初めていらっしゃった方へ

スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

麻生VS小沢、第1ラウンドは?

  • 2008/10/02(木) 00:59:41

 麻生太郎首相は29日、所信表明演説を行ったが従来の慣例をやぶり、1.国会での合意形成をする気があるのか 2.補正予算案に賛成か反対か(反対なら代案を示せ) 3.消費者庁創設に賛成か 4.日米同盟と国連のどちらを優先させるか 5.インド洋での給油活動継続の是非という5点について見解を明らかにするよう民主党に対し、具体的に質問した。

これに対して野党側は、首相が慣例をやぶって野党・民主党に質問したことに猛反発した。

参考記事 


麻生首相所信表明演説

1.就任に当たって

2.国会運営

3.着実な経済成長

4.暮らしの安心

5.簡素にして温かい政府

6.地域の再生

7.持続可能な環境

8.誇りと活力ある外交・国際貢献

9.おわりに




 29日の所信表明演説において、古いしきたりを破って麻生首相が野党に対し具体的な政策について質問したことに、野党側が猛烈にかみついた。

結論から先に言えば、国会で与党が野党に質問してどこが悪いのだろうか?

野党にしてみれば、うまく切り返して与党をへこまし、政策の優秀さを国民にアピールする絶好のチャンスではないか。

それをそろいもそろって野党各党が敵前逃亡するのだから情け無い限り。

 秘書給与詐欺で逮捕され懲役2年執行猶予5年の判決が確定した社民党の辻元清美議員が、当時の議員辞職会見で「(国会で)もっと質問したかった」を連発していたのにものすごい違和感を感じたのだが、

国会でもっぱら質問するのは野党で、与党はその説明に追われることに終始し、逆に与党が野党の矛盾点を質問したら、野党側が逆ギレして子供のようにヘソを曲げるというのでは、健全な国会のあり方とはとうてい言えない。

日本の国会にそういった傾向があるからこそ、日本の野党は与党のやる事に何でもケチをつけて揚げ足をとることばかりに熱心で、国民にとって役に立つ現実的に実行可能な代案というものを考えもしない。

民主党も含め、だからいつまでたっても政権を任せられるような地に足のついた大人の政党になることができないのである。

日本の国会システムは、そうした甘ったれ野党ばかりをつくりだしてきた。

自分は批判されないところから与党のやることなすことすべてにケチをつけているつもりで、いざ与党から矛盾点を質問されると「与党が野党に質問するなんてケシカラン」と逆上する。

どこまで甘ったれなのだろうか。

首相の所信表明演説と野党の代表質問も含めて、もっともっと国会は言葉と言葉・政策と政策が激突する真剣勝負の場にならないといけない。

各委員会の審議などでも、出来レースのような質問と答弁なんかいらない。もっと与野党が政策を激しく戦わせてほしい。

国民の見ている前で、政策に無知で甘ったれな政治家がどんどん恥をかくようなシステムにして欲しい。

こうして鍛えられれば政治家のレベルはもっと上がり、日本ももっと良くなるだろう。

その点、無意味で古臭いしきたりを破った麻生首相の所信表明演説はとても良かった。

首相が変わっただけで政治がこうも面白くなるものか。


 さて、古いしきたりを破った所信表明演説で麻生首相に名指しで質問され、国民の注目が集まった民主党だが、民主党の小沢代表は「私の所信を申し上げることにより、首相への答弁としたい」としたものの答弁になっておらず、麻生首相の質問をほとんど無視した。

参考記事 

小沢党首代表質問


社会人に求められる能力に、コミュニケーション能力をあげない企業はまずないだろう。

代表質問を見る限り、小沢党首のコミュニケーション能力はほとんどゼロ。

麻生首相から日本の将来を左右する重要な質問を具体的に受けているのに、与党のダメな点をつく絶好のチャンスなのに麻生氏の挑戦から逃げてしまい、民主党の言いたい事を一方的に言いはなって終わり。

小沢氏の方から会話のキャッチボールを拒否してしまっている。

特にアメリカ発の金融不安から世界恐慌の再来が危ぶまれているなか、補正予算案について小沢党首が、賛成も反対もその代案もまったく示せないというのは致命的ミス。

麻生対小沢のガチンコ勝負一回戦は、麻生氏の勝利となった。

 公平さを期すために、小沢党首の代表質問の内容を見ておきたいが、かいつまんで言えば、1.政府のムダ使いをへらし国民に増税してそのお金を農家・漁師などにばらまけば日本は良くなります。 2.とっとと衆議院を解散しろ、の2点だけ。

1について言えば、失業した父親が「家のムダ使いを無くせば家族は安心して暮らせるようになる」とだけ言うようなもの。

問題は今あるケーキをどう分けるかじゃなくて、今あるケーキをどう大きくしていくか、つまり失業した父親に仕事を与えること、日本に新しい産業と雇用を創出していくことが大事なのである。

麻生首相は、環境保護やエネルギー技術で新しい産業と仕事を生み出すと所信表明演説で具体的な処方箋を示したが、小沢民主党はまったく示せていない。

小沢氏はその代わり、ばらまき用の財源・20兆5000億円のうちわけをようやく示したが、所得税控除の見直しなど4兆2000億円の増税という新たな国民負担が前提となっているようで、ばらまきの1/5は国民が新たに税金を払った分が返ってきただけ。

それでどうして雇用や所得が増え日本経済が良くなるのか。

(以前、民主党なら増税しないというデマもネットに流れていたようだが)

また、外国為替資金特別会計運用益は私もこれまで注目していたが、現在アメリカ発金融不安が原因のドル安・ドル金利急落という状況にある。

アメリカの政策金利が4%オーバーで1ドル120円台だった数年前ならいざ知らず、日米金利差縮小と円高傾向が続いている今、6兆5000億円もの運用益が本当に出るのか。

公務員人件費を1兆1000億円減らすとしているが、地方公務員(自治労・日教組)の人件費はどれくらい減らせるのか。

特別会計の廃止というが、60年ルールで借換え・償還している国債整理基金特別会計や年金・保険の各特別会計を本当に廃止できるのかと疑問だらけである。

これで4兆2000億円の増税分を差し引いた16兆3000億円の財源が本当にひねり出せるのだろうか。

ここまで見てきて、民主党は国民を食わしていかれない、経済に弱い素人集団という感がどうしても否めなかった。

 麻生対小沢のガチンコ勝負一回戦は、小沢氏の逃亡で麻生氏の勝ちとなった。

活発な論戦に期待した国民も小沢氏にはがっくりである。

民主党は与党に質問されただけで逆ギレという甘ったれぶりを見せ、肝心の経済政策面でも国民の仕事や収入をどう増やして行くのか具体策も示せていない。

政府のムダをはぶくというが、それも元はと言えば国民が払った税金である。タコで言えば自分の足だ。

4兆円の増税も含め、民主党の経済政策は「タコが自分の足を食って生き延びろ」みたいなものばかり。

民主党は二言目には「とっとと衆議院を解散しろ」だが、衆議院解散だけでは国民は食っていけないし、そもそも政策ですらない。

これで民主党が政権を取ったら国民のくらしは不安でいっぱいである。

banner_04.jpg

↑小沢民主党は、国会で質問されたぐらいで逃げるなと思う方はポチッとしてください↓
人気blogランキング



この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

20兆は拾い出せる派

こんにちは! donnatです。
財源問題になる20兆ですが、特別会計から引き出せるというのが私の結論です。
むしろ、麻生総理こそ、聖域に手を出して引き出すと思っていました。まだ交渉できていないかして今回の補正予算には計上されていません。
自民党案も最終的に20兆円規模を言っていますから手を出すのは間違いありません。

私も特別会計の情報を集めたことがありますが、不正摘発とかで上がる一部の情報から全体を推測すると20~30兆は出せるという結論です。
ただ、この金は各省庁の既得権益ですから、公務員を母体とする支持団体を持つ民主党に手が出せる訳がありません。

今回の代表質問に対して、麻生総理の質問を無視した小沢代表を非難し、かつ、小沢代表の質問に答えるという格の違いを見せてほしかったのですが、麻生総理も小沢氏をスルーしたのは残念でした。

  • 投稿者: donnat
  • 2008/10/02(木) 10:07:22
  • [編集]

全部賛成

これでもまだマスゴミのニュースショー(変な言葉)を視ていると民主党を応援しなければ非国民の様な言いっぷりです。
そして左翼崩れと全共闘崩れの何を考えているのか判らない、他者を見下した感じのしたり笑いには虫唾が走ります。
我が国の似非左翼が正論に対して逃げを打つのは、昭和45年安田講堂での三島由紀夫先生と東大全共闘の議論対決時代から何も変わっていません。
それにしても、これ程進歩の無い連中が、これ程増殖して、今や政権を窺うとは何と言う倒錯した状況でしょう。
あまりのおぞましさに寒気がします。

  • 投稿者: 火天大有
  • 2008/10/02(木) 15:27:43
  • [編集]

高速道路の無料化は、嘘

小沢代表は国会の代表質問で、「高速道路の無料化、子ども手当ての創設、医療改革などは、二十一年度に一部実施したうえ、第二段階の二十二~二十三年度に完全実施します。」と明言しましたが、実態は、
・有料区間・課金制度あり
・一部大都市を除いて無料
・環境面にも配慮しつつ、具体的な無料化計画を策定
です。

  • 投稿者: 民す党
  • 2008/10/02(木) 20:11:19
  • [編集]

donnatさん

まず消費税増税ありきの与謝野氏ら財務官僚閥にずっと懐疑的であった私も、いわゆる埋蔵金がゼロというのは全く信じていません。

ただ、民主党の言う金額が具体的にどういう根拠に基づいているのかわからないのと、役所のムダを省いて国民にばら撒くというのは結局現状維持の延長線上の話であり、次の世代をひっぱる日本の産業を戦略的に育成するといったこととは全然違うという点で、民主党の経済政策は「タコ足食い」だと感じています。

>私も特別会計の情報を集めたことがありますが、不正摘発とかで上がる一部の情報から全体を推測すると20~30兆は出せるという結論です。

後学のために、もしよろしかったら特別会計の闇について詳しいレクチャーをお願いできませんでしょうか。


火天大有さん

>それにしても、これ程進歩の無い連中が、これ程増殖して、今や政権を窺うとは何と言う倒錯した状況でしょう。

左翼勢力も、冷戦におけるソビエトの敗戦や近年のネット”草の根保守”の広がりに強い懸念をいだき、必死に生き残り策を模索しているように思えます。

たとえば、左翼全盛時代に自分たちがさんざんイデオロギーを武器しておきながら、冷戦で左翼イデオロギーが敗れると「イデオロギーはもう古い」などといって、自分たちの真っ黒な過去を必死に隠蔽しようとしたり、

社会党から民主党という看板につけかえることで、自分たちの正体を偽装したりしています。

たいへん忌々しきことです。


民す党 さん

>実態は、
・有料区間・課金制度あり
・一部大都市を除いて無料
・環境面にも配慮しつつ、具体的な無料化計画を策定
です。

本文で、民主党は政界の偽装米と書きましたが、有権者を釣るためのばら撒きマニフェストも偽装だらけですね。

  • 投稿者: クロフネ@管理人
  • 2008/10/02(木) 22:33:45
  • [編集]

闇というほど大げさなものでは?

>不正摘発とかで上がる一部の情報から全体を推測すると
>後学のために、もしよろしかったら特別会計の闇について詳しいレクチャー

クロフネ様へ、(donnat)
いささか語弊がありました。
特別会計の闇というほど大げさなものではありません。
ただ、不正摘発などがあると関連資料が探しやすくなり、細かい内部情報を見つけることができるのでようになります。その分、その資料の精度が上がるというだけです。
ですから、それほど難しいものではありません。
単純に節約できる総額という意味です。1つ1つを積み上げて行くだけです。
ただ、土木工事には少なからず闇はあります。しかし、公然の事実というようなものであり、関連業者・事情通の人なら誰もが知っていることです。

書こう思いましたが、字数がオーバーするので
自ブログに載せておきます。
http://donnat.cocolog-nifty.com/blog/2008/10/post-a41c.html

物には値段があり、その値段を把握することで物価値がわかります。
それと役所の値段とのギャップが節約できるところです。
積み上げると途方もない額になるのです。

  • 投稿者: donnat
  • 2008/10/04(土) 12:57:30
  • [編集]

donnatさま

たいへん勉強になりました。本当にありがとうございます。

官製談合や公共工事費の水増しを無くし、多すぎる独立行政法人の管理職を減らせば、特別会計から20兆円ぐらいは節約できると推測されるということですね。

中部国際空港も民間主体でやらせたら、工期も建設費もだいぶ少なくて済んだという話を聞いたことがあります。

こういう官のムダを無くす行財政改革は粘り強く継続しないといけませんね。

民主党は特別会計を無くすと言ってますが、仮に20兆なり30兆なりのお金が浮いたとして、選挙に勝つエサとして単純に国民にばら撒いてしまうのはやはり賛成できません。

私はそのまとまったお金で民間にはできないような、たとえば日本をひっぱる次の産業の育成に投資する、あるいは国債を償還するといった有益な使い方をして欲しいです。

民主党は外貨準備も半減すると言ってますが、世界経済の現状を良く見て、馬鹿も休み休み言えと言いたいところです。

さて、donnatさま。

こちらから貴ブログ・ドンちゃんの他事総論へのリンクを張りたいのですがよろしいでしょうか。

ぜひご検討をお願いします。

  • 投稿者: クロフネ@管理人
  • 2008/10/04(土) 23:08:00
  • [編集]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 投稿者: -
  • 2008/10/06(月) 10:09:15
  • [編集]

知っておいたほうが良い

知っておいたほうが良い。自民党には多数政治家がいるが、麻生こそが最悪の下劣な野郎だということを。

1)自民党総裁選挙の際、手早く公明党の支持を取り付け、自民党員リストを創価学会に横流しして選挙運動をさせ地方票で大勝した個人情報保護法違反疑惑。

2)麻生は漫画が好きだ。それはかまわんが、麻生を支持する漫画ファンには、麻生総理なら漫画文化に理解があるから、児童ポルノ規制を緩やかに運用し、実写はNGでも漫画やアニメならOKという制度にしてくれると期待している鬼畜が多数いる。

3)被差別部落出身の野中広務を総理にするわけにはいかないという最低の差別発言をして、野中の激怒を買っている。

麻生という人物については、こちらのブログを見て、参考にしてほしい。

なお、自民党は答弁書の作成などを官僚に丸投げできるので、長期政権の間に自分で勉強するという習慣を失い、自分ではなにも出来ない官僚の手先になってしまった議員が多い。役人は自民党の政治家を馬鹿にして、勝手に利権と無駄遣いを増やしていく。社会保険庁のシステムにしても、普通に作れば安く上がるところを、コンピュータに弱い自民党の政治家をだまして、NTTデータと官僚が、本来の2倍くらいの価格のぼったくりシステムにしてしまったものだ。

麻生の持論である「自由と繁栄の弧」にしても、外務省の役人が作ったものだ。麻生のオリジナルではない。

他方、野党は官僚に頼れないから代議士が自分で勉強する。民主党はそのために、わざわざシンクタンクまで作ったのだ。年金問題で民主党の長妻の議論のレベルについてこれる自民党の議員は、見たことがない。

はっきり言おう。自民党は既に死んでいる。政権担当能力がないのは、民主党ではなく自民党だ。くやしかったら、まず、公明党だよりから自立してみろ。

  • 投稿者: harepanda
  • 2008/10/07(火) 22:14:01
  • [編集]

harepandaさん

創価学会や漫画うんぬんはソースが明らかでないので触れませんが、社会保険庁の公務員が悪いことをしたのであれば、とうぜん同庁公務員の労働組合である旧自治労国費協議会の責任は免れませんし、あいはらくみこ氏に代表されるように自治労から組織票をもらって選挙に勝ってきた民主党も同罪ですね。

さらに民主党には衆参合わせて20人前後の官僚出身の議員がいますし、それを言うなら民主党だって立派な官僚(特に地方公務員)の手先です。

あと麻生氏を下司野郎とかその支持者を鬼畜よばわりするのは人間としての常識を疑います。

  • 投稿者: クロフネ@管理人
  • 2008/10/09(木) 00:32:05
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する


・いつもコメント&TBありがとうございます。

アダルト系ブログからの、サイトポリシーに違反したコメント・TBが後を断たないため、受信したコメント・TBを管理人が審査することにしました。

サイトポリシーに違反したものについては予告無く破棄します。

また問題の無いコメント・TBを頂いても表示されるまで少し時間がかかります。 悪しからず御諒承ください。

「管理者にだけ表示を許可する」にチェックを入れると、管理人だけが読める非公開コメントになります。 非公開コメントを下さる方のプライバシーを尊重し、あえてお返事をしておりませんが、「公開コメントでも良いのでレスが欲しい」という方は、非公開コメントにその旨をお書き添えください。
                

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。