初めていらっしゃった方へ

スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

福田訪中

  • 2007/12/27(木) 23:52:29

 福田首相はきょう午後、訪中のため羽田空港から政府専用機で北京へ向け出発した。

日中首脳会談では、東シナ海のガス田問題の解決が重要なテーマとなる。

だが、日本の経済水域やその下に眠る天然ガスや石油を中国にプレゼントしてまで、交渉妥結を焦るよりは、いっそのこと物別れに終わったほうが良い。

外交交渉の目的は、交渉妥結にあるのではなく国益を守ることにあるのだから。

 さて、中国が日本をはるかに上回る1兆4000億ドル(およそ150兆円=日本の国家予算の2倍弱)を貯めこみ、その強大なパワーを背景としてSWF(=Sovereign Wealth Fund 政府系ファンド)を設立し、外国企業の買収に乗り出していることは皆さんもよくご存知だろう。

中国はもはや極貧の発展途上国ではなく、日本よりはるかに巨額の軍事予算をかけて必要以上の軍拡を行っている。

こうした事実をもとに国内からさまざまな批判を受けて、日本政府が長年にわたって供与してきた巨額の対中ODA(政府開発援助)が今年を最後に打ちきられる。

とは言っても、財務省のシマである対中円借款が終了するというだけで、無償援助という形で、この期に及んでま~た新しい中国への援助を始めるようだ。無償援助は外務省のシマである。

 政府は26日、中国産食品の安全確保のために、新たに無償援助を供与することに決めた。
今日から訪中する福田首相が中国側に表明する予定だ。

参考記事 

これは訪中する福田首相の”貢物”なのだろうが、中国産食品の安全性向上のためにどうして日本が援助をしなければならないのだろうか?

私自身は、小金を節約するより自分の命の方が大切なので、絶対に中国産の食品は口にしないようにしているし、できるだけ外食も控えている。(安い中国産野菜を使っていそうなファーストフード店やファミリーレストランなどは特に)

そして、やや高くてもなるべく国産の野菜や魚を買うようにしている。

 中国産の食品が危険であるならば、消費者は当然それを避ける。

売れなくなれば中国の食品業者も「日本への輸出用で中国人の口に入らないからといって、毒入り食品を売ってはいけないんだな」と気づくだろう。

市場メカニズムに任せれば、質の悪い中国の食品輸出業者は淘汰され、中国産食品の安全性も高まるだろうに、それをなんでわざわざ日本の援助金によって、中国産食品の安全性を高めてやらなければいけないのだろうか?

 逆にいえば、日本産の農水産物のセールスポイントは、少々割高でも高い安全性にあるわけだ。

安いが質が悪く、時には命にもかかわる中国産農水産物と競争する上で、国産食料品最大の強みである。

にもかかわらず、日本が国民の税金を使って中国産食料品の輸出競争力を高めてやり、自国の農家・漁師の足を引っ張るとはどういう了見なのか。

このような対中無償援助はそもそも必要ない。すみやかに福田政権は撤回すべきだ。

 さらに、福田訪中にあわせるかのように気になるニュースが入ってきた。

 日中戦争がはじまる前の年・1936年に、日本の海運会社・大同海運に船を貸した中国の会社経営者の親族が、中国国内で商船三井を訴えていた問題で、上海海事法院は商船三井に対して約30億円の賠償支払いを命じる判決を言い渡した。

参考記事 

大同海運に船を貸した中国人経営者一族が、未払いのリース料プラス賠償金を要求して中国国内で起こした裁判だが、これは商船三井にとってはとばっちりも良いところではないだろうか。

大同海運は戦後に会社合併を繰り返してジャパンライン→ナビックスラインと名前を変えていったが、そのナビックスラインと大阪商船三井船舶が合併して商船三井となったのは1999年の話である。

商船三井にとっては直接関係のない、1999年にはじめて吸収合併した会社(ナビックスライン)が60年以上前に起こした事件によって中国国内で訴えられ、30億円もの巨額の賠償金を課せられたのである。

中国人経営者が大同海運に貸した船は最終的に日本軍に徴用され、日本軍が使用中に沈没している。

ということは、中国人経営者の訴える本来の相手は戦前の日本軍であり、その責任を引き継いだ現日本政府であるはずだ。

しかし、日本政府に賠償請求しそれを認めるなら、1972年に結ばれた日中共同声明に違反することになる。

日中共同声明

五 中華人民共和国政府は、中日両国国民の友好のために、日本国に対する戦争賠償の請求を放棄することを宣言する。



「いや、今回の裁判は民間賠償請求だ。戦争賠償ではない」というなら、百歩ゆずってそれが正しいのだとして、日本人の対中民間賠償請求への扉も開かれるべきである。

日中共同声明のどこにも、日本の対中民間賠償請求を放棄するとは書いていない。
日本政府は、すみやかに日本人の対中訴訟をバックアップすべきだ。

中国からの引き揚げ者が大陸に置いてきた資産はすみやかに返還されなければならないし、満州を中心に投資された鉄道・港湾・発電所・鉱山・重化学コンビナートなどの資産も、利子をつけてきっちりと返してもらわなければならない。

終戦直後、中国でのデタラメな裁判によって処刑されたり長期抑留された日本人の裁判やり直しを求め、もし冤罪が見つかれば、賠償請求せねばならない。


ともかく、訪中した福田首相は中国による日中共同声明違反に断固抗議し、それが是正されないならば、日本だけが律儀に共同声明を守る必要はない。

日本と台湾との政治交流のレベルをあげ、台湾の大臣や政府高官の訪日を認め、日本と価値観を共有できる東アジアで数少ない民主国家である台湾の歩みを助けなければならない。

 日本の財界にも言っておきたいが、今回の判決によって、中国に進出した日本企業は突然50年以上前の出来事によって訴えられ、何十億円もの賠償金の支払いを命令されて、中国でのもうけが一瞬にして吹き飛びかねないという前例ができた。

中国に進出すると、他の国ではあり得ない深刻な損失リスクが待ち構えているのであり、まだ売れるうちに中国の事業所なり工場なりを売り払って、他の国か国内など安全な場所に会社の資産を移すべきだろう。

日本人は、世界のどこででも国内並の高い行政サービスが受けられて当然だと思っている。

だが今回の判決からもわかるように、中国の裁判所は先進国には遠く及ばず、公平でも中立でもない。外国人は中国の未熟な裁判所や法治システムに何ら期待できないということだ。

マスコミは日本企業の対中投資をあおるだけあおり、中国の良いところしか報道しないが、中国において自分の財産を守れるのは自分自身しかない。

その自信がないなら中国投資は避けるべきだろう。



banner_04.jpg

↑あなたのワン・クリックでマスコミが伝えない中国の別の顔を多くの人に知らせてください↓
人気blogランキング


関連記事・ガス田問題で日本が焦る必要は無い

関連記事・中国が戦争で日本を恐喝

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

今回の訪中ほど不安を感じるものはありません。なぜ故にここまで国を売るような行為を平気でする政治家ばかりになってしまったのでしょうか?

普通に考えてこれほどまでに不透明な軍拡を続け管理人様記事にあるように巨額な政府ファンドを持っている国に何故無償援助をするのでしょうか?

キックバックがあるから?それだけなのでしょうか?ほんとに信じられません。

日本政府は「国民の生命と財産を守る」という基本意識がやはりないとしか思えません。

  • 投稿者: fuyuneko
  • 2007/12/28(金) 09:02:01
  • [編集]

fuyunekoさん

>今回の訪中ほど不安を感じるものはありません。なぜ故にここまで国を売るような行為を平気でする政治家ばかりになってしまったのでしょうか?

小沢民主党の朝貢団といい、気が重くなります。

戦前派の人たちが鬼籍に入て、団塊の世代を含む戦後第一世代にブレーキをかける者がいなくなったからかもしれません。

ちょうど戦後第一世代が社会のあらゆるところでリーダーとなっている時期でしょうし。

戦後日本は戦前派の人達がレールを敷き、戦後第一世代はその上をしゃにむに走ってきたわけですが、その価値観は経済至上主義とファッションとしての左翼でしたから。

戦後第一世代による学園闘争のような左翼革命ゴッコのバカ騒ぎを止めたのは、やはり戦前派の大人でしたし。

  • 投稿者: クロフネ@管理人
  • 2007/12/28(金) 21:36:43
  • [編集]

>戦後第一世代による学園闘争のような左翼革命ゴッコのバカ騒ぎを止めたのは、やはり戦前派の大人でしたし。

この世代がリタイアしたら生まれ変わるかも?ですか??

  • 投稿者: fuyuneko
  • 2007/12/29(土) 20:41:07
  • [編集]

fuyunekoさん

>この世代がリタイアしたら生まれ変わるかも?ですか??

正確な統計データは持ってないのですが、戦後第一世代の次の世代、つまり40歳から下になるにつれ、左翼的自虐思想の汚染度がうすくなるような気がします。

現在10代の学生に、日教組の教師が「日本人は過去の歴史を反省しなくてはいけません」と言っても、まともに受けとめる学生は少ないらしいです。

私は、その点において日本の若い世代に期待しています。 
携帯やPCなどデジタル機器を使いこなせる世代ですから、情報格差も少なくなるでしょう。

  • 投稿者: クロフネ@管理人
  • 2007/12/29(土) 23:34:18
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する


・いつもコメント&TBありがとうございます。

アダルト系ブログからの、サイトポリシーに違反したコメント・TBが後を断たないため、受信したコメント・TBを管理人が審査することにしました。

サイトポリシーに違反したものについては予告無く破棄します。

また問題の無いコメント・TBを頂いても表示されるまで少し時間がかかります。 悪しからず御諒承ください。

「管理者にだけ表示を許可する」にチェックを入れると、管理人だけが読める非公開コメントになります。 非公開コメントを下さる方のプライバシーを尊重し、あえてお返事をしておりませんが、「公開コメントでも良いのでレスが欲しい」という方は、非公開コメントにその旨をお書き添えください。
                

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。