初めていらっしゃった方へ

スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

信濃の国

  • 2008/11/17(月) 23:49:25

 すべての草の根保守の団結をめざすネット利益団体”草の根保守のパワー”もおかげさまで、126票のご登録をいただいており深く深く感謝するしだいである。

今のところ北は北海道から南は長崎県までの草の根保守の方に、国勢調査にご協力いただいているが、関東・関西の両地方で草の根保守人口が多いのは当然として、一つ気になる県がある。

それは中部地方にある県なのだが、その周囲からは一人のご登録もないにもかかわらず、人口の多そうな埼玉(5票)や神奈川(2票)、兵庫・京都(どちらも4票)をうわまわる6票をご登録いただいている。

その名は長野県。

長野県と言えば”信濃の国”である。

「何をわかりきったことを。大昔からあそこは信濃国と呼ばれていただろうが」という人もいるかもしれないが、そうではない。

長野県の県歌”信濃の国”である。(wikiの一番下にあるリンクに歌詞&音源あり) 

 ”信濃の国”は、長野県の自然や名所旧跡を褒め称え、美しい山河によって育まれた多くの偉人が長野から輩出したと歌い上げる、まさしく長野県のナショナル・アンセム(国歌)だ。

”信濃の国”は、長野県内のほとんどの学校で長年教えられてきたため、「長野県で育った者は、全員が歌える」といわれるほどの日本一有名な県歌である。

 この歌には印象的なエピソードがあって、長野県は広く、平(たいら)と呼ばれる人が多く住む盆地がそれぞれ険しい山々で分断されているので、一つの県としてまとまりが弱かったという。

特に長野を中心とする北部と松本を中心とする南部との仲があまり良くなく、幾度となく長野県を分割しようという話が持ち上がった。(いわゆる信州南北戦争)

昭和23年の第74回定例県議会で、長野県を南北に分割しようとする意見書案が提出され、県議会で可決されそうになった。

その時、議場を取りかこんだ数千人の県民から”信濃の国”の大合唱が起き、県議たちはそれにあらがうことはできず、長野県分割は阻止された。

(松本方面の人達はがっかりだったのかもしれないが)

私はこのエピソードを知ってからというもの”信濃の国”を聞くと、涙腺が開きっぱなしになることもしばしばだ。

 得意になって、時にはウソをついてまで自分や自分の家族・友人が住む故郷に罵詈雑言を浴びせる人がごまんといるこの日本で、日の丸を引きずりおろして引き裂き国歌がかかっても起立するかしないかで大モメとなる信じられない国になってしまったこの日本で、

自分たちの故郷を愛する人達が、自分たちの故郷を称える歌を当たり前のように歌えるという場所がまだ残されているのだと思うと、熱いものがこみあげてくるのを抑えることができなくなる。

人間というのは、何か(特に皆のためになること)が好きで、仲間と一緒に一生懸命うちこんでいる人達を見ると、自然と心地よい感情が沸いてくるものだと思うが、私は”信濃の国”を歌う長野県民から、人間が本来持っているごくごく自然の感情としての郷土愛を感じるのである。

人口比でいって長野県から草の根保守のパワーに多くの人が登録なさっているのも、そのあたりに秘密があるのかもしれない。

”信濃の国”の普及は、長野県の小・中・高それぞれの先生方が長年かけて子供達に教えてきた成果だが、日の丸君が代問題もその一番深い根の部分にあるものは、それを子供達に教える人間の教え方の歪みだと痛感させられる。

 国会で国籍法の改悪が今まさになされようとしているが、この日本と日本人がズタズタに分断されるのではないかという懸念がぬぐえない。

県の分割決議が通されようとしていた長野県議会に、数千の県民が集って”信濃の国”の大合唱をしてそれを阻止したように、日本を愛する国民が集まって巨大な力となれば、日本をダメにするような法案は一切通させないことも可能になる。

国のためを思い、そのことをただ口にしただけで、外国と通じた野党とマスコミからつるし上げにあって、公職から追放されてしまうこともなくなるだろう。

 私が願っているのは、この国が一刻も早く、当たり前のことが当たり前にできるまともな国になることであり、誰が皆に号令をかけるかなんてことはどうでもいい。

草の根保守の共有財産として立ち上げたネット利益団体”草の根保守のパワー”にぜひともご登録くださり、草の根保守の国勢調査を通じて日本のどこに皆さんの票があるのか存在をアピールし、皆様のお力で国会に強力なプレッシャーをかけていただきたいと、再度お願いするしだいである。



banner_04.jpg

↑日本がはやく普通の国になることを願ってクリックお願いします↓
人気blogランキング

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

信濃の国

長野県を取り上げて下さり、ありがとうございます。
長野県民です。

「信濃の国」は小学生の時から歌詞の意味もよく分からずに歌っていましたが、改めて歌詞を見てみると、本当に良い詩です。


「草の根保守のパワー」の影響力を強化していけるよう、頑張りましょう!

  • 投稿者: ススム
  • 2008/11/18(火) 07:20:02
  • [編集]

ススムさん

>長野県を取り上げて下さり、ありがとうございます。
長野県民です。

日本はどこも好きですけど、長野県は特に好きですね。

夏になるべく一回は、日本アルプスの山々を訪れるようにしており、そこで気分をリフレッシュさせてもらってます。ですから、わずかばかりのご恩返しでしょうか。

 自分達の故郷や郷土の偉人を称える歌を素直に歌うことができる環境というのは素晴らしいと想います。

早く、日本全国でそれが当たり前の状態になってくれることを希望します。

その実現に向けて、草の根保守の大同団結を祈ってやみません。

  • 投稿者: クロフネ@管理人
  • 2008/11/18(火) 22:21:10
  • [編集]

行動しなければ

私は大学生なのですが
昨日、民法と刑法の教授に、国籍法にDNA鑑定を追加する要望を書いた書簡を
政府に送ってほしいと頼んできました

大学生のみなさん、社会的に地位のある大学教授に声明を出してもらいましょう!
行動しないと日本が危ない

  • 投稿者: 漏電
  • 2008/11/19(水) 02:17:59
  • [編集]

今だからこそ

こんばんは。
何のお役にも立てないかもしれませんが、拙ブログで
「草の根保守のパワー」を紹介させていただきました。
国籍法改正の件で、やはり保守の連携が必要だと実感しています。
これからしばらく告知を貼り付けようと思っています(^^)

TBさせて下さいね。

  • 投稿者: yula
  • 2008/11/19(水) 22:23:28
  • [編集]

本当に胸が熱く切なく成ります。
この素朴な愛郷心=愛国心なのに。
現在の為政者とマスゴミは必死で否定しようとします。
私はカウンターアタックを思いつきました、来週中に発表します。
皆で闘いましょう。

  • 投稿者: 火天大有
  • 2008/11/19(水) 23:10:13
  • [編集]

漏電さん

大学生ならではの、すばらしい行動力だと思います。漏電さんの努力が実を結びますように!


yulaさん

草の根保守のパワーをご紹介いだたきまして、ありがとうございます。

私もぜひyulaさんのブログに遊びに行きたいです。


火天大有さん

>本当に胸が熱く切なく成ります。
この素朴な愛郷心=愛国心なのに。

こんな当たり前のことがどうしてわからないのかと思ってしまいます。

自分の故郷が嫌いという自由はあると思いますが、(特に先生が)それをみんなに奨励すべきだとは思いません。

  • 投稿者: クロフネ@管理人
  • 2008/11/19(水) 23:57:12
  • [編集]

失礼いたしました

トラックバックできないようなので、
URLを貼らせていただきます(^_^;)

http://yula22.iza.ne.jp/blog/entry/802988/

  • 投稿者: yula
  • 2008/11/20(木) 00:08:23
  • [編集]

yulaさん

TBできないとのこと、大変ご迷惑をおかけしました。

ブログ同士の相性のせいなのか、時々拙ブログへTBできないという方がおられます。

イザブログを規制しているわけでもないのに原因はまったく謎です(汗)

後ほどyulaさんのところへ遊びに伺いたいと思います。

  • 投稿者: クロフネ@管理人
  • 2008/11/20(木) 22:43:07
  • [編集]

yulaさん

yulaさん、ご覧になっておられますか。

本当はそちらへコメントしたかったのですが、izaユーザーでないとコメントできないみたいなのでこちらに書きこみいたします。

yulaさんのブログ拝見させていただきました。

実体験をもとにして教育問題を鋭く論じていらっしゃって大変素晴らしいと思いました。

つきましては、こちらにyulaさんのブログへのリンクをはりたいのですが、いかがでしょうか。

ぜひご検討ください。

  • 投稿者: クロフネ@管理人
  • 2008/11/26(水) 22:56:10
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する


・いつもコメント&TBありがとうございます。

アダルト系ブログからの、サイトポリシーに違反したコメント・TBが後を断たないため、受信したコメント・TBを管理人が審査することにしました。

サイトポリシーに違反したものについては予告無く破棄します。

また問題の無いコメント・TBを頂いても表示されるまで少し時間がかかります。 悪しからず御諒承ください。

「管理者にだけ表示を許可する」にチェックを入れると、管理人だけが読める非公開コメントになります。 非公開コメントを下さる方のプライバシーを尊重し、あえてお返事をしておりませんが、「公開コメントでも良いのでレスが欲しい」という方は、非公開コメントにその旨をお書き添えください。
                

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。