初めていらっしゃった方へ

スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

横田めぐみさん拉致から30年

  • 2007/11/14(水) 23:50:36

 明日11月15日で、横田めぐみさんが北朝鮮のテロ工作員に拉致されて、ちょうど30年になる。

これにあわせるかのように、拉致議連や家族会のメンバーが訪米し、アメリカによる対北朝鮮テロ支援国家指定を解除しないよう関係各方面に要請した。

福田首相の訪米と、日米首脳会談もアメリカ時間16日に予定されているが、そこでどのような話し合いが行われるか注目される。

参考記事 

 1970年代から80年代にかけて、一説には100人以上の日本人が北朝鮮のテロ工作員に拉致・監禁・殺害されるという、絶対に許すことの出来ない大規模テロ事件が発生した。

北朝鮮は、この卑劣なテロ行為の反省を行動で表しておらず、過去は全く清算されていない。

生存している人達を無条件で日本へ帰国させることを拒否し続けているし、大事な家族を失った拉致被害者家族の人達への公式謝罪も賠償も一切無い。

これは過ぎ去った歴史問題ではなくて、現在進行形のテロ犯罪だ。

言うまでも無く、今なお北朝鮮はテロ支援国なのである。

 さらにイランやシリアなどアメリカがテロ支援国家に指定する国々に、大量破壊兵器を売却し、そのテロ活動をバックアップしていることも、北朝鮮がテロ支援国であることの明確な証拠だ。

つい最近も、シリアで北朝鮮の協力によって建設されたと見られる核施設の存在が判明し、イスラエルが空爆によって破壊するという事件が起こったばかりである。


 日本は、イラク・サマワに陸上自衛隊を派遣するなど、アメリカの対テロ戦に協力してきた。

イラクでは、テロによって奥克彦氏・井ノ上正盛氏という有能な日本人外交官を二人も失い、尊い血の犠牲を払って、テロとの戦いに貢献してきた。

このように、これまで日本はアメリカの信頼に、出来うる限り応えてきたのである。

 もしアメリカがテロ現行犯国家・北朝鮮のテロ支援国指定を解除するならば、日本との信頼関係に亀裂が入りかねない。

それより何より、アメリカ自身が掲げる「テロとの戦い」という大義が揺らぐことになるだろう。

アメリカは、北朝鮮へのテロ国家指定を継続させ、テロとの戦いの大義を強固なものにするべきだ。

 訪米する福田首相も、日米首脳会談でこのことを明確に主張し、テロ国家指定継続を強く求めなければならない。

この問題にどう対応するかによって、福田首相の拉致問題に対する真剣度が試されることになる。

 アメリカも陰謀論者が言うように決して一枚岩ではなく、テロ国家指定解除に前向きな、超現実主義というかリベラルな国務省と、それに批判的なチェイニー副大統領やボルトン氏、シーファー駐日大使のような人達との間で、意見の食い違いを抱えている。

アメリカは決して単一の陰謀によって動いているのではなく、内部の綱引きの結果が、外交としてあらわれてくる。

ボルトン氏やシーファー氏のように、拉致問題で日本の立場に強い理解を示してくれる人達も、もちろんアメリカ人である。

こうした人達への働きかけと協力は重要だ。


banner_04.jpg

↑いつも応援ありがとうございます↓
人気blogランキング


関連記事・外科手術と福田元官房長官

関連記事・将軍さまの心変わり?と日本外交のあり方

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

拉致問題ですぐに心配になったのは、インド洋からの自衛隊引き上げですね。管理人様がおっしゃるような日本の貢献をスルーし、補給艦引き上げはマイナスに作用することが心配です。前の記事にもありましたように、これも「外交はビリヤード」ということでしょうか?

  • 投稿者: fuyuneko
  • 2007/11/15(木) 13:56:19
  • [編集]

>アメリカは決して単一の陰謀によって動いているのではなく、内部の綱引きの結果が、外交としてあらわれてくる。

本当にそう思います。最近、副島隆彦氏の『世界覇権国アメリカを動かす政治家と知識人たち』を読みましたが、これらアメリカの政治家や知識人たちの政治思想を、日本の政治家がどれだけ把握して接しているか?という点に非常に興味を持ちました。(副島氏の本はハッキシ言って、読んでて「うーん???・・・」という事が何度かあったのですが、この本はなかなか良かったです。)

日本と違い、あちらは共通の思想信条によって人脈が成り立っている訳ですから、そこら辺が理解出来ていないと、何をするにしても難しいんでないか?・・・と、逆に“中共”辺りのほうが、そこら辺についてのリサーチは充分過ぎる程、把握している事でしょうね。

シーファー氏ですが、この人の本性はどうなんでしょう?日本擁護の時と、従軍慰安婦決議の時のように、あちら側的な発言をする場合もありますし・・・

前回記事のチャベス氏ですが、まるで“暴れ狂った牛”のようですね。何か、絶対動きがあるだろうから、それからコメントをと思っていましたが、期待通り、動きがありましたから(笑)“謝罪を要求し、同国との関係見直しも示唆した。”との事ですが、どこかの半島によく似てるなぁと、つくづく思いました。この人の場合、過激すぎる発言というより、発言が自らの品位を著しく貶めているところが痛いです。その点、日本の“女性元外務大臣”とヒジョーによく似ていると思います。国王陛下は、逆に権威を高らしめましたが、なんせ“地位”というより、人間としての“器”が断然違い過ぎるので、オハナシにはならないですね。

  • 投稿者: 一郎太
  • 2007/11/15(木) 23:02:31
  • [編集]

拉致は軍事攻撃

キム・ジョンイルの言を前提にすればはねっ返りによるテロですがまったく信用できない人間なのでジョンイルの指令にそった軍事作戦だと考えます。本来なら先制攻撃に対処し軍事行動で反撃する案件です。日本は日米安保で国が守れると錯覚していますが、米国がハワイ、アラスカ、ロサンジェルスを犠牲にしてまで日本を守るとは考えられません。日本は米国のアジア、ユーラシアへの踏み台にされているだけです。早く真の独立を。嫌韓朝・反韓朝ではなく隔韓で消韓朝(中国による併呑)です。

  • 投稿者: fukuro
  • 2007/11/15(木) 23:08:34
  • [編集]

訪米議員団のうちのおひとりの方のサイトです。ブログにはコメントを寄せることもできます。結果も報告されるとのこと、激励のコメントを寄せるのも良いかもしれません。私事では、拉致に関する書籍を今日二冊買いました。

http://jig03.mobile.ogk.yahoo.co.jp/fweb/0708Q07DXbxwEZgc/56I?_jig_=http%3A%2F%2Fmawatari.info%2F

  • 投稿者: 三浦介
  • 2007/11/15(木) 23:32:12
  • [編集]

fuyunekoさん

>管理人様がおっしゃるような日本の貢献をスルーし、補給艦引き上げはマイナスに作用することが心配です。

同感ですね。 サマワでの貢献を忘れてもらっては困ります。


一郎太 さん

>シーファー氏ですが、この人の本性はどうなんでしょう?日本擁護の時と、従軍慰安婦決議の時のように、あちら側的な発言をする場合もありますし・・・

慰安婦問題に関しては、アメリカの保守派でも偏見が根強くて、なかなか日本の主張を理解してくれませんから、トータルの行動を見て、判断すべきではないでしょうか。


fukuroさん

>早く真の独立を。

現実に実行可能な具体策をお持ちで?


三浦介さん

ご紹介ありがとうございます。

ただ、リンク先へ行こうとすると”403forbidden”になってしまうのですが(汗)

  • 投稿者: クロフネ@管理人
  • 2007/11/15(木) 23:38:09
  • [編集]

こんにちわ!
最近、少し忙しいので中々読む時間もありません。
横田さんが少し話題になりましたが、拉致の問題は下火のようです。
国会が本気でないのでしかたないことですが、被害者には酷なことです。

  • 投稿者: donnat
  • 2007/11/16(金) 10:10:01
  • [編集]

donnatさん

日本社会は、本当に拉致被害者に冷たいですよね。

社民とか共産党の人間が、めぐみさんたちの交換捕虜として北へ行くというなら、現状でもかまいませんが。

  • 投稿者: クロフネ@管理人
  • 2007/11/17(土) 02:04:49
  • [編集]

私がコメントしたリンクをクリックしたら自分では行けたのですが…

自民党の馬渡龍治衆議院議員です…

あと、先のコメントですが、別に同盟しなくても利用することはできるのではないでしょうか。
東トルキスタンやチベットの方を連れて証言してもらい、朝韓に「あなたがたは無関係と言い切れるだろうか?間島の朝鮮族の人々は?膨大な軍拡を続ける中国は、朱蒙が興した高句麗は漢族の国という。これが将来的にどういうことを意味するか、考えてみて欲しい。我が国にとっても中国の軍拡は脅威だが、順番から言ってそちらが先ではないだろうか?反日はやめた方がいい。過去ではなく今の、そしてこれからの日中を改めて冷静に比べてみてくれないか」

北は、最近アメリカに、自国を対中国パートナーとして用いないかと言いました。いつもの振り子外交でしょうが、一分くらいの本音もある気がします。虚実の駆け引きです。

  • 投稿者: 三浦介
  • 2007/11/17(土) 04:11:35
  • [編集]

三浦介さん

>あと、先のコメントですが、別に同盟しなくても利用することはできるのではないでしょうか。

そうですね。もちろん、やり方次第で同盟せずに利用することは出来ると思います。

ただ、どうでしょう。

日本が何か言うと、南北朝鮮がひねくれて逆へ逆へと行きそうな気がします(苦笑)


ところで現在の南北朝鮮の仮想敵は、日本だけでなく中国もだと思います。そのために南北そろってアメリカに擦り寄っているというのが私の分析です。

>私がコメントしたリンクをクリックしたら自分では行けたのですが…

やっぱり403でした。

うちのPCかプロバイダーが先方に規制をかけられているのかも。何か悪いことしたのでしょうか(涙)

  • 投稿者: クロフネ@管理人
  • 2007/11/17(土) 22:37:36
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する


・いつもコメント&TBありがとうございます。

アダルト系ブログからの、サイトポリシーに違反したコメント・TBが後を断たないため、受信したコメント・TBを管理人が審査することにしました。

サイトポリシーに違反したものについては予告無く破棄します。

また問題の無いコメント・TBを頂いても表示されるまで少し時間がかかります。 悪しからず御諒承ください。

「管理者にだけ表示を許可する」にチェックを入れると、管理人だけが読める非公開コメントになります。 非公開コメントを下さる方のプライバシーを尊重し、あえてお返事をしておりませんが、「公開コメントでも良いのでレスが欲しい」という方は、非公開コメントにその旨をお書き添えください。
                

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。