初めていらっしゃった方へ

スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チベット虐殺犯として世界から包囲される中国

  • 2008/04/10(木) 00:42:27

 世界各国をめぐるオリンピックの聖火リレーは、そのオリンピックを開催する組織委員会の責任にもとづいて管理されるということだが、北京オリンピック組織委員会が管理する”聖火”リレーが、世界各国で激しい抗議運動に会い、デモ隊に包囲されている。

もちろんその原因は、中国独裁政権によるチベット人大量虐殺である。

3月24日ギリシャ・アテネでの”聖火”採火式では2000人の警備陣をかいくぐって、国境なき記者団のメンバーが、当ブログの右側にもリンクが貼ってあるが、手錠でつくった五輪マークの横断幕をかかげ、北京五輪開催に抗議した。

3月31日に胡錦涛によって高々とかかげられた”聖火”は北京を出発、世界各国をまわる”聖火”リレーがスタートした。

中国が盟主として率いる独裁国家の同盟・上海協力機構加盟国であるカザフスタンとロシアではたいした抗議運動もなかったが、トルコでは、チベット人同様、中国独裁政権の圧政に苦しむウイグル人グループらから激しい抗議運動を受けた。

参考記事 

それも序の口、リレーがロンドンに入るとチベット人グループはもちろんイギリス国民からも北京五輪開催への激しい抗議デモが行われた。

リレー走者が持っていたトーチが奪われそうになったり、デモ参加者から”聖火”に消火器が噴射されそうになる事件まで起こった。

中国によるチベット人虐殺への激しい抗議を受けて、イギリスのブラウン首相は首相官邸に到着したトーチを最後まで手で触れようとはしなかった。

参考記事 

写真 

中国政府は、「チベット独立勢力の恥ずべき行為であり、イギリス国民は中国を支持している」と強がってみせたが、しょせん負け犬の遠吠えだった。

 リレーはロンドンを離れパリに向かったが、中国非難を抑制ぎみのイギリス労働党政権に対し、フランスのサルコジ政権は北京五輪開会式ボイコットを示唆するなど、より厳しい目を北京に向けている。

そうしたせいもあってか、パリでの抗議行動はより激しいものとなった。

ロンドンを上回る3000人規模の警備体制がしかれたパリだったが、その警備網を突破しようとする抗議者が続出、トーチの”聖火”が二度にわたって消され、リレーそのものが途中で打ち切られるという前代未聞の大事件にまで発展した。

参考記事 

火が消えて途方にくれるランナーの写真

 中国独裁政権は、フランスが開会式ボイコットもちらつかせながらチベット問題の改善を求めていることを激しく非難しているが、フランスのアリヨマリ内相は「聖火リレーが混乱したのは中国の責任」と発言した。

これはフランスが遠まわしに、中国がチベット人を虐殺したからこのような抗議活動が起こったのだと言っているのだろうか?

参考記事 

中国政府はまた、ペロシ下院議長やヒラリー・クリントン上院議員がブッシュ大統領に北京五輪ボイコットを求めたことに対しても激しく非難しているが、チベット虐殺事件をめぐって中国と欧米各国政府との衝突が目立ち始めた。

リレーはパリを出発しアメリカのサンフランシスコへ向かったが、俳優のリチャード・ギア氏やノーベル平和賞を受賞したツツ元大主教が中国を非難するなど、アメリカでも北京五輪への激しい抗議は必至の情勢となっている。

参考記事 

こうしたなか、もともと反中感情の強いインドネシアやオーストラリアでの”聖火”リレー行事を短縮する動きがでるなど、北京五輪反対デモの影響は世界中に広まっている。

というわけで、消えかかった”聖火”をひいひい言いながら運ぶご苦労な北京五輪組織委員会と、中南海の命令でそれを死守しなければいけない中国治安部隊精鋭の皆さん、

思想信教・言論・表現の自由が万人に認められている、
民主主義の国へようこそ!!


 このリレーは日本の長野を通過する予定である。

私はあまり過激で暴力的なことは支持できないが、福田政権も小沢民主党も腰抜けだらけで、マスコミはチベットの真実から目をそらし続けるなか、ぜひ日本が民主国家の一員だというところを長野でも見たいと思っている。

私は、チベットの人々への虐殺をやめ強制連行した人々を即時釈放するよう中国に要求する。

チベットの人々に思想信教・言論・表現の自由を認めることを中国に要求する。

チベットの人々の民族自決権を認めることを中国に要求する。

中国独裁政権に平和の祭典オリンピックを開催する資格は一切無い。




  FREE TIBET
◆中国共産党独裁政権によるチベット人虐殺事件に抗議します。





◆中国の独裁政権が21世紀に蘇らせようとしている”民族の祭典”、北京オリンピック2008に反対します。

banner_04.jpg

↑世界で巻き起こっている北京五輪への抗議デモに賛成という方はポチッとしてください↓
人気blogランキング


関連記事・チベット問題で世界から批判の声高まる

関連記事・チベットで大虐殺事件発生

関連記事・収容所大陸中国

関連記事・中国の国家戦略

関連記事・華夷秩序は復活するか?

関連記事・パクス・シニカと世界

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

フリーチベットやら叫び五輪の妨害行為をする市民団体はおかしい。
まるで、ダライラマが全世界の市民団体に指令を出し北京五輪の妨害をしているように映るからだ。
そもそも、チベットの侵略が起こったのは、チベットの非暴力主義というものが原因であった。
私は支那を擁護する気はないが、責任の半分はダライラマにもあると思う。
非暴力主義を唱えた結果、支那は、侵略しても良いと間違った解釈をした。
当然間違ったシグナルを送る方にも責任がある。
だが、支那の脅威を考えるならばチベットに最低限の暴力を用いて支那を追い出してもらうしかない。
ヨーロッパを見るかぎりではチベット問題を本気で解決しようとする人は居なかったように思う。
私は、日本だけでもチベット問題を本気で考えるなら武器を送るべきとかんがえる。
何故なら、チベット人があくまで独立を望むのであれば彼らに人民解放軍を相手に喧嘩を仕掛けるしかないが、彼らにそれだけの能力が無いからだ。
あくまで平和的に抗議とか、コキントーはダライラマと対話を!と右翼が言うのであれば、支那の暴力には何も言わないという左翼という構図でモノを申す単なるアンチ左翼でしかなくなる。
オリンピックをボイコットするのは良いが、全世界の国がオリンピック開催を中止すれば良いだけの事であり、今さら聖火リレーの邪魔をするのはおこがましい。
本来なら2001年時点で北京五輪の内定をしなければ良かったのである。
五輪ボイコットをする連中は例えるなら夏休みの宿題を前日に徹夜で済ませる中学生のようだ。やっている事に理解は示せるが実に見苦しいというのが実情だ。

  • 投稿者: 馬鹿陽区
  • 2008/04/10(木) 02:33:52
  • [編集]

中共は聖火の炎で自らを美しく照らし出すつもりが逆に大火傷を負いその醜い正体を世界に晒してしまいましたね。

  • 投稿者: ニートネスニート
  • 2008/04/10(木) 04:08:58
  • [編集]

くれぐれもチャンコロ留学生に注意

今のところ、白人圏で行われたリレーなので、チャンコロ聖火防衛隊も遠慮していたものと思われますが、日本ではそういう遠慮はないと思われます。怪我人、逮捕者に加えて死者が出るかもしれません。そして、死者が出たことが表沙汰になることは絶対ありません。そのくらいのこと、福田総理には朝飯前で、あたりまえです。

すでに大量の工作員が日本には居ますし、留学生がこのリレーに備えて長野に集まる可能性大です。全国の大学・大学院・研究所の皆さん、この時期の留学生、中国人、中国系、台湾の外省人、中国を支持した独裁者の治める国の人に注意しましょう。面白い歴史の一端が見られることは確実です。

ちょっと不適切な文言が混じっているので、やばかったら削除をお願いします(^^;。

  • 投稿者: クマのプータロー
  • 2008/04/10(木) 06:24:45
  • [編集]

それにしても何故にこんなにまで政治家が腰砕けなのか?前は自虐史観から来ていると聞き、なるほどと思っていましたが、戦時の人も大半が他界してしまった今では、この説にも説得力が欠けているような気もします。やはり金なのでしょうか?まったく理解不能です。日本人に根強い西欧に対するコンプレックス的なものが支那にあるとも思えないですし。。。

  • 投稿者: fuyuneko
  • 2008/04/10(木) 09:26:06
  • [編集]

日本は右傾化しているのか

 十年以上前から、チベットデモに参加している者としては、このような形でも、チベットの事が皆に知れ渡るのは嬉しいのですが、中国と言う国の事を考えると、今後10年やそこらで何も変わらないのではないかと、悲観的に成ります。
 サヨクブログの多くで、拉致事件発覚以降日本が右傾化し、今も其れが進行中というような、意見が有りますが、クロフネさんはどう思われますか。私はテレビ、法曹界、国会、官僚の左翼(サヨク)支配が、完成しつつあると感じていますが。

  • 投稿者: 八目山人
  • 2008/04/10(木) 10:33:50
  • [編集]

大会当日の抗議や、中国国内の「革命聖地巡りプロパガンダリレー」も無事に行われるかも気になります。

…ボイコット国・選手を集めてカウンター的大会を行うという手段もあるかもしれませんね。

  • 投稿者: 三浦介
  • 2008/04/10(木) 12:42:36
  • [編集]

<映画のあらすじ>

 8月15日。靖国神社周辺は、戦没者を静かに弔うというよりも大勢の参拝者らで喧騒(けんそう)に包まれる。旧日本軍の軍服を着込み、境内で「天皇陛下万歳」と叫ぶ人たち。星条旗を掲げて「小泉純一郎首相を支持する」と靖国参拝に賛意を示した米国人男性は、警察の指導で神社の外に追いやられる。追悼集会に抗議した青年は、支持者に殴られて血まみれに。被害者にもかかわらず、警察官がパトカーに乗せて連れて行く。

某左翼ブロガーの所より引っ張ってきた文章ですが・・・

これって、日本国が言論の自由がない未開発国と世界中に垂れ流すプロパガンダ映画としか見えませんが・・・

靖国を見せろという人もいるので、これを見ずとも狂っているという事が
このあらすじで十分に理解できると思います。
しかも、これは某左翼が乗せていた文章ですので、相手が改竄しているという可能性は低いです。

本件記事と関連性は低いですが、
一度目を通してもらえると嬉しいです。

  • 投稿者: 馬鹿陽区
  • 2008/04/10(木) 20:49:44
  • [編集]

馬鹿陽区さん

>そもそも、チベットの侵略が起こったのは、チベットの非暴力主義というものが原因であった。

中国軍がチベットを侵略・占領したとき、チベット人僧侶に銃を捨てさせ、武装解除させる映像を見たことがあるのですが...

あと、映画のあらすじありがとうございます。

私も、遠いところまで行ってわざわざ金払ってまで見るつもりもないですが、あの映画と言論封殺うんぬんには言いたいことは山ほどあります。


ニートネスニートさん

これほど世界から歓迎されない五輪も久しぶりだと思います。

北京五輪は中共という悪魔の子ですから。


クマのプータロー さん

どうやら武装警察あたりの精鋭が聖火を守っているらしいですから要注意ですね。


fuyunekoさん

やはり利権・自虐史観・中華文明への心酔このどれかか、ミックスされたものが原因でしょう。


八目山人さん

>サヨクブログの多くで、拉致事件発覚以降日本が右傾化し、今も其れが進行中というような、意見が有りますが、クロフネさんはどう思われますか。

戦後第一世代はやはり左翼思想の影響が強いと思われますが、その世代が現在、政界・官界・財界・法曹界・マスコミなど各界で指導的な地位についていますから、左が強くなっているのかもしれません。

しかし、現在の義務教育世代は、「むかし日本は中・朝・韓にひどいことをしたのだから、皆さんもしっかりと反省しないといけません」みたいなことを日教組教師に吹き込まれても「ハイハイ、反省反省。日本が悪かった悪かった(棒読み)」といったリアクションしか返ってこないので、現場の教師がかなりビビっているらしいです。

ネットが使いこなせる40歳あたりから下の若い世代には希望があるのではないでしょうか。


三浦介さん

確か香港やマカオでもリレー行事の短縮が決まったと言っていたような気がします。

  • 投稿者: クロフネ@管理人
  • 2008/04/10(木) 23:26:49
  • [編集]

洗脳といいますか

教育も含め本当に恐ろしいものですね

日本人は戦後60年もたってやっと解けかけてきたぐらいですから中国は崩壊後100年以上かかるんでしょうね。

今年崩壊したとしても2108年…
アニメのような空飛ぶ車が走り回る頃、やっとまともな考えが出来るようになるんですね

可哀相ですが自業自得としかいいようがありませんね

  • 投稿者: VODG
  • 2008/04/11(金) 03:37:21
  • [編集]

署名活動

  • 投稿者: かず
  • 2008/04/11(金) 07:01:42
  • [編集]

ちょっと一言

私も今回のチベットに対する、支那の行為には怒りと共に強い恐怖を感じます。
我が国も対応を誤れば明日は我が身です。
ただ少々誤解が有る様なので訂正を
1、チベット併合当時、チベットには軍隊が存在していました。
2、当時の支那からはチベットに向かう満足な道路や鉄道は無く、進軍は難渋を極めた。
3、当時チベットは僧侶を頂点とする強固なカースト社会だった。
4、チベット軍の敗北は、カースト底辺の人達が支那のプロパガンダ(民族解放)を鵜呑みにして、支那に協力した事で早まった。
5、そして、以上の様なソースがネット上から最近消えている。
ですが、私はだからと言って支那人のチベット弾圧、虐殺、断種、同化政策を肯定する気はさらさら有りません。
絶対に許せないし、間違っても放置しては成りません。
それにしても、ここ数日間の我が国の政治家や文化人大多数の言動と来たら、まともなメッセージ一つ発信出来ない。
情けないやら呆れるやら。

  • 投稿者: 火天大有
  • 2008/04/11(金) 21:58:54
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する


・いつもコメント&TBありがとうございます。

アダルト系ブログからの、サイトポリシーに違反したコメント・TBが後を断たないため、受信したコメント・TBを管理人が審査することにしました。

サイトポリシーに違反したものについては予告無く破棄します。

また問題の無いコメント・TBを頂いても表示されるまで少し時間がかかります。 悪しからず御諒承ください。

「管理者にだけ表示を許可する」にチェックを入れると、管理人だけが読める非公開コメントになります。 非公開コメントを下さる方のプライバシーを尊重し、あえてお返事をしておりませんが、「公開コメントでも良いのでレスが欲しい」という方は、非公開コメントにその旨をお書き添えください。
                

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。