初めていらっしゃった方へ

スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

良いお年を

  • 2007/12/31(月) 00:13:53

 早いもので今年ももう大晦日である。

今年を振り返ってみると、一番の大事件は何と言っても安倍政権の退陣であろう。

もちろん、安倍政権の運営のまずさもあったが、もっとも響いたのが夏の参議院選挙での国民のオウンゴール(自殺点)だった。

参院選では、日本の将来を決める憲法や国のかたちが争点となるべきだったのに、クローズアップされたのは年金問題。

その根本原因は社保庁職員のデタラメな仕事ぶりにあったのに、マスコミは安倍政権のみを叩き、社保庁職員とその労働組合・自治労が応援する民主党との闇のコネクションはほとんどスルーされた。

そして参議院選挙本番では、”年金問題のA級戦犯”自治労の候補者がいる民主党を勝たせてしまうという国民の壮大なオウンゴール。

年金問題を解決すると言って、年金が消える原因をつくった張本人を国会に送り、税金で給与を払ってやって議員センセーにしてしまった。

 それがきっかけとなって安倍政権が倒れると、怪しげな老人たちがウラで蠢いて出来たのが福田政権であり、さらに小沢民主との大連立までお膳立てされていた。

福田政権以後、沖縄集団自決にからむ教科書検定問題や人権擁護法案問題、北による拉致問題、インド洋のシーレーン防衛などさまざまな分野で、安倍政権が体を張って守ってきた国益が失われていった。

そういえば朝鮮総連本部の差し押さえ問題もどうなったのか?

安倍政権が倒れてから起こった、以上の出来事を見れば、おそらくわかっていて国を売っている左翼勢力が許せないのはもちろんだが、「安倍政権は売国奴。それを支持するのは保守の敵」とデマを流し、安倍政権打倒に血道をあげていた”自称保守”も許しがたい。

おそらくは、日本の保守勢力の同士討ちを狙う工作員と、それと知らずにのせられてしまった人たちなのだろうが。

 しかし、私は日本の本当の意味での独立を絶対にあきらめないし、日本の将来を前向きに考えたい。

戦後レジームからの脱却にしても、一度で達成された大改革などないのだから、失敗しても何度でも立ち上がって、最後に完成すればよいだけの話。

あきらめた時こそ本当の負けである。

それでは、来年が日本にとって世界にとって良い年になることを祈りつつ、今年の〆としたい。

読者のみなさん、良いお年を!

banner_04.jpg

↑今年1年、応援クリックありがとうございました↓
人気blogランキング

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

昭和でいえば国鉄改革(やれるだけの余裕がある時期なら)を必要たらしめている国労動労がいる社会党を当選させたようなもの!

  • 投稿者: 特亜消尽
  • 2007/12/31(月) 02:26:35
  • [編集]

同感です。私も諦めません。

よいお年を!

  • 投稿者: 三浦介
  • 2007/12/31(月) 04:29:58
  • [編集]

歴史は自国流に自画自賛して当然だと言う米国人たち

クロフネさんこんにちは。

アングロサクソンという人たちは実に、面白い人たちですね。
英国国教会主体の聖書引用で、「戦争」まで、「クリスチャンの当然の使命」にしてしまう事や、
 英国帝国の偉大さを語る歴史がどんどんローマ帝国と同等レベルにまで古く、偉大であるところまで押し上げてしまっている事などです。

 ドイツ系米国人の祖父と、フランス系米国人の友達は、欧州の歴史と比べて、米国もかなり歴史を我田引水に書き換えていると言います。

 それでも彼らは、面白い事にサクソン洗脳の成果なののか、
「自国の歴史を最大限良く事は当たり前で、良い事ある」と言っていました。

 日本では、歴史とは「史実」であります。 「名誉」「国益のため」ではありません。

そうだとすると、中国共産党の「未来に向けたアジア日本支配の為の国家戦略」として全工作生命をかけている「捏造歴史」も肯定されてしまうのかなと思います。

 そのようであるならば「日本の戦後の自虐史」と、「血税を、特定アジアだけに垂れ流し」ている
左翼日本人は、すっかり脳細胞が「奴隷民族レベルに下がってしまった馬鹿共だ」とつくづく呆れさせられる事があります。

 プライドも歴史も捨てた民族は、消滅するしかないのだろうか?

 少なくとも、先祖から武家の魂を引く秩序と伝統を重んじる最後の末裔たちは、正しく歴史を自分たちの周囲に伝えていくといいですね。

 日本が、米国共和党右派保守の様な、歴史伝統を重んじる真正保守政権になり、
せめて、最後の砦、シナ、朝鮮民族の「捏造歴史の侵略を食い止めていただきたい」ものです。

 僕が習った米国の歴史教科書と、日本の歴史教科書を比べると日本の方が圧倒的に、
「史実と、出来事の記録を、客観的且つ忠実に捕らえてるなと思いますね。

 「日本や、米国の真実」を誤解されない為にも、クロフネさんぜひ頑張っていただきたいと考えております。
 
 今年一年ご苦労様でした、良いお年をお迎えください。
 
 

  • 投稿者: K.SHAW
  • 2007/12/31(月) 04:52:13
  • [編集]

安倍前総理の真意は、「戦後レジーム」ではなく、現在の日本の原型を作った「占領体制の脱却」を目指していたのだと思います。産経のインタビューでは、はっきりと「占領体制からの脱却」という言葉を使用していたと記憶していおります。ただ、それを公に使うと真っ向からアメリカと喧嘩することになるので、現時点ではなく得策でない以上、表現を緩めて「戦後レジーム」という言葉を使ったのでしょう。
厳密に言えば、占領期間中も戦争の真っ最中であり、8月15日は軍隊同士の戦闘終結の日と我々は認識すべきです(たしか、スイス政府発行の民間防衛にも占領期間中、敵はメディアを押さえて、洗脳しようとするから注意せよという趣旨のことが書かれていました)。占領下で制定された憲法を掲げ、占領下で教えられた歴史観を妄信している我国は、未だにアメリカの占領下にあるといえますが、現時点で多くの国民がそのことを自覚していないのが大きな問題といえるでしょう。
今回、安倍政権が葬り去られたことによって、日本の独立を邪魔する「日本の敵」があぶりだされたような気がします。

  • 投稿者: シロ
  • 2007/12/31(月) 20:26:37
  • [編集]

特亜消尽さん

>昭和でいえば国鉄改革(やれるだけの余裕がある時期なら)を必要たらしめている国労動労がいる社会党を当選させたようなもの!

非常にわかりやすい例えです。

それプラス、社会党支持の工作員がネットで「国鉄改革はユダヤの陰謀」と呼びかけたようなものだったでしょうか(笑)


三浦介さん

草の根保守として、私自身できることは限られますが、お互いがんばっていきましょう。

良いお年をお迎えください。


K.SHAWさん

歴史教科書なんて、どの国でも自国民が誇らしく思えるように書くのは当たり前だと思います。

それを分かった上で、お互い外国の歴史教育にくちばしをはさむのは極力差し控えるのが、共存共栄のコツだと思うのですが、

そうした知恵もデリカシーも持たない非文明国が、日本の隣に三つあるわけでして。

ご声援ありがとうございました。それでは良いお年をお迎えください。


シロ さん

>未だにアメリカの占領下にあるといえますが、現時点で多くの国民がそのことを自覚していないのが大きな問題といえるでしょう。

戦後の歴史教育の方向性を決めたのはアメリカですが、それをうまく利用したのは、特アと国内の左翼勢力だと思います。

アメリカが種をまき、特アと国内左翼が育てた日本の”非武装中立平和教”が、結果として日米同盟の深化を妨げ、アメリカ自身の足をひっぱっているのは歴史の皮肉です。

  • 投稿者: クロフネ@管理人
  • 2007/12/31(月) 21:13:35
  • [編集]

確かに歴史の教科書というものは、歴史学とは違いますから自国に都合がいいように書くのが当たり前で、かつ他国のものには文句は言わないのが道理ですね。日本人はその当たり前の事が上から下まで解からなくなっているのは亡国かもと思うきもしますが。特亜と左翼が米国の蒔いた種ー占領体制の継続ー日本の植民地化の完成等に足を引っ張っていると言うのはそうだと思います。そうでないと従順な日本人は半米国人になり英語を話しプエルトリコかフィリピンのようになるでしょう。三島はそのことを心配していた。

  • 投稿者: 英雄
  • 2008/01/01(火) 21:26:52
  • [編集]

英雄さん

>日本人はその当たり前の事が上から下まで解からなくなっているのは亡国かもと思うきもしますが。

なんとか日本人を覚醒させるため、影響力のある保守系知識人やアルファブロガーの方々にはがんばっていただきたいです。

当ブログも微力ながらベストを尽くします。

  • 投稿者: クロフネ@管理人
  • 2008/01/03(木) 18:45:24
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する


・いつもコメント&TBありがとうございます。

アダルト系ブログからの、サイトポリシーに違反したコメント・TBが後を断たないため、受信したコメント・TBを管理人が審査することにしました。

サイトポリシーに違反したものについては予告無く破棄します。

また問題の無いコメント・TBを頂いても表示されるまで少し時間がかかります。 悪しからず御諒承ください。

「管理者にだけ表示を許可する」にチェックを入れると、管理人だけが読める非公開コメントになります。 非公開コメントを下さる方のプライバシーを尊重し、あえてお返事をしておりませんが、「公開コメントでも良いのでレスが欲しい」という方は、非公開コメントにその旨をお書き添えください。
                

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。