初めていらっしゃった方へ

スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BGNの竹島記述、元に戻った?

  • 2008/08/01(金) 00:27:31

 アメリカ政府の一機関、US Board on Geographic Names (BGN=アメリカ地名委員会)が竹島の帰属先を”主権未指定”と変更したことに韓国が抗議していた問題で、30日BGNは再び竹島の帰属先を”韓国”に戻したという。

アメリカ・国家安全保障会議(NSC)のワイルダー・アジア上級部長は同日、「領土問題について(どちらを支持するか)われわれの立場は示さない。韓国と日本が外交的に解決すべきと信じている」と述べて、アメリカ政府の中立的な姿勢を強調した。

参考記事 
  
 ただ別の報道では、アメリカ政府はいったん竹島の記述を”韓国・公海”と元に戻し、それから竹島に関する地名表記の抜本的な見直しに着手するとも報じられている。

参考記事

 BGNのサイトには一時期、竹島の帰属が”韓国”と表記されていたが、何年か前に”公海”に変更され現在に至る、という話が某巨大掲示板で出ていた。

たとえばこんな風に

リアンクール岩(竹島・独島)

帰属

199×年 韓国
199△年 公海
199○年 公海
 ・
 ・
 ・
2008年 公海



ということは、最近になってBGNのサイトの記述が”公海”から”主権未指定”に変更され、それに対して韓国が狂犬のように噛みつき、産経(共同)の記事が言うように、再びアメリカが”韓国・公海”に戻したということなのだろうか。

私も確認したかったのだが、BGNのサイトが落ちっぱなしなので、裏付けの取りようがない。

 これを受けて町村官房長官は「米政府の一機関がやることに、あまり過度に反応することはない」
「(竹島問題の帰属先について)米政府は中立的な立場を強調している。今回は米国の立場の変更を意味するものとは受け止めていない」と言明、

さらに「(米側は)改めて全体を精査すると(言っている)。精査する過程でとりあえず『中間的』な表記に戻したということなので(今後)どのような表現になるか、またいずれ出てくるのだろう」と記者団に述べた。

参考記事 
 
 町村官房長官が記者会見で述べたように、今回のBGNサイトの表記変更があったとしても竹島が韓国領だとアメリカが認めたわけではないということを、福田政権がブッシュ政権の真意がどこにあるのか照会して、文書ではっきりとした回答を得ているというのなら、それはそれでいい。

しかし町村官房長官のコメントは、ご本人が考えてしゃべっているのか官僚の作文なのかは知らないが、まったくいただけない。(日米間で何か密約があれば別の話だが)

日本の主権・国土・国民の財産が外国に侵されたというのにまるで他人事だ。

「竹島が日本固有の領土であるのは疑いようの無い事実であり、BGNが竹島を日本領と明記しないのは極めて遺憾である。アメリカ政府にはすみやかに日本領と記述するよう求める」

アメリカの出方がどうあれ、これが日本政府スポークスマンに求められる最低限のコメントであろう。
 
 北朝鮮にたいするテロ支援国家指定解除の問題でも福田政権はアメリカに対し「テロ国家指定解除は慎重に」と、言外の意味を一所懸命読み合う文化を持つ日本人同士でしか通用しないような、奥歯にものがはさまったような言い方をしていた。

「竹島は日本固有の領土である」

「拉致はテロであり、拉致被害者の無条件返還が達成されないなら日本政府はテロ国家指定解除には反対だ」

外国人には、はっきりと言葉に出して自らの考え、相手へ求めるものを明確にしないといけない。「こちらが口に出さずとも、アメリカは日本の考えがわかっている」なんて論外である。

 さらに言えば、過去の歴史資料などどう考えても日本に理があるからといって、国連や欧米などの国際社会が黙っていても”正しい日本”の味方をしてくれる、国際司法裁判所に持ちこみさえすれば日本が絶対に勝てると考える人が多いようだが、それはナイーブすぎる。

弱肉強食の国際社会では、正しい者が勝つとは限らない。力の強い者・声の大きな者が勝つのが、悲しいながらも現実である。

1982年、大西洋に浮かぶフォークランド諸島にアルゼンチン軍が侵攻、イギリスの守備隊を降伏させ占領してしまった。

米ソ冷戦を戦うアメリカにとってNATOの同盟国イギリスと反共のアルゼンチン軍事政権の仲間割れは、ゆゆしき事態で、当初は中立と言えば聞こえは良いが、あいまいな姿勢に終始していた。

最初に軍事力を使ったアルゼンチンを一方的に非難するようなことも無かった。

これに対しイギリスのサッチャー政権は「大義は我々にある」と大声で叫び、外交力をフル動員して、
レーガン政権を押し切ってアメリカそして国連安保理をも味方につけ、最終的にイギリスの空母機動艦隊を派遣して犠牲を払いながらもフォークランドを奪回した。

もしイギリスが「侵略されたのは我々だから、黙っていても国際社会がイギリスの味方をしてくれる。国際社会が何とかしてくれる」と考えて何もしなかったら、おそらくフォークランドは戻ってこなかったであろう。

イギリスの他に、わざわざフォークランドを占領しているアルゼンチン軍に戦いを挑んで島を取り返してやる親切な国・国際社会があっただろうか?

アルゼンチンの力の行使に対し、それを上回る力を行使したからイギリスはフォークランドを取り戻せたのではないだろうか。

 竹島奪還のために日本はすぐさま軍事力を使えと言っているのではない。

日本政府は、大きな声で大義が我々にあることを訴えて国際社会の大半を味方につけ、政治・外交・経済ありとあらゆるパワーを使って竹島を奪回すべく動き出せと言っているのである。

日本が韓国より力で劣るなら国際司法裁判所のような第三者に解決をゆだねるのも良いかもしれない。

日本に有利な判決が出れば儲けものと考えることもできる。

だが韓国より日本の方が明らかに国力が上回っているのに、第三者に解決をゆだねるのは損ではないか。

少なくとも日本側の希望的観測ではなく、120%裁判に勝てる、勝てば必ず韓国は竹島を返還するという保証がないかぎり、私は竹島問題の解決を第三者にゆだねるのは割に合わないと思う。

日本人拉致・核開発など北朝鮮がやりたい放題のことをやっても、国連を含む国際社会は何らかの決議は出すけれども、北朝鮮に拉致被害者の返還・核の放棄を強制できたためしがない。

 ともかく今、日本政府がやるべきなのは「竹島は日本のものである」とアメリカにはっきりと主張し、ラスク書簡ヴァン・フリート特命報告書などを取り上げながら、アメリカ政府に過去の政策の一貫性を求めることである。

福田首相も支持率を回復させたいと真剣に願うなら、まず何より、身を挺して国土・領海・国民の安全を守るという姿勢を見せることであり、内閣を改造するならそれが可能な陣容にしなくてはいけない。

アメリカも、領土問題で裏切って日本国民を激怒させれば、アメリカ発金融不安解消のために日本政府が協力したくとも国民が納得しないといった事態になりかねないということに想像力を働かせるべきである。中立では不充分だ。

世界金融に与える影響力、日本と韓国のどちらにあるかはアメリカもじゅうじゅう承知のはずだ。


banner_04.jpg

↑日本政府は竹島奪回のため国力を総動員せよと思う方はポチッとしてください↓
人気blogランキング

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

■日本政府は竹島を放棄するつもりなのか

 竹島のアメリカ政府機関での帰属先変更問題について、アメリカの側でも困惑があるようです。 【【竹島問題】表記再変更へ 韓国の抗議受け 米政府】  (産経新聞 7月31日)  米国家安全保障会議(NSC)のワイルダー・アジア上級部長は30日、米政?...

  • From: FUNGIEREN SIE MEHR !! |
  • 2008/08/04(月) 02:24:28

この記事に対するコメント

もう最悪

いやぁ~、古今東西これぐらい情けない(重大と言う意味では有りません)外交的失策を見た事が有りません。
これは結局外交的センスの問題なのか、政治屋や官僚の志の問題なのか、愛国心が無いのか、国益の意味を知らないのか、いずれにせよ極端に初歩的な問題には違い有りません。
明日からはいよいよ福田改造内閣ですが、麻生幹事長以外は売国奴のオンパレードと言うか、古いタイプの売国政治屋の蔵出し一掃セールみたいですね、いよいよ激動の8月だってのに、母国の政治的先行きは本当に暗いですね。

  • 投稿者: 火天大有
  • 2008/08/01(金) 22:41:36
  • [編集]

こんにちは

クロフネ様

お久し振りです。
FUNGIEREN SIE MEHR !!の管理人、
ねたねこで御座います。

今回の官房長官の発言には本当に嫌気が差しました。

『帰属先を韓国に戻したことがブッシュ大統領側の
指示だったことを踏まえ、福田康夫首相が抗議を行う
意思があるかどうかについては、
「ない。なぜ必要なのか」と反論した。(産経より)』

上記の言葉は日本政府スポークスマンとして
極めて不適切であると感じざるを得ません。

クロフネ様の本記事につきまして、TBさせて
いただきました。
今後もお世話になりますと思いますので、
何卒宜しくお願いいたします。

  • 投稿者: ねたねこ
  • 2008/08/04(月) 02:24:45
  • [編集]

なぜ日本のマスゴミや政府は「中韓」を一括りにし、小国「韓国」を大国「中国」より優遇するのか?

 韓国と中国という二つの国に対する見方はいろいろあろうが、マスゴミや政府などの対応を見ると、どうも扱いが反対ではないかという気がしてならない。
 韓国はアジアの小国で、世界一の反日国家であり、元寇など歴史的にも日本と友好だった期間は大変短い国だと言える。
 だから、こういう国に対しては駄目なことははっきりノート言うべきであり、それで国交が途絶えても仕方がない、ぐらいの態度がおそらく先進国たる態度だろう。
 その意味でも、異常反日政策国家の国民たる「韓国人」にノービザなどと言った外交上の優遇策は全く必要ないと思う。
 ところが、日本のマスゴミなどは驚くことに「韓流」などとと持ち上げ、韓国の異常な「反日」の現状を全く報道しようとしないばかりか、
 世界一の反日国家「韓国」に対して、なぜか媚びを売るかのように機嫌をそこねないように気にしているようだ。
 教科書問題であれ、竹島の問題であれ、韓国を異常に甘やかしているとしか思えないし、それどころか、韓国の主張に迎合するものまでいる始末だ。
 一方、日本は中国に対しては、行動では取るに足らない半島の小国「韓国」よりわざと格下の扱いをしているようで、
 それはまるで、日本と違い国益のためには「ドル」売りもできる「中国」に猛反撃するアメリカの尻馬に乗るかのようで、そして中国の経済発展を妨害するかのようでもある。
 そうした傾向は日本のマスゴミが、朝鮮系に乗っ取られているためのか、アメリカの傀儡のためなのかは知らないが、最近日本のマスゴミは一生懸命、「反中」を真っ先に日本国民に植え付けようとしているようにも見える。
 個人的にはまず韓国・朝鮮とは関わらないこと、これが日本にとって一番の国益だと思うが、
 最低でもどうしようもない「反日」国家「韓国」と大国「中国」との扱いははっきり分けてしかるべきだ、というのが外交に対する一人前の国のやり方ではないだろうか?
 その理由には、もちろん「国家」レベルにとどまらず、国民レベルにおける反日が「韓国」は異常と言えるほどひどすぎる、どうしようもないほどだ、と言う現実も大きな理由としてあげられよう。
 いずれにしても、中国の報道に際しては「韓国でも」と言った「報道」のように、反日国家「韓国」と絡めたり、「帰化韓国人」を関わらせるのは絶対にやめさせるべきだろう。

  • 投稿者: 日本人の知恵
  • 2008/08/06(水) 11:42:00
  • [編集]

 お返事、TBのお返しが遅れてごめんなさい。

管理人は夏休みを頂いて、ちょっと旅に出ておりました。



火天大有さん

>これは結局外交的センスの問題なのか、政治屋や官僚の志の問題なのか、愛国心が無いのか、国益の意味を知らないのか、いずれにせよ極端に初歩的な問題には違い有りません。

失態の原因は、おそらくそのぜんぶでしょう。

町村さんは、外相だったときは加藤紘一らを「中国にゴマをするな」と一喝して、骨のある政治家だなと思っていたのですが、官房長官になったら全くダメです。

ボス(首相)の良し悪しで能力が決まってしまう方のようですね。

>明日からはいよいよ福田改造内閣

できたら取り上げようかと思っていますが、前世紀の遺物みたいな内閣となりましたね。

トップ(政治)がアホだから、官僚が実際の政治をまわすという、昭和の高度成長期には通用した政治システムの復活です。


ねたねこ さん

お久しぶりです。TBありがとうございました。遅れ馳せながら逆TB致しました。

ねたねこさんのエントリーに関してはまったく同感で、福田政権では日本の安全保障なぞ、夢のまた夢といったところです。


日本人の知恵さん

>世界一の反日国家「韓国」に対して、なぜか媚びを売るかのように機嫌をそこねないように気にしているようだ。

一般市民から政治家・外交官も含めて日本人の多くは、生身の韓国人を正しく理解しておらず、「人の良い日本人に侵略されちゃったぐらいだから、韓国人はもっと良い人に違いない」ぐらいに誤解しているのでしょう。

だから義理と人情・浪花節で韓国人のわがまま気ままにどこまでも流されてしまいます。

 また、朝鮮半島とドロドロの関係を築いていた超大物が日本にいたのも事実です。

その超大物は、一部の日本マフィア・極右団体や朝鮮系カルト宗教などと深い関係を持っていました。

そうした半島とのドロドロの関係の末端は、河野一郎や鳩山一郎といった自民党の基礎部分にまでつながっていましたから、そのことが現在まで日本の対半島外交に悪影響を与えていると指摘する識者がいます。

興味があったら調べてみてください。

  • 投稿者: クロフネ@管理人
  • 2008/08/06(水) 14:46:15
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する


・いつもコメント&TBありがとうございます。

アダルト系ブログからの、サイトポリシーに違反したコメント・TBが後を断たないため、受信したコメント・TBを管理人が審査することにしました。

サイトポリシーに違反したものについては予告無く破棄します。

また問題の無いコメント・TBを頂いても表示されるまで少し時間がかかります。 悪しからず御諒承ください。

「管理者にだけ表示を許可する」にチェックを入れると、管理人だけが読める非公開コメントになります。 非公開コメントを下さる方のプライバシーを尊重し、あえてお返事をしておりませんが、「公開コメントでも良いのでレスが欲しい」という方は、非公開コメントにその旨をお書き添えください。
                

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。