初めていらっしゃった方へ

スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

金正日に重病説

  • 2008/09/10(水) 23:57:55

 きのう9日、建国60周年を祝って軍事パレードが実施された北朝鮮。

建国記念の重要な式典に北朝鮮人民軍の最高司令官である金正日・総書記が姿を見せなかったことで、世界を重病説がかけめぐっている。

米国の情報機関は、金総書記が最近、脳卒中を患った可能性があると語り、韓国の情報機関も、金総書記が病気であることはほぼ確実だと述べた。ただ、歩けないものの意識はあり、回復可能としている。

また、ヨーロッパや中国の医師団が訪朝したとの未確認情報もながれており、憶測をよんでいる。

北朝鮮国内で権力が委譲されたり内乱や民衆暴動などの異常事態は起こっていないようだ。

参考記事 

 金正日重病説というのは、毎年のように定期的に流されている気がするが、今回はどうだろうか。

社会主義国で指導者が死去すると、国営ラジオが朝からクラシック音楽をかけっぱなしにするのが通例なので、短波ラジオを平壌放送らしき周波数にあわせてみたが、いつものようにポチョンボ電子楽団にあわせて人民行動俳優が歌っていたので、どうやら今のところは通常通りのようである。

暗殺を恐れる金正日は、普段でも元山・白頭山・咸興・昌城・新義州・延豊・妙高山・江東・正方山・信川などなど、北朝鮮各地にある招待所と呼ばれる豪華別荘を転々とし、首都平壌にいるのは1年のうち1/3ほどと言われる。

これら別荘を移動するときも、深夜2~3時に高級車を猛スピードで走らせて、アメリカの監視の目から逃れようとするらしい。

今回も単にこれら別荘を移動していて姿を見せなかっただけなのか、本当に重病なのかはっきりとしたことはわからない。

ただ、アメリカ情報機関関係者が相当自信があるとし、韓国政府も不測の事態に備え関係閣僚が対策を協議しているとのことだから、いつもとはちょっと違うようにも思える。

 仮に重病説が本当だとすれば、”金正日後”が近づくスピードが確実に速まったことになる。

今のところ後継者の決定と国民へのお披露目が済んでいないので、金正日がこのまま「マルクスに会いに行ってしまう」と、北朝鮮に権力の空白が発生し、大変不安定な状態となるだろう。

後継者は、正日の妹が後ろ盾となる長男の正男になるのか、現夫人”オギ同志”が後ろ盾となっている異母兄弟の次男・正哲、三男・正雲か。

それとも「俺様が一番」でなければ気が済まない朝鮮民族のこと、軍の有力者によって王権の簒奪が行われ、金氏朝鮮の歴史に終止符がうたれるか。

さまざまな可能性が考えられる。日本もビビる必要はないから、情報収集と不測の事態への対策を準備しておかねばならない。

 毎度毎度、ふてぶてしく好戦的・挑発的で絶対に弱みをみせまいとする北朝鮮だが、その強気一辺倒の表情の裏側に、カリスマ指導者の健康不安・食糧とエネルギー価格の高騰など、さまざまな弱点をかかえている。

その弱さを絶対にけどられまいとして、自信満々の表情で日本やアメリカに向かってケンカを売っていくのだ。

日本やアメリカが自分たちを怖がってくれなくなった瞬間、北朝鮮という国は終わりだということを重々承知しているのだろう。

北朝鮮のそうしたハッタリを真に受けて、「拉致問題解決に効果がないから、日本による対北朝鮮・経済制裁はもうやめよう」などと主張すれば、相手の思うツボだ。

北朝鮮が不安定になっているのであれば、日本やアメリカとしても、北の足元を見て拉致問題・核問題の交渉を進めたって良い。

 息子の誰が権力を継承するにせよ、拉致問題という負の遺産、その重い罪のつぐないを息子に押しつけてこの世から旅立つのでは、金正日総書記も心配で心配で、さぞかし「死んでも死にきれない」状態だろう。

すべての人の利益を考えれば、誠意を持って北朝鮮が拉致した日本人全員の情報をあらいざらい公表し、無条件かつ速やかにすべての拉致被害者を帰国させることがベストの選択である。

そうすれば、大切な息子が現世で苦しむような悪夢を見ずに済むかもしれない。


banner_04.jpg

↑拉致問題、絶対にゆるすまじと思う方はポチッとしてください↓
人気blogランキング

関連記事・将軍さまの心変わり?と日本外交のあり方

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

独自論の展開をお許し下さい。

今回の将軍様重体騒動、震源地は韓国大統領府だと私は睨んでいます。理由は最近噂の韓国の経済危機です。

六者協議を質にとって、メディアの矛先を経済危機から背けさせるため、政治的危機を演出したのではないかと・・・。
正直、CIAやNSAにとって、将軍様の動静は興味の外だと思います。政府高官というのは韓国系アメリカ人、おそらく国務省あたりではないかと思います。

祖国愛に満ちた、悪質な自作自演にメディアが踊る、朝鮮半島問題研究家に幾ばくかのお金が落ちる・・・2MBならではのペテンだと思うのは私だけでしょうか?

  • 投稿者: クマのプータロー
  • 2008/09/11(木) 10:37:30
  • [編集]

クマのプータロー さん

>独自論の展開をお許し下さい。

どうぞどうぞ。コメント欄は読者の皆さんのためのスペースですから。

>今回の将軍様重体騒動、震源地は韓国大統領府だと私は睨んでいます。理由は最近噂の韓国の経済危機です。

なるほど。動機としてはあり得ない話ではないですね。

今のところ、精度の高い情報はないみたいですから、その線も注意してみたいと思います。

>政府高官というのは韓国系アメリカ人、おそらく国務省あたりではないかと思います。

そうなんですよね。国務省やペンタゴンに最近韓国系がばかに増えてきています。

なんか嫌な感じです。

  • 投稿者: クロフネ@管理人
  • 2008/09/11(木) 23:46:21
  • [編集]

その考えもあるのか

十分ありえる話ですな

  • 投稿者: daigorou
  • 2008/09/12(金) 18:31:11
  • [編集]

死んでくれ早く

どうしたって、現在の我が国の政治外交軍事力では最早拉致被害者は救えない。
この上は金正日にはとっととあの世にお引取り願って、彼の半島は各種勢力が角錐する混乱の巷と成るのが望ましい。
その現状を見れば我が国政界ももう少しシャキッと、して欲しいなぁ~。

  • 投稿者: 火天大有
  • 2008/09/13(土) 09:45:39
  • [編集]

daigorouさん

確証はないわけですから、いろいろなケースを想定しないといけませんよね。


火天大有さん

>その現状を見れば我が国政界ももう少しシャキッと、して欲しいなぁ~。

南北朝鮮同時崩壊もありうるわけですから、それに対応できる首相が望まれます。





  • 投稿者: クロフネ@管理人
  • 2008/09/13(土) 23:15:47
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する


・いつもコメント&TBありがとうございます。

アダルト系ブログからの、サイトポリシーに違反したコメント・TBが後を断たないため、受信したコメント・TBを管理人が審査することにしました。

サイトポリシーに違反したものについては予告無く破棄します。

また問題の無いコメント・TBを頂いても表示されるまで少し時間がかかります。 悪しからず御諒承ください。

「管理者にだけ表示を許可する」にチェックを入れると、管理人だけが読める非公開コメントになります。 非公開コメントを下さる方のプライバシーを尊重し、あえてお返事をしておりませんが、「公開コメントでも良いのでレスが欲しい」という方は、非公開コメントにその旨をお書き添えください。
                

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。