初めていらっしゃった方へ

スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イージス艦衝突事故に思う

  • 2008/02/21(木) 00:40:59

 重慶で行われたサッカーの日中戦で、見事に我が日本代表が勝利を収め非常に気分を良くしていたのだが、大変残念な事件が起こってしまい、スルーするわけにもいかないので今日はそれを取り上げる。

19日の早朝4時、海上自衛隊のイージス艦”あたご”と千葉県勝浦市のマグロはえ縄漁船”清徳丸”が衝突、漁船は大破し乗っていた吉清さん親子が現在も行方不明となっている。

 私の親戚も漁師をやっているのでとても他人事とは思えない。

吉清さん親子が無事であることを祈るばかりだ。一刻も早く救出されてほしい。

 衝突のさいの正確な状況はわかっていない。
現在海上保安庁の捜査が入っており、今後真相が明らかになるかもしれない。

 今回の事件でも事故の一報が防衛省や官邸に入るのが遅れた。
また防衛省の発表も食い違いを見せるなど、相変わらずの危機管理のまずさであり、防衛省や海自は猛反省すべきである。

 ただ、今回の事件でマスコミを中心に、船舶や軍艦に対する知識の無さが原因の誤解が非常に多い。

マスコミなどから「”あたご”は最新鋭のイージス艦なのにどうして衝突したんだ」という感情的な批判が出ている。

確かに”あたご”のイージス・レーダーは最新鋭だ。

だがその用途は敵ミサイルや戦闘機を発見、追跡するためのものであり、
本来、海上を航行する小型船舶を発見するためのものではない。

それは水上レーダーの役目だ。
だが”あたご”が搭載している水上レーダーは他の護衛艦と大差ないもののはずである。

 さらに、「漁船側はレーダーで”あたご”を確認していたのに、”あたご”が漁船を発見できないはずがない」という意見があるが、残念ながらレーダーも万能では無い。

漁船から満載排水量10,000tにもなる巨艦”あたご”をレーダーで探知するのは容易だが、”あたご”から10t弱しかない小型漁船を発見するのは簡単なことではない。

レーダーはまず電波を発射し、物体に当たったはね返りをキャッチすることで、その物体がどれくらいの距離でどの方角にあるかを認識する。

しかし小型漁船の場合、海面からそれほど高さが無いので、護衛艦レーダーからの電波が周囲の波に乱反射(シークラッターという)して、漁船がレーダー画面から消えてしまうことは充分ありうる。

 そして「”あたご”の見張り員が漁船の灯火を衝突の十数分前に見ていたのに、どうして止まれなかったのか」という批判もある。

10t程度の漁船なら、おそらく数十mで停止できると思うが、10,000tの巨艦はそうはいかない。しかも船にはブレーキというものが存在しない。

漁船を発見して、すぐさま全速でスクリューの逆回転をかけたとしても完全に停止するまで時間にして10分~20分、距離にして3000~4000mは平気で進んでしまうだろう。

(逆回転をかけなければ、10kmは進むと思う)

”あたご”は物凄い質量の物体である。
慣性の法則というやつで、いくら最新鋭の船といっても急には止まれないのである。

見通しの悪い夜だと、相手の船の発見が遅れ、ますます急には止まれない。

そういった船舶の基礎知識をふまえた上で、マスコミ報道を見てもらえると幸いだ。
もちろん、だから漁船が悪かったと言っているわけではないことを念押ししておく。

 さて、先ほど衝突時の正確な状況は不明といったが、各種マスコミ報道から断片的なことは伝わっている。

参考記事 

まず”あたご”は正面から、漁船の左舷(船の進行方向左)やや後方に衝突していること。

防衛省は、”あたご”の見張り員は衝突の2分前に、”あたご”の右側に漁船の緑色灯(右舷灯)を見たといっている。

夜間に船舶は、その右舷に緑色灯、左舷に赤色灯をつけることが義務付けられており、もし防衛省の言っていることが事実なら、

漁船は”あたご”の右前方にいて、”あたご”から見て左から右へ進んでいたか、お互いが相手を右に見ながらすれ違っていたことになる。

この場合海上交通のルールでは、”あたご”が直進しても問題無いはずであるし、衝突事故が起こるはずが無い。

漁船は単に”あたご”とすれ違っているか、”あたご”の前方を右へ向かって離れるように航行していたはずなのに、どうして漁船の左舷に突っ込むように”あたご”が衝突したのかが、最大の謎である。

(もし”あたご”の右側に、漁船の赤色灯だけが見えていた場合<つまり漁船が”あたご”の前方を右から左へ横切っているという意味>は、”あたご”に右方向への回避責任がある)

 一部マスコミが、漁船の緑色灯を右に見ていた”あたご”に右回避の義務があったと報じているがそれは間違いではなかろうか。

”あたご”と漁船がお互い相手の緑色灯と赤色灯を同時に見ながら接近していた場合、つまり二つの船がそのまま進めば真正面から衝突するような場合は、お互いの船が右に舵を切って相手をよける義務がある。

しかし、お互い緑色灯だけが見えていた場合は、それぞれが直進しても問題はない。

このあたりの真相がどうなのかが、事件究明のカギとなろう。

 ところで、テレビ朝日系など一部マスコミが「海自幹部が行方不明になっている吉清さんの親族にマスコミへの口止めを指令した」などと大騒ぎしているが、当の親族の方から「『取材が殺到して困る。マスコミをシャットアウトしてほしい』とこちらからお願いしたうえでの発言で、責めないでほしい」と要請した結果のようである。

親族の方の方が、無神経なマスコミによるメディアスクラムに迷惑しているようだ。

参考記事

事件の全貌が明らかになる前にマスコミが犯人を決めつけてしまった、松本サリン事件のような様相を呈し始めている。

 今回にかぎらず、海難事故が日本の周辺で多発しているのは痛ましいかぎりだ。

ところで、韓国などの大型貨物船による日本漁船への衝突・沈没事故もひんぱんに起きているわけだが、日本のマスコミや野党が事件を粘り強く取材して真実を報道したり、韓国の船主や大臣の辞任を求めたりしないのは、なぜだろうか?

banner_04.jpg

↑管理人が元気になりますので、もっと記事が読みたいという方はポチッとしてください↓
人気blogランキング
 

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

魂柱

大型船が急に回避行動をとれない、にもかかわらずその直前を横断した小型船の運命は悲しいことですがさだまっていたとしかいいようがない。マスコミの報道のしかたはにもかかわらず一方的ですね
回避行動のルールはきまっているが大型船は急に停止回避できないということさえ多くのメディアはきちんとかいていない。読売は3人の専門家コメントでその特性を教えていてとてもフェア(あさひは可もなくかしかし専門家のコメントをのせないのはなにかの伏線か?NHKの報道のやりかたは最低)。
にもかかわらず、護るべき自国民に対して事故をおこしたことを深く反省することは自衛隊員の本務。
ここは読売の編集手帳氏がすべてを尽くしているとわたしはおもいます。以下に;
バイオリンなど弦楽器の胴には「魂柱(こんちゅう)」という柱がある。柱を通して表板の振動が裏板に伝わり、音が響く。かなめの部位を称して“魂の柱”とは命名の妙だろう◆国の防衛も一個の弦楽器に似ている。異変の振動を速やかに察知し、伝達することで国民のあいだに安心という曲を奏でる。最新鋭の艦船やレーダーも大切な弦には違いないが、それを生かす「魂柱」、常に神経の張りつめた人間なしには宝の持ち腐れだろう◆(中略)◆早春の冷たい海に投げ出された親子の安否が気遣われる。その焦燥と切迫感には比すべくもないが、日本という国の安否もまた。http://www.yomiuri.co.jp/editorial/column1/news/20080219-OYT1T00771.htm

ここで海難事故の審判も、事実関係のはっきりとした決着もないいまのときに
はとやま、ばかやまは石破大臣の辞任をいう。。
こんな党首の率いる民主党に日本の舵取りを任せることはは恐ろしすぎる。。

  • 投稿者: 人生の厄介息子
  • 2008/02/21(木) 00:57:49
  • [編集]

こんにちは

始めまして、いつも勉強させて頂いています
イージス艦との衝突事故は、私も事故に合われた二人が無事に見つかることを祈るばかりですが、今回の事故はイージス艦ばかりが槍玉にあがっている様は偏見としか言えません。身内の方からは感情的になるのは致し方ないとはいえ、報道ならば中立で検証すべきはずです。イージス艦側が正しいとは思いませんが、「悪い」という決まったイメージで報道・編集されたニュースが流れるのには違和感があります。素人の立場では現段階では何とも言えず、報道に懐疑的になっているにすぎないので、クロフネさんの解説に納得しきりです。

  • 投稿者: マグカップ
  • 2008/02/21(木) 01:30:40
  • [編集]

よく分かりました

クロフネさんのエントリーには根拠と疑問が正確に記されているので、理解が深まります。マスコミ報道だけを見ていると、自衛官が親族にマスコミと話をするなと言ったように錯覚しますが、実は親族がマスコミに困惑していたと知り、びっくりしました。これから、本当のことが分かると思います。法律においては、回避義務がどちらにあったかは重要ですが、どうすることで回避できたのかは、状況次第です。金平丸は回避行動をとったのに、清徳丸はそうしなかった。この違いが、回避と衝突の差になったのかもしれません。
それにしても、船って速いんですね。10ノットという速度が出てきますが、漁船はそれ以上の速度が出せるんですね。15ノットも出せると。イージス艦がそれ以上の速度で航行していたのではないかと言っていますが、船の速度制限はどうなっているのでしょうか?

  • 投稿者: 縁起だるま
  • 2008/02/21(木) 09:18:41
  • [編集]

被害者の一人は哲大さん。韓国語で読むとチョルデさん。テレビでチョルデーと叫んでいたような。。。胡散臭くないですか?

  • 投稿者: fuyuneko
  • 2008/02/21(木) 09:26:34
  • [編集]

イージス艦はステルス艦

イージス艦はステルス艦でもあるのでレーダー反射能が低く、漁船側もレーダーで大型艦船の接近を予想できてなかった可能性があります。つまり小回りの効く小型船舶を予想して漫然と接近していた非は、漁船側にもありそうな気がします。

  • 投稿者: himorogi
  • 2008/02/21(木) 10:31:53
  • [編集]

人生の厄介息子さん

なるほど魂柱ですか。

ブリッジと見張り員の連絡はどうなっていたのか、あたご側にも疑問点はあります。


マグカップさん

追突事故ではありませんから、どちらかが100%悪いということは無いのですが、どうやらマスコミは違うようです。


縁起だるまさん

>イージス艦がそれ以上の速度で航行していたのではないかと言っていますが、船の速度制限はどうなっているのでしょうか?

軍艦だと最高で30ノットは出ると思いますが、当該海域で速度制限があったかどうかまではわかりません。


fuyunekoさん

ちょっと情報がないので何とも...。


himorogiさん

漁船側がもし”あたご”の緑色灯だけを見ていたのならば、どうして直進せずその前方を右へ横切ったのかという疑問がでてきます。

  • 投稿者: クロフネ@管理人
  • 2008/02/21(木) 23:42:04
  • [編集]

追補です。。

報道によるイージスと漁船団のウェーキ(航跡)はまるで日本海海戦といったら刺激的かな?
アサヒの朝刊にはなぜか漁船団の交信の様子がのっていた。
漁船団はイージス艦を右手より集団でつっこむ形で向かってくるような操船のようにみえる
先頭の幸運丸は左右迷って回避、二番手の清徳丸が衝突、金平丸は回避ってまるで駆逐艦みたいだねー

アサヒの一面でまだ衝突に気がついていない金平丸がいった言葉;
<あれ、大型船止めちゃった。。> そのあと軍艦だったときがついたらしい。。

ここでマスコミの報道で欠落しているのは漁船団は操業しているのではないこと、
漁船団の速度、漁船団がいつ大型艦に気がついて回避行動をおこそうとしたか?
イージス艦の回避行動のタイミングばかりが問題にされているが漁船団はどうなのか?

大型船の存在にきがついてよけようとする姿勢が全くなくつっこんでいったのではないのか?
一番船の幸福丸の責任は重いよ。。 清徳丸が逃れても3番手がぶつかっていた蓋然性は
この航跡をみるかぎりはきわめてたかいな。 ルンガ沖海戦ならばわかる。

大型船とめちゃったは日本語では主語は漁船であることはまちがいない
未必の故意による往来危険罪が適用されるのは漁船団、就中 先頭の幸福丸ではないだろうか?

  • 投稿者: 人生の厄介息子
  • 2008/02/22(金) 23:47:11
  • [編集]

人生の厄介息子さん

>イージス艦の回避行動のタイミングばかりが問題にされているが漁船団はどうなのか?

あたご側にも、自動操縦とか連絡の悪さなど問題があるのですが、漁船側の前方不注意とか操船ミスの可能性はあると思います。

特にマスコミが報じている図を見ると、どうして漁船は、あたごの前を横切っちゃったんだろうという疑問が浮かんできます。

あの状況なら漁船はあたごの緑色灯が見えていたわけで、それなら横切っちゃだめです。漁船から見て左に舵を切らないと衝突してしまいます。

  • 投稿者: クロフネ@管理人
  • 2008/02/23(土) 00:49:25
  • [編集]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 投稿者: -
  • 2008/03/08(土) 13:30:41
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する


・いつもコメント&TBありがとうございます。

アダルト系ブログからの、サイトポリシーに違反したコメント・TBが後を断たないため、受信したコメント・TBを管理人が審査することにしました。

サイトポリシーに違反したものについては予告無く破棄します。

また問題の無いコメント・TBを頂いても表示されるまで少し時間がかかります。 悪しからず御諒承ください。

「管理者にだけ表示を許可する」にチェックを入れると、管理人だけが読める非公開コメントになります。 非公開コメントを下さる方のプライバシーを尊重し、あえてお返事をしておりませんが、「公開コメントでも良いのでレスが欲しい」という方は、非公開コメントにその旨をお書き添えください。
                

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。