初めていらっしゃった方へ

スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

”改正国籍法”が成立

  • 2008/12/05(金) 22:50:29

 当ブログ700回記念のエントリーとしては残念なニュースだが、未婚の日本人の父と外国人の母との間に生まれた子供でも、父親が認知すれば日本国籍を認める”改正国籍法”がきょう午前、参議院本会議で成立した。

きのう4日午前の参議院法務委員会で”国籍法改正案”を可決していたので、すでに成立は避けられないものとなっていた。

参院法務委員会では、衆院の付帯決議にはなかった「半年ごとの法務委への報告」を明記し、「父子関係の科学的な確認方法を導入することの要否と当否について検討する」とする付帯決議を採択した。「父親と認知された子が一緒に写った写真の提出をできる限り求める」とする対策も取られるという。

参考記事 

参考記事 


 きょう午前、とうとう改悪国籍法が成立してしまった。

当ブログでも関連記事を集中的にアップするなど、できるかぎりのことはしたが、力およばなかったのがとても残念だ。

国籍法を悪用して、日本に対して悪意を持った人物が外国から日本国民としてまぎれこみ、日本社会を破壊する工作を始めるようなことが起こらないことを祈るばかりである。

たとえば、某国政府が発行したニセの年齢証明書類を持った工作員(実は23歳とか)と、その母親役が外国から入ってきて、ある日本人に「彼をあなたの子として認知してくれたらたんまり謝礼を出す。もちろんあなたに扶養義務はない。(工作員を送り込んだ国が生活費を含めた工作資金を出すから)」と説得、某国の工作員がいとも簡単に日本国籍を取って官公庁にもぐりこんでしまうようなケースは無いのだろうか?

最高裁で違憲判決が出てから、あまりにも早くずさんな”法改正”へと進んでしまったので、どこにどんなセキュリティ・ホールがあるか予想もつかないという点が、大きな不安を与えていると思う。

 しかし以前にも言ったとおり「これで日本終わった」じゃなくて、これからが戦いの始まりだと思う。

国籍法の再改正や付帯決議を利用した改悪国籍法の骨抜きをめざして、一人一人ができることを粘り強くやっていくという姿勢が大事ではないだろうか。

 この問題にかぎらず、”多民族共生””地球市民””主権の委譲と外国人への参政権付与”といった主張をかかげる左翼勢力は、実に用意周到に事を進めてくるということは認めざるをえない。

平等・人権といった誰しも反対しにくい美しい言葉を隠れ蓑にして、自らのホンネを見すかされるようなことはせず、やりたいことを効率よく実現するために良く組織化されてもいる。

日教組・自治労のような公務員労組やプロ市民が結集するNPOはもちろん、マスコミや大手広告代理店、弁護士・裁判官にも思想的な同志が浸透している。

国民の大多数が政治にほとんど無関心なため、こうした一部の大きな声が立法・司法に強く反映され、日本社会の総意として通ってしまう。

こうした状況を苦々しく思ったこともあって、私は保守系市民の大同団結と組織化を訴え、草の根保守のパワーというブログを立ち上げた。

 ところで国籍法改悪に反対し、それを阻止しようとする保守勢力の一部に、保守系市民がどこかの組織に所属して運動を展開することは悪いことのように言う人もいたのだが、ちょっと疑問に思う。

日教組のような組織に対する悪いイメージから、自分達はどこの組織にも所属していないことを美点としてアピールしていたのならその心情もわからなくはない。

私も、保守系市民を組織化しないほうが目的を良く達成できるというなら、組織化にこだわったりしない。正直、私も二つのブログを同時に管理するのはかなりの負担だ。

 しかし、組織化するかしないかは手段であって目的ではない。

保守系市民が、ブログを日々更新して仲間を増やしたり、FAXやメールで抗議したりといった手段をとっているのは全て、日本を守り、本当の意味での独立を勝ち取るという最終目的のためではないだろうか。

もしその最終目的を達成するために最適であるならば、組織化された相手に対抗するために、こちらも組織化するという手段を使っても良いのではないかと思う。

逆に、効果的ではない手段にこだわって、最終目的の達成に失敗するなら元も子もない。

きれい事を避け、あえてぶっちゃけて言うが、やはり民主政治では数こそパワーである。

 「落選すればタダの人」である政治家にとって一番怖いのは、やっぱり票という”実弾”だ。

何も保守系政治家だけに有効なのではなく、売国政治家と言われている人達にも組織化は有効である。

たとえば、ある現職の売国政治家A氏は、前回の衆院選で10万票をとって当選していたとする。

次点候補B氏が9万5千票を取って落選していたとすれば、私たちが政治を動かすのにその選挙区の過半数の票までは必要無い。(仮に投票率50%として過半数は約20万票とする)

その選挙区で保守系市民の組織票が7千もあれば、現職のA氏に「国籍法改正に反対してくれたら7千票あげましょう。しかし賛成なら対立候補に7千票行くことになるでしょう」と交渉することができる。

(聞いた話では、創価学会は各選挙区で1万票動員できるとかできないとか)

日本の政治家がどうせ魂を売ってしまうなら、外国勢力ではなく我々に売ってもらうわけだ。

 組織化することで、自分が誰かに利用されるのではないかと心配になってしまう人は、国籍法改悪阻止や外国人参政権付与反対など団結するテーマを限定して、自分が納得できる場合にのみ一時的に組織に参加すれば良いだろう。

そして「国籍法改悪に反対の有権者が、どこの選挙区にどれだけいます。国籍法改悪に賛成している議員さん、次回の選挙は危ないんじゃないですか?」ということをアピールできれば、効果的に政治を動かしていくことができるのではないだろうか。

保守系市民団体の組織票が一番大きいのであれば、各政党も宗教や公務員労組の組織票に頼るようなこともやめるだろう。

良くも悪くも「民主政治では数こそ力であり正義」が現実だ。

アメリカでヒラリー国務長官を擁したオバマ政権が誕生間近、もともと反日の特ア3ヶ国に加え、台湾・豪州も今は親中政権という厳しい世界情勢のなか、日本の保守勢力が手段にこだわっている余裕も時間も無いと思うが...。


関連記事・重要なおしらせ

関連記事・危険な国籍法改正の動き

関連記事・国籍法改正案が可決

関連記事・無防備な日本

関連記事・区別と差別は違う


banner_04.jpg

↑国籍法改悪に反対という方はポチッとしてください↓
人気blogランキング



この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

仕事柄、いろんな会社の給与の中身を見て回ってます。ある会社の従業員がまだ23歳にも関わらず3回も結婚と離婚を繰り返しています。相手は全て中国人。初めは同年代でしたが二人目は45歳、三人目は57歳で、もちろん今はバツ3の独身。不幸なことにご両親が小学生のときに同時に亡くなっているため以後身寄りが全くないそうです。会社側でも詳しい話は聞かないようにしているようです(要するに見て見ぬ振り)。
今後もし『バツ4』を目指すようなら守秘義務漏洩覚悟で通報(もちろん匿名ですが。。。)しようと考えていますが、どこに訴えればいいのか、匿名でも受け付けてもらえるのか、そもそも制度上は、普通の夫婦と同じく本人同士が自らの意思で婚姻しその後離婚したのであればどこが罪になるのか、そこらへんからしてよく分かりません。
明らかにおかしいと思うのですが何かアドバイスをいただけたら幸いです。
国籍法改正でこんなような怪しい事案が増えるのか減るのか、吟味もせずに成立させてしまった全ての政党に絶望しました。まさか麻生内閣でこんなことになるとは!!とイライラが募るばかりです。

  • 投稿者: テレテレ
  • 2008/12/05(金) 23:54:27
  • [編集]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 投稿者: -
  • 2008/12/06(土) 12:54:25
  • [編集]

個人的にはKO寸前

なのですが、現在も請願法作戦を進行中です。
そのまま法務省HP作戦に移行するつもりです。
個人的にはあまりにもあちこちに侵食した売国奴に権力と報道を掌握されて精神的KO寸前の気分ですが、
1、明治維新の数ヶ月前までは誰も幕府が倒れるなんて考えもしなかった。
2、昭和20年の正月でさえ大日本帝國が消滅する等とは思えなかった。
以上の故事に倣い、現体制を崩壊させる時期が来たと言う思いを希望に変えて日々を活動しています。

どちらにせよ現在の議員の8割は議員不適合者なので、幕末に旗本が大量に若隠居したように都合よく投げ出すでしょう。
投げ出す筈です。
しかもこの現象は我が国に留まらず世界に飛び火します。
私達は、その後の事を考えましょう。
精神を鍛えて、その日を待つ、現在はそんな心境で頑張ろうと思っています。

  • 投稿者: 火天大有
  • 2008/12/06(土) 15:24:18
  • [編集]

テレテレ さん

確かに怪しいんですが、法を侵したり犯罪に手を出したりしているわけではないですから、訴えるのは厳しいかと思われます。

お役所や警察に通報しても、「別に法を侵しているわけではないのでウチとしては何もできない」と言われてしまうのではないでしょうか。


火天大有さん

>個人的にはあまりにもあちこちに侵食した売国奴に権力と報道を掌握されて精神的KO寸前の気分

現状かなりキツイんですが、絶対に希望を捨てず、笑っていきましょう。

チャーチルも、「戦いに臨むリーダーは笑え。できないのなら無理やりにでもニヤリとしろ。それさえできないなら一番うしろへすっこんでいろ」と言っています。

諦めた瞬間が負けです。

  • 投稿者: クロフネ@管理人
  • 2008/12/06(土) 22:30:36
  • [編集]

早速着ましたよ。

比女性と知人を偽装結婚させる パブ経営者逮捕

県警は5日、偽装結婚(電磁的公正証書原本不実記録・同供用)の疑いで、 愛知県一宮市森本町、フィリピンパブ経営長谷川佳夫容疑者(35)と、 中津川市中津川、建築業原誠容疑者(34)を逮捕した。
調べでは、長谷川容疑者はフィリピン人女性(19)を入国させホステスとして雇う目的で、 中学時代の同級生の原容疑者に偽装結婚を持ち掛け、原容疑者が4月に中津川市役所に女性との婚姻届を提出し、戸籍に偽りの記録をさせた疑い。長谷川容疑者は容疑を認め、 原容疑者は否認しているという。
長谷川容疑者は羽島市舟橋町で同パブを無許可で営業していたとして11月に風営法違反で逮捕、 送検されていた。女性を同店2階に住まわせてパスポートを取り上げ、自由な外出を禁止。
渡航資金名目で300万円の借金を課し、毎月5万円ずつ返済させていた。
こうした実態は、国連の国際組織犯罪防止条約人身取引議定書に
定められた人身取引事犯に該当し、検挙は県内初としている。
長谷川容疑者は、ほかにも同店従業員のフィリピン人女性数人を別の知人の男数人と 偽装結婚させ、同様の支配管理下に置いていたとみられ、県警は余罪を追及している。
ソース:岐阜新聞 Web 2008年12月06日09:54 
http://www.gifu-np.co.jp/news/kennai/20081206/200812060954_6584.shtml

初日からこれですわ。相当手馴れていますが、恐らく氷山の一角でしょう。「ゴキブリホイホイにかかったゴキブリは、一部に過ぎない」のですから。
ピンチは、チャンスでもあります。この法案に賛成票を投じた議員に対して、責任追及という手段で攻めるべきではないでしょうか?
とりあえず、賛成した議員、反対した議員を貼り付けておきます。
http://www.sangiin.go.jp/japanese/joho1/vote/170/170-1205-v002.htm

  • 投稿者: シロ
  • 2008/12/06(土) 22:55:33
  • [編集]

こちらは呉です。黒舟さんの言われる事聞いて少し安心しました。がんばるのみですね。倒れるまで。どうせ最後は永遠の眠りにつくのですから。奴らに一泡ふかせてやろうとおもいますよ。広島の新聞社や放送局をやっつけるほうほうはないですかね。
私の弟は昔は三島のフアンでしたが、今は日本は滅びてもいいと、方丈記のようになっていますね。

  • 投稿者: 英雄
  • 2008/12/07(日) 07:30:49
  • [編集]

はじめまして。
政治に関して無知な私にとってもわかりやすく面白い記事なので、いつも読んでいます。

今日は質問があります。
http://jp.youtube.com/watch?v=KaTVCTGEZJs
私は最初に上の動画を見た時、全く現実感が湧きませんでした。
これは本当に日本で行われたのか?普通に言論封鎖じゃないか?
何で報道されない?全会一致?どこが?
もう疑問点が多すぎて、今でも整理がついていません。
このようなことがインターネットで見れるだけまだ良い方だと思います。
ですがマスコミでは全く報道されていないし、再生回数を見ても10万人知っているかいないかです。
当然私の両親は知らなかったし、youtubeの見方など知りません。
マスコミが機能していない以上、インターネットしか情報を得る場所はないと思います。
でも私の両親のようにパソコンの使い方がわからない有権者も未だ大勢います。
この情報を知ることができないたくさんの人々に対して、私達ができることは地道に教えていくことだけなのでしょうか?
クロフネさんの考えを教えてください。

  • 投稿者: ボリバル
  • 2008/12/07(日) 23:05:13
  • [編集]

流れが悪すぎる

こんにちは。
以前1度書き込ませていただいた防人です。

日本崩壊への歩が確実に進んでいるこの状況、私も火天大有さん同様KO寸前です・・・(苦笑)
敗戦から60年余。遂に命脈尽きる時が来たのかも知れないと思いつつ、諦めきれない思いも未だに燻っております。
血反吐を吐きながら我が国を守ってきた先達を想う度、やはり死ぬまで頑張るしかないな、と考えを改めるということを繰り返しています。


ただ、国の方向性を決定できる位置にいる人間は全て売国奴なのか、と思うようなこの状況には愕然としております。
心ある人の動きは特に耳に入りづらいので、尚更なのかも知れませんが。
基本的にはスタンドアローンで活動している我々は、売国奴のみならず、時としてスタンドアローンであるが故の孤立感とも戦わねば成りません。
その孤立感によって「自分と同じ考えの人間は皆無なのではないか?同志がいないのではないか?」という考えに至り、絶望感に囚われ易くなりがちです。

その点を鑑みると、クロフネさんの模索している保守系市民の組織化は有効だと考えます。
組織化反対の方はスタンドアローンで活動されればよいと思いますが、組織とは一定距離を保ちつつ、「保守系」という仲間である以上、いつでも連携を取れるような位置にいて欲しいとは思います。
私は組織化反対の言い分の中には、保守系市民の団結を阻止する為、売国派が暗躍している面も少なからず含まれていると見ています。ですから、必要な時に連携できる体制なくして売国派からの各個撃破を防ぐ手立てはないわけです。
ただ、一極集中するとそれはそれで一網打尽にされる危険性が伴うわけなので、程よい距離感よいというのが私の考えです。

なんだかとりとめない文章になってしまいましたが、これをもって改めての支持表明とさせていただきたいと思います。

お互い、頑張りましょう!!!

  • 投稿者: 防人
  • 2008/12/08(月) 15:28:47
  • [編集]

シロさん

これを読んで、新しい国籍法は犯罪や人権侵害を余計に助長するのではないかと思えてきました。


英雄さん

>広島の新聞社や放送局をやっつけるほうほうはないですかね。

ブログなどで訴えて地道に仲間を増やしていくことが一番ではないでしょうか。


ボリバルさん

確か簡易採決方式といって、参議院の各会派(民主と新緑風会・自民・公明など)が国籍法改正案に賛成したので、たとえ議員個人が反対しても全会一致で賛成したこととみなす、というやつだったと思います。

あまり詳しくないのですが、たぶんそれだと思います。


防人さん

>ただ、国の方向性を決定できる位置にいる人間は全て売国奴なのか、と思うようなこの状況には愕然としております。

わかってやっている人もいるでしょうが、大部分は政治家・官僚のくせにあまりにもノンポリになってしまっていて、自覚症状がないのではないでしょうか。

>なんだかとりとめない文章になってしまいましたが、これをもって改めての支持表明とさせていただきたいと思います。

あついご支持ありがとうございます。

お互い最後まであきらめず、ボチボチがんばっていきましょう。

  • 投稿者: クロフネ@管理人
  • 2008/12/09(火) 00:41:12
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する


・いつもコメント&TBありがとうございます。

アダルト系ブログからの、サイトポリシーに違反したコメント・TBが後を断たないため、受信したコメント・TBを管理人が審査することにしました。

サイトポリシーに違反したものについては予告無く破棄します。

また問題の無いコメント・TBを頂いても表示されるまで少し時間がかかります。 悪しからず御諒承ください。

「管理者にだけ表示を許可する」にチェックを入れると、管理人だけが読める非公開コメントになります。 非公開コメントを下さる方のプライバシーを尊重し、あえてお返事をしておりませんが、「公開コメントでも良いのでレスが欲しい」という方は、非公開コメントにその旨をお書き添えください。
                

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。