初めていらっしゃった方へ

スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国があからさまな砲艦外交

  • 2008/11/21(金) 23:28:49

 中国の銭利華少将が17日、英紙フィナンシャル・タイムズとの会見で、中国軍が空母保有を目指していることを示唆する発言をした。

また、19日づけの香港紙サウス・チャイナ・モーニング・ポストによれば、中国の軍事専門家が中国軍が既に空母艦隊の建造を始めており、就役は4年後で中国南部の湛江・広州などを本拠とする南海艦隊に配備されると語ったという。

参考記事 

参考記事 


 数年前から中国が空母保有を目指しているという報道がちらほら出てきている。

中国が空母を欲しがる理由は、

中国が台湾へ侵攻する場合、台湾の東海岸へ空母機動部隊を回り込ませて花連・台東の両空軍基地を叩き、本土から出発した侵攻部隊と挟み撃ちにしたい、

中国本土から遠い、南シナ海に浮かぶスプラトリー(南沙)諸島付近における航空優勢・制海権をにぎり、周辺国を威圧しつつ紛争を中国の有利なように解決したい、

そして面子を何よりも優先させる中国人らしく、「中国は大国になった」のだから見栄をはりたい、

といったところだろうか。

日本への影響としては、日本のシーレーンが通る南シナ海を担当する南海艦隊に中国の空母が配備されれば、日本独力で南シナ海へ航空戦力を投射することが困難なだけに、日本に原油等を運ぶシーレーンが大きな脅威にさらされるという点だろう。

 中国の空母保有計画に対しては、「空母の建造と維持、そして空母機動艦隊を運用するための補助艦艇の建造も含め莫大なカネがかかるから、どうせ中国軍は自滅するだろう」という意見が日本の一部にある。

しかし相手が失敗することを前提にして、日本の防衛戦略を立てることは決して賢明なことではないと思う。

中国が本当に貧しく今よりはるかに日中間の経済格差があった時代に、「中国は貧乏だから、莫大なカネがかかる核兵器や弾道ミサイルの開発なんてムリムリ。だから日本は大丈夫」といった議論があったとしたらどうだろうか。

今や中国の核ミサイル数十発が日本各地に照準をあわせているのに。

 確かに中国が使える空母機動部隊を保有するには、いくつものハードルがある。

能力はやや怪しいが、空母を空からの脅威から守るエリア防空任務は、蘭州級駆逐艦(アメリカのイージス艦の技術をスパイが盗み出してつくったとも)や瀋陽級駆逐艦などがやり、水中のパトロールは商型原子力潜水艦がやるとして、

空母用のカタパルトはどうするか、それが無いならスキージャンプ方式となるがそれだと艦載機が積む兵器の量を減らさなくてはいけないだろうし、空母の目となる早期警戒機も能力が低いヘリコプターにせざるを得なくなるだろうなとかいろいろ問題がある。

もちろん、中国軍が空母機動部隊をじゅうぶん使いこなすことができるようになるまでに、将兵が様々な経験を積んでいかなくてはならない。

免許取りたての人に世界でもっとも高性能のF1マシンを買い与えても、それだけでF1グランプリで優勝できるわけではないのと一緒だ。

 だがそうした問題が解決されることを前提として、日本にとって最悪のシナリオを織り込んだ上で日本のシーレーンや領土・領海をどう守っていくか考えていくべきだ。

たとえ様々なところに問題を抱えていても、東南アジア各国を威圧して黙らせたり、自衛隊機の援護がない、丸腰の日本行きタンカーを襲うにはじゅうぶんであろう。

 これに関連して、10月20日中国のソブレメンヌイ級ミサイル駆逐艦1隻と江凱級ミサイル・フリゲート艦2隻に補給艦1隻からなる艦隊が、日本海から津軽海峡を通り抜けて太平洋側に通過するという事件が起こっている。

参考記事 

中国軍の意図としては、拉致問題で日米間に意見の食い違いが見られることやアメリカ次期政権発足直前の空白期をチャンスと見て、日本に中国の軍事的プレゼンスを見せつけるとともに、近い将来に太平洋に積極的に進出し、少なくとも太平洋の西半分を中国管理としたいという野望を日米にちらつかせたものと思われる。

(津軽海峡を通過した艦艇は、まさしく東シナ海や日本方面を担当する東海艦隊<本拠地・上海等>の所属である)

もちろん、中国海軍が日本列島を越えて太平洋に広く進出する場合に、前述の空母保有問題も大きくからんでくる。

 ところで、この事件について日本のマスコミがほとんど沈黙しているのは、独立国家として異常としか言いようが無い。

12月に日中韓首脳会談が行われるそうだが、麻生首相は中国にしっかりと抗議すべきだ。津軽海峡は国際海峡だが違法でなくとも、そこを必要も無いのに中国艦隊がわざわざ通過するというのは日本の国民感情を逆撫でするものがある。

 この事件によって、中国軍が日中関係を19世紀後半の日清戦争直前まで戻したとも考えられる。

当時の中国(清)は、”定遠””鎮遠”など日本側よりも大きい戦艦を保有していた。

1886年8月極東ロシア・ウラジオストクからの帰途、戦艦”定遠””鎮遠”と巡洋艦”済遠””威遠”の4隻が修理と称して長崎に入港、上陸した中国人水兵が暴れて器物を壊したり、日本の警察官を兆発して乱闘になるなどの事件が起こった。(長崎事件

当時の中国は、日本と朝鮮半島をめぐる勢力争いをしていたが、日本を貧しい小国と見下し、東洋一と言われていた戦艦を日本に派遣することでおどして、引き下がらせようとしたのである。

こうした中国の軍事的兆発によって日本人の対中感情は硬化し、日清戦争の原因のひとつとなったと言う人もいる。

ちなみに今年10月、津軽海峡を横切った中国艦隊もやはり極東ロシアからの帰途であったが、「長崎の仇を津軽で取る」つもりだったのであろうか。

 ともかく、今回、中国軍がわざわざ津軽海峡に軍艦を派遣し日本を軍事的に威圧したことは、中国が19世紀型の帝国主義国家であることを再確認させるものであった。

日中東シナ海ガス田交渉で中国側が「日本が言うことを聞かないなら軍艦を出すことになる」と恫喝したことも有名な話だ。

まさに砲艦外交である。

 長崎事件も日本の教師が子供達に教えることはほとんど無いと思われるが、これも異常としか言いようが無い。

日本のマスコミも教師も、「中国は平和勢力」でなければいけないから、津軽海峡を中国軍の戦闘艦が堂々と通過したり、日清戦争以前に中国軍水兵が長崎に上陸して大暴れした歴史的事実は、見たくないのだろう。

 中国の帝国主義的砲艦外交に対し、確か片山さつき氏が財務省主計局の担当官だったころからと記憶しているが、日本は周囲の安全保障環境はほとんど無視して軍備縮小をはじめてしまった。

守屋次官の汚職への懲罰的意味あいもあるのか、防衛費圧縮はずうっと続いている。

また、ただでさえ限られた防衛費であるのに使い方も有効なのか疑問だ。

特に、汎用護衛艦ばかりつくっていて装備の調達が10年1日のマンネリ状態になっている気がしてしょうがないのだが、汎用護衛艦を少し減らして16隻が上限となっている潜水艦を増やすとか、戦闘機に搭載するミサイルの種類を増やし、目標追跡・照準ポッドも装備するとか、空母機動部隊保有を含めた中国の急激な軍拡に対応できるよう、もっと実戦的な防衛力整備をお願いしたい。

尖閣諸島~南鳥島~北方領土~竹島~尖閣諸島まで及ぶ日本の領土・領海・経済水域・海底資源を守るための防衛力整備が急務だ。

シーレーンを防衛するのにアメリカに頼れないケースが今後出るなら、空母も必要になってくるかもしれない。



banner_04.jpg

↑必要も無いのにわざわざ戦闘艦に津軽海峡を横切らせる中国は不快と思う方はポチッとしてください↓
人気blogランキング


関連記事・中国が中共子午線の設定を要求か

関連記事・中国が戦争で日本を恐喝

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

これから必要な装備

潜水艦、高性能巡航ミサイル、長距離戦闘爆撃機、クラスター砲弾等、必要な装備は枚挙に暇が無いが、もっとも必要な物。
政治家を筆頭にした意識改革、これに尽きます。
先日A・C・ウエデマイヤー氏の著書『第二次大戦に勝者なし』を読みました。
上下で1000ページに及ぶ著作の中に、終戦時の我が同胞の悲惨で卑屈な状況が描かれていました。
我々は2度と同胞をあのような目に逢わせてはいけません。
しかし現在は政治家と官僚を含めて人格の劣化が進み、命懸で護りたいと思える人間も少なくなってきました。
誠に嘆かわしい限りです。

  • 投稿者: 火天大有
  • 2008/11/22(土) 11:21:18
  • [編集]

火天大有さん

>潜水艦、高性能巡航ミサイル、長距離戦闘爆撃機、クラスター砲弾等、必要な装備は枚挙に暇が無いが、もっとも必要な物。
政治家を筆頭にした意識改革、これに尽きます。

同感です。

日本の場合、兵器などハード面の問題はたいしたことはないのかもしれません。

一番問題なのは、政治家・官僚・マスコミから一市民にいたるまでの防衛意識つまりソフトです。

ハードはともかくソフトがぶっ壊れまくっているので、日本という国家が正常に機能していません。

  • 投稿者: クロフネ@管理人
  • 2008/11/22(土) 22:55:38
  • [編集]

全く同感

>片山さつき氏が財務省主計局の担当官だったころからと記憶しているが、日本は周囲の安全保障環境はほとんど無視して軍備縮小をはじめてしまった。

陸自の編制定数を16万余りから14万程度に減らせという強烈な圧力がかかりましたね。結局15.5万ぐらいに落ち着いたはずですが、片山女史の「横暴」には大いに憤慨していたものです。
あろうことか、海や空まで正面装備を減らされているのは、国防上の自殺行為以外の何物でもありません。制海権・制空権の確保は絶対でありますから、メリハリのある調達が求められるところですね。私も日本は空母を持つべきだと思いますよ。航空機の「牙抜き状態」を改めることが前提条件ですが。

ひとつだけ細かいことですが、津軽海峡は国際法上の国際海峡ではなく、中央部はれっきとした公海(独自に領海3海里に制限なので)なので抗議は困難かと思います。ただ、意図を問いただすことはできるのでそういう方向でお願いしたいものです。

  • 投稿者: 高峰康修
  • 2008/11/23(日) 03:12:24
  • [編集]

失礼いたします!

お疲れ様です! まるちでごめんなさい!

http://nari1967.iza.ne.jp/blog/entry/805886/
(抜粋)
妊婦の場合、子供が成人するまで20年掛かります。
しかし出産後の認知の場合、20未満の子供なら誰でも認知できるので、
19歳11ヶ月の子供も認知すれば日本国籍を得て、1ヵ月後には選挙権が得られるのです。

たぶん筋書きはこうです。
衆院選、参院選でこっそり出産後認知を認める法案を通す
(もちろんDNA鑑定なし、1人の男性が何人でも認知可能のザル法で)→法律制定→
一斉に、中国人1億2千万人に国籍付与(19歳11ヵ月と偽って!)→1ヵ月後、日本乗っ取り完成!

1億2千万人以上の中国人に一斉に選挙権を付与してしまえば、それで日本が乗っ取れてしまう。
彼らが選挙に参加すれば衆院選で圧倒的多数で与党が取られてしまうからです。
彼らはゆっくり何十年も掛けて日本を乗っ取るつもりなんて無かったんです。
5年以内に片をつけるつもりだった。しかも一発のミサイルも砲弾も撃つことなく、内部から乗っ取るつもりだったんです。

そしてもう一つが二重国籍です。

たぶんこれを画策した人間は二重国籍も同時に通すつもりだったと思います。
二重国籍があれば中国にいながらにして日本を乗っ取れた。
日本に入国する必要さえなかったんです。
二重国籍が無くても中国にいながら在外選挙権を行使しても良かったでしょうが、
あればなお良い、と言うところでしょうか。
(ここまで一部)

よろしければURL先をご覧ください。
http://nari1967.iza.ne.jp/blog/entry/805886/

まさに「国家反逆罪」です。

参院での決議は27日です!!
参議院議員等、メール、電話、FAX先はこちらに!
http://www19.atwiki.jp/kokuseki/pages/14.html (法務委員会等)
http://www.jca.apc.org/silvernet/giin_all.html (現職国会議員名簿HP等HR有)

  • 投稿者: unimaro
  • 2008/11/23(日) 13:04:25
  • [編集]

日本国籍大安売りに断固として反対致します!(`´)

拝啓、管理人様
連投別スレッドとなります

緊急事態です!
下記URLから検索しますと
国籍法改正案
在日外国人参政権
二重国籍でそれぞれ動画が視聴出来ます。

http://m.youtube.com/watch?v=gzJGyGXgj2Y&rl=yes&client=mv-google&gl=JP&hl=ja&guid=ON

携帯電話からも視聴出来ます、パケット代は高額となりますのでパケ放題にする事を推奨致します。

私は知人には上記の動画を見せております。


国籍大安売りに反対の方は参議院議員 国会議員 地方議員 首相官邸 自民党本部 民主党本部 電子政府の総合窓口 更にはマスコミ 産経新聞や週刊新潮 推進派の朝日新聞 立場が今一つ不明の読売新聞に電話を ファックスを メールをして下さい。

私もどんどんと送っています、残念乍タイムリミットが28日迄となり時間が足りません。

何卒、一臂の力を貸して下さい。



日本国籍大安売りを推進している輩は日本崩壊乗っ取り
第二のチベット化となって民族浄化が日本全土で行われても自分達だけは優遇されると確信しているか
海外逃亡する積もりです。
普通の庶民に前記の手段は不可能です、


踏み止まり戦わねば
何時戦うのでしょうか?
全力で戦いましょうぞ!

ネバーギブアップであります!m(__)m
僭越乍乱文にて    草々


  • 投稿者: (^O^)風顛老人爺
  • 2008/11/24(月) 19:53:50
  • [編集]

高峰康修さん

>片山女史の「横暴」には大いに憤慨していたものです。

主計局の防衛予算担当になったときに、妙にはりきって新聞社のインタビューに答えていたから嫌な予感はしていたんです。

まったく、「もっともやっかいなのは有能な敵ではなく、味方の勤勉な○×である」とは良くいったものです。


>津軽海峡は国際法上の国際海峡ではなく、中央部はれっきとした公海(独自に領海3海里に制限なので)なので抗議は困難かと思います。

>>違法でなくとも、そこを必要も無いのに中国艦隊がわざわざ通過するというのは日本の国民感情を逆撫でするものがある。

と書きました通り、たとえ違法でなくとも公海であったとしても「中国軍の戦闘艦艇に、日本列島の主要な海峡を必要も無いのに通過させるのは、日本の国民感情を逆撫でするものであり、日中間で合意した戦略的互恵関係にも反するものである」といって断固抗議するべきだと思います。

ここで日本が”お上品に”国際法を遵守して抗議しなかったら、中国から尊敬されるどころかますますナメられるでしょう。

今回の行動は、軍艦に津軽海峡を通過させて日本がどう反応するか見たいという観測気球だったと思われます。

よって、日本が法を尊重して抗議しなければ、彼らは日本が弱い証拠と解釈するでしょう。

それは日本の抑止力をいちじるしく損なうものです。


unimaroさん

たぶん筋書きはこうです。
衆院選、参院選でこっそり出産後認知を認める法案を通す (もちろんDNA鑑定なし、1人の男性が何人でも認知可能のザル法で)→法律制定→ 一斉に、中国人1億2千万人に国籍付与(19歳11ヵ月と偽って!)→1ヵ月後、日本乗っ取り完成!

北京五輪でも中国人選手の年齢詐称問題がありましたが、中国側が発行する年齢証明書類を偽造すれば、簡単に日本国籍が取れてしまいますね。

このような悪用の仕方があるとは私も気づきませんでした。

せめて、DNA鑑定など対策がとられるように私もできるかぎりのことはしたいと思います。


(^O^)風顛老人爺さん

今週中が山場となりそうです。最後まであきらめずべストを尽くしたいです。

これをご覧になっている読者のみなさんも日本を守るため、よろしくお願いします。

  • 投稿者: クロフネ@管理人
  • 2008/11/24(月) 21:29:53
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する


・いつもコメント&TBありがとうございます。

アダルト系ブログからの、サイトポリシーに違反したコメント・TBが後を断たないため、受信したコメント・TBを管理人が審査することにしました。

サイトポリシーに違反したものについては予告無く破棄します。

また問題の無いコメント・TBを頂いても表示されるまで少し時間がかかります。 悪しからず御諒承ください。

「管理者にだけ表示を許可する」にチェックを入れると、管理人だけが読める非公開コメントになります。 非公開コメントを下さる方のプライバシーを尊重し、あえてお返事をしておりませんが、「公開コメントでも良いのでレスが欲しい」という方は、非公開コメントにその旨をお書き添えください。
                

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。