初めていらっしゃった方へ

スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

KなんてYめなくていい。(最終回)

  • 2007/10/19(金) 23:04:49

前回のつづき

 こういうことを言うと怒られそうだが、私は「日本というのはお金持ちだが、世界の田舎者」だと思っている。

そして田舎者であることを自覚して行動することが大切なのではないか。

「じゃあ、中国や韓国は田舎者じゃないのか?」と言われそうだが、彼らも田舎者である。

ただ、数千年にわたって異民族を支配したり、支配されたりしてきたことが、日本と決定的に違う。(韓国の場合は、「支配されたり、支配されたり」だが)

幸か不幸かそのおかげで、中国にしろ韓国にしろアラブにしろ、異民族との付き合い方では、日本より経験を積んでいる分、有利なのである。

これは日本の空気を読む文化が、彼らの文化に劣っているとか負けたとかそういうこととは関係無い。

南京や慰安婦問題を見てもわかるとおり、たとえキチ○イじみていても強く自己主張する方と、場の空気と和を尊重して自己主張を控える方、どちらが国際社会で支持を得られるかと言えば、たいてい自己主張した方である。

 最近、日本と中国に共通する巨額の対米貿易黒字とそれに対するアメリカの対応を比較して、「アメリカは中国と手を組み、中国を保護しているが、日本は徹底的に叩いてきた」という感情論がみられるようになった。

実はこの問題にも、日中の対米外交における自己主張の上手・下手がからんでいる。

日米貿易摩擦が激しかったころ、佐藤栄作首相は「腹芸で行きましょう」といって日米首脳会談にのぞんだ。

直接的な言葉のやり取りによらず、あうんの呼吸で相手の空気を読みましょう、以心伝心で行きましょうということだろう。

だが、アメリカ側には相手が話した言葉以上の意味をあれこれ深く推理して、空気を読むという文化が希薄だ。

日米貿易摩擦を解消するための交渉で、日本の政治家や官僚・外交官は「前向きに検討します」とか「善処します」といった官僚言葉を使った。

空気が読める日本人同士なら、この言葉がただのお愛想で、実際は何もしない可能性が高いことが理解できる。

しかし、言外の意味を深く読もうとするのではなく、言語を文字通り受け止める文化、空気を読まない文化のアメリカ側はそうはとらなかった。

「善処する=日本が対米貿易黒字の解消を約束した」と受け止めたのである。

だが、日本は何もしない。善処=単なるお愛想だから。

アメリカ側はそれを見て、「日本がだましやがった。あいつらは何を考えているかわからない」と激怒し、日本への不信感から「人をだますようなアンフェアな日本は、激しく叩かれてもしょうがないだろう」と感情的になっていく。

こうして不幸にも日米貿易摩擦がどんどん深刻化し、こじれていった。

参考 

 異民族との交流の経験が豊富な中国は、へんな誤解を招くような、あいまいな事をアメリカに言うようなことはしない。

出来ないことは出来ないときっぱり自己主張する反面、アメリカの要求を飲んで、ほんの少しずつ人民元を切り上げたり、国家主席がアメリカを訪問するときは、シアトルのボーイングフィールドを訪れて、アメリカ製旅客機をど~んと50機ド派手に発注して、アメリカのご機嫌をとったりしてガス抜きをすることができる。

アメリカの対応が日本と中国で違うのは、アメリカの陰謀とか中国のやっていることが正しいとかいうことではなく、異文化交流のスキルにおいて中国の方が上で、日本が下ということが大きいと思う。

異文化交流の下手さ加減で言えば、日本のエリートのはずの官僚も政治家も国民レベルと大差ないのではないか。

 こういうことは外国語が堪能かどうかというスキルとはあまり関係ない。

「語学能力をとるか、異文化交流能力をとるか、どちらか一つ」と言われれば、私だったら後者を選ぶ。

日本の外務次官が北朝鮮代表と会って、相手の空気を読んだ結果、「拉致問題の解決はあきらめました。日本はウン兆円を北朝鮮に払って国交正常化します」と完璧な朝鮮語で売国するぐらいなら、

しっかりと自己主張できる外交官が、「拉致問題はお前たちに必ず償わせる。正日総書記の代で解決しないなら、後を継いだ息子を裁判にかけてでも解決してやる」といったことを、朝鮮語通訳を介して北朝鮮側にキッパリ言う方が100倍マシである。

 よく小学校から英語教育を導入しろという意見があるが、まったく手付かずになっている、空気をあまり読まない国際社会で生きていくスキルの方を教えてやってほしい。

それには、日本の文化や歴史、それによって培われた哲学を教えてやらなければならないし、自分とは違う文化の人たちに理解してもらえるように、論理的に考え、それを臆することなく表現する力もつけてやらなければならない。

これがあってこそ、外国語教育が生きてくるのではないか。

(日本の文化や歴史をちゃんと教えようとすると、爬虫類脳でしか行動できない連中が「皇民化教育・軍国教育の復活だ」などと言い出すわけだが)

 私は、ちゃんと教えれば日本人にも、空気をあまり読むことをしない国際社会で生きていくスキルは身につくと思う。

そして、論理的に考え、それを積極的に自己主張する能力を身につければ、日本はまだ計り知れないポテンシャルを持った国だと思う。

 世界に出て勝負している日本人は、表現能力や論理的思考力の重要性、そのバックボーンとなる自分なりの哲学や価値観の構築の重要性が痛いほどわかるのではないかと思う。

世界に出て勝負している人ほど、「自分とは何か、日本人とは何か、日本文化とは何か」を知ることの必要性を痛感して、内面に自分なりの哲学を構築するようになるのではないか。

以前、サッカー選手の中田英寿氏へのインタビューが物議をかもしたことがあった。

正確なやりとりは忘れたが、まず日本人インタビュアーが、「前半は、良い試合ができていたと思います」みたいなことを言って、当時の中田選手が「はい。で?」みたいな返答をして、インタビュアーが、かわいそうなくらいパニック状態になってしまって、中田英寿氏の対応について賛否両論がまき起こった。

日本人インタビュアーが中田選手に読んでほしかった空気としては、「前半は良い試合だったので、その戦評を述べてください」ということだったのだろうが、イタリアやイングランドといった海外でのプレー生活が長く、自分とはまったく違う文化を持つ人たちと、イタリア語や英語で、言葉をその文字通りにコミュニケーションすることに慣れた中田選手は、日本の、相手の空気を読んで言外の意味をあれこれ推理するという文化に、違和感を感じるようになっていたのだと思う。

さまざまな文化的背景を持つ人たちにもまれて世界で競争していると、自然とそうなってしまうのかもしれない。

正確なインタビュー内容がありました)

 世の中にはゼロサムでしかモノを考えられず、他人もそうだろうと決めつける人がいて、私は非常に苦手なのだが、私は、空気を読む日本文化が100%ダメだと言っているわけではない。 

もちろん、外国人だって相手を思いやる気持ちはある。相手の心情を推理もする。国際社会の常識だってある。

それは程度問題である。

ゼロサムでモノを言っているのではなくて、日本国内で、日本人同士では、空気を読む文化も良いだろうが、世界で、自分たちと異なる文化を持つ人たちと交流するときに限っては、空気なんて読めなくていい。

むしろ「相手がどう思うかな、場の空気を乱さないかな」なんてあれこれ気をもんで、自己主張を控えてしまうのではなく、言葉ではっきりと自分の考えを主張することが大事だと言いたいのである。


国際社会では、自己主張しなければ何も勝ち取れないと思うし、日本人がただ黙っていれば「こちらの意見に同意した」「日本人は、自分の意見を持たない能力の低い人たち」「何を考えているのかわからず不気味」と誤解されかねない。

国際化がすすんで、もはや日本の地方都市でも外国人が珍しくなくなった。

 自己主張が強い中国やインド、ロシアが台頭し、日本が国際社会での厳しいサバイバルに直面している、そんなご時世なのに、今さら”KY”なんて言葉が流行語大賞候補とは、ほんとうにガックリくる。

”主張する外交”を掲げた安倍政権が倒れてから、日本文化の悪い面を濃縮したムラ社会へと復古しつつあるというか、国際化に逆行し、日本だけ脳内お花畑に引きこもることを理想化するような、きわめて日本らしい左翼文化の復活という意味で、日本社会が保守化しているように感じられる。

朝日新聞などは、おおはしゃぎで「KY・空気読め」なんて言っていたように思うが、クオリティ・ペーパーと言うよりは、「自分は世界の地方紙」つまり世界のド田舎新聞だと宣言しているようなものではなかろうか。

やだねえ、やだやだ。


<了>

---------------------------------------


 読者の皆さんは、普段このブログを読んでいて、日本語がクドく冗長で何か違和感を感じたことはないだろうか?

日本語は、主語を省略したり、あれ・それといった言葉を使ったりと、受け手の類推力・「空気を読む」能力が要求される言語ではないかと思う。

 実は意識的に、そうしたことを避け、繰り返しになってもなるべく主語を明示し、あいまいな言葉、思わせぶりな言葉を使わないようにしてきた。

 その理由は、記事の内容を正確に伝えたいということが一点と、読者さんが知らず知らずのうちに、空気を読まないコミュニケーション、文字をそのまま受け止めるコミュニケーションに慣れることができるようにという意図があったからである。

そして管理人の文章力のなさも...(苦笑)



banner_04.jpg

↑あなたのワン・クリックがこの国を変えます↓
人気blogランキング

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

スマイルタウン 小学英単語800 ~5人の愉快

小学3年生になる子供が英語に興味をもちはじめたので、まずは単語を・・と思い購入しました!インストールも簡単に完了。買ってすぐ、夢中になってます。ゲーム感覚と可愛いキャラがうけてるみたいです。レベル初級はかなり簡単にかんじました。小学低学年の方にもお薦めな感

  • From: 小学校教育がたくさん |
  • 2007/10/31(水) 08:33:44

この記事に対するコメント

どんどん広義になっていくKY

鉛筆からミサイルまで、世界中からモノを買い、世界中へモノを売る総合商社の方々はどんな言葉を使っているのでしょうか?

ビジネスなので、シンプルな意思表示が出来るという意味では外交官より考慮事項は少ないのでしょうが、交渉相手によってはより本音がにじみ出る場でもあると思います。その意味では、総合商社で10年以上駐在員をやっている方々を外交官として登用するのもありかな、と思います。

場に応じた事を喋るのは、大人としての最低限のモラルだと思うのですが、こうしたことまでKYに含めるのはどうかと思います。古今東西、どこの国に行っても変わらない真理だと思うのですが・・・。

  • 投稿者: クマのプータロー
  • 2007/10/20(土) 08:44:59
  • [編集]

KY(3回)、考えさせられました

今回のテーマ「KY(空気を読む)」には、色々と考えるところが多く。勉強になりました。

私も気づかないうちに主語を抜いて買いているような気がします。もちろん、私は自分の書いた文章で言いたいことが正しく伝わっているなどと考えていません。
返っててくる言葉を聴いて、「伝わっていないな!」と感じることは多々あります。
私はこれを「言葉の限界」または「言葉の不連続」と言っています。
相手と何度も会話を繰り返し、言葉のキャッチボールの果てに、相手の思考を考えて言葉を選び、会話を成立されていく。そういった過程が当たり前と考えています。
ですから、自分の意図が相手に伝わっていないことにあまり悩むことはありません。
しかし、知らず知らずのうちに主語を省略したり、“判ってるよね”という感じで文章を書いていることを少し反省しているところです。

ただ、私の経験的に前振りの長い会話は嫌われますので、結論を言ってから前振りを話すように心掛けているつもりです。しかし、結論を先に言うとその結論に対してに論理展開を始める方が多く、肝心のどうしてそこに至ったのかという会話を聞かない方も多く。どうやって伝えようかと悩むところです。
また、会話の流れから本題が外れ、肝心な結論がぼけてしまうこともあります。
いずれにしろ、会話を成立させることは難しいことだと考えています。

日本の外交においても、多くに失敗があり、それを糧として連続的に外交を繰り返して頂きたいと考えております。しかし、失敗や汚点を忌み嫌う官僚の方々は、すべてを成功、又は、無かったものとして考え、外交交渉の不連続を続けておられるように見受けられます。私はこれを不幸な事だと思っております。

私も場の空気を読みことよりも意見をはっきりと述べる方が重要だと考え、さらに、会話を継続することから相手の思考や習慣を感じとることに重要だと考えています。

結論を噛み砕いていいますと、「言いたい事を言っただけではつまらない。言葉のキャッチボールが成立するからおもしろい。」と考える私でした。

  • 投稿者: donnat
  • 2007/10/20(土) 10:29:09
  • [編集]

将来を見た政治をするなら「空気を読む」事は否定するでしょうね
反対を押し切ってもやらなければならない政策を断行する
国民が反対しても

勿論、国民の支持を得る事は必要ですが、それだけでは衆愚政治に堕してしまいます
中国の脅威を考えたら、そして米国の衰退を考えたら、憲法改正をして、国としての国益を主張をしないと
安全保障はその際たるものでしょうね

  • 投稿者: take
  • 2007/10/20(土) 17:35:52
  • [編集]

いつも楽しく読んでいます。
クロフネさんの文章はいつも理路整然としていて、読み応えがあって、それでいて凄く面白いです。
無駄が無く、感情的な部分を排した、実に冷静かつ建設的な論旨を常に明快な文章で述べられていて、僕自身が物事を考える際の参考にさせてもらっています。

人気ブログランキングの中では、ぶっちぎりの完成度!未来に対する提言の現実的かつとても建設的な態度、なんでこのブログは人気ランキングで一位じゃないんだ…?!

おかしいよなぁ、特アを吊し上げて笑いものばっかにしてるようなのが、クロフネさんより上位なんですよねぇ…

おかしい!!

  • 投稿者: ラモーンズ
  • 2007/10/20(土) 19:29:49
  • [編集]

クマのプータロー さん

>鉛筆からミサイルまで、世界中からモノを買い、世界中へモノを売る総合商社の方々はどんな言葉を使っているのでしょうか?

総合商社の人ではないのでわかりませんが、日本の某石油会社とアラブ産油国との間の交渉で、誤解から油田権益を失ったことがあったという話は聞きました。

>場に応じた事を喋るのは、大人としての最低限のモラルだと思うのですが、こうしたことまでKYに含めるのはどうかと思います。

いえ、含めていません。

本文より>私は、空気を読む日本文化が100%ダメだと言っているわけではない。 
>もちろん、外国人だって相手を思いやる気持ちはある。相手の心情を推理もする。国際社会の常識だってある。 それは程度問題である。

その「場に応じたこと」や「モラル」というのは、日本とは違う文化圏で、日本と同じ場合も違う場合もあるということです。


donnatさん

>私も場の空気を読みことよりも意見をはっきりと述べる方が重要だと考え、さらに、会話を継続することから相手の思考や習慣を感じとることに重要だと考えています。

ここは重要な論点ですね。

異文化交流では、相手の考えや習慣がそもそも違うことが当たり前で、それを事前に理解すること、つまり空気を読む前提である予備知識が無いことは当たり前だと思うのですよ。

そこで言語というコミュニケーション手段が重要になってくるのですが、実際話しても理解し合うまで一苦労というのは多々あります。

ところが話さなくてもわかってしまう日本文化にどっぷりとつかっていると、話してようやくわかる人たちとのコミュニケーション能力を身につけるのに不利なんですよね。


takeさん

>将来を見た政治をするなら「空気を読む」事は否定するでしょうね
反対を押し切ってもやらなければならない政策を断行する 国民が反対しても

私もこのエントリーを書きながら、同じことを考えていました。

その意味でもKなんてYめなくていい(笑)


ラモーンズさん

熱烈なご声援ありがとうございました。感謝感激です。

感情的な反米・反安倍政権をあおって、あげくのはてに「韓国はマシ」「保守なら共産党を支持しろ」などと、わけわかんないこと言っている工作員?は論外としても、ランキング上位にいて国益に資する活動をしているブロガーさんは応援してます。

それにしても依存症さん、どうしてランキングやめてしまわれたのか残念です。

アホ工作員?を一喝していただきたかった。

  • 投稿者: クロフネ@管理人
  • 2007/10/20(土) 22:41:59
  • [編集]

米中、よくもあしくも日本の貿易相手ワンツーです。
「君子は和して同せず」で、時には率直にガツンと両国に言える日本であって欲しいと思います。

  • 投稿者: 三浦介
  • 2007/10/21(日) 04:29:09
  • [編集]

三浦介さん

>「君子は和して同せず」で、時には率直にガツンと両国に言える日本であって欲しいと思います。

米中、双方の空気を読んで自己規制し、あるいは読み違いを起こして空回りが、日本外交の特徴でしょうか。

  • 投稿者: クロフネ@管理人
  • 2007/10/23(火) 00:42:40
  • [編集]

 田舎者を悪いというような表現は田舎在住の人に失礼だと思いますよ。中学のとき03区域に住んでいる女の子にカッペって言われてへこんだけどオレ自身はいまとしては彼女より田舎に住んでいたことをコンプレックスと思っていません

  • 投稿者: 右ですが
  • 2007/10/29(月) 02:08:25
  • [編集]

右ですが さん

>田舎者を悪いというような表現は田舎在住の人に失礼だと思いますよ。

私は、田舎者だから田舎者だと事実を指摘しただけで、それが悪いとは言ってません。

「怒られそうだ」と言ったのは、まさにあなたのような「田舎者=悪」と早合点する人がいるのではないかと思ったからです。

  • 投稿者: クロフネ@管理人
  • 2007/10/30(火) 01:08:05
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する


・いつもコメント&TBありがとうございます。

アダルト系ブログからの、サイトポリシーに違反したコメント・TBが後を断たないため、受信したコメント・TBを管理人が審査することにしました。

サイトポリシーに違反したものについては予告無く破棄します。

また問題の無いコメント・TBを頂いても表示されるまで少し時間がかかります。 悪しからず御諒承ください。

「管理者にだけ表示を許可する」にチェックを入れると、管理人だけが読める非公開コメントになります。 非公開コメントを下さる方のプライバシーを尊重し、あえてお返事をしておりませんが、「公開コメントでも良いのでレスが欲しい」という方は、非公開コメントにその旨をお書き添えください。
                

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。