初めていらっしゃった方へ

スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

対馬まで侵略の魔の手をのばす韓国

  • 2008/07/29(火) 01:43:02

 狂牛病で国が二つに割れていた韓国が竹島問題をネタにして、まんまと国民の統一に成功している。

それを象徴するような、しかも信じられないようなことが起こっている。

韓国の与野党国会議員50人が共同で”対馬返還要求決議案”を発議し、「対馬も韓国領土であり日本は返還するように」と主張し出した。

参考記事 

 この愚行の下地になったのが、韓国与党・ハンナラ党の許泰烈最高委員による妄言である。

その”根拠”とは「ある遺伝子が対馬住民のほぼ100%韓国人と同じ」「朝鮮王朝初期まで対馬島主を韓国政府が任命していた」であるそうだ。

参考記事 

 日韓双方が参加するネット掲示板でも「対馬は韓国のもの」と妄想を垂れ流す韓国人は前からいた。だが、国会議員による正式な決議となると話は違う。

福田政権はすみやかに李明博に、韓国政府としての真意を照会しなければならない。

そこで「対馬は日本領土である」という公式回答と韓国政府スポークスマンによる韓国マスコミへの公式発表が得られないなら、駐韓大使の無期限召還を含む制裁措置を講じなければならない。


「『対馬は日本のもの』と回答するが、それは秘密にしておいてくれ」と韓国政府がいつものように甘ったれた要請をしてくるかもしれないが、これまたいつものごとく日本側が情に流されてそんなことを受け入れたら、福田首相は子孫に新たな国境紛争の火種を押しつけることになる。

火種がまだ小さいうちに根こそぎ消火しておく必要がある。

 李明博政権が「対馬は日本領であるのは疑い無い」と国民の前で発表して倒れるなら、倒れるが良い。

日本の”識者”のなかには、「ノムヒョンとバックにいる韓国の左翼勢力はクレージーとしかいいようがないが、ハンナラ党のような保守勢力はマトモなのだから日本は協力すべきだ」などと言う人がいたし、

ある外務省幹部も「ノムヒョン政権が倒れて李明博が大統領になった。これでようやくまともな外交ができる」と言ったそうだが、いつになったら日本人は韓国人というものを理解するようになるのかとタメ息が出てくる。

「対馬は韓国のもの」と言い出した連中は、その韓国の保守勢力なのである。

日本人が少なくとも外交分野において、義理と人情という極めてアジア的でウエットな感情をきれいさっぱり捨て去って、冷徹に対処できていれば、特定アジアとの外交問題なんてとっくの昔に片付いている。

いつまで同じところを堂々めぐりするつもりだろうか。私はもう飽きた。

 さて、竹島はもちろん対馬も日本の領土であるのは言うまでも無いが、ここで対馬の歴史をさらっとおさらいしておきたい。多くの日本人は、自分たちの国土とその歴史への関心が低いからである。

 韓国では、古代からの人とモノの流れは朝鮮半島→日本しかないことになっているがそんなことは無い。

縄文時代からすでに倭人(当時の日本列島人)は、九州から朝鮮半島南部に渡っていた。

対馬も含めた九州北部と半島南部は、佐賀県腰岳から産出する黒曜石を使った、一つの石器文化圏だったのである。半島南部からも縄文土器が多数出土しているが、韓国ではほとんど知られていない。

日本列島と半島を行き来する縄文人にとって、対馬は重要な中継地点だった。

 西ではキリストが生まれたころ、つまり弥生時代中~後期になると、日本列島と半島南部にいくつもの小規模なクニができていた。

対馬もそうした小さいクニのひとつであり、中国の正史である三国志・魏志東夷伝・倭人条に対馬国の記述が見える。

始度一海千余里 至対馬国 其大官曰卑狗 副曰卑奴母離。所居絶島 方可四百余里。土地山険 多深林 道路如禽鹿径。有千余戸。無良田 食海物自活 乗船南北市糴。



それによると、対馬の大官を卑狗(ヒコ)といい、副官は卑奴母離(ヒナモリ)といったという。

当時の対馬で話されていた言葉の音に中国人がムリヤリ漢字を当てはめた(それも対馬人を見下して悪い意味の漢字を当てはめた)ものだろうが、ヒコと読むならミマキイリヒコ(崇神天皇の和風諡号)にも見られる”彦”で、立派な大人という意味であろうし、ヒナモリは鄙守、集落の守護職・長(おさ)という意味であろう。

また、魏志・韓伝ではなく倭人伝に対馬の記述があることから、第三者である中国人も対馬を倭人が住む地域と認識していたことがわかる。

 同じく三国志・魏志東夷伝・弁辰(半島東南部)条に、弁辰地域から鉄が産出し、そこで韓人・ワイ人・倭人が鉄を取っていたという記述があるように、当時の朝鮮半島南部は日本列島に住んでいた人たちにとり重要な、鉄の利権がからむ地域であり、倭人が半島南部に多く渡っていた。

当時の鉄は貴重で、インゴットにして貨幣の代わりにもなった。

半島南部地域では、倭人の習俗が韓人に影響を与え、刺青を彫る韓人が多かったという記述が、三国志など中国のいくつかの正史に見える。

 3世紀から4世紀になり、日本や朝鮮半島である程度まとまった広さを持つ古代国家形成の動きが出てくる。

大和朝廷によって日本が一応統一されたのもそのころであるが、十数個のクニに分かれていた半島東部(辰韓)を騎馬民族が征服、新羅がたてられると、倭人が持つ半島の鉄鉱山利権が脅かされたのであろう、倭国と新羅との関係がきわめて険悪なものとなる。

高麗時代に編纂された正史である三国史記・新羅本記には、倭国と新羅の間の熾烈な戦いが記録されている。(韓国ではその内容がほとんど知られていない。漢字が読めないからだろうが)

そこには倭国の兵が新羅に上陸し、その王都・金城(現在の慶州)を何度も包囲攻撃したという記録が残っており、新羅がかなり劣勢だったことがわかる。

例えば新羅・脱解王17年条には、倭国の軍隊が木出島(ウルサン沖の回島か)を占領したとあるし、祇摩王11年条には、倭国が攻めてくるという噂だけで王都がパニックになり、新羅人が先を争って野山に隠れたという記述がある。

于老という新羅の貴族が倭国の外交使節に向かって、倭の大王(天皇)を新羅王の奴隷にしてやるなどと、ぜんぜん笑えないジョークを飛ばしたため外交問題に発展、両国が戦争になったこともあったという。(今も昔も変わらない)

沾解王3年条に、倭国軍によって于老が殺害されたとの記述があるが、これは有名な話だったらしく、日本書紀の神功皇后元年条にも于老の外交的非礼の話が出てくる。

そしてここでも対馬の記述がある。

実聖王7年(西暦408年)条に、新羅側は倭国軍の半島攻撃拠点が
対馬にある
のを知ったとある。

だが新羅はもともと劣勢なうえに、騎馬民族出身だけに水上戦が不得意でどうすることもできなかった。

新羅・儒礼王が、先手を打って倭国を何とか攻められないものかと下問したのだが、舒弗邯(新羅宮廷官位の第一位)の弘権が、我が軍は水上戦に不慣れで倭攻略は無理でございますと諫言したという記述がある。

以上、対馬が古来から日本固有の領土であったことは疑い無く、一度だって半島の支配下に入ったことさえない。

 韓国の国会議員が「朝鮮王朝初期まで対馬島主を韓国政府が任命していた」と言っている。

おそらく嘉吉条約のことを言っているのであろうが、元寇つまりモンゴルと朝鮮半島の連合軍による日本侵略によって、対馬を含む九州北部は大変な損害をこうむった。

勝ちいくさだったとは言え、モンゴルや半島の兵と戦った武士に褒美となる新領地は与えられなかったし、戦費は武士の自腹だった。

困窮した武士たちは朝鮮半島や中国での海賊行為に手を染めていくことになるがそれが倭寇である。そして対馬や松浦・五島列島は倭寇の根拠地となった。

”北虜南倭”と言われるように、中国や朝鮮半島の王朝を衰退させる原因のひとつとなった倭寇。

嘉吉条約には、倭寇の軍事力にさんざん苦しめられた朝鮮が、米の全く取れない対馬に食糧米を与え朝鮮との独占貿易権を認めて収入源を増やせば、倭寇をなくすことができるだろうという、朝鮮側の利益確保の意味あいがあった。元寇の賠償という考え方もできるだろう。

ただ、倭寇に屈して米を与えたと認めるのは朝鮮王朝のメンツにかかわるので、対馬の実力者・宗氏に朝鮮から官位を与えてそれを名目に「米を下賜」し、「朝貢貿易を許可した」のである。

東アジアにおける朝貢貿易とは、朝貢する方(対馬)よりも朝貢される方(朝鮮)が「徳の大きさ」を見せるために気前良くふるまわなければならない。よって朝貢貿易で儲かるのは対馬である。

どちらが実際の立場が上かは明白であろう。

 同じようなことが中国の歴史でも起こっている。セン淵の盟がそれである。

軍事力の弱い宋は、軍事力に勝る騎馬民族がたてた北方の国・遼の脅威を受けていた。

そこで宋と遼の間にセン淵の盟が結ばれ、国境線を現状維持とするかわりに宋が遼に対し、毎年絹20万疋・銀10万両を歳幣として贈与することが約束された。

宋は遼に宝物を貢いで平和を買ったわけだが、実質的な上下関係とは正反対に、名目上は宋が兄、遼が弟とされた。

対馬と朝鮮王朝の関係と全く同じである。

朝貢された方のものというなら、朝貢どころか王子を人質として倭国に送って臣下の礼をとった新羅・百済も日本固有の領土である。実際、人材不毛の地・朝鮮半島なんて、土下座されたっていらないが。竹島と付属の領海・経済水域だけ返せ。

 「対馬住民と韓国人の遺伝子が同じだから」に至ってはワケがわからない。

それが正しいのならば「遺伝子が同じだから韓国は対馬のもの」と主張することだってできる。

「韓国系アメリカ移民の遺伝子が同じだから、韓国はアメリカのもの」でも通用することになる。

近世までの朝鮮半島の古文書はほとんど漢字で書かれているが、現代韓国人は自分の名前ぐらいしか漢字が読めない。

日本で言えば、日本人が明治時代より前の古文書をまったく読めないのと一緒で、韓国人の歴史的知識なんて空想歴史小説も同然でまったくお話にならない。

 韓国側は、前述した三国史記に記述されている于山国こそ竹島(独島)のことと言っているが、とんだ自爆である。

三国史記はすべて漢字で書かれているが、于山国またの名を鬱陵というとハッキリ書かれているのである。

三国史記・新羅本記

智證麻于十三年夏六月条

于山国征服、歳以土宜為貢、于山国、在溟州東海島、或名鬱陵島

う~ん、壮絶な自爆。




 福田政権は、後世に禍根を残さないよう、これ以上の外交的失態は許されない。竹島はもちろん対馬も日本固有の領土であると李明博政権に明言させるべきである。

内閣改造をするなら高村外相・藪中次官を更迭し、もっと日本の国益のことを考えて、しっかりと自己主張できる人物を外交の第一線にすえなくてはいけない。

韓国が対馬侵略の意思をあらわにしたのも、福田政権が学習指導要領に「竹島は日本固有の領土」と明記せず、韓国にいらぬ配慮をしたせいである。

こちらが竹島で一歩引いたから、相手が対馬で一歩踏み出してきたのだ。

banner_04.jpg

↑韓国の対馬侵略許すまじと思う方はポチッとしてください↓
人気blogランキング

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

竹島の日制定の頃見たニュースで『対馬は我が領土』とかなんとかの歌の歌詞に竹島は日本の領土っていうフレーズがあると聞きました(逆だったかな?)。彼の国では盛んに歌われてるとか。当時小学生の弟が教えてくれて二人で爆笑した記憶があります。
子供でも分かる矛盾を自ら誇らしげに歌い上げるあたり彼らの底が知れると思うのですが、あの歌はどうなったんでしょう。歌詞を変えたか、歌そのものを抹殺したか、そのあたりも気になります。
自衛隊の組織再編で地域分けが変わるらしいですが(詳しくはよく分かりません)、しっかりと国を守り抜く気概がボスになくては何の意味もないですよね。

  • 投稿者: 無名戦士
  • 2008/07/29(火) 09:34:28
  • [編集]

韓国問題について

こんにちは。
例の竹島であきれていますが、うちのブログにも書き込みました。
よろしく。

  • 投稿者: 評論家志願者
  • 2008/07/29(火) 10:36:34
  • [編集]

本当に困ったミンジョクですね

http://sankei.jp.msn.com/world/korea/080729/kor0807292014003-n1.htm
上記は産経新聞の黒田ソウル支局長の記事です。
先方の『マスコミ』さんが騒ぐには、我が国と『韓』国?が竹島海域で戦端を開いた場合、『韓』国のボロ負けだそうです。
そこまで判ってて何でこんなに騒ぐかね?
しかも戦争に成る区域と使用戦力を勝手に決めている。
敵が最も想定外の地域を攻撃するのが戦術の常道だって判って無いのね。
本当に困ったミンジョクですね。

  • 投稿者: 火天大有
  • 2008/07/29(火) 22:25:41
  • [編集]

無名戦士さん

>竹島の日制定の頃見たニュースで『対馬は我が領土』とかなんとかの歌の歌詞に竹島は日本の領土っていうフレーズがあると聞きました(逆だったかな?)。

おそらく「竹島(独島)はわれらの地」という歌ではないでしょうか。

対馬は日本、ハワイはアメリカという歌詞があったと思います。

そしてこのエントリーで取り上げた三国史記の智證十三年が歌のなかに出てくるはずです。
それは韓国が竹島のことだと言い張る于山国が鬱陵島だという記述にもかかわらず。

しかし、漢字が読めないから自爆するわけですね。

しかも三国史記に于山国が鬱陵島だと明記されているのに、わざわざ別の時代の資料を持ってきて三国史記で言う于山国とは竹島のことだと主張するのですから、韓国というのは本当にもうバカかとアホかと。


評論家志願者さん

韓国というのは、本当にカルト宗教教団みたいなものだと私も思います。


火天大有さん

>そこまで判ってて何でこんなに騒ぐかね?

左翼に言わせれば韓国は”平和勢力”ですが、あの国ほど戦争好き・軍事力好きな国はありません。

それにしても燃料費が高騰しているのに軍事演習なんてムダにご苦労なこって。

日韓戦力比較は、韓国の軍拡要求の口実という面も多々あると思います。

まあ、度を越した軍事力なんて国力衰退のもとですから、韓国が自らの武装の重みでつぶれた後、じっくり竹島を返してもらいましょうか。

ドルが尽きて国家破産してしまえば、軍艦も戦闘機も動けません。

そんなもの桟橋の飾り、格納庫の肥やしです(爆笑)

  • 投稿者: クロフネ@管理人
  • 2008/07/29(火) 23:53:54
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する


・いつもコメント&TBありがとうございます。

アダルト系ブログからの、サイトポリシーに違反したコメント・TBが後を断たないため、受信したコメント・TBを管理人が審査することにしました。

サイトポリシーに違反したものについては予告無く破棄します。

また問題の無いコメント・TBを頂いても表示されるまで少し時間がかかります。 悪しからず御諒承ください。

「管理者にだけ表示を許可する」にチェックを入れると、管理人だけが読める非公開コメントになります。 非公開コメントを下さる方のプライバシーを尊重し、あえてお返事をしておりませんが、「公開コメントでも良いのでレスが欲しい」という方は、非公開コメントにその旨をお書き添えください。
                

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。