初めていらっしゃった方へ

スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国が壮大な自爆

  • 2009/01/28(水) 00:28:57

 日本で中国製殺人ギョーザ事件が発生してからおよそ一年になるが、一向に解決の兆しが見えない。

致死量の毒物を混入したギョーザを製造したのは、中国の河北省共産党政府が管轄する国有企業・天洋食品だが、事件が発生して以降、日本に輸出できなったため、売れ残った大量のギョーザが完全密封されて中国国内で保管されていた。

その後経営難におちいった天洋食品を救済するため、河北省共産党政府は、やはり自分の管轄下にある複数の国有製鉄会社にギョーザを買い取るよう命じ、従業員に販売・無料配布したところ昨年5~6月やはり中毒事件が発生、唐山鋼鉄では入院した人も出たという。

昨年8月に当ブログでも、中国国内で天洋食品のギョーザが原因の中毒事件が起こったことをお伝えしたが、その事件は承徳鋼鉄で起こったものらしい。

参考記事 
 

 日本に輸出できず、密封されたまま保管されていた殺人ギョーザが、中国国内に出回り、複数の中毒事件を起こしていたことが明らかになった。

どうしてこんな馬鹿げたことになったのか、それは共産党独裁政権による情報統制中国国民の情報リテラシーの低さの二つが原因であろう。

日本であれば、殺人ギョーザ事件の比較的正確な情報をネット等で容易に手に入れることができるが、中国はそうではない。

事件が起こってからも、「日本人に謝罪するのは中国人のメンツが許さない」とでも考えたのか、中国公安当局は根拠もあげず、「密封されたギョーザの袋の外側から毒は浸透する」「中国で毒物が混入された可能性はない」などと発表、日本側の捜査結果を否定するとともに、責任をなすりつけた。

最悪の危機管理策だったと言えよう。

中国官製マスコミも、「日本政府や日本マスコミは偏向しており事実を発表していない。日本は中国に無実の罪を着せた」と、共産党政府を全面支援。

これにあおられた中国国民がネット掲示板等で、「ギョーザ事件は中国の完全勝利だ。日本に謝罪を求める!」と大騒ぎして事件を勝手に終わらせていた。

そのため「ギョーザに毒が入れられたのは日本」というウソが都市伝説となって一人歩き、多くの中国人が信じ込んでしまう結果となった。

 そうした”中国人の常識”を前提にして、河北省政府は売れ残った毒入りギョーザを「日本に輸出されず完全密封されていたのだから安全だろう」と判断したのか、天洋食品を助けるために他の国有企業に買い取らせ、そのギョーザを食べた中国人が中毒にかかり入院するという、前代未聞の壮大な自爆が起こってしまった。

傑作のチャイナジョークである。

天に唾を吐くものがどういう結末を迎えるか、良くわかるというもの。

 毒入りギョーザを食べさせられた従業員については気の毒だったとも言えるが、中国共産党の専制支配を黙認し続ければ、その厄災は他ならぬ中国国民自身に降りかかってくるということだろう。

 いまだに中国国内では殺人ギョーザ事件について情報統制がしかれ、ほとんどの中国国民は事件についての正確な情報を知らない状態だが、これが続くかぎりどんどん自爆行為は増えていくに違いない。

東シナ海ガス田問題もまたしかり、靖国問題や尖閣諸島への領海侵犯問題しかりである。


banner_04.jpg

↑マスコミが伝えない中国の真の姿を一人でも多くの日本人に伝えるため、あなたの力をお貸しください↓
人気blogランキング

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

先日は国民投票の是非に対する回答を頂きありがとうございます。

確かに現状の国内における情報リテラシーを思えば、クロフネ様が
ご指摘のように最悪の結果を招く可能性は高いですね。考え足らずでした。コメントでしか応援出来ませんが、地道な活動を続けて下さいませ。それと、右バイアスのスタンスも了解しました。(笑)

毒餃子、犯罪、知的所有権、慰安婦、領土侵犯、南京、歴史。
あらゆる分野で日本に無礼を働く、中韓と東アジア共同体など
ありえませんね。

  • 投稿者: blue
  • 2009/01/28(水) 12:12:15
  • [編集]

blueさん

>コメントでしか応援出来ませんが、地道な活動を続けて下さいませ。

勇気付けられるコメント本当にありがとうございます。またパワーがもりもり出てきた感じです。

良い結果がいつも出るという保証はありませんが、国論を二分するような問題については要所要所で国民投票やっても良いと個人的には思っています。

国民投票にしろ普通の選挙にしろ、我々すべての国民が「誰がやっても同じ」病にかかって投票所へ行かなくなるのではなく、政治に関心をもち、完璧でなくとも良いですから勉強して、真剣に自らの未来を考えて選択してほしいです。

そうすれば、たとえ間違った選択をしたとしても、それが次の正しい選択に生きてくるのではないでしょうか。

  • 投稿者: クロフネ@管理人
  • 2009/01/28(水) 21:35:49
  • [編集]

チャイナジョークは命がけ?

最悪の事態を想定して対応したのではなく「こうでなくてはいけない」という結果を決めた上で対応しているから信用出来ないと思います。
毒餃子事件の場合は“製造段階での毒混入”が中国にとって最悪の事態だったから目を背けてしまったのでしょうが、それで自国民まで被害を被ってしまったわけですから本当に最悪の事態になってしまいましたね。

自分たちの都合で結果を決めてかかるのは中韓共通で、どうして日本は隣国に恵まれなかったのかとため息が出てしまいます。

  • 投稿者: まい
  • 2009/01/28(水) 23:49:01
  • [編集]

ども、ショボケンです。(´・ω・`)
随分と壮大な自爆ですね。安全管理の面で「情報統制」ってのは障害でしか無いですからね。面子やプライドばかり気にしていたらこうなるって言う良い例ですね。
「狂気は個人にあっては稀なことである。しかし集団・民族・時代にあっては通例である。」
壮大な思い込みほど狂ってると見られるのは当たり前かと。
お腹壊した人…大丈夫かな?(´・ω・`)

しかし中国側もマトモなこと言ってますね~。「日本政府や日本マスコミは偏向しており…」ってくだりは笑っちゃいけないんだろうケドある意味あってるんじゃないかと。

最近思ったのですがマスコミがよく口にする「事実」や「真実」なんですが…
「事実というものは存在しない。存在するのは解釈だけである。そして真実というものはその視点である。」
と考えた時すべてのことが納得できました。物の見方であるならば情報ってのはより多角的に捉えなければ全体を見渡す事なんて不可能に近いって事なのかなと思います。情報に関して疑問を持つこと。その事を忘れたら情報に踊らされてしまうのでしょうから。

最後に一言
「脱皮できない蛇は滅びる。その意見をとりかえていくことを妨げられた精神も同様だ。」
が私の掲げるモットーです。

…多分そのおかげで「基礎知識」とか「○○は悪」とか掲げているところで疑問に思うことをコメントすると「サヨク」「ウヨク」「工作員」「荒らし」のどれかのレッテルを貼られてるんだろうけどね。(´・ω・`)…ちょっと寂しい

クロフネさんいつもお返事ありがとうございます~。
(´・ω・`)こんな変わり者ですが今後ともヨロシクです。

  • 投稿者: (´・ω・`)KEN
  • 2009/01/29(木) 12:06:17
  • [編集]

スレ違いで申し訳ありません。
一緒に日本の将来について考えて頂けませんでしょうか?
もし宜しければこのブログを見て頂きたいです。
http://ameblo.jp/dol-souraku/
DOL冒険発見のメモリー
http://specialnotes.blog77.fc2.com/
博士の独り言
http://kkmyo.blog70.fc2.com/
中韓を知りすぎた男
私はこれらのブログを書いていませんが、このブログを見て
日本の将来について一緒に考えて頂きたいのです。
URLが信用できないと考えられたなら、下の名前をグーグルで
検索して下さい。人気ブログランキングで上位にあるブログです。

  • 投稿者: 憂国の士
  • 2009/01/29(木) 22:36:11
  • [編集]

まだ足りないかな。

この中共指導部には、もう少しお灸が必要な気がします。
もっと大規模で人為的な災害か事件が、それでも反省しないかも知れませんが。
その時は天罰が下るでしょう。

  • 投稿者: 火天大有
  • 2009/01/29(木) 22:48:32
  • [編集]

Re: Re: タイトルなし

まい さん

>自分たちの都合で結果を決めてかかるのは中韓共通で、どうして日本は隣国に恵まれなかったのかとため息が出てしまいます。

同感ですね。

ただ、日本の対岸に住んでいたのが能力の高いドイツ人やフランス人だったら、日本は国家の存亡をかけた戦争を何度もしないといけなかったでしょう。

その意味では幸運だったとプラスに考えるようにしています。


(´・ω・`)KENさん

こちらこそよろしくお願いします。

>「事実というものは存在しない。存在するのは解釈だけである。そして真実というものはその視点である。」

心理を突いた言葉ですね。

独占体制や規制で守られたマスコミだけに事件を解釈することが許され、真実がつくられていくというのが現在の日本ですね。


憂国の士さん

私も”博士の独り言”さん、”中韓を知りすぎた男”さんは存じておりますし、たまにですがブログも拝見させていただいてます。

今まであえて伏せてきたことですが、

現在、日本は危機的な状況にあり、日本の社会や日本人を愛し、その将来を憂慮する国民は小異を捨てて団結し、組織化するべきだと確信した私は、そのお二人や”依存症の独り言”さんといった保守系のアルファブロガーの皆さんに昨年末、保守ブログの大同団結を呼びかけたのです。

http://gaikoanzenhosyo.blog4.fc2.com/blog-entry-682.html

ところが、”草の根保守のパワー”にご賛同いただけなかったようで、博士さんからは逆トラックバックだけ頂きましたが、残りのお二人についてはこちらから送信したコメントやトラックバックをバッサリ削除したり、削除されないまでも黙殺されてしまいました。

別に私の意見に反対でご自分は参加したくないというのであれば、そうおっしゃって頂いても一向に構いませんが、一切無視したりコメント等を削除して無かったことにしてしまうというのはあんまりだと思いました。

それでも保守ブロガー同士が仲違いをしては、売国勢力の思う壺だと思い、一切のことを読者さんにも秘密にしてきたのです。

お三方に対して、今も何のわだかまりも持っていませんし、「日本の将来について一緒に考える」ということについて、私は具体的にどうすれば良いのかちょっとわからないのですが、私の率直な思いはこの通りです。

火天大有さん

中国でろくなことが起こらないのは、自業自得なのかもしれません。

  • 投稿者: クロフネ@管理人
  • 2009/01/30(金) 00:18:19
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する


・いつもコメント&TBありがとうございます。

アダルト系ブログからの、サイトポリシーに違反したコメント・TBが後を断たないため、受信したコメント・TBを管理人が審査することにしました。

サイトポリシーに違反したものについては予告無く破棄します。

また問題の無いコメント・TBを頂いても表示されるまで少し時間がかかります。 悪しからず御諒承ください。

「管理者にだけ表示を許可する」にチェックを入れると、管理人だけが読める非公開コメントになります。 非公開コメントを下さる方のプライバシーを尊重し、あえてお返事をしておりませんが、「公開コメントでも良いのでレスが欲しい」という方は、非公開コメントにその旨をお書き添えください。
                

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。