初めていらっしゃった方へ

スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

反中デモと軍国主義化が強まる中国

  • 2007/12/20(木) 00:56:37

 ベトナムの首都ハノイやホーチミン市で16日、500~1000人規模の反中国デモが行われた。

ベトナムと中国の間には、スプラトリー(チュオンサ・南沙とも)諸島やパラセル(ホアンサ・西沙)諸島などをめぐる領土紛争や、トンキン湾や南シナ海の領海と海底資源をめぐる紛争をかかえている。

今年夏スプラトリー諸島周辺では、ベトナム漁船が中国船から銃撃を受け負傷者をだす事件や、中国政府がスプラトリー諸島やパラセル諸島を管轄する新たな行政区域を設定するなど、軍事力で露骨に領土・領海の拡張をめざす動きを中国が盛んにみせていた。

ベトナムでの反中デモは、中国の強大な軍事力にモノを言わせた露骨な膨張主義・覇権主義に反発する、ベトナム政府の意志を反映したものといえよう。

こうした反中国デモは二週間前から始まっている。

参考記事 

 スプラトリー諸島やパラセル諸島は、太平洋戦争終結によって日本軍がこれらの地域から撤退した後、ベトナム・マレーシア・フィリピンなどの間で領有権が争われていたが、石油など豊かな海底資源の存在が知られて以降、本格的に中国が領有権争いに割り込んできたあたりの経緯は、沖縄の尖閣諸島とそっくりである。
 
 1974年に中国軍はパラセル諸島に侵攻、南ベトナム軍守備隊を全滅させ、パラセル諸島全域を手に入れた。

パラセル諸島を南シナ海への侵攻拠点とした中国は、1988年にスプラトリー諸島へと侵攻し、ベトナム軍にかなりの死傷者を強いていくつかの島を占領した。

さらに冷戦終結でフィリピンのスービック基地からアメリカ軍が撤退すると、待ってましたとばかりに東南アジアでは軍事的に最も弱いフィリピンに目をつけ、1995年中国はフィリピンがそれまでスプラトリー諸島に領有してきたミスチーフ礁を占拠して、自国領土に編入した。

 スプラトリー諸島は、現在、中国とベトナム・マレーシア・フィリピン・ブルネイ・台湾などの間で領有権が争われている。 

ベトナム・マレーシア・フィリピンなどASEAN諸国は、中国の軍国主義的な領土領海拡張主義に悩まされている。

以前から言っていることだが、もっともっと日本とASEAN各国との安全保障協力のレベルを高めて、東アジア地域の平和と安定を守るべきだ。

一刻も早く武器輸出を解禁し、ベトナムなど東南アジア各国が自国の安全のために欲しているフリゲート艦や駆逐艦などを供与できるようにしたい。(自衛隊を除籍した艦艇の払い下げも含めて)

中国や韓国・北朝鮮は平和主義で日本は今も軍国主義という、とんでもないデマが流れ、それが武器輸出禁止の根拠の一つとなっている日本だが、中・韓・朝はとっくの昔に武器輸出を始めている。

それが本当なら、やはり真の軍国主義国家は中国・韓国・北朝鮮だということになる。

 また南アジアでも中国がらみでキナ臭くなっている。

中国軍は、ヒマラヤのブータン王国との国境線において、ブータン軍の監視所などを破壊しこれを占領。一帯を中国領土であると宣言しているもよう。

一方ブータン王国の安全保障を担うインドがブータンに近いインド・シッキム州に軍を移動させた。インド軍当局は「以前から予定されていた移動」と中国軍との関連を一応否定している。

関連記事 

 中国は南アジアにおいても、インドやブータンなどと国境線をめぐって領土紛争を抱えており、ここでも中国の露骨な覇権主義が見て取れる。

ブータンにはほとんど軍隊らしい軍隊は存在せず、その意味では日本人に特有の”非武装平和教”にとって理想郷なのであるが、それでは中国の侵略には対抗できず、インド軍という暴力装置に頼らなければ自国を守れないという厳しい現実をまざまざと見せつけられる。

 この他にも、週間新潮だったか文春だったかに、最近沖縄近海で行われた自衛隊と米軍の共同訓練に、中国軍が宋級・潜水艦や漢級・原子力潜水艦をたびたび至近距離まで接近させて挑戦的な態度を見せるなど、中国軍の暴走ぶりが目に余る状況となっている。

もともと決まっていたアメリカ軍空母の香港寄港が直前になって中国当局から拒否され、アメリカ軍が反発したり、東シナ海の海底ガス田をめぐる日中交渉でも、中国側は日本が言うことを聞かないなら軍艦を出すと脅迫してきたことは記憶に新しい。

参考記事 

 中国共産党第17回全国代表大会(17大)が10月に閉幕したが、それ以降、胡錦涛政権は軍部をますますコントロールできなくなったか、あるいは共産党青年団派を含む自己の権力維持のために軍部への依存を強めているせいなのか、軍部の政治・外交への口出しと独断先行を許し、独裁国家・中国の軍国主義化がますます進んでいるのではないかと懸念される。

日本はASEAN諸国やインドなどと安保協力を深め、領土領海を広げることに血道をあげる本物の軍国主義国家・中国の暴走を食い止めなければならない。

中国国内の民主勢力に支援を与えつつ、世界各国が中国に圧力を加え続ける必要がある。

これは過去にあった軍国主義の話をしているわけではない。いま進行中の現実なのだ。

banner_04.jpg

↑本当の軍国主義国家・中国に反対という方はポチッとしてください↓
人気blogランキング

関連記事・中国が戦争で日本を恐喝

関連記事・日本が取るべき対中戦略

関連記事・日本が取るべき対中戦略(その2)

関連記事・日本が取るべき対中戦略(その3)

関連記事・日本が取るべき対中戦略(その4)

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

 サヨクの人はやっぱり反日デモのときと同じように、デモをされたほうが悪いというのでしょうか

  • 投稿者: ソラフネ
  • 2007/12/20(木) 01:10:15
  • [編集]

ベトナムでの運動の背景にこのようなことがあるとは知りませんでした。このようなことこそ報道されるべきです。「妄想平和主義」から目を覚ますきっかけに十分なる話だと思います。

今後も目が覚める論考期待しています。

  • 投稿者: fuyuneko
  • 2007/12/20(木) 18:44:54
  • [編集]

ソラフネ さん

>サヨクの人はやっぱり反日デモのときと同じように、デモをされたほうが悪いというのでしょうか

「”アジア”は一致団結して日本を嫌っていて、過去を許していない」という神話がウソだという証拠がまた一つあらわれました。

左翼の方々はこうしたことには一切目をつぶるのでしょう。


fuyunekoさん

>ベトナムでの運動の背景にこのようなことがあるとは知りませんでした。このようなことこそ報道されるべきです。

こうしたことは断片的に報道できても、反中デモ事件が持つアジア外交全体への意味を解説する記事は、ジャーナリストとしての魂を売り払い、中国の不都合な事実を伝えることができない、ほとんどの既存マスコミには無理でしょう。

影響力は限られますが、ネット言論でがんばって伝えていくしかないのかもしれません。

  • 投稿者: クロフネ@管理人
  • 2007/12/20(木) 22:21:36
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する


・いつもコメント&TBありがとうございます。

アダルト系ブログからの、サイトポリシーに違反したコメント・TBが後を断たないため、受信したコメント・TBを管理人が審査することにしました。

サイトポリシーに違反したものについては予告無く破棄します。

また問題の無いコメント・TBを頂いても表示されるまで少し時間がかかります。 悪しからず御諒承ください。

「管理者にだけ表示を許可する」にチェックを入れると、管理人だけが読める非公開コメントになります。 非公開コメントを下さる方のプライバシーを尊重し、あえてお返事をしておりませんが、「公開コメントでも良いのでレスが欲しい」という方は、非公開コメントにその旨をお書き添えください。
                

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。