初めていらっしゃった方へ

スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中山国交相が辞任

  • 2008/09/30(火) 00:16:46

 中山成彬国土交通大臣は一連の”失言”の責任をとるとして、28日に麻生太郎首相に辞表を提出した。

参考記事 

 中山国交相が辞任した。

マスコミが”失言・暴言”としているものについて、成田空港問題については、国交省の前身である運輸省が力づくで住民の土地を奪うという民主的な法治国家としてやってはいけないことをやってしまったのがボタンの掛け違いの最初であるから、中山氏を支持できないし、ご本人も勉強不足であったと認めている。

単一民族という語句を使ったことについては不適切だったかもしれないが、発言全体の趣旨は「日本を外国人により開かれたものにしよう」ということで、単一民族による鎖国主義・国粋主義に反対しているのは明らか。

中山氏の単一民族発言に目玉をひんむいて批判している勢力なら、むしろ歓迎する話ではないのか。

彼の発言の趣旨について、私はどこに問題があるのか全くわからない。

マスコミは日本語が不自由な人間ばかりなのか?

中山氏に当初から悪意を持っていた人間が、発言の全体を見ずに揚げ足をとっているだけであろう。

 そして問題の核心とも言える「日教組をぶっ壊す」発言だが、私も、教師の労働組合である日教組が社会にさまざまな悪影響を与えてきたと考えている。

戦前の日本政府が特定のイデオロギーを教育界に強制したと非難する日教組だが、その日教組が特定のイデオロギーやバイアス(偏向)をまったく排除した教育を戦後行ったというならまだわかる。

だが、日教組は戦前のイデオロギー教育を非難しながら、戦後は自分たちの信ずるイデオロギーを子供たちに強制したのである。しかも子供や親に拒否権の無い義務教育の場で。

我田引水も良いところだ。

学級崩壊現象やモンスターペアレンツの出現は、言わば「日本人とその社会はダメだ、ダメだ」という日教組イデオロギー教育の”輝かしき成果”であり、天にツバを吐いた教師の顔に時間差で落ちてきたツバが、学級崩壊やモンスターペアレンツなのである。

落ちてきたツバのおかげでノイローゼになる教師も続出と聞く。

また、マスコミがどういうわけか追求しないのだが、大分県に代表される教師やその組合・教育委員会の腐敗もひどい。

ズルした人間がカネの力で報われ、マジメな人が損をするというのでは、子供の教育上よくない事この上ない。

そうした意味において、私は中山氏の言いたいことについては至極もっともだと思うのだが、言葉の使い方が適切ではなかったし、中山氏が大臣を辞職し、自分を任命してくれた麻生首相に謝罪をさせるようでは元も子もない。

大臣職にとどまりながら、自らの政治信念に基づいて黙々と国家・国民のために働いた方が有益だったと思うし、次に何を出すか、いちいち宣言しながらジャンケンをするのは賢明でない。

麻生首相に了解をもらい、ああいった発言をした上で大臣を辞めず、最後までがんばるというならわからなくもないが、辞職してしまった今となっては「一体なんだったのか」という残念な気持ちでいっぱいである。

中山氏の軽率な猪突猛進策であった。

 大半のマスコミが援護した親中リベラルの福田政権が終わり、マスコミが敵視する麻生氏が首相になったのだということを忘れてはいけない。

安倍政権の時と同様、麻生政権を倒すために、マスコミはどんな小さなつまづきも見逃さないよう、鵜の目鷹の目で麻生政権の閣僚を監視している。

どんな会合であっても、自らの発言が社会にどんな影響を及ぼすのか良く考えた上で発言し、麻生首相に迷惑のかからないようにして欲しい。


後先を考えない猪突猛進策は控えるべきである。

これは麻生氏の許可が得られればの話だが、こうなった以上、中山氏には閣外から、マスコミがスルーしまくりの日教組の腐敗や日教組・自治労と民主党とのつながりを徹底的にあばいて欲しい。

民主党は霞ヶ関官僚を叩いて、さも改革派であるようなことを言っているが、民主党に組織票を入れてくれる地方公務員(つまり日教組や自治労)の改革には及び腰だ。

私は、中央も地方も同じくらい公務員改革が必要だと痛感しているが、民主党のダブルスタンダードはとうてい許しがたい。

毒性のある米を国産の食用米と偽装して販売したことがいま深刻な問題となっているが、金権政治の代名詞・小沢氏率いる経世会と教育問題や年金問題で腐敗きわまる日教組・自治労が支持する旧・社会党をミックスして、看板だけつけかえたのが政界の偽装米・民主党である。

 ところで民主党の山岡賢次・国対委員長が29日に出演したTBS系の番組”朝ズバッ!”において、

「(中山氏の辞任は必要無いという意見を)もし若い方たちが知らずに表明しているのか、あるいはある程度分かりながら表明しているのか。分かっているとしたら、歴史が回転してる」

「(麻生首相や中山氏)そういう人達がやっぱり人気が出てくる、秋葉原で人気が出てくる、と。これはある意味では戦前のドイツや日本の現象に回帰しており極めて危険」

「リーダーがそういうのを煽ってると、日本がまたいつか来た道に行く恐れがある」

などときわめて深刻な失言・暴言を行った。

参考記事

(youtube映像から)



 
 少なくとも私は、日教組が教育に自らのイデオロギーを持ちこんだことに問題があったということを知っていて、それについて批判しているのであるが、それと民主党の山岡議員の言う歴史の回転うんぬんとは全く関係の無い話である。

「戦前のドイツや日本の現象に回帰しており極めて危険」「日本がまたいつか来た道」というのは明らかにナチズムや軍国主義を指しているが、これまでの記事を読んで頂ければお分かりのように、私ほど民主主義の重要性を訴えてきた人間もいないと自負しているし、外国を侵略せよと主張したことも無い。

私が支持する麻生首相だって、ナチズムや他国への軍事侵略を奨励しているなんて話は聞いた事が無い。

その麻生首相や彼を支持している私や他の皆さんに、「ナチ・軍国主義者」とあらぬ言いがかりをつける民主党の山岡議員によって、我々の尊厳と感情が著しく傷つけられた。

深刻な差別発言であり人権侵害である。

許しがたい暴言を吐いた民主党の山岡賢次・国対委員長は即刻、議員辞職すべきだ。


山岡賢次・民主党国対委員長

栃木4区選出(小山市・真岡市・芳賀郡<市貝町・二宮町・芳賀町・益子町・茂木町>・下都賀郡<岩舟町・大平町・都賀町・野木町・藤岡町・壬生町>)

国会事務所
〒100-8981 東京都千代田区永田町2-2-1 衆議院第1議員会館606号室
電話 03-3502-8888  FAX 03-3502-8855

小山事務所
〒323-0820 栃木県小山市西城南3-1-28
電話 0285-28-8888    FAX 0285-28-7889

真岡事務所
〒321-4362 栃木県真岡市熊倉2-18-5
電話 0285-83-8888    FAX 0285-83-8889

メール http://www.yamaokakenji.gr.jp/000050.html

banner_04.jpg

↑麻生政権を支持すればナチという暴言は許せない、民主党・山岡議員は辞職すべきという方はポチッとしてください↓
人気blogランキング



この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

■辞めなければならないほどの発言なのか

【国交相辞任の中山氏、日教組批判の持論繰り返す】  (読売新聞 9月29日)  失言で国土交通相を引責辞任した自民党の中山成彬衆院議員は、29日朝もTBSのテレビ番組に出演し、「私の次の選挙は本当に危ないが、政治生命をかけてでも国民に訴える責任があ?...

  • From: FUNGIEREN SIE MEHR !! |
  • 2008/09/30(火) 10:03:53

この記事に対するコメント

それにしても山岡なる人物は無茶苦茶ですね。このような政治家が跋扈する国会とはほんとに情けない。貴殿ブログを始めとして、冷静で建設的な意見が飛び交うネット空間の参加者を表舞台に立たせた方がよほど日本のためになるような気がします。

  • 投稿者: fuyuneko
  • 2008/10/01(水) 11:29:17
  • [編集]

問題が有るとすれば。

中山さんが、文科相の当時この種の発言をしなかった事だが、これがもし各種の政治的事情で出来なかったのならば、いよいよ由々しき事態と言えるでしょう。
不遜な表現ですが、馬鹿に乗っ取られて馬鹿が一番力を持っていて、馬鹿を馬鹿と言えない国は最悪です。

  • 投稿者: 火天大有
  • 2008/10/02(木) 15:16:55
  • [編集]

fuyuneko さん

>それにしても山岡なる人物は無茶苦茶ですね。このような政治家が跋扈する国会とはほんとに情けない。

この人の発言は完全に差別だと思うのですが、小沢氏の陸山会の問題にしても横峯パパの賭けゴルフ疑惑にしても、民主党に所属していればマスコミがスルーしてくれてスキャンダルにさえならないという、この国の状況は異常です。

それこそファシズムではないでしょうか。


火天大有さん

>馬鹿に乗っ取られて馬鹿が一番力を持っていて、馬鹿を馬鹿と言えない国は最悪です。

マスコミを見ていると、どうやら日教組と自治労の腐敗・民主との癒着に触れるのはタブーのようです。

そのあたりも含めて、中山氏の今後に期待したいと思います。

  • 投稿者: クロフネ@管理人
  • 2008/10/02(木) 22:12:53
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する


・いつもコメント&TBありがとうございます。

アダルト系ブログからの、サイトポリシーに違反したコメント・TBが後を断たないため、受信したコメント・TBを管理人が審査することにしました。

サイトポリシーに違反したものについては予告無く破棄します。

また問題の無いコメント・TBを頂いても表示されるまで少し時間がかかります。 悪しからず御諒承ください。

「管理者にだけ表示を許可する」にチェックを入れると、管理人だけが読める非公開コメントになります。 非公開コメントを下さる方のプライバシーを尊重し、あえてお返事をしておりませんが、「公開コメントでも良いのでレスが欲しい」という方は、非公開コメントにその旨をお書き添えください。
                

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。