初めていらっしゃった方へ

スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

総理の部屋

  • 2009/01/29(木) 23:21:48

 麻生首相は28日、国会で施政方針演説を行った。

施政方針演説全文 (1) (2) (3) (4) (5)


 麻生首相がもっとも伝えたかったテーマは「もっと日本や日本人に自信持て」とのことで、私も全文に目を通してみた。

経済政策の面で意見の違いはあるものの、日本の強みである環境保護技術やアニメなどのソフトパワーを新たな成長のエンジンとして日本を元気にしよう、”自由と繁栄の弧”を拡大する”とてつもない日本”外交をしていこうという部分は賛成だし、その実現を強く期待したいと思う。

 ただ多くのマスコミによって、麻生政権の重箱のすみをつついて揚げ足をとることで国民の麻生政権にたいする不安感をあおり、日本社会や日本人が自信をますます喪失するような報道がなされている。

今回はどうなのだろうか。

麻生首相はオバマ大統領と初の電話会談も行ったが、英語の堪能な首相は通訳の必要がなかったという。

日本語と英語の構造の違いもあって、多くの日本人には英語に対する苦手意識がある。

マスコミが最初に国民の目を麻生首相の高い外国語能力に向けさせていたら、麻生首相に対する国民のイメージは違ったものになったことだろう。

だが実際は、マスコミ主導で「漢字さえ読めないバカ」というひどいイメージの刷り込みが行われてしまった。

もし世界最高の能力を持つ外国人のリーダーを、日本の”お雇い外国人首相”として招聘できたとして、英語ぺらぺらなその人物が漢字を一つも読めないことと、指導者としての能力のあるなしとどういう関係があるだろうか。

 そういえば、大相撲に造詣の深いタレントのデーモン小暮氏が、麻生首相が初場所の優勝力士に賜杯を渡すとき、神聖な土俵に「土足であがったこと」について自身のブログで非難、あとで麻生首相がちゃんとスリッパを履いていたことがわかり謝罪するという事件があったことを、某巨大掲示板で知った。

これは人間というものが、自分の見たい情報しか取り入れたくないという深層心理を持っていることと関係があるのではないかと思う。

マスコミによって「麻生首相は漢字も読めない非常識な人間」という強いマイナスイメージを刷り込まれた小暮氏は、「麻生首相は非常識でなければいけない。そういう情報しか取り入れたくない」という深層心理によって「あろうことか土足で神聖な土俵にあがる麻生首相」という見えてはいけない虚像が見えてしまったのではないだろうか。

 おそらく今後、麻生首相が何をやっても「麻生はバカだ。麻生政権で日本はお先真っ暗だ」とマスコミは言いつづけるのではないかと懸念される。

であるならばマスコミ報道という偏光フィルターを通すのではなく、ありのままの麻生太郎を知ってもらうために首相自身が直接国民に語りかけたらどうだろうか。

たとえば、NHKの金曜夜(9時30分ぐらいが良いだろうか)に”総理の部屋”という30分番組を放映する。

首相自ら出演してもらって、官邸の総理執務室からテレビで直接国民に語りかけるのである。

麻生首相がどういう国家戦略を持ち、そのためにどういう政策を打ち出したのか、それが実現したら国民や日本社会にどういうメリットがあるのかご自身の言葉で語りかける。

マスコミや野党が見当違いの批判をしているなら、それに対する反論や詳しい説明をして国民の誤解を解いたって良い。

インターネットで”総理の部屋”を配信すれば、見逃した人はいつでも見られる。

NHKは国民から視聴料を半ば強制徴収している公共放送なのだから、それぐらいやる義務はあるし、政権を取りさえすれば、どの党出身の首相も”総理の部屋”に出演できるようにすれば、「番組が特定の党に偏っている」という批判も受けずに済むだろう。

首相みずから国民に語りかける番組”総理の部屋”。

近くに寄らないとその魅力がわからないという意味で”半径1.5メートルの男”と呼ばれる麻生さん、前向きに検討なさってはいかがだろうか。


banner_04.jpg

↑マスコミが伝えないことを一人でも多くの日本人に伝えるため、あなたの力をお貸しください↓
人気blogランキング

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

どもショボケンです。(´・ω・`)
 私も「人間というものが、自分の見たい情報しか取り入れたくないという深層心理を持っていること」には共感します。しかし、それは容易に取り払うこともできると思います。
 私自身、最近まで物事を片方からしか見れていませんでした。(今でもそうかもしれません)ですが、あえて反対の意見を見たり聞いたりすることで私自身の価値観が変わったのかも知れません。
「世論と共に考えるような人は、自分で目隠しをし、自分で耳に栓をしているのである。」
流行だから便乗するだけでは知識を得たとは言えないってことだと思います。あえて自分の聞きたくない意見にも耳を傾けることで見えてくることもあると思います。ただ…その意見に染められないように気をつけないといけないかな?

「怪物と戦う者は、その過程で自分自身も怪物になることのないように気をつけなくてはならない。深淵をのぞく時、深淵もまたこちらをのぞいているのだ。」

なるべく自分をしっかり持つ。難しいかもしれませんが新たな発見に繋がるかも知れません。

最後に一言

「多くのことを中途半端に知るよりは何も知らないほうがいい。他人の見解に便乗して賢者になるくらいなら、むしろ自力だけに頼る愚者であるほうがましだ。」

「知る」という行為って難しいですね。人生こそ永遠に続く学問なのかも(´・ω・`)
 

  • 投稿者: (´・ω・`)KEN
  • 2009/01/30(金) 08:02:24
  • [編集]

>であるならばマスコミ報道という偏光フィルターを通すのではなく、
ありのままの麻生太郎を知ってもらうために首相自身が直接国民に語りかけたらどうだろうか。

コピぺ  麻生内閣メールマガジン第16号   2009・1・29            
麻生太郎の「強く明るく」
[春に花を]
 昨年11月、1通のお手紙をいただきました。差出人は、宮城県加美町の
20歳の女性の方。「来年成人式を迎えるにあたり、新成人へのメッセージ
がいただきたい」という内容でした。

 この女性の行動力に驚くとともに、こうした依頼を受けたことがうれしく
もあり、メッセージを送らせていただきました。
・・・中略・・
  私が最も伝えたかったことが伝わったことに、深く感動しましたし、丁寧
なお礼のお手紙をいただいたことも、うれしく思いました。自らの思いが誤
りなく伝わるということは、非常に大切なこと。このメールマガジンも、私
の思いを直接、皆さんにお伝えする重要な手段です。
・・・中略・・・ 
 関連法案は、未だ参議院で審議すらされていません。野党の「引き延
ばし戦術」という大きな壁にあたっています。引き延ばしの理由すら、私に
は分かりません。

私は決してあきらめません。景気対策を着実に実行することは、日本に春
をもたらすことです。その訪れとともに、豊かさという「花」を咲かせるた
め、どのような状況にも耐え抜き、全力をあげてまいります。

※ 総理の新成人にあてたメッセージ(手紙)
http://www.mmz.kantei.go.jp/jp/m-magazine/backnumber/2009/0129c.html
以上抜粋
麻生さんの言葉はをこちらにも貼らせていただきました。
正論だと思いました。言葉はまわりを明るく、未来を劇的に変える・・・。
世の中に、暗い出来事が多いと、明るい言葉を出すことにも、
ためらってしまいますが・・・
無理して悪いところを探して叩く、マスコミって日本を亡国に導こうとしている。
おかしいです。みんな関係者って残らずおかしいんでしょうか?
自分は気が付いた分、勇気を持って希望の未来を
思い描いていきたいと思います

  • 投稿者: たま
  • 2009/01/30(金) 08:55:15
  • [編集]

すばらしいアイディアです。誰が首相であろうとも、30分マスコミの意図的な編集が入らないで意見を聞けるというのは変な誤解もなくなるし、それこそ、首相の「言葉の力」勝負になるので良いと思います。

追記
私の相方が小学校のときに「最近の子供は外で遊ばないでゲームばかりしてこの先どうなるのか?」という報道番組を作るために取材に来たことがあるそうです。しかし、子供は思いっきり外で遊んでいたので、取材後に「思う映像が取れなかったので、今回は取材の内容は放映しないことになりました。すみません。」と後で丁寧なお詫びがあったとか。マスコミというのは、こんなものなんだというのを改めて認識した話でした。

  • 投稿者: fuyuneko
  • 2009/01/30(金) 10:17:33
  • [編集]

こんにちは。私の地元は春を感じさせるような気持ちよい雨が降っています。
>たとえば、NHKの金曜夜(9時30分ぐらいが良いだろうか)に”総理の部屋”という30分番組を放映する。


同意です。何故、与野党問わずこういった国民の政治への意識を高めるような行動をしないのかと。穿った見方をすればそれを望まないと云うことか。それならばやはり、保守系ブロガーの皆様でボトムアップするしかないと思うのですが、

>ところが、”草の根保守のパワー”にご賛同いただけなかったようで、博士さんからは逆トラックバックだけ頂きましたが、残りのお二人についてはこちらから送信したコメントやトラックバックをバッサリ削除したり、削除されないまでも黙殺されてしまいました。

残念ですね。。でも、諦めず継続する事で努力は実るはずです。頑張って下さい。憂国の士さんのような方もいらっしゃるようですし。と思って書いていたら、『草の根保守のパワー』 このような活動もされてたんですね。私も参加します。

>麻生首相がもっとも伝えたかったテーマは「もっと日本や日本人に自信持て」とのことで、私も全文に目を通してみた。

自信が持てないのは日教組の教育など、ここを覗いている方達なら色々とご承知と思います。しかし多くの方は諸外国に、仲間、味方がいないと思い込んでるのではないか。しかし私見で恐縮ですが、太平洋海洋民族は皆、仲間だと確信してます。

日本人のルーツは、東南アジアやミクロネシア、ポリネシア、アリューシャンと密接に関係してると感じます。音楽や自然信仰などの文化の相似点が見られます。私の実体験から、台湾、インドネシア、ニュージーランドの人達は日本人と同じ価値観を共有しているし仲間だと云う事を紹介させて下さい。

台湾南部編

なにしろ困っている様子をしてると、どこからともなく台湾人はやって来る。『日本人?』と聞いてきてうなずくと、解決するまで付き合ってくれる。

コンビニでテレカを買おうとしたら高いのしか無いからコイン式の公衆電話の場所を聞いたんだけどレジの娘達に英語が伝わらない。困った娘は店の奥から店長を連れて来てくれた。
どうやら彼は少し英語が出来るらしく娘達の拍手に押され、困った表情ながらも笑顔で対応。

安宿を探す為にコイン式の公衆電話を探していることを伝えると、コイン式は無いと言う。そして彼は携帯で友人に電話。『日本人が宿探しで困ってるから助けてくれ』電話を切ると彼は店の地図を広げ我々に見せて、『どの辺りがいいの?』と聞きながら友達を待つ。程なくスクーターで彼女連れの若者(店長の友達)が到着してこちらの希望を聞くと、何件かの宿に電話をしてくれた。ベストと思われる宿の場所を地図で説明してくれるものの、我々の英語力で
は細部がわからず困ってしまった。すると店長と友達は相談し始め、また何処かに電話をかけた。
『近くに日本語が堪能な人がいます。これから来るから待ってて。もう大丈夫!』

10分程で日本語堪能な女性がやってきて、全て解決。予約もしてくれた。コンビニの店員を含めてみんな満足そうな笑顔です。ここまでなんと、1時間以上かかりました。感謝の気持ちを伝え握手してその後テクテクと宿に向かっていたら、スクーターに乗った店長の友達がやってきて交差点の度に方角を示してくれました。
どこまでやねん!

どう思います?大体みんな仕事はいいの?って感じですが、損得で動くのではなく『困った時はお互い様』の精神なのでしょうね。

反日メディアや左翼がよくいうアジアの人達の日本に対する感情うんぬん、孤立ってのは『アジアのどこの国?』なんでしょうか。
今回は台湾コンビニ編ですがまだまだあります。お許し頂ければ次は、台湾タクシードライバー編を紹介させてくださいませ。

  • 投稿者: blue
  • 2009/01/30(金) 15:44:41
  • [編集]

いいアイデアですが、そういったことが可能ならとっくにできているでしょうね。
政府はマスコミを通してしか国民に語り掛けることはできず(記者クラブがいい例)、このことがマスコミの特権となっています。この既得権益をつぶさない限り無理でしょう。

  • 投稿者: p_-;
  • 2009/01/30(金) 17:04:54
  • [編集]

(´・ω・`)KENさん

>私も「人間というものが、自分の見たい情報しか取り入れたくないという深層心理を持っていること」には共感します。しかし、それは容易に取り払うこともできると思います。

そうですね。ただただ自分の感情に流されないように注意することでそれは可能になると思います。


たま さん

麻生メールマガジンのご紹介ありがとうございました。良い話ですね。

問題は、投票率の高いジイ様バア様がメールを使いこなせないということですね。

その点、テレビのつけ方がわからないという人はいないでしょうから。


fuyunekoさん

テレビが事実を報道するのではなく、自分が望む絵を放映するということですね。

もっともヤラセ映像を流さなかっただけマシなのかもしれません。


blueさん

>残念ですね。。でも、諦めず継続する事で努力は実るはずです。頑張って下さい。

応援ありがとうございます。

利敵行為になるだけですから抗議したりせず、このことは私の胸にそっとしまっておこうと思います。

台湾の人については私も不愉快な思いをしたことはないですね。むしろ良い想い出が多いです。

続編も楽しみにしています。


p_-; さん

>いいアイデアですが、そういったことが可能ならとっくにできているでしょうね。

もしかしたら、単にやらなかっただけかもしれません。

それとも不可能な理由をご存知でしたら具体的にお教えください。

  • 投稿者: クロフネ@管理人
  • 2009/01/30(金) 22:31:04
  • [編集]

概ね賛成

あとは国民の側に首相が投げたボールを受け止める度量と知力が有るかどうかですね。
そして放送する以上は地上波のチャンネルは総て同時刻に同じ番組を流さないと、反日マスゴミは裏番組にどの様な汚い番組をぶつけて来るとも限りません。

そして結局我が国の(総理に限らず)議員諸氏に求められるのは自分の考えで自分の政策と見識を表現する事でしょうか?
じつは現在の我が国では、これが一番難しくだからこそ国民意識まで沈滞しているのでしょう。
スピーチライターを採用する等はもっての外です。

  • 投稿者: 火天大有
  • 2009/02/01(日) 10:57:48
  • [編集]

火天大有さん

>反日マスゴミは裏番組にどの様な汚い番組をぶつけて来るとも限りません。

私は、”総理の部屋”放映権を民放を含めたオークションにかけて、最高落札者にやらせても良いと思ってます。

そして出演料は恵まれない人に麻生さんから寄付してもらうと。

それでも国民の大多数が裏番組に流れるというのであれば、将来起こったことは自業自得というより他ありません。

  • 投稿者: クロフネ@管理人
  • 2009/02/02(月) 23:21:53
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する


・いつもコメント&TBありがとうございます。

アダルト系ブログからの、サイトポリシーに違反したコメント・TBが後を断たないため、受信したコメント・TBを管理人が審査することにしました。

サイトポリシーに違反したものについては予告無く破棄します。

また問題の無いコメント・TBを頂いても表示されるまで少し時間がかかります。 悪しからず御諒承ください。

「管理者にだけ表示を許可する」にチェックを入れると、管理人だけが読める非公開コメントになります。 非公開コメントを下さる方のプライバシーを尊重し、あえてお返事をしておりませんが、「公開コメントでも良いのでレスが欲しい」という方は、非公開コメントにその旨をお書き添えください。
                

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。