初めていらっしゃった方へ

スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

儒教文化の害毒

  • 2008/08/30(土) 14:23:47

 北京五輪で再確認できた漢民族の文化について、もう少し話を続けたい。

漢字発祥の地・中国で行われた今回の五輪を一文字で表すなら文句無くだ。

 開会式では、鳥の巣スタジアムに向かって花火でかたどった巨大な足が一歩一歩近づいていくという演出があったが、実際はその瞬間、花火を打ち上げてはおらず、映像はCG合成であったことがすぐさまバレた。

こんなのは序の口で、各方面から絶賛されたという革命歌曲を歌った少女が実は口パクで、本当は別の少女がふきこんだ録音に合わせ、口をパクパクやっていただけだった。

アテネ五輪でも著名なオペラ歌手が口パクをしていたが、それは本人が自分の実力で歌を歌い、その録音を使ったものだからまあ許せる。

しかし北京五輪のケースはまったく別。

中国共産党独裁政権としては、ルックスは口パクをした少女が理想的と考えたが歌は下手だと断定した。歌声が理想的だとされた少女は、ルックス的に不可と決めつけた。

そのため、理想的な歌声とされた少女の歌を録音し、理想的なルックスとされた少女にそれに合わせて口パクさせたのだ。

これには「歌を歌った少女だってかわいらしいじゃないか。どこがいけないのだ」と、世界から非難の声があがった。

 さらに開会式に出てきた、中国の56ある少数民族代表とされる子どもたちが、実際は芸能プロダクションから派遣された漢民族の子役だったことまで発覚。

共産党独裁政権は、歴史教育の場で国定歴史教科書を使わせ、「チベット・ウイグル・モンゴル・朝鮮など各少数民族は、漢民族とは不可分の関係にあるひとつの民族、中華民族である」と子供たちに刷りこんでいる。

民族とは本来、言語や文化が同じ人間の集団を言うが、言葉さえ通じない各民族に強制的に手かせ足かせをつけて一つの民族とし、漢民族がその他の民族を支配・隷属させるツールとして発明されたのが、”中華民族”という概念である。

開会式に出す56の少数民族代表の子供たちをぜんぶ漢民族の子役にするという偽装工作の発覚は、本来民族とは呼べないものをムリヤリひとつの民族としてきた共産党独裁政権のウソ八百を象徴的に暴露したものだった。

世界中の人たちが注目する開会式で、チベットやウイグルの子供たちに自分たちがいかに漢民族から迫害され、独立を待ち望んでいるかをアピールされてしまえば、共産党独裁政権のメンツは丸つぶれになってしまう。

それを防ぐために漢民族の子役を使わざるを得なかったのであろうが、”中華民族”なぞ現実には存在せず、北京五輪を祝福しているのは漢民族だけであり、一つの民族と言いながら漢民族が深い疑いの目をチベットやウイグルの人たちに向けていることの証明となってしまった。

 また、各会場のチケットは完売という発表だったのに、空席が目立つ競技もあった。

その空席を埋めるべく共産党独裁政権側が派遣した、そろいのTシャツを着た”文明応援隊”が出現、逆に中国国民のスポーツ文化への理解の無さが際立ってしまい、かえって非文明的であった。

これについてはどうも既視感があるなと思っていたのだが、思い出した。
2002年サッカーワールドカップの韓国会場である。

韓国側はチケット販売会社のせいにしていたが、韓国会場では韓国がからまないカードでスタジアムに閑古鳥が鳴き、それを埋め合わせるべく近くの学校から生徒が総動員されていた。

特に女生徒だが、試合展開にまったく関係無く、スタジアムの大型ビジョンにイケメン選手のアップが映し出されるたびに「キャー!キャー!」と黄色い歓声を上げるので、TV中継で純粋に高いレベルのサッカーを楽しみたかった私としては興ざめも良いところ、ドン引きだった。

ひどい場合(確か大邱スタジアム)になると、空席がありすぎてボランティア動員では埋め切れず、スタンドの最前列から1/3くらいにかけて大会公式マークの入ったシートをすっぽりかぶせ、はじめからスタンドが無いように偽装する始末であった。


2002年ワールドカップ観客数ベスト5(FIFA公式発表)

    カード        観客数     開催地
1 ドイツ-ブラジル    69029   日本・横浜
2 日本-ロシア      66108   日本・横浜
3 エクアドル-クロアチア 65862   日本・横浜
4 サウジ-アイルランド  65320   日本・横浜
5 ドイツ-韓国      65256   韓国・ソウル

観客数ワースト10

1 スペイン-パラグアイ  24000   韓国・光州
2 ドイツ-パラグアイ   25176   韓国・西帰浦
3 パラグアイ-南アフリカ 25186   韓国・釜山
4 ポーランド-アメリカ  26482   韓国・大田
5 中国-コスタリカ    27217   韓国・光州
6 スペイン-スロベニア  28598   韓国・光州
7 ウルグアイ-デンマーク 30157   韓国・ウルサン
8 スロベニア-パラグアイ 30176   韓国・西帰浦
9 ロシア-チュニジア   30957   日本・神戸
10ポルトガル-ポーランド 31000   韓国・全州




儒教文化の国・韓国の師匠にあたるのが中国だから、やることなすことソックリなのは当然のことなのだろう。

 サッカーと言えば、北京五輪サッカー競技のベルギー対中国戦において、中国代表選手がベルギー代表選手の股間を故意に蹴り上げ、生殖機能喪失の恐れがあるほどの大ケガを負わせるという大事件があった。

参考記事 

2002年の韓国も、イ・チョンスがイタリア代表のマルディーニ選手の後頭部をわざと蹴り、ユ・サンチョルが同じくイタリア代表のココ選手にヒジ打ちを食らわして流血の惨事となった。

(ユ・サンチョルは日本代表だった城彰二選手にもヒジ打ちを食らわして前歯二本を折るケガをさせた常習犯)

同じ儒教文化圏に属する中国・韓国のサッカー選手は何故こうも暴力的なのか。

まず同じスポーツを愛するファミリーとして対戦相手に敬意を表するという文化に欠けていることが一つ、暴力だろうがインチキだろうが、どんな悪どい手段を使ってでも”良い結果”を得た者が勝ちという根強い信仰を持っていることが理由の二点目であろう。

後者の場合、これも一種の偽装と言える。

北京五輪の場合、あからさまに中国に買収されたような判定をする審判はいなかったようだが、女子体操で金メダルをとった中国人選手に年齢詐称疑惑が持ちあがっているのは、皆さんも良くご存知だろう。

さてどうなることやらである。

 以上みてきたように、中国や韓国など儒教文化圏の人々は、見かけの良さ・体裁を取り繕うのに異常な執着を見せることが多い。

 見せかけの結果のみではなく、プロセスや中身を比較的重視する日本人にはなかなか理解しがたい事であるし、知識が無いとそんな考え方が存在するという事がなかなか信じられないと思うが、例え中身がからっぽだろうが、ウソ・インチキ・暴力などのアンフェアーな手段を使って達成されたものだろうが、見かけの良さ・体裁さえ取り繕うことが出来ればそれでいいという考え、それが中国人が面子と呼び、韓国人が自尊心と呼ぶものの正体である。

毒物にまみれた食品から、”南京虐殺の犠牲者”がいつのまにか30万になり尖閣諸島は古来から中国のものとうそぶく歴史まで、ありとあらゆるものが偽装されていく国・中国。
 
 すべての日本人が、世界にはそういう考え方をする人たちがいるんだという正しい知識を持ち、中国あるいは韓国・北朝鮮といった儒教文化圏の国々にうまく対処していかなければならない。

もともとアジア全体にそういう土壌があるのかもしれないし、渡来人などによってもたらされたのかもしれないが、儒教文化のそうした害毒は日本にも一部存在している。

例えば、一度ペーパーテストの結果が出てしまえば、一度あの学校に入ってしまえば”優秀というブランド”を獲得でき、それ以後その人物が努力を怠り、実力がどんどん下降していっても優秀というブランドだけが一人歩きをして、相変わらずその人物を評価するときの判断材料になってしまうという東洋の悪しきブランド主義、儒教文化の「見かけさえ良ければ、中身なんてどうだっていい」という考え方が、日本にも存在する。

実際に利益をあげていなくてもオフィスにへばりついてダラダラ残業していれば「仕事ができる人・会社に貢献している人」と評価されるのであれば、それも変だ。

こういった東洋の悪しきブランド主義・儒教文化の体裁第一主義を日本人は今一度見なおし、物事の本質・中身を重視するよう自分たちの基本へと戻るべきだろう。

 前回取り上げた中華思想にしても事実かどうかは別として、いったん数千年前に中国や朝鮮半島の人たちの間で定着した、「自分たちの国は日本より優秀な文化を持つ先進国である」という空虚なブランドの一種(彼らが面子・自尊心と呼ぶもの)なのである。

しかしその後、日本がアジアで初の産業革命を達成した近代国家となりアジアで初の先進国となったことで、自分たちが崇拝するブランドと現実の間に致命的な矛盾が発生した。

普通なら、現実をもとにして自分たちの認識を改める道をえらぶのだろうが、原始的な感情に支配されがちな彼らはそうはしなかった。

あくまでも「自分たちは日本人より優秀」という一度定着したブランドに粘着し続け、ブランド(=妄想)を守るために現実の方をねじまげる必要があった。つまり現代の日本人も悪逆非道の非文明人であり続けなければならなかったのだ。

だからこそ、白人が中国を侵略して謝罪・賠償せずともまったく問題視しなかったのに、黄色人種であり”文化的に中・韓・朝よりも劣る日本人”の血を引く者だけは、たとえ謝罪しても賠償しても許せないのである。

そして歴史を捏造し、日本人および日本国を陥れるためのプロバガンダを世界に流し続けている。

いったん許してしまえば、日本人は悪逆非道の非文明人ではないことを認めたことになる、自分たちが日本人より優れている部分が無くなってしまうと彼らは考えているようだ。そうなれば、日本が中・韓・朝より進んだ先進国であるという事実だけが残ってしまう。

それは数千年にわたって存在してきた、「自分たちの国は日本より優秀な文化を持つ先進国である」という儒教ブランド(面子・自尊心)の崩壊を意味するが、それは感情的に受け入れられない。

儒教文化圏の人々が、人種・民族・国家間に優劣・序列が存在し「優秀な能力は優秀な血によってのみ遺伝する」という極めて人種差別的な思想、偏狭で行き過ぎたナショナリズムを捨て去り、どの民族であろうと優秀な人は優秀であるしそうでない人はそうでないという、文化的に成熟した考え方を一刻もはやく身につけることが、日本と儒教文化圏との外交摩擦の解決につながるだろう。

 同じ東アジアに属しながら、日本と中国をはじめとする儒教文化圏とのあまりの文化的違い。

数々の前代未聞の事件から、儒教文化に含まれる猛毒を再確認した、北京五輪であった。

  

banner_04.jpg

↑いつも、あついご支持・ご声援ありがとうございます↓
人気blogランキング

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

偽装国家に対抗するための近現代史

辛亥革命の原動力になった人たちに関する詳しい情報を糧に、中国という概念を用いた偽装国家への対抗を始めなければなりません。

毎朝、FMで孔丘の子孫を自称する方のペイチン語読み論語を聞かされるのは苦痛の一言でしかありません。2500年前の3大聖人の一人という位置づけが、儒教などとっくに廃れている国の文化戦略のなっているのは、極めて上質な「お笑い」であると言う事実を我々は知っています。孔子は孔子であって、中国ではないのです。

中国とは何なのか、近現代史で理論武装すれば、洗脳が解けるときは来ると信じています。

  • 投稿者: クマのプータロー
  • 2008/08/30(土) 15:28:26
  • [編集]

ブランド崇拝

ブランドといえば、日本人って、結構ブランド商品好きですね。←自分も日本人であるのに、なんか他人事のようですが。(^_^;)

自分の場合、擦り切れるまで使おうという、プラグマティズムの発想があるだけに、そうした見てくれ主義がなじめないのです。

  • 投稿者: DUCE
  • 2008/08/30(土) 19:47:55
  • [編集]

クマのプータロー さん

>毎朝、FMで孔丘の子孫を自称する方のペイチン語読み論語を聞かされるのは苦痛の一言でしかありません。2500年前の3大聖人の一人という位置づけが、儒教などとっくに廃れている国の文化戦略のなっているのは、極めて上質な「お笑い」であると言う事実を我々は知っています。

そんなFM放送があるのですか、まさか某国営放送だったりして。

川も思想もその源から遠ざかれば遠ざかるほど汚染されていくと言われますが、孔子の時代はともかく、韓国の国教である朱子学が出現したあたりから、儒教は果てしなく劣化していったのではないでしょうか。


DUCEさん

>自分の場合、擦り切れるまで使おうという、プラグマティズムの発想があるだけに、そうした見てくれ主義がなじめないのです。

ヨーロッパの有名ブランド品が高いのは品質が良く長く使えるから、というのが本来の理由だったはずです。

たとえば革のバックであれば、それを買ったお母さんから大人になった娘に大事に引き継がれ、孫娘に譲られるころにはだいぶ痛んでいるだろうから、それを買ったブランドメーカーに持ちこんで職人さんに直してもらって再び使うというのが欧州の本当のお金持ち、という話を聞いたことがあります。

  • 投稿者: クロフネ@管理人
  • 2008/08/30(土) 21:13:40
  • [編集]

科挙

>例えば、一度ペーパーテストの結果が出てしまえば、一度あの学校に入ってしまえば”優秀というブランド”を獲得でき、それ以後その人物が努力を怠り、実力がどんどん下降していっても優秀というブランドだけが一人歩きをして、相変わらずその人物を評価するときの判断材料になってしまうという東洋の悪しきブランド主義、儒教文化の「見かけさえ良ければ、中身なんてどうだっていい」という考え方が、日本にも存在する。

>実際に利益をあげていなくてもオフィスにへばりついてダラダラ残業していれば「仕事ができる人・会社に貢献している人」と評価されるのであれば、それも変だ。

こういった東洋の悪しきブランド主義・儒教文化の体裁第一主義を日本人は今一度見なおし、物事の本質・中身を重視するよう自分たちの基本へと戻るべきだろう。

本格的に儒教文化がわが国に入ってきたのは江戸時代からだろう。当時も庶民はそれを学んだ人々をたぶん馬鹿にしていたと私は思う。荻生徂徠が住屋を移動して朝鮮にちかずいたと言って、喜ぶ人もいた。今で言う アメリカンポップスにちかずいたとか、欧米ではとか言う連中の先祖である。
 と同時に之への反発から、わが国独自のものという虚構を打ちあげっるひともいた。寧ろこちらの方の人のほうが危ない。

 之はあちこちにあり、自らを見失っている人々が多い。

江戸時代にできた、尊王思想は史那の政治思想を基にして自らの統治機構を見たこと、国学思想との混合だと私は思っている。従がって明治維新は史那の影響が強く、それ以前の大化の改新より、強いではないかと私は思う。

 誰でも取り上げるが、わが国は史那文明を受け入れたが、纏足と科挙だけは受け入れ無かったが、明治のときついに科挙を受け入れた。
 それが帝国大学法学部である。高文試験である。戦後の一流大学である。陸海軍大学であり、陸軍士官学校、海軍兵学校である。

あれらは科挙と見たほうが良い。

つまり明治維新は国学と尊皇思想のの混合でできたが、西洋に対抗するために形をかえた科挙をつくり、その科挙で育った人々が指導した戦争が大東亜戦争である。
日清日露は明治維新を創った人々が指導した。
この差を何によるかを調べることであるが私には手におえない。

 
史那が科挙で滅んだようにと言うより停滞社会を作ったように、それが幅を利かす世界は、停滞しており、見ると唖然とすることが在る。勿論それは公務員とある種の世界である。

 江戸時代の御側用人は学歴があるわけではなく、文字どうり実力主義である。明治維新を指導した人々もそうである。
 

我々は明治維新とは何であり、その限界は何かを調べる必要があると私は思うが、その前の江戸時代がよくわからない。

 例えば江戸時代は小判があり、之で決済されていたように思えるが、関西は銀本位制、関東は金本位制で、その間に変動相場制があり、それを扱う、両替商があった。そのため小判が日常的に流通することも無く、両替商の保証をする証文と言う手形が流通していたとか。
 通貨が金銀銭と三種類あり、その間に交換比率があったが、これが変動したとか、素人が雑文を読んだだけでも、色々ある。
 何故金銀銭が必要であったかは通貨の分割と言うことに繋がるが、之は経済の最小単位がその経済圏において異なることによると私は思うが、よく判らない。
 江戸時代の通貨制度は各藩を現代の各国と同定して考えると、現在の通貨危機の解決方法を見つける契機か、その将来を予測できるのではと私は思うが、どなたかどうぞ

  • 投稿者: 俊典
  • 2008/08/31(日) 14:06:25
  • [編集]

やっと少し判ってきた。

現在も漢籍(易経と論語)を勉強中の自分としては今回の表題は些か違和感を憶えるが、それはそれとして。
クロフネさんのブログを読んできて、やっと少し判りかけている事が有る。
明治以来、我々の父祖は支那の孫文を匿い、朝鮮の金玉均を匿い、『両国の解放と近代化を助けた』つもりだった、ところが怨まれる。
先に近代化を成し遂げた『先輩として』慈愛に満ちた援助をしてあげた、筈だったのに憎まれる。
そうか、我が国は夷である我が国は偶々全能である中華が弱った時は、尼子に仕える山中鹿之助の様に、中華再興の為に獅子奮迅の働きをして、再興が為ったら夷としての分を弁えて、中華の前に傅かなくてはいけなかったのだ。
ところが我が国は中華が偶々外国(白人)に苛められている時に、夷の分際で無法にも秩序を弁えず中華を簒奪したのだ。
実に許しがたい野蛮な行為である。
そして、この感覚は彼らが勝手に決めた中華柵俸圏に対しては未だに外国と認めない感覚として生きている。
今は中華は蛮族の無法に耐えている、しかし本来の力を取り戻せば、元来の勢力圏に元通りの形で入っていく、西蔵には入った、現在しっかりと躾治している。
南蛮の越南には一回懲罰したが、逆に火傷をしたので、もう少し様子を見る。
東夷は前回の反乱から60年を経て、漸く中華の勢威が判って来た様なので、1000万人の教師を頼んできた様なので、西蔵に倣ってしっかりと躾治そう。
何か、こんな感じで見ている様です。
大中華は時代遅れで滅茶苦茶な中にも少~しは根拠が有る様な気もしますが、大陸から突き出した小中華も実績無しで我が国に対する意識だけ同じなのが面倒くさい。
これも多分儒教発祥の華い秩序の為せる事象なのかも知れませんが、いやはや(嘆

  • 投稿者: 火天大有
  • 2008/09/01(月) 20:11:47
  • [編集]

俊典さん

>江戸時代にできた、尊王思想は史那の政治思想を基にして自らの統治機構を見たこと、国学思想との混合だと私は思っている。従がって明治維新は史那の影響が強く、それ以前の大化の改新より、強いではないかと私は思う。

尊王思想は、体制側にとっても反体制側にとっても都合良く解釈・利用されたように思います。

明治維新も、実質的に政府をまわしていたのは軍事力を背景に権力を握った下級武士出身の官僚ですし、その意味では王道ではなく覇道と言えそうです。

>誰でも取り上げるが、わが国は史那文明を受け入れたが、纏足と科挙だけは受け入れ無かったが、明治のときついに科挙を受け入れた。

欧米の近代的官僚制というものの起源は中国でしょうから、欧米経由で日本に科挙が入ってきたとも考えられますね。

>史那が科挙で滅んだようにと言うより停滞社会を作ったように、それが幅を利かす世界は、停滞しており、見ると唖然とすることが在る。

李朝朝鮮なんかもそうなんですが、アジア的ブランド第一主義が実力主義を駆逐した国家は必ずと言ってよいほど衰退していきます。

日本はそうなってはいけません。


火天大有さん

>現在も漢籍(易経と論語)を勉強中の自分としては今回の表題は些か違和感を憶えるが、それはそれとして。

儒教文化を100%否定しているのではなくて、儒教文化にも害毒の部分があるというお話だとご理解いただけたらと思います。

>そうか、我が国は夷である我が国は偶々全能である中華が弱った時は、尼子に仕える山中鹿之助の様に、中華再興の為に獅子奮迅の働きをして、再興が為ったら夷としての分を弁えて、中華の前に傅かなくてはいけなかったのだ。

それが中・韓が考える”理想的な日本の姿”でしょう。

一度でも”君臣関係”が定まったら臣下は身のほどをわきまえよ、と説く朱子学の大義名分論なんかが代表的であり、その朱子学を国教としてきたのが韓国で、今でも自分の国のお札に朱子学者の肖像を嬉々として印刷しています。

だから朱子学原理主義国家・韓国にとって「君臣関係をわきまえず臣下の分際で韓国を抜き去って先進国になった日本」が永久に許せないわけです。

中国も似たり寄ったりですけど。

  • 投稿者: クロフネ@管理人
  • 2008/09/01(月) 21:42:59
  • [編集]

中華思想が問題だと考えています。

こんにちは

クロフネさんも儒教のよさを十分に理解されて、なおかつ、書かれていると思っています。
明治維新の根幹思想である朱子学(儒教)があったらばこそ、大日本帝国の発展があったと考える私は、あまり悪いイメージが持てないのです。

むしろ、中華思想の方が悪影響があるのではと考えています。親分が困っているなら助けるのは当たり前。親分に逆らうのは子分としてはありえない。子分が親分より偉くなるのは許せない。
中華思想の単純モデルです。
よって、日本に恩義を感じる訳もなく。日本の方が経済力があることを妬ましく思うのも、彼らにとっては当たり前と考えていました。

しかし、中華思想は儒教の影響を受けていますから、儒教が悪いとも言えなくない。

理論的には儒教の悪さは分かるのですが、感覚的に儒教が悪いと言われると違和感を覚えてしまいます。


さて、福田氏が降りました。次は麻生氏の話をしましょう。期待してます。

  • 投稿者: donnat
  • 2008/09/02(火) 10:23:16
  • [編集]

donnat さん

>明治維新の根幹思想である朱子学(儒教)があったらばこそ、大日本帝国の発展があったと考える私は、あまり悪いイメージが持てないのです。

>理論的には儒教の悪さは分かるのですが、感覚的に儒教が悪いと言われると違和感を覚えてしまいます。

儒教を否定すると、明治維新も否定することになるのではないか、とお感じになられているのかもしれません。

ともかく、排外主義に陥らず外国の思想・文化の良いところは謙虚に取り入れるという姿勢が大事だと思っております。

  • 投稿者: クロフネ@管理人
  • 2008/09/03(水) 21:26:17
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する


・いつもコメント&TBありがとうございます。

アダルト系ブログからの、サイトポリシーに違反したコメント・TBが後を断たないため、受信したコメント・TBを管理人が審査することにしました。

サイトポリシーに違反したものについては予告無く破棄します。

また問題の無いコメント・TBを頂いても表示されるまで少し時間がかかります。 悪しからず御諒承ください。

「管理者にだけ表示を許可する」にチェックを入れると、管理人だけが読める非公開コメントになります。 非公開コメントを下さる方のプライバシーを尊重し、あえてお返事をしておりませんが、「公開コメントでも良いのでレスが欲しい」という方は、非公開コメントにその旨をお書き添えください。
                

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。