初めていらっしゃった方へ

スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国連中心主義とアメリカにつける鈴

  • 2007/11/10(土) 00:08:59

 テロ特措法の延長に反対した小沢民主党。
その小沢党首が掲げているのが国連中心主義である。

「憲法9条を死守せよ」と叫びつづける人達にも、国連は大人気だ。

今日は、国連中心主義について考えてみたい。

 民主党にしろ9条死守派にしろ、国連を熱狂的に支持する人達は、まずアメリカへの抜きがたい不信感があって、「日米同盟を廃止しなければ、日本は戦争に巻き込まれる。だから日本の主権を国連に委譲して国連に守ってもらうべきだ」と考えた結果のようである。

 日本人にとって、政府はすべての国民をほぼ平等に扱ってくれる中立・公平な存在と言える。

Aさんの家から「火事です」と119番通報が入ったらすぐさま駆けつけてくれるが、Bさん家の場合は放置したまま、といったようなことはまず起こらない。

国連を熱狂的に支持する人達は、日本国内の常識をそっくり国際社会に適用し、日本国民→日本国、日本政府→国連のように当てはめて、「国連は日本を含むすべての国を、中立・公平に扱ってくれるのだから安心」というイメージを持っているように思えてならない。

世界や国際政治を知らない人ほど、こういった誤ったイメージを持ってしまうのではないかと思うのだが、国連は中立・公平な世界政府では決して無い。

 もし中国が日本を侵略したら...おっとっと。

国連を崇拝する人達は、たいてい熱烈な反米主義者だから、「中国が日本を侵略」といっても、「中国軍の相手はアメリカであって、日本がアメリカと手を切れば、中国は絶対に日本を侵略しない」みたいな事を言い出すdaydreamerになってしまうので、例えを変えよう。

もしアメリカが日本を侵略したら、公平中立な国連が国連軍を結成して、日本を助けてくれるだろうか?

答えはNOである。

アメリカに侵略された日本からのSOSで、国連安全保障理事会が開かれ、日本を助けるための国連軍派遣の是非を問う話し合いがもたれたとしても、安保理の常任理事国であるアメリカ自身がveto(拒否権)を行使すれば、国連軍は永久に結成されない。

だから国連が日本を助けてくれることはあり得ないのである。

アメリカはvetoを使えば、安保理の議題としてそれを取りあげることすら阻止できる。

実際、アメリカが日本を侵略するというのはまずあり得ないと私は思っているが、この例えを使えば、熱狂的な反米国連主義の人達にも国連の欠陥を信じてもらえることだろう。

百歩譲って国連軍が結成されたとしても、アメリカの侵略行為をストップして日本を救い出すことなんてまず出来ないだろう。

なぜなら、アメリカ以外の全世界の軍事力をかき集めて国連軍を結成しても、アメリカ一国にかなわないからである。

 「9条を死守せよ」と叫ぶ国連中心主義者が、「国連改革が実現すれば、横暴なアメリカの侵略行為をやめさせられる」なんて議論を良くやっていて、微笑ましくてニヤニヤしながら眺めているのだが、あたかもネズミ同士が「どうやったらライオンの首に鈴をつけられるか」相談しているように私には見える。

(あるいは「パンが無くて飢え死にしそうなら、ケーキを食べれば良いじゃない?」か)

ライオンに次々と仲間を食われたネズミ同士が集まって、どうしたら横暴なライオンの残虐行為をストップさせられるか相談していた。

あるネズミが「ライオンの首に鈴をつければ万事解決だ。 鈴が鳴ればライオンが来たことがわかるので、鈴の音で危険を察知して逃げればいいじゃないか」と言った。

すると皆が「それはすばらしいアイデアだ」と絶賛したが、一匹のネズミがこう言った。

「じゃあ、俺らのうち、誰がライオンの首に鈴をつけに行くんだ? ライオンに食われずに鈴をつけられるやつが俺達の中にいるのだろうか?」


 ならば「9条を死守」「日米同盟破棄」を叫ぶ国連中心主義者さんの希望がどうやったらかなえられるか教えよう。

憲法を改正して日本が核武装し、防衛費のGDP1%ワクを取っ払って通常戦力も強化、国産兵器の輸出を解禁して国家財政を助け、防衛負担を軽減してやれば良い。

こうすれば、日本の安全保障政策の自由度が高まり、国連中心主義者の言うように「アメリカのせいで戦争に巻き込まれる」ことも無くなろう。

日本の安保政策の自由度を出来るだけ高めて、外国に左右されないようにしてしまえば、あとは国連に協力するなり何なり好きに出来る。

つまり、国連中心主義者の言ってきたことと正反対のことをやれば良いわけだ。


 第二次世界大戦が終わり、国連をつくるにあたって採用された安全保障のコンセプトは、世界の安全は最終的に、米・ソ・英・仏・中の常任理事国(P5=permanent five)を中心とする国連軍の軍事力によって守る、というものだった。

ところが国連が出来てもう60年以上経つのに、いまだかつて国連憲章に基づく正規の国連軍が結成されて、世界の平和が守られたというためしは無い。

1950年の朝鮮戦争の場合、北朝鮮の侵略によって韓国の安全が脅かされたために、安保理は”国連軍”の派遣を勧告したが、北朝鮮の侵略行為を助け、紛争の当事者となったソ連は安保理を欠席した。(同じく当事者の中共は、まだ常任理事国ではなかった)

兵力の9割以上をアメリカ軍が占め、ソ連を除いた16ヶ国から成る実質的には多国籍軍が”国連軍”として派遣され、北朝鮮軍とそれを後押したソ連軍と戦ったのだった。

非公式なものにしろ”国連軍”が、安保理の常任理事国・ソ連の軍隊と戦うとは、たいした矛盾である。

 近年においても、民族紛争防止のためマケドニアに国連予防展開隊(UNPREDEP)が派遣されていたのだが、コソボ紛争の飛び火を防ぐために、国際社会からUNPREDEPの駐留延長が強く求められたにもかかわらず、中国がvetoをつかってUNPREDEPは撤退を余儀なくされた。

マケドニアが中国と敵対する台湾と国交を持っていたことに対する、国連を利用した中国の卑怯な復讐劇だった。

アメリカやEU、カナダなどが中国を非難したが、何の効果も無かった。

 民族浄化が深刻な問題となっているダルフール紛争においても、紛争当事者であるスーダン政府から石油を買う中国が長年vetoをちらつかせて、ダルフール紛争解決のための国連平和維持部隊派遣を妨害してきた。

中国が国連を利用して何故スーダン政府をかばうのか?

スーダンは全土に石油が眠っており、スーダン政府が反政府ゲリラをやっつけて占領地を拡大すればするほど、中国国営石油会社が開発できる油田は多くなるからであり、内戦のために武器が欲しいスーダン政府軍に中国製兵器を売りつけてボロイ商売が出来るからである。

中国製兵器による戦争に苦しむダルフールの人達に悲痛な叫び声が、国連に届くことは無い。

 国連は、特に安保理のP5が紛争の当事者・利害関係者となってしまうと、たちまち機能不全に陥ってしまう。

国連による集団安全保障というコンセプトは、はじめから破綻していたのである。

逆にいえば、国連とはvetoをもつP5の私利私欲によって、いかようにも歪められるものであり、決して多くの日本人がイメージするような、
”公平中立な世界政府”では無い。


小沢民主党など、日本の国連中心主義者が言うように、私利私欲に歪められた現在の国連に日本の主権や自衛権を委譲してしまうことが、どれほど危ういことかお分かりいただけたことと思う。

例えアメリカに侵略されても日本を助けるために国連軍は結成されないし、されたとしても日本を救えないということについては、前に述べた通り。

国連中心主義者が理想化する、国連に日本の自衛権を委譲する行為とは、結局、アメリカに委譲することとほぼ等しいにもかかわらず、彼らはせっせと自爆行為に励む。

彼らはそのことに気がつけない。

 国連を”公平中立な世界政府”にするために改革しようとしても、vetoをもつP5の利害に反する限り、それを強力に阻止しようとするだろう。

だからこそこの60年、国連改革が一向に進まなかったのである。

そもそも”公平中立”というのは誰が決めるのかという根本的な問題からして私には疑問だが。

banner_04.jpg

↑国連幻想から目が覚めたという方はポチッとしてください↓
人気blogランキング

関連記事・小沢さんの国連中心主義で戦争に巻き込まれる日本

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

それよりさらにありそうな話は

日本を中国が侵略しても国連軍は中国のvetoにより日本をたすけてはくれないですね.それこそありそうな話ですね...

  • 投稿者: 人生の厄介息子
  • 2007/11/10(土) 02:36:04
  • [編集]

日本の利害、特に生死に関わる重大な事柄ほどP5の内の2(中共+露西亜)がVETOで潰しにかかる事は二十分警戒せよ。両国と日本は犬猿の仲だ!!

  • 投稿者: 特亜消尽
  • 2007/11/10(土) 03:51:26
  • [編集]

意識改革

なまじ「国連」と訳すから問題が隠匿されるのであって、「連合国」と訳すことこそ、事の本質を浮き立たせることに繋がると思います。
連合国の中ではいくら経済大国でも「外様大名」なのです。P5の側が自らの消耗を避けるために一目置いてくれているだけで、そこでの振る舞いには常に緻密さと高度な計算の下に、無用な消耗を極力避けることが求められます。

と同時に、自由貿易の恩恵を最大限に享受している事の意味に目を向ける必要があります。この点に気がついている日本人が余りに少ないのは大変な危機だと思います。正面切って語っている有識者を寡聞にして知りません。我が国の本当の競争力の源泉が何であるのか、教育体系から巧みに外されている現実は如何ともし難いのですが、平和の中であっても自由貿易が維持される保証はどこにもありません。

我が国のアキレス腱について、これもやはり国民的なコンセンサスが得られない感じがするのですが、観念よりは現物に目を向けて議論できる土台が必要です。歴史を語るのは、生存するものの権利と考えるのが道理です。我が国は生存するための前提を高い比率で他国に依存しています。この依存は決して相互依存ではないことに気がついて欲しいものだと思います。

  • 投稿者: クマのプータロー
  • 2007/11/10(土) 06:32:06
  • [編集]

はじめまして。

国連に過剰な期待を持つ人々は、アメリカ不信もさることながら、自国日本に対しても不信感を持っているように思います。

戦後の自虐史観と言われるもの、教育によるものなのか、
今の日本を戦前の日本と同一視していているのか、
日本人が自国を信用しないように、徹底的に叩きこまれたものがあるような気がします。
そこに付け込んで、日本と日本人を利用しようとする隣国や共産主義や宗教などの反日勢力に気づいて、日本が立ち直れるように願っています。

  • 投稿者: シーガル
  • 2007/11/10(土) 09:01:20
  • [編集]

クロフネさま。
判り易いたとえありがとうこざいます。
「猫に鈴」の話しと同じ構図になる、ということはも気がつきませんでした。
たしかに「中国の脅威うんぬんするならアメリカのほうがもっと軍事的脅威だ」
「過去にアメリカが衛星破壊実験をしてるのに中国の衛星破壊実験を非難するのはおかしい」
という方々が次に持ち出すのは「国連」の二文字のことが多いです。
いまさらなんですが「UnitedNation」を「連合国」と素直に翻訳しておけばこんなにまで幻想が蔓延せずにすんだのではないかと思ったりもします。

  • 投稿者: sdi
  • 2007/11/10(土) 11:14:46
  • [編集]

敵国条項を持ち、日本を侵略しても良いとする国連に、日本の命運を預けるのは、異常。

  • 投稿者: とおる
  • 2007/11/10(土) 16:03:14
  • [編集]

 黒船様に完全に同意です。
国連は世界政府(どんな国民にも公平な国内政府を国際社会にあてはめた組織)とはまったく違うわけですね。国際政治学ではよく国際社会を「アナーキー(無政府状態)」といったりします。

 国連を世界政府にする改革が不可能な以上、各国は軍を保持し苛烈な世界で生きていかなければならない。それは破綻国家の国民一人一人がAKをもって自分の家族を守らなければならないことに似ています。

  • 投稿者: トロイメライ
  • 2007/11/10(土) 22:21:42
  • [編集]

人生の厄介息子さん

>日本を中国が侵略しても国連軍は中国のvetoにより日本をたすけてはくれないですね.

可能性としてはこちらの方が上ですね。


特亜消尽さん

>日本の利害、特に生死に関わる重大な事柄ほどP5の内の2(中共+露西亜)がVETOで潰しにかかる事は二十分警戒せよ。

北朝鮮の核武装を助けたのは、中露ですものね。


クマのプータロー さん

>と同時に、自由貿易の恩恵を最大限に享受している事の意味に目を向ける必要があります。この点に気がついている日本人が余りに少ないのは大変な危機だと思います。

その通りだと思います。

自由貿易こそ戦後日本の繁栄を支えてきたものであり、それを失った戦前の日本は亡国の憂き目にあったわけです。

自由貿易が空気のように当たり前の存在と考えているであろう日本は、歴史から何も学んでいないと言わざるを得ません。


シーガル さん

>戦後の自虐史観と言われるもの、教育によるものなのか、今の日本を戦前の日本と同一視していているのか、日本人が自国を信用しないように、徹底的に叩きこまれたものがあるような気がします。

マスコミと日教組などの教育界が強力なタッグを組んで、日本の空気を作り出してきた結果でしょう。

大江健三郎被告なんかも、その片棒を担いできたと言えます。


sdi さん

>いまさらなんですが「UnitedNation」を「連合国」と素直に翻訳しておけばこんなにまで幻想が蔓延せずにすんだのではないかと思ったりもします。

強く同意です。

別の方もおっしゃていましたが、”国際連合”という意訳が、すべての誤解のはじまりですね。


とおる さん

>敵国条項を持ち、日本を侵略しても良いとする国連に、日本の命運を預けるのは、異常。

その国連に、世界で2番目に多く分担金を払っているのも日本ですから(苦笑)


トロイメライさん

>国連を世界政府にする改革が不可能な以上、各国は軍を保持し苛烈な世界で生きていかなければならない。それは破綻国家の国民一人一人がAKをもって自分の家族を守らなければならないことに似ています。

悲しいことですが、それが真実ですね。

それから目をそらしてはいけないと思います。

  • 投稿者: クロフネ@管理人
  • 2007/11/10(土) 23:39:49
  • [編集]

国連中心主義?はあ?

 そもそも日本の国連の常任理事国就任には、
 反日国家「韓国」ばかりか「アメリカ」まで賛成していないのにもかかわらず、小沢氏が国連重視を打ち出すのは、日本人として理解に苦しみます。
 実際の話、国連の組織はかなり腐敗がひどくて、大国が問題国家に拒否権をお金で売っているとも噂されています。
 小沢氏が国連を重視するのは、まさか韓国人が事務総長をつとめているからでないでしょうね。
 小沢氏は、議員秘書に韓国人を使うなど、なぜか韓国に異常な思い入れがありそうだからです。
 くわばら、くわばら。

  • 投稿者: 憂国民
  • 2007/11/11(日) 18:25:43
  • [編集]

私は、国連の力など全くアテには出来ないと思います。
昨日、東トルキスタン(=新疆ウイグル自治区)の独立運動の女性リーダーである、ラビア・カーディルさんの講演会に行って参りましたが、現在の中国では少数民族に対し、想像を絶する程の残虐性に満ちた様々な弾圧、迫害が現在進行形で行われているのです。中共が武力で侵略した地域で、多くの人々が殺戮され、非人間的で残虐極まる拷問に掛けられ苦しんでいる現状であっても、国連は事実上、何の力も行使出来ずにいます。ラビアさんの訴えを聞きながら、常任理事国なら何でも有りなんだろうか?・・・と、思わず考えてしまった程です。

こういう組織に安全保証を委ねるだなんて、小沢は本気で考えているのでしょうか?彼には、まず、チベット・東トルキスタンの現状と国連の関わりをよーく理解してもらった上で、そのような発言をしてもらいたいと思います。(おそらく、彼にはチベットや東トルキスタンの事など、なーんにも解かっちゃいないと思いますが)

イザという時はアメリカが日本を守ってくれるだなんて、妄信的になるのも、ヒジョーに危険。当たり前の事ですが、日本も自国の領土は自国の力で守らなければなりません。

  • 投稿者: 一郎太
  • 2007/11/11(日) 23:41:56
  • [編集]

国連主義もアメリカ主義もダメ!

中国・ロシア・米国が常任国の国連は当てにはならない。
アメリカ主義も同じ、自国の利益を優先する国家に頼って何ができる。
戦争ごっこを言っている国連の仲間意識を持って安心するか、アメリカの下で子分になって威張っているか。
どちらにしても願い下げだ。
自国は自国で守る。これが真実だ。
(どういう方法かは、議論がいるが)

国際協力を叫ぶなら、国益を考えないなら、国際救助隊(サンダーバード)を自前で設立し、敵味方関係なく、被災者を助ける正義の味方を気取って頂きたいものだ。


冗談はさておき、小沢も福田もその周りも本気で、国連主義もアメリカ主義も叫んでないと私は考えている。
(孤立する事を妙に恐れている所はあるが・・・)

しかし、
しかし、その話題を真剣に議論し、その声を聞いた人が真剣に議論している。
本音と建前を使い分けるのは日本人の得意とする分野ではないのか?
“国連主義もアメリカが助けてくれるなど、誰も信じていない。”と思っているのだが、やはり信じている人はいるのだろうか?
馬鹿な議論をしているテレビを冷やかな目で見ながら、真剣な振りをしているだけだと思いたいのは私だけだろうか?
アメリカ・ロシア・中国・北朝鮮・韓国との確約のない約束など、UFOやエスパーを信じるのと同じだと知っているが、騙されているふりをしているだけだと思いたいのは私だけだろうか?
日本人は馬鹿なのか、馬鹿なふりをしているだけか解らなくなってきたこの頃である。

  • 投稿者: donnat
  • 2007/11/11(日) 23:43:00
  • [編集]

憂国民さん

>小沢氏が国連を重視するのは、まさか韓国人が事務総長をつとめているからでないでしょうね。
>小沢氏は、議員秘書に韓国人を使うなど、なぜか韓国に異常な思い入れがありそうだからです。

本当にありそうだから怖いですよね。


一郎太さん

>昨日、東トルキスタン(=新疆ウイグル自治区)の独立運動の女性リーダーである、ラビア・カーディルさんの講演会に行って参りましたが、現在の中国では少数民族に対し、想像を絶する程の残虐性に満ちた様々な弾圧、迫害が現在進行形で行われているのです。

カネのために国連加盟各国が、東トルキスタンやチベットでの中共の民族浄化政策から目をそらし続ける状況は、いつまでつづくのでしょうか。悲しいです。


donnatさん

>“国連主義もアメリカが助けてくれるなど、誰も信じていない。”と思っているのだが、やはり信じている人はいるのだろうか?

素で信じている日本人はかなり多いような気がします。

  • 投稿者: クロフネ@管理人
  • 2007/11/13(火) 00:55:49
  • [編集]

 はじめまして、いつも興味深く読ませていただいております。
 わが国には、「実るほど、頭を垂れる稲穂かな」とか「負けて勝つ」とか「位打ち」とかの、知恵が昔から存在しています。ご存知と思いますが、「位打ち」とは、身分不相応な位を与えて、運気、精神を狂わせ滅亡させる戦術ですね。義仲、義経、実朝は横死、秀吉は一代天下と、なかなかのものです。
 わが国の周りの国々、米、中、朝鮮半島、ロシア、いずれも、実るほど頭を垂れるどころか、ふんぞり返る方々ですから、位打ちが、よく効くのではないかと思います。
 すでに韓国人の国連事務総長がいますから、半島人の異常さが世界中に晒されます。位打ちとなります。
 中国には、位打ちの為、空母艦隊を作らせてやれという先生がいます。空母は維持費が膨大で、アメリカでも、もてあますそうですから、軍事費でソ連のように崩壊するという読みです。
 アメリカは、唯一の超大国という言葉で、自己陶酔して、自ら位打ちをして、中東民主化とか、永久対テロ戦争をして、国富消尽をしています。友人として忠告したいけど、この国もふんぞり返るタイプですから、耳を傾けないでしょう。
 普通の大国に、遠からずなるでしょうから、日米安保も、そろそろ、考え直したほうが、よかろうかと思います。
 あ、ついでに申し上げますが、国連中心主義とは、なかなか、ずるい策です。国際貢献など、所詮、どぶ浚えですから、アーミテージに言われて出かけるより、安保理事会の議決で出かけるほうが、出かける回数が少なくなります。P5が合意することなど、めったにありませんから。
 サントリーボスの宣伝ではないですが、このろくでもない惑星の住民のために、そんなに、どぶ浚えはしなくてもよいでしょう。

  • 投稿者: はかたのさとう
  • 2007/11/13(火) 10:44:14
  • [編集]

国連など田舎の信用組合みたいなものだと言った防衛庁長官がおりましたが、これは田舎の信用組合に対する侮辱です。
はっきりいって、暴力団の組長が町内会の理事をやっているのが(しかも町内会費を殆ど払わない)、現在の国連です。

  • 投稿者: シロ
  • 2007/11/13(火) 12:36:11
  • [編集]

はかたのさとう さん

>中国には、位打ちの為、空母艦隊を作らせてやれという先生がいます。空母は維持費が膨大で、アメリカでも、もてあますそうですから、軍事費でソ連のように崩壊するという読みです。

位打ち、わからなくもないのですが、一点だけ。

私も、いきなり中国が空母機動部隊を使いこなせるとは思えないのですが、それがあるのと無いのとでは大違いです。

で、日本の保守派の一部に、中国が空母を保有することについて嫉妬心があるのか、「どうせ空母を持ったって使えないよ」という自らの願望と油断がない交ぜになった危険な考えを持つ人達がいます。

私は、中国が失敗することを前提にするのではなくて、空母を使いこなすことを前提に、日本の防衛政策をたてるべきだと思います。

先進国と中国とではコストが違いますし、日本より貧乏だったのにだいぶ前に核武装したという事実もあります。


シロさん

今の国連は、決して奇麗事で済むところではありませんよね。

  • 投稿者: クロフネ@管理人
  • 2007/11/13(火) 23:30:13
  • [編集]

お礼

 お返事ありがとうございます。では、また、考えて見ます。
 あ、そうそう、空母は着艦より、発艦のほうが難しいそうです。完全なノウハウを持っているのは、アメリカだけだそうです。

  • 投稿者: はかたのさとう
  • 2007/11/14(水) 10:18:04
  • [編集]

>お礼

はかたのさとうさん、ご丁寧にありがとうございます。

こちらに質問なさってきて、それに長文レスでお答えしても、「わかった」とも「わからない」ともお返事くださらない人がたまにいて、非常に悲しくなるのですが、はかたのさとうさんのような、礼儀正しいレスを頂けると正直、非常にうれしいです。


>空母は着艦より、発艦のほうが難しいそうです。完全なノウハウを持っているのは、アメリカだけだそうです。

カタパルトの技術ですね。

これは今のところアメリカの独走ですね。

ロシアはカタパルト技術がモノにならずスキージャンプ方式ですし、フランスの空母シャルル・ド・ゴールも、カタパルトはアメリカの技術じゃなかったでしょうか。

中国も、スキージャンプ方式となりそうですが...

  • 投稿者: クロフネ@管理人
  • 2007/11/15(木) 00:24:17
  • [編集]

第二国連をつくれ

日下公人さんが提唱する「第二国連をつくれ」に賛同したい。
現国連は、ニューヨーク国連本部同様、拡張に次ぐ拡張であまりにも複雑怪奇になり、使い勝手が悪く、おまけに老朽化も著しい。
それならば新天地に最新最高の本部ビルを設計建設するように、新しい国連を作るべきだろう。すべてをリセットして。

新国連の理念を有志国で検討し、その理念に賛同した国家、NGOにのみ参加してもらう。現国連とは別の領域で活動するから、現国連を否定するものではない。戦前の国際連盟の中心メンバーであった日本が三番目の国際連合の発起人になる資格は十分にある。その代わりに日本は新国連の発起人として、資金も人材もたっぷり提供する。

  • 投稿者: 朝日将軍
  • 2007/11/16(金) 11:24:09
  • [編集]

朝日将軍さん

私は、サミットを第二の国連にならないかと考えています。

  • 投稿者: クロフネ@管理人
  • 2007/11/17(土) 02:54:12
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する


・いつもコメント&TBありがとうございます。

アダルト系ブログからの、サイトポリシーに違反したコメント・TBが後を断たないため、受信したコメント・TBを管理人が審査することにしました。

サイトポリシーに違反したものについては予告無く破棄します。

また問題の無いコメント・TBを頂いても表示されるまで少し時間がかかります。 悪しからず御諒承ください。

「管理者にだけ表示を許可する」にチェックを入れると、管理人だけが読める非公開コメントになります。 非公開コメントを下さる方のプライバシーを尊重し、あえてお返事をしておりませんが、「公開コメントでも良いのでレスが欲しい」という方は、非公開コメントにその旨をお書き添えください。
                

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。