初めていらっしゃった方へ

スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本人科学者のノーベル賞ラッシュ! ほかグローバルインテリジェンス

  • 2008/10/09(木) 00:05:56

◆日本人科学者のノーベル賞ラッシュ!

スウェーデン王立科学アカデミーは7日、素粒子物理学に多大なる貢献があったとして、小林誠・高エネルギー加速器研究機構名誉教授と益川敏英・京都大学名誉教授、南部陽一郎シカゴ大学名誉教授の3人に、2008年度ノーベル物理学賞を授与すると発表した。

さらに同アカデミーは8日、下村脩・ボストン大学名誉教授とアメリカ人研究者ら3人に、2008年度ノーベル化学賞を授与すると発表した。

参考記事 

参考記事 
 
 久しぶりに明るいニュース。日本が時ならぬノーベル賞ラッシュに沸いている。

小林・益川・南部の三名誉教授は、物質の最小単位である素粒子の非対称性や、素粒子クォークが6種類以上あることを正確に予測したことなどが評価され、物理学賞を受賞。

下村ボストン大名誉教授は、クラゲから”緑色蛍光たんぱく質”を発見・開発して、生命科学の研究に大きな功績を残したことが評価され、化学賞を贈られた。

私自身、物理学や生命化学はまったくの門外漢だが、物質や宇宙の成り立ちの解明や医学の発展にとてつもない功績があったのではないかとひたすら尊敬である。

益川・京大名誉教授とは安全保障に対する考え方が残念ながら一致しないのだが、素直に拍手をしたい。

本当におめでとうございます。

南部シカゴ大名誉教授は、今はアメリカに帰化しているとのことでどうカウントすれば良いのかわからないが、とりあえず日本人のノーベル物理学賞受賞は今回の3人をあわせて7人。化学賞受賞は5人目。

他の賞を含めたトータルは16人となった。

------------------------------------

物理学賞
1949年 湯川秀樹
1965年 朝永振一郎
1973年 江崎玲於奈
2002年 小柴昌俊
2008年 南部陽一郎
2008年 小林誠
2008年 益川敏英

化学賞
1981年 福井謙一
2000年 白川英樹
2001年 野依良治
2002年 田中耕一
2008年 下村脩 

生理学・医学賞
1987年 利根川進

文学賞
1968年 川端康成
1994年 大江健三郎

平和賞
1974年 佐藤栄作 

(敬称略)



◆米朝が核検証の枠組み案で合意か?

 アメリカのヒル国務次官補とソン・キム六カ国協議担当特使が今月1日から訪朝していたのだが、核検証の具体的な枠組みについて北朝鮮側と合意したという。

北朝鮮側は今回の協議前に「大胆かつ画期的な解決策を提案する。これが最後通牒だ」などと言っていて一部で注目が集まっていた。

中国外交部スポークスマンは「次の段階へ移行できる重要なチャンスを迎えた」と評価しているが、具体的な内容はまだ明らかでない。

事前にヒル次官補がずるずると譲歩するのではないかと懸念されたが、リンク記事にあるように外務省幹部から、米国が北朝鮮のテロ支援国指定を解除することは含まれない「いい線を行っている案」という話も出ている。

 北朝鮮が核兵器とその製造手段を完全に放棄しないうちに、アメリカがテロ支援国家指定を解除しないことを祈るばかりだが、日本政府もヒル次官補とキム特使の国務省コンビが功を焦って暴走しないよう、これ以後もずっとアメリカを牽制し続けて欲しい。

幸い、いま日本外交の舵取りをしているのは麻生首相なので、その点信頼しているが、アメリカを含めた世界が金融不安でガタガタであり、相対的に日本の国力・影響力が向上している面をうまく使いたい。


banner_04.jpg

↑いつも温かいご支援ありがとうございます↓
人気blogランキング

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

いや素晴らしい

誠に持って素晴らしい、晴れがましいかぎりですな。
文学賞に一匹へんなのが混じっていますが、それ以外はやっぱり嬉しい喜ばしい、同じ民族としてしみじみと幸福感を噛み締める事ができたニュースですね。
ヒルだか蛭だかは、もう関係無いでしょう、だれも北鮮に出す金なんぞ持ち合わせて無いし、あとは早期の決着だけですね。

  • 投稿者: 火天大有
  • 2008/10/10(金) 21:16:29
  • [編集]

火天大有さん

>誠に持って素晴らしい、晴れがましいかぎりですな。

日本全体に明るさと元気をもたらしてくれたニュースですね。

クラゲから”緑色蛍光たんぱく質”を発見・開発した下村名誉教授ですが、クラゲがなぜ光るかなんて研究しようとした学者先生は他の世界にいなかったみたいです。

クラゲのある細胞が光る原理を下村氏がつきとめ、それが他の学者によって医学に応用されたとのことで、一見ムダなように見える研究もどこで人類の進歩の貢献につながってくるかわからないものです。

社会には”ムダ”とか”遊び”が必要で、それがあってこそ文化・文明の発展があるということなのでしょう。

  • 投稿者: クロフネ@管理人
  • 2008/10/10(金) 23:32:40
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する


・いつもコメント&TBありがとうございます。

アダルト系ブログからの、サイトポリシーに違反したコメント・TBが後を断たないため、受信したコメント・TBを管理人が審査することにしました。

サイトポリシーに違反したものについては予告無く破棄します。

また問題の無いコメント・TBを頂いても表示されるまで少し時間がかかります。 悪しからず御諒承ください。

「管理者にだけ表示を許可する」にチェックを入れると、管理人だけが読める非公開コメントになります。 非公開コメントを下さる方のプライバシーを尊重し、あえてお返事をしておりませんが、「公開コメントでも良いのでレスが欲しい」という方は、非公開コメントにその旨をお書き添えください。
                

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。