから日本へ恩を売りつけ、タダで日本からカネを引き出すことができるわけだ。

 外交交渉というのは、実際に交渉する前から戦いが始まっているのである。

首脳会談の場所がどこで、こちらが相手の首脳を呼びつけるのか、それともこちらが相手に呼びつけられるのか。

呼びつけられるのはどちらが先で、呼びつける回数はどっちが多いか。

おそらく「外交は諸外国との友好親善のためにやるもの」と考えているであろう日本の外務省は、「そんなことをいちいち考えるのはくだらないことだ」と思っているのではないか。

しかし、動物の縄張り競争みたいな「くだらないこと」が、有利に外交交渉を進められるかどうかに大きく関係してくることは事実である。

特に発展途上国との外交ではそうした傾向が強くなる。

日本は、アジアという後進地域の海にぽっかりと浮かぶ先進国の島であり、中国・ロシア・北朝鮮・韓国のような途上国と交渉しなければいけないシーンが圧倒的に多いということを忘れてはいけない。

動物の縄張り競争において、力が互角であれば自分の縄張りで戦う方がたいてい勝つ。

相手のテリトリーに呼びつけられた方が潜在的な格下意識を植え付けられ、会談や交渉では不利になってしまう。

昨年11月、ペルーで行われたAPECにおいて、中国側は当初まったく予定が無かった日中首脳会談を日本に持ちかけてきた。

ところが首脳会談を持ちかけた中国の方から「会談をキャンセルする」と一方的に通告してきて、麻生首相がペルー入りしてから再び「首脳会談をやろう」と中国から話があった。

これはどう考えても失礼な話であるが、中国は気まぐれにこんなことをやっているのではない。

「中国と日本、胡主席と麻生首相、どっちが格が上であるか」ということを日中双方で確認するための力くらべであり、儀式なのである。

日本外務省の事務方は、ここまで日本の顔に泥を塗られても日中首脳会談に
GOサインを出してしまった。

参考記事 

これで少なくとも中国は「相手をいいなりにさせることができた中国は日本より格上である。胡主席は麻生首相より格上である」と認識し、精神的に有利な立場で今後の日中交渉にのぞめる。

いったんこういう上下関係を受け入れてしまうと、相手の格上意識を取り除くのは容易なことではない。結局最後は、弱気で根気の無い日本の外交官がズルズルと中国に譲歩していく。

今の日中関係は、こういった「くだらないこと」の積み重ねの結果だ。

そして日本の外交官が「くだらない」と言って軽視したもののせいで、日本は多くのものを失ってきた。

日本の外交官は決定的にこれを理解していない。

 北方領土でのビザ無し交流再開やロシアに拿捕された日本漁船の解放のため、「麻生首相にサハリンで日露首脳会談をやってもらうしかない」と日本外務省が決断してしまえば、相手の注文通りの展開になってしまうだろう。

今、時間は日本の味方である。

ロシア経済が悪化すればするほどこちらが有利になる。

サハリンでの首脳会談はキャンセルして、二つの問題に関しては当面事務方の交渉に任せれば良い。

ロシアが理不尽な対日外交を続けた結果、国家破産に至るなら自業自得である。
そのあとで北方領土返還問題なり日露間の懸案を解決すれば良いだろう。


日本が今、ロシアでの日露首脳会談を急いでお願いすれば、自分から有利な立場を放棄することになってしまう。


banner_04.jpg

↑マスコミが伝えないことを一人でも多くの日本人に伝えるため、あなたの力をお貸しください↓
人気blogランキング


関連記事・中国の外交テクニック(その1)

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

>日本の漁船がロシアの経済水域内で違法操業したとしてロシア国境警備隊に拿捕された。

これは決して拿捕などではなく寧ろロシアが拉致したと認識した方が正しいでしょうね。
流石は背乗りの為、北朝鮮に日本人拉致を指示していたロシアであります。


>そして、「ロシアの外交官は、何もないところから相手に恩を売る天才」とも。

翻って、「日本の外交官は、何も齎さないところの相手に媚を売る秀才」ってトコですかね。


>今、時間は日本の味方である。
ロシア経済が悪化すればするほどこちらが有利になる。

ただ日本の外交官の資質と全体的な政治状況(麻生政権の低支持率から発する焦りや米民主党政権に対する警戒感等)も考えると結局、ロシア側のペースに引きずり込まれて終わりという感が否めないのが悲しくありますね。

  • 投稿者: ニートネスニート
  • 2009/01/31(土) 12:03:28
  • [編集]

ハニートラップならぬ

こういうトラップは、ハードトラップとでも言うんですかね。
軍事力がないからこういうこともやられやすいんです。
今の自衛隊でも「やるべきこと」をやっていさえすれば、ここまで居丈高に出てこれなかったはずです。
国としての最低限の自衛権すら放棄している今の状況はやはり異常と言わねばなりますまい・・・(^^;。

  • 投稿者: クマのプータロー
  • 2009/01/31(土) 13:42:46
  • [編集]

相互リンクしてくださいませんか?

このブログをリンクに追加してからコメントください。

確認次第、こちらもリンクに追加します。(その日のうちに)

1日たってもリンクされない場合、リンクから削除してください。

どんどんコメントください。

みんなの力で生活

http://fanblogs.jp/hougan/

以外とはまるブログだと思います。

ぜひ、立ち寄ってみてください。

気に入って頂けたらぜひ記事などで
みんなに紹介してください。

  • 投稿者: ケメコ
  • 2009/01/31(土) 19:31:35
  • [編集]

ロシアの

ロシアの状況が少し分かりました。
日本がこのチャンスに上手く渡り合えるようになればいいです。

  • 投稿者: 雪だるま
  • 2009/01/31(土) 22:31:21
  • [編集]

ニートネスニートさん

>翻って、「日本の外交官は、何も齎さないところの相手に媚を売る秀才」ってトコですかね。

言えてます。

「日本の外交官は、タダでこちらの最強カードをくれてやる天才」とも言えそうです。


クマのプータローさん

ロシアの戦略爆撃機がわざと日本の領空を侵犯してくることがたびたびありますが、それも日本が軍事面でやるべきことをやってこず、ロシアに完全にナメられていることが原因ですものね。


ケメコさん

ケメコさんのブログは、当ブログとジャンルが違いすぎるようです。

残念ながらご希望には添いかねます。あしからずご了承ください。


雪だるま さん

>日本がこのチャンスに上手く渡り合えるようになればいいです。

このチャンスに、日本の外交官がロシアを手玉に取ることができるようになれば、こんなに嬉しいことはありません。

  • 投稿者: クロフネ@管理人
  • 2009/01/31(土) 23:05:55
  • [編集]

嘆かわしい限りで

戦前、我が国の北洋船団には帝國海軍の砲艦(名ばかりのボロ舟)が必ず随伴し、当時のソ連の領海を多少侵してもうんとも言われなかった。
これも戦後我が民族は精神を武装解除された結果である、核も持たず交戦権も集団自衛権も否定して、土下座を外交だと勘違いしている国家や民族などいくらでも侮られ毟られるだけだろう。
一刻も早い再武装が望まれる。

  • 投稿者: 火天大有
  • 2009/02/01(日) 18:17:09
  • [編集]

火天大有さん

ホント、いつまで日本は「スープで舌を火傷をしたから、サラダもフーフーして食べる」なんてことをやるつもりなのでしょうか。

  • 投稿者: クロフネ@管理人
  • 2009/02/02(月) 23:26:06
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する


・いつもコメント&TBありがとうございます。

アダルト系ブログからの、サイトポリシーに違反したコメント・TBが後を断たないため、受信したコメント・TBを管理人が審査することにしました。

サイトポリシーに違反したものについては予告無く破棄します。

また問題の無いコメント・TBを頂いても表示されるまで少し時間がかかります。 悪しからず御諒承ください。

「管理者にだけ表示を許可する」にチェックを入れると、管理人だけが読める非公開コメントになります。 非公開コメントを下さる方のプライバシーを尊重し、あえてお返事をしておりませんが、「公開コメントでも良いのでレスが欲しい」という方は、非公開コメントにその旨をお書き添えください。
                

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。