初めていらっしゃった方へ

スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東アジア共同体とEUへの誤解 (最終回)

  • 2008/03/07(金) 23:01:43

前回のつづき

 EUの”成功”で、ASEANやNAFTAなど世界で共同体ばやりであるが、私は必ずしも良いことだとは思えない。

第二次世界大戦の教訓は、世界各地に経済ブロックができて、それぞれが自由貿易を止めて通貨切り下げ合戦をはじめると、その終着点は世界中を巻き込む大戦争だった、ということだ。

それゆえ、戦後アメリカ主導でGATT(今はWTO)を軸とする自由貿易体制と、通貨切り下げ合戦を防ぐためにドル基軸による固定相場制つまりブレトンウッズ体制をつくったわけだが、GATTが例外として認めていたとは言え、EUの統合市場というのはマイルドな排他性をもった関税同盟であり、一歩間違えれば戦前のような保護貿易的経済ブロックに変質する危険性がある。

その意味でEUの統合市場とユーロは、アメリカ主導の自由貿易体制とドル基軸体制からの抜け駆けであり、反逆だったわけだ。

だから私はEUを無邪気に理想視するわけにはいかない。

特に農業分野では悪名高いCAPがあるが、これはEUの基準価格より安い外国産農産物がEUに入ってきたら国境で課徴金をかけ、逆にEUの農産物を外国に輸出する時は徴収した課徴金を農家に渡すことで価格を下げて、EU農産物の輸出競争力を高めようというものだ。

これは明確な保護貿易政策であって、アメリカ・日本のような先進国はもちろん農産物輸出で生計をたてている途上国から非難されてきた。

日本でも、政界・官界・財界の別なく、無邪気にアジア共同体やアジア共通通貨を求める声があるが、アジア・北米・南米・中近東・アフリカなど世界各地でEUのような関税同盟ができてそれぞれが統一通貨をつくり、貿易摩擦が深刻化してそれぞれが極端な保護貿易政策に転換したり、通貨同士の切り下げ合戦や資源・食料の分捕り合戦をはじめたら、(実際中国が人民元を意図的に安く誘導し続けている)、三度目の悪夢も考えなければならない。

歴史を正しく学んでいないせいなのか、「正義の味方の米・英・ソ・中が悪の日・独・伊をやっつけた」みたいな子供だましの御伽噺(おとぎばなし)を真に受けるほど日本人が幼稚化しているのか知らないが、歴史的教訓から導き出されるこういった危険性を国民にちゃんと説明する政治家や官僚を見たことが無い。

実際、世界各国は自由貿易には賛成、だが農産物など各論の話になると反対となって、WTOでの交渉は暗礁に乗り上げてにっちもさっちもいかなくなっているのが現状だ。

 アジア共同体について言えば、EU諸国は欧州文明・キリスト教・民主主義という共通の基盤があるから統合が容易だったし、EUの東方拡大についても、独裁政治から民主政治への転換といった最低条件をクリアしなければ加盟を認めなかった。

一方アジアは、日本・仏教・儒教・イスラム・ヒンズー・キリスト各文明が混在していて共通の基盤に欠けるばかりか、社会の発展度に差がありすぎる。民主政治さえ常識とはなっていない。

社会が高度に発展した日本のレベルに、民主政治システムや法治システムさえ満足につくることができない中国が追いつくには、10年20年では済まないだろう。

 それでもむりやりアジア共同体を結成するため、日本をアジアに合わせ、独裁化・言論統制実施など日本の文明レベルを退化させろと言うなら、「バカを言え!」だ。

文明の退化と言えば、私は東ドイツを思い出す。

もともと西欧でもドイツの文明度は高いほうだが、戦後アメリカの影響圏に取りこまれた西ドイツと、ソビエト・ロシアの影響圏に取りこまれた東ドイツに分割されたのは皆さんもよくご存知だろう。

同じドイツ人の国でありながら、ドイツより社会的発展が遅れていたソビエトに支配された東ドイツの文明の劣化はひどかった。

ウルブリヒトやホーネッカーのような独裁者ひきいる社会主義統一党の過酷な支配、秘密警察シュタージによる監視と密告によって息が詰まるような市民生活、工業力の差は、西の大衆車フォルクスワーゲンと100km出せば分解しそうな東のそれ、トラバントを見れば一目瞭然だった。

ましてや、ベンツのSクラスみたいな高品質の車を東ドイツがつくるなんて夢物語。

これが”社会主義の優等生”と絶賛された東ドイツの実態だった。

もし日本が、アジア共同体結成のために独裁化・人治国家化されれば、たちまち東ドイツのように文明・社会が退化するだろう。

日本国民にそんなことは耐えられないし、そこまでして共同体を結成して得られる利益なんてあるのか。

 中国より日本に発展段階が近いはずの韓国でさえも似たようなもので、日本社会には、多様な価値観の共存を認め、意見の違う人を尊重する文化的基盤があるが、韓国・中国・北朝鮮といった儒教文明圏では、異なる意見の共存を許すという文化があまり存在しない。

それこそ、日本との歴史認識の違いが問題となってあそこまでこじれている原因であって、共同体を結成できるような文化・価値観の共有性に欠ける。

朱子学を国教としている韓国は特に原理主義的で、相手が日本にしろ中国にしろ他者の文化を一段低く見る風潮が強すぎる。(韓国の千ウオン札・五千ウオン札に描かれている人物はどちらも朱子学者)

EUのような価値観の共存を許す共同体なんて、しばらくは無理だろう。

 さて、日本国際フォーラムは2003年に”東アジア経済共同体構想と日本の役割”という提言を発表している。

そこでは、2015年までに東アジアに関税同盟を、2025年までに単一通貨導入を提言している。

また、「日本経済の活性化のためアジア統一通貨を実現せよ」というコラムを載せる新聞もあるし、アジア開発銀行の日本人総裁がアジア統一通貨実現に相当熱をあげている。

だが、統一通貨をつくるということは金融政策も統一するということである。

日本の現在の政策金利は0.5%だが、中国の政策金利は6.5%を超えているはずだ。

常識的に考えれば、中国が日本のように年率2%前後でゆるやかに成長する、成熟した経済段階に至るまで何十年もかかるだろうし、高い成長とインフレが続く限り政策金利も高くせざるを得ない。

一方日本の政治家にしろ官僚にしろ、国家戦略というものを持たない。

逆に中国は、国家戦略を持つというよりは殺人ギョーザ事件を見てもわかるようにエゴの塊で、国際協調という文字は彼らの辞書には存在しない。

である以上、アジア統一通貨をつくれば中国のエゴに引きずられ、中国経済を再優先にした政策金利となるのは必定であって、日本経済のファンダメンタルズを無視して”アジア中央銀行”が政策金利を6%だの7%だのに設定したら、円を捨てさせられた日本は破滅する。

異常な高金利で大企業が苦しくなるのはもちろん、資金繰りに困った中小企業の倒産が続発するだろうし、設備投資や消費など内需も冷え込んで大不況へ突入。

長期金利の高止まりと税収の激減で日本政府の借金は爆発的にふくらみ国家破産まっしぐらである。

(中国の支配下で日本が”財政再建団体”になったりして)

1970年代から高度成長がはじまり、日本と経済発展段階が一番近いとされる台湾や韓国でさえ、現在の政策金利は3%~4%台に設定されている。

これからしばらく、アジアというくくりが単一通貨の最適圏となることは困難であろう。

現状で日本が、通貨主権や金融政策主権を譲渡するなど自殺行為である。

中国が日本の通貨金融政策を自由に操れるのであれば、競争相手の経済を大混乱に陥れることが出来て、願ったりかなったりなのかもしれないが。

 以上見てきたように、たとえ10~15年後の将来であっても、某国際フォーラムの提言にあるような、アジア共同体やアジア統一通貨をつくるのは無理がありすぎると言わざるを得ない。

日本としては、経済的利益はもとより安全保障面や日本文化に敬意を払ってくれるかどうかも考慮し、まずはASEAN諸国やインドとの経済・安保・文化各方面での関係を深めたほうが現実的だし、国益確保にも資するだろう。

忘れていけないのは台湾で、社会の発展度、文化的近さ、民主主義の定着度いずれをとって見ても、日本の最適なパートナーと言える。(次回総統選の結果は変数だが)

 現在の日本ではアジア共同体さえ出来ていないのに、「アジア系外国人に地方参政権を与えろ」とか、「人権擁護委員にアジア人を入れろ」といったような、EUのことをろくに調べもせず無責任な主張をする人たちが、イメージ最優先で暴走している。

それでは日本国民の生活をいたずらに混乱させるだけである。

<了>


-------------------------------------------


 日本の財務官僚やそのOBに、リベラルな親中派でアジア共同体とアジア統一通貨を熱望する人が多いが、アジア共同体・アジア統一通貨信者と、国民への増税のみによる財政再建原理主義者は重なっているような気がする。

もし外部条件が整っても、日本の財政赤字がある程度の範囲に収まらないと、アジア統一通貨は実現しないので、だから彼らは、財務省の失敗の尻拭いを全部国民に押し付けてまで財政再建を焦っているのではないかと勘ぐっているのだが、考えすぎだろうか。


banner_04.jpg

↑現状、東アジア共同体結成はどう考えても無理と思う方はポチッとしてください↓
人気blogランキング

関連記事・21世紀日本の国家戦略

関連記事・民主主義の広め方

関連記事・民主主義の広め方(その2)

関連記事・財務官僚閥と大アジア主義

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

名誉ある孤立

コスモポリタンが日本を滅ぼす、故・盛田昭夫元ソニー会長が予想だにしなかった展開でしょう。

リベラルという羊の皮をかぶったコミュニストは、コスモポリタンと結びついて日本国民から「国家観」と見事に奪っていきました。

進歩的文化人の罪は大きいです。

  • 投稿者: クマのプータロー
  • 2008/03/08(土) 06:59:29
  • [編集]

社会主義というものの欠陥を改めて考え直しました。
今ある支那共産党は社会主義の亡霊と呼ぶにふさわしくそれを支える日本国からの援助という構図が見え隠れしている。
つまり、今の状況でも半ば東アジア共同体状態になっていると思われる。(日本の富が大陸に流入するという意味で…)
最後の方にあった、アジア開発銀行なんかがやたらに東アジア共同体に賛成するのは、これを日本国民からの反発を押さえ込む錦の御旗にするからだろう。
確かに大陸は発展したが、それとは逆に反日活動は却ってひどくなったと思う。
それは、クロフネさんのいう中華思想、朱子学によるものと、反日自体が金になるという理由からだ。
大陸側は自分の国が一番優れていないといけないという幻想が捨てきれない事と、日本の資本が入って発展したがいわゆる面子を潰されたという思いがあるだろう。
また、高度経済成長を遂げた日本は金が余っていたので、彼らはそれに目を付けたのだろう。
理由は先の大戦の敗戦国としての賠償金というものだった。
以上より、東アジアを援助したのは大失敗だったと言える。
その失敗を嘘とEUという方便で塗り固めようとするのが東アジア協同体を主張する官僚や政治家なのだろう。
皆と仲良くというスローガンを国家同士に当てはめた結果どうなったのかを理解すべきである。

  • 投稿者: 馬鹿陽区
  • 2008/03/08(土) 11:23:10
  • [編集]

クマのプータロー

>リベラルという羊の皮をかぶったコミュニストは、コスモポリタンと結びついて日本国民から「国家観」と見事に奪っていきました。

真の国際人というのは、自分のルーツを大切にして、そこを基盤に外国とうまく付きあえる人のことを言うのではないでしょうか。

左翼リベラルや在日韓国人の言う、”地球市民”なんて単なる根無し草だと思います。

だから韓・中などの低信頼社会は砂が集まったようにバラバラな社会なんでしょうが...

日本を巻き添えにされてはたまりません。


馬鹿陽区さん

>中華思想、朱子学によるものと、反日自体が金になるという理由からだ。

朱子学の大義名分論によれば、韓国が”君”で日本が”臣”となり、「臣は自らの名分をわきまえて君にただただ従え」ということになります。

しかし、どう考えても日本の方が大国・先進国ですし、韓国の朱子学原理主義による大義名分論は破綻しているわけです。

だから、いつもウソの歴史をデッチあげて日本に土下座を要求し、臣としての名分を守らせる大義を作り出さなければいけなくなる。

中国も程度の差こそあれ同じようなものでしょう。

これがあるかぎり、中・韓・朝と組む東アジア共同体なんて日本にとって百害あって一利なしだと思います。

ところが、アジア開発銀行や世界銀行を経由して、日本のカネが特アに流れ続けるわけで、現代日本の大アジア主義にも困ったものです。

  • 投稿者: クロフネ@管理人
  • 2008/03/08(土) 23:27:33
  • [編集]

国境なくば

国境がない場合の弊害として、かつて樺太が日露雑居地だったときなんかは例となるのではないのでしょうか。
境界線がないことをいいことに、ロシア人がどんどん入植し、あまつさえ軍事基地まで出来上がってしまって、樺太は事実上ロシア単独領になってしまいました。
これに対して日本は、樺太の買取か、下地中分よろしく、南北分割を提案したところ、相手が応じないので、千島列島をもらうことで妥協に到った経緯があります。
現在ですら、不法入国で、日本にやってくる外国人がいると言うのに、国境を取っ払ったならば、却って堂々と居座られることになります。
われわれないしは先人が払った税金で成り立った高度なインフラを、そうした苦労もせずに飛び入りして使い倒そうとするに過ぎない外国人など真っ平ごめんです。

  • 投稿者: DUCE
  • 2008/03/09(日) 22:34:13
  • [編集]

DUCEさん

>国境がない場合の弊害として、かつて樺太が日露雑居地だったときなんかは例となるのではないのでしょうか。

なるほど、鋭いご指摘ですね。参考になりました。

ロシアは、コサックという辺境防衛のプロフェッショナルがいますから、国境問題のゴタゴタは得意分野かもしれません。

  • 投稿者: クロフネ@管理人
  • 2008/03/09(日) 23:09:48
  • [編集]

東アジア共同体にも統一通貨にもまったく魅力を感じません。君子は和して同せず、小人は同じて和せずと言いますが、まさに無益どころか有害な「同」と感じます。

かつてのコメコンよりはるかに強力としか思えない上海協力機構が加盟国を増やし更なる資源外交を展開することを懸念して止みません。
中国の止まらぬ軍拡…対立するベトナムに三隻の護衛艦を派遣していた福田さんに期待しています。安倍さんの時はインドと軍事演習をやりましたね。ベトナムと同じく伝統的に中国と距離を取る国家というモンゴルとのさらなる連携を、特に経済・産業的な面から模索していくべきではないでしょうか。「北虜南倭」という訳です。

  • 投稿者: 三浦介
  • 2008/03/10(月) 12:47:28
  • [編集]

三浦介さん

>ベトナムと同じく伝統的に中国と距離を取る国家というモンゴルとのさらなる連携を、特に経済・産業的な面から模索していくべきではないでしょうか。

ベトナム・モンゴルとの連携、私も大賛成です。北朝鮮対策にも使えそうですし。

ただ、ベトナムに護衛艦がいたのは外洋演習航海の途中で立ち寄っただけで、安全保障上の意図で派遣されたものでは無いと思います。

  • 投稿者: クロフネ@管理人
  • 2008/03/11(火) 14:55:46
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する


・いつもコメント&TBありがとうございます。

アダルト系ブログからの、サイトポリシーに違反したコメント・TBが後を断たないため、受信したコメント・TBを管理人が審査することにしました。

サイトポリシーに違反したものについては予告無く破棄します。

また問題の無いコメント・TBを頂いても表示されるまで少し時間がかかります。 悪しからず御諒承ください。

「管理者にだけ表示を許可する」にチェックを入れると、管理人だけが読める非公開コメントになります。 非公開コメントを下さる方のプライバシーを尊重し、あえてお返事をしておりませんが、「公開コメントでも良いのでレスが欲しい」という方は、非公開コメントにその旨をお書き添えください。
                

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。