初めていらっしゃった方へ

スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国船が尖閣諸島海域を領海侵犯

  • 2008/12/09(火) 22:53:23

 8日朝、中国の海洋調査船2隻が、日本の尖閣諸島沖の領海を侵犯した。

海上保安庁の巡視船が退去するよう命じたが、中国の海洋調査船は拒否。
結局、9時間以上にわたって日本側の警告を無視して領海を侵し続け、同日夕方に北方へ去った。

参考記事 

 今年10月に、ロシア極東を訪問して中国へ帰る中国海軍の戦闘艦艇4隻が、わざわざ日本海から津軽海峡を通り抜けて太平洋側から帰国するという事件が起こったばかりだが、今度はわが国固有の領土である尖閣諸島沖の日本領海を侵すという許しがたい事件が起こった。

津軽海峡という国際海峡の通過から違法な領海侵犯へと中国はハッキリとした意図を持って一歩一歩、日本挑発をエスカレートさせてきている。

中国軍にとっての”本丸”は、尖閣諸島や東シナ海の支配であり、中国軍の戦闘艦艇にわざわざ津軽海峡を通過させたのは、それによって日本がどう反応するか、中国に対して毅然と対応するかそれとも中国の軍事力にビビって泣き寝入りするか見るための観測気球だったと思われる。

日本は、政府・マスコミ双方ともほとんど反応せず、またしても間違ったメッセージを発信してしまった。

「日本は中国にビビっている。ならば尖閣諸島海域を中国の艦艇に侵犯させても何もできやしない」というのが向こうの読みであろう。

もちろん日本が事後に、中国にとって痛くもかゆくも無い抗議をすることは、十二分に織り込み済みである。

 である以上、日本の主権と領土・領海を守るためには、中国にサプライズを与えられるだけの対応をしなくてはならない。

前述のように抗議だけでは不充分すぎる。

「中国のわが国に対する非友好的な行為のせいで、12月13日の日中韓首脳会談は開催が不可能になった。すべての責任は日中共同声明など三つの政治文書の原則を先に破り、領海侵犯を行った中国側にある」と政府・外務省は発表すべきだ。

そして国民に事情をしっかり説明して、国益を守るため政府への理解と協力をお願いする。

私が首相ならそう決断するが、もしそれさえも抵抗があるというなら、ダンマリでもしょうがない。

「諸般の事情で日中韓首脳会談は延期する」とだけ官房長官が発表すれば良いだろう。

ともかく、日本側の怒りが本物であることを正確に中国に伝えるために、そして「中国が何をしても日本はビビって何もできません」という誤ったメッセージを発信し続け、偶発的な武力衝突を招くという最悪の事態を避けるためにも、中国が態度を改めるまで首脳会談を延期すべきである。

これが日本の主権と安全を守るため、最低限の妥協ラインだ。
 
 また、固有の領土に日本のプレゼンスをはっきりと示すためにも象徴的な規模で良いから、尖閣諸島へ常駐の自衛隊部隊を置くことに踏み切るべきだ。

津軽海峡通過→尖閣諸島海域への領海侵犯と、意図的に事態をエスカレートさせて来たのだから、次に中国が動くとすればもっと日本の領土に近いところへとズカズカ踏み込んでくるだろう。

 中国が今回の事件を起こした狙い、特に軍部の戦術的狙いが尖閣諸島と東シナ海を中国の完全な支配下に置くことにあるのは前述のとおりだ。

より大きい、国家戦略レベルでの狙いはそれだけではないだろう。

世界的な金融不安によって、アメリカやユーロ圏の需要が落ち込み、中国の経済発展を支えてきた、ほぼ唯一のエンジンといって良い輸出産業がいま壊滅的な打撃を受けている。

ひと月めいいっぱい酷使して月給2万円といったレベルの安価な労働力を利用し、衣服やおもちゃなど軽工業品を大量生産して欧米日に洪水のように輸出するなど、中国は世界の工場となっていたが、現在は万単位で企業が倒産しているという。

中国では、学校を卒業するなどして毎年2000万人の新規労働力が生まれている。

その労働者たちに仕事を与えるには現状維持ではだめで、年率8%の経済成長を続けていかなければいけないといわれるが、欧米の経済アナリストの中には、今後中国の経済成長が年率3~4%まで落ち込むという、絶望的な予測をする人もいる。

中国政府の経済政策の失敗で、大量の失業者が発生すれば、共産党独裁政権の基盤は大きくゆらぐ。

現在中国政府は表面上、強気の姿勢を崩していないが、人民銀行が政策金利を急激に引き下げ、中国の輸出競争力を回復させるために、なりふりかまわぬ人民元安政策へと舵を切っている。

いわゆる近隣窮乏化政策というやつだが、よほど中国経済の減速が深刻なのであろう。

 だがそうした策がほとんどうまくいっておらず、暴動は頻発している。

そうなれば独裁国家がやることは、ほぼ決まっている。

参政権の無い国民の怒りが独裁政権に向いて革命暴動が起きないよう、外国を挑発し戦争をしかけ、外に”人民の敵”をつくるわけである。

経済政策に失敗したアルゼンチン軍事政権が起こしたフォークランド戦争しかり、イラン・イラク戦争で泥沼に陥ったイラク・フセイン政権が起こしたクウェート侵略(湾岸戦争)しかりである。

そして中国は、特に軍部は人民の不満をそらす敵として叩きやすいところから、つまりまたしても日本を選んだということだろう。

 日本も決して楽な状況だとは言えないが、日中関係が冷え込んで痛い思いをするのは、アメリカ・ユーロという二大市場がコケた今、日本市場に頼るしかない中国である。 

日中間の首脳会談は、相手の態度が改まるまで延期すべきだ。

 そもそもこういう事態を招いた原因の半分は「中国が嫌がることは一切しない」という福田・前政権の失敗外交にある。

尖閣諸島海域に領海侵犯した台湾漁船と、主権を守るために公務を執行しようとした日本の巡視船がぶつかって、台湾漁船が沈没。

福田政権があろうことか、台湾側に謝罪と賠償を表明してしまったことが、さらなるボタンの掛け違いであった。

中国はこうした日本の軟弱さをしっかり観察していたことだろう。

台湾の馬・国民党政権も福田政権の弱腰を見て、さらに「尖閣諸島は台湾のもの」という姿勢を強めた。

台湾で尖閣諸島の領有権を主張する新たな反日団体が設立されると、馬英九総統はさっそく祝福の贈り物をしている。

参考記事 

 こうして日台関係が悪化した後、馬政権が訪日ワーキングホリデービザ制度の導入を求めてくると、福田政権は「待ってました!」とばかりに、身を乗り出して対応していたが非常にまずい対応だった。

「中国と関係を深めれば台湾経済は良くなる」と主張して当てが外れ、公約違反状態にある馬政権は支持率が急降下するなど、現在たいへん苦しい状態にある。

台湾の地政学的重要さはじゅうじゅう承知の上だが、日本に挑戦しつづけるかぎり馬政権と国民党とは関係をあえて冷却化させて、日本はあくまでも「日台間に尖閣諸島問題なぞ存在しない」という立場を堅持し、これに同意してくれた台湾側要人とだけ麻生首相や中曽根外相との会談を許可して熱烈に歓迎するなど、メリハリをつけた外交をすべきである。

それによって、日台関係をあえて破壊した国民党と馬政権に政権担当能力が無いことを台湾国民に強く印象づけることができる。

 福田前政権の大失策の尻拭いという、損な役回りを押しつけられたかっこうになってしまっているが、麻生政権には”とてつもない日本”の外交正常化に向けた努力を期待している。

すべての日本国民も、「事態を穏便に済ませよう。中国を刺激しないようにしよう」という歴代政権の外交的失敗の積み重ねが今回の事態を招いたという教訓から目をそらしてはいけない。


banner_04.jpg

↑独裁国家中国は世界の脅威と思う方はポチッとしてください↓
人気blogランキング

関連記事・中国があからさまな砲艦外交

関連記事・中国が中共子午線の設定を要求か

関連記事・中国が戦争で日本を恐喝

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

またコレですか…という感じです。
大東亜戦争の初期も、こういった陰険な jab (ジャブ) が
日本を困らせたのでは無いでしょうか?
当時の理不尽な状況を、またリアルタイムで見させられているような気がします。
またしてもコレを繰り返してしまうと、流石に学習効果が無いんではないでしょうか?
皆、気が付きましょう。恐竜がまだ周辺に闊歩していることを。

  • 投稿者: notbs
  • 2008/12/10(水) 08:11:58
  • [編集]

総て承知の上で支那の調査船を撃沈し、世界に対して不審船を撃沈せざるを得なかったのは誠に遺憾だったと言うプロパガンダができる国に成って欲しいと思うのは私だけ?
ついでに撃沈した不審船の乗組員を救助した我が国自衛隊員の英雄的人道的行動まで世界に宣伝できれば満点だけど、無理だろうなぁ~、今の洗脳されきった無自覚政治屋と官僚では・・・

  • 投稿者: 火天大有
  • 2008/12/10(水) 22:23:52
  • [編集]

notbsさん

ホント、またこれかといった感じですね。

ランドパワーの中国に深入りする必要はないと思いますが、領土領海を守るために最低限のことはやってほしいです。


火天大有さん

>総て承知の上で支那の調査船を撃沈し、世界に対して不審船を撃沈せざるを得なかったのは誠に遺憾だったと言うプロパガンダができる国に成って欲しいと思うのは私だけ?

せめて拿捕ぐらいやってほしいですよね。

向こうで、尖閣めぐって日中が戦争したら中国が勝つなんて報道やっているらしいですが、たいへん危険な兆候だと思います。

  • 投稿者: クロフネ@管理人
  • 2008/12/10(水) 22:39:50
  • [編集]

戦前と同じですね。自分がバカだとわからないちゃんこロが国内の不満を減らす目的も含めて日本に対して、傲慢な脅迫と挑発を行う。その挑発も段々エスカレートして、日本側の堪忍袋の尾が切れて戦争になる。チャンコロをそそのかしてる米が笑ってるでしょう。米はシナ人をサルと呼んでますが、シナ人は認める勇気ないですからね。チャンコろといい朝鮮といい回りにバカがいたら困るわ。
日本人はシナ人の挑発を世界に何故宣伝しないんだ。日本人も無能か。駄目だこりゃ。

  • 投稿者: 英雄
  • 2008/12/11(木) 00:41:32
  • [編集]

このままでは日本は潰れるから、有志が軍を作ろう。マスコミを攻撃。

  • 投稿者: 英雄
  • 2008/12/11(木) 00:45:27
  • [編集]

僕は元航空自衛官(航空機整備士)なんですが…生でスクランブル発進を体験したことがあります。(結構な頻度で)
彼等は(一応国籍不明機)朝だろうが昼だろうが夜中だろうが関係なくやってきます。最初は怖くて眠れなかった位です。なんせ実弾詰んで飛ぶ訳ですから…(撃つ撃たないは置いといて)
ソレ体験して思ったのですが、日本が「安全」なんて言えない気がします。そして現在のマスコミの情報の偏り方を見ていると事更に
怖いです。日本は「戦争」なんて無いとか巻き込まれないって言ってる方はぜひ自衛隊に一度入隊してみると良いですよ?って言いたいです。がんばって三年勤め上げれば退職金(満期金といわれている)100万程度もらえますしw
来年アノ国では赤字が増える…なんて噂も耳にします。
そんな時期なのに軍事強化の噂もちらほら…ヲイヲイ。
そしてこのパフォーマンス…あまり洒落になってないですね。
最近やな夢ばかり見ますし…内容は言えませんが予知夢てきなものです。(´・ω・`)
来年も皆さん(自分も含めて)の平穏無事な暮らしを心から祈ります。

  • 投稿者: (´・ω・`)Ken=ショボケン
  • 2008/12/11(木) 01:33:14
  • [編集]

尖閣諸島沖領海侵犯。朝日新聞は侵犯、侵入について一切報道せず。
http://gimpo.2ch.net/test/read.cgi/asia/1228809998/

  • 投稿者: 無名戦士
  • 2008/12/11(木) 02:49:42
  • [編集]

ぼろが出るのが早い

11月30日付の産経新聞の元日本外務省元外務官僚岡本行夫氏の
アホ論文だが・・・

【人界観望楼】外交評論家・岡本行夫 中国は穏やかになってきた
http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/081130/plc0811300247001-n1.htm

これを読んで感じたのは、日本からの投資とかが減って、中国が
対日工作をしてきているんだろうな。天安門事件の後、天皇が
訪中した後、反日やりまくったから、得るものを得たら絶対
反日が解禁になる。
元、日本の外務省の北米課長が、これだというのは、日本の外
務省がいかにダメなのかわかります。

しかし、今回の中国の領海侵犯とか見ると、媚中派のぼろがでる
が早い。ある意味、不幸中の幸い。

  • 投稿者: 粕谷真人
  • 2008/12/11(木) 23:24:35
  • [編集]

英雄さん

>日本人はシナ人の挑発を世界に何故宣伝しないんだ。

同感です。

社会人の基本は”ほう・れん・そう”(報告・連絡・相談)と言いますが、日本政府は、ひとりで悩みを抱え込んでいないで、国民と世界に中国から恫喝されていることを”ほうれんそう”すれば良いんですよね。

>チャンコロをそそのかしてる米が笑ってるでしょう。

私はむしろ、親中のヒラリー国務長官登場を見越して、中国軍が動いている気がします。


(´・ω・`)Ken=ショボケンさん

>そして現在のマスコミの情報の偏り方を見ていると事更に怖いです。日本は「戦争」なんて無いとか巻き込まれないって言ってる方はぜひ自衛隊に一度入隊してみると良いですよ?って言いたいです。

これまで「中国は平和勢力」と言ってきて中国の軍拡をごまかしきれなくなった左翼は、「中国が軍拡をやっているのはアメリカに対抗するためで、日本はアメリカと手を切れば巻きこまれない」と言っていますね。

気味が悪いので、目をあけたまま寝言を言うのはやめてほしいです。


無名戦士さん

中国軍の戦闘艦艇が津軽海峡を抜けたときも、ほとんど報道されませんでしたよね。この国のマスコミは異常です。


粕谷真人さん

私も岡本氏の正論を読みましたが、呆れはてました。

ナチの場合にしろソ連の場合にしろ中共にしろ、非道な独裁国家を礼賛するこういったエセ知識人さえ西側にいなければ、独裁国家はもっと早くつぶれていたと思います。

  • 投稿者: クロフネ@管理人
  • 2008/12/12(金) 21:32:57
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する


・いつもコメント&TBありがとうございます。

アダルト系ブログからの、サイトポリシーに違反したコメント・TBが後を断たないため、受信したコメント・TBを管理人が審査することにしました。

サイトポリシーに違反したものについては予告無く破棄します。

また問題の無いコメント・TBを頂いても表示されるまで少し時間がかかります。 悪しからず御諒承ください。

「管理者にだけ表示を許可する」にチェックを入れると、管理人だけが読める非公開コメントになります。 非公開コメントを下さる方のプライバシーを尊重し、あえてお返事をしておりませんが、「公開コメントでも良いのでレスが欲しい」という方は、非公開コメントにその旨をお書き添えください。
                

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。