初めていらっしゃった方へ

スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アメリカ国債を買えば売国奴?

  • 2007/10/02(火) 00:04:03

 安倍政権が、本来味方であるはずの”保守”の一部から、背中を斬りつけられたという話を、もうちょっと続けたい。

一部の自称保守が、アメリカ陰謀論やユダヤ陰謀論を根拠にして、安倍さんを猛烈に攻撃してきた。

アメリカ陰謀論やユダヤ陰謀論を根拠として、安倍政権を攻撃していたのは、自称保守だけではなく、民主党・社民党・9条ネットなどの左翼政党を支持する勢力も、盛んに安倍叩きのネタにしていて、ヒトラーとスターリンの独ソ不可侵条約締結を連想してしまった。

社会主義者のような極左とファシストのような極右は、正反対の水と油だと思っている方もおられるかもしれないが、政治学では、極左と極右との間で転向が起こりやすいという説がある。

イデオロギーが右か左かの違いだけで、どちらも結局、独裁体制を正当化する人たちだからもともと親和性が強く、何かのきっかけがあれば、すぐ意気投合したり、転向したりしやすいということだろう。



帝政ロシア(専制王朝・極右)→ソビエト(極左)→プーチン・ロシア(民族主義的極右)

清朝(専制王朝・極右)→中共(極左)→江沢民以後の中共(民族主義的極右)

逆に同じ右でも、自由民主主義者(私の政治スタンスはここ)と極右ファシストの間では、転向が起こりにくいとされる。


 で、左右の一部勢力が熱心に主張するアメリカ陰謀論・ユダヤ陰謀論であるが、アメリカも国家として戦略を持ち水面下で動くことはあると思うが、裏の世界政府がブッシュ政権を手駒として日本を支配しようとしている、小泉・安倍はそれを手伝っているうんぬん~といった話が事実であるという明白な証拠というものを見たことはない。

よってそのようなものを鵜呑みにするつもりは今のところない。

 よくアメリカ陰謀論者は、日本が外貨準備としてアメリカ国債(財務省証券)を買っていることをヤリ玉にあげて、「日本がアメリカ国債を”買わされている”という事実こそ、日本がアメリカに支配されていることの動かぬ証拠」としているようだ。

だが、それは半分水が入ったコップを見て、「もう水が半分しかない」と言ってブーブー不満を垂れるか、「あれだけ飲んだのに、まだ半分も水が残っているぞ」と見るかの違いでしかないと思う。

 資源に乏しく、太平洋戦争に負けて焼け野原になった日本が立ち直るには、海外から原料を買って輸入し、それを組み立てて輸出して外貨を儲けるほか道がなかったわけだ。

そして日本製品の売り込み先は、アメリカしかなかった。

ヨーロッパも戦場になって破壊されていたし、そのころのアジア・アフリカはとんでもなく貧乏だった。 日本が共産圏に組み込まれれば、コーカサスや中央アジア・東欧のように、それこそロシア経済に搾取されるだけとなる。

世界一の金持ちだったアメリカにモノを売って得たドルで石油など必需品を買うしか、日本には道がなかったのである。

 アメリカへの輸出が順調に伸び、日本の貿易黒字が大きくなっていくと、円ドル相場に、円高圧力がかかってくる。

そこで日銀が介入して、円でドルを買って相場を安定させてきたのだが、もしアメリカ陰謀論者の言うとおり、円でドルを買うのを止めていたらどうなっていたか?

プラザ合意以後のように、当然円高が急速に進み、日本の商品が価格競争力を失うことで輸出が鈍化して不況につながり、現在のような世界第二位の経済大国にはなれなかったかもしれない。

日銀がドルを買ったのは、日本自身の利益のためにやったのであって、アメリカの陰謀で強制的に買わされた結果とはとうてい思えない。

ドルを買ってほったらかしにしておくよりは、安全確実な投資先で運用した方が良い。 流動性が高く、世界最強の軍事力で守られた金満国家・アメリカの国債を買ってドル準備を運用するのは自然な話である。

 ベトナム戦争で敗色濃厚となった70年代以降、アメリカは巨額の赤字を抱えてぐらついていくが、「それ以降はどうなんだ」と言う人もいるかもしれない。

もし、アメリカ陰謀論者の言うとおり、それ以降アメリカ国債を買うのを止めていたらどうなったか?

アメリカの双子の赤字が、黒字国からの証券投資という形でファイナンスされなければ、アメリカの金利が上昇して、景気を冷やす結果となる。

それがアメリカの不況につながれば、消費需要が減って日本の対米輸出も減る。

そうなれば道連れに日本も不況になるわけで、日本がアメリカ国債を買うことは、やっぱり日本自身の利益につながっていたわけだ。

輸出代金として受け取ったドルで、日本が金を買ったり、マルクに替えてドイツ連邦債を買ったとしても、同じ事である。

日本がドルを買って円ドル相場を安定させてきたことは、長い期間で見れば、円高で外貨準備として持っているドル資産の価値が減るというマイナス面はあったが、世界の奇跡とも言われる驚異的な高度成長を実現させたという、計り知れないプラスを日本に与えてきたのである。

もしアメリカ陰謀論が本当であったのなら、そもそも日本の製鉄会社や自動車メーカーがアメリカの同業者を追い抜いたり、アメリカにおいて大量の失業者を発生させることを許さなかったはずである。

 このように、日本の国際ビジネスにおいて、アメリカは長いこと”お得意さん”だったのであって、その日本がアメリカに向かって「毎度おおきに」と言って頭を下げるのは、”商売人”として当たり前のことではないだろうか。

別に頭を下げたからといって勝った負けたの問題では無いし、それだけで魂まで売り払ったということにはならないと思うが。

たとえばA電器が、家電の配送車としてB自動車のトラックを50台買ったとする。

このときトラックを買ってもらったB自動車の幹部が、「A電器に頭を下げて礼を言わなければならなくなったのは、ウチからトラックを買ったA電器の陰謀だ」などと言い出したらどうだろう。

こんなデンパ飛ばす人間がビジネス界で相手にされるワケが無い。

アメリカ陰謀論者がヤリ玉にあげる年次改革要望書の話なんかも、似たようなもので、

A電器が、「おたくからトラックを50台も買ったんだから、B自動車で使っているパソコンの買い替え時は、ウチでよろしく」とB自動車に持ちかけるようなことは、ビジネス界ではそれほど珍しくない話だと思う。

逆にB自動車が「俺たちはA電器から儲けられるだけ儲けるが、A電器にはビタ一文儲けさせてやらん」といった姿勢を見せたら、今後のビジネスがうまくいくだろうか。

年次改革要望書も結局は、日本の製造業がさんざんアメリカで儲けたのだから、こちらの金融業やサービス業にも日本で儲けさせろという話ではないだろうか。

これについては、日本とアメリカのメシのタネの違いが理解できていないとわからない話なので、関連記事・トヨタ世界一と三角合併解禁を参照されたいが、アメリカ陰謀論者というのは「社会に出て、客や上司に頭を下げたことが無いのだろうか?」と思う。

つづく

banner_04.jpg

↑あなたのワン・クリックがこの国を変えます↓
人気blogランキング

関連記事・大悪を避けるため小悪を許容する

関連記事・親米か?反米か?

関連記事・”反米原理主義者”を解剖する

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

こんにちは。いつも楽しみながら読んでおります。こう見てみると、なんか日本人って、自分の立場でしか物事を考えてないように思えます(人間なので仕方ないけど)
日露戦争のときもアメリカに講和までしてもらっておいて、桂・ハリマン覚書を破ってしまって、アメリカとの仲が悪くなった。自分はこれが太平洋戦争の遠因ではないかと思っております。急に寒くなってきたので、風邪をひかないように気をつけて、これからも面白いエントリーをよろしくお願いします。

  • 投稿者: 音波
  • 2007/10/02(火) 00:40:17
  • [編集]

国益第一

アメリカは我が国の親でも兄弟でも無いのだから、その時々の支配層が自らの国益と信じた行動を取る事は政治家として当たり前の事で、自らの国益を追求する為にはあらゆる術策も用いるだろうし、それを陰謀と見るなら陰謀だろう。しかし私にはアメリカ陰謀主義者の言は日本の政治屋も支那や朝鮮に阿るからアメリカも日本の我が儘を聞いて欲しいと駄々を捏ねている様にしか最近は見えなく成ってきたのだが、何にしても国際関係で一方的な最善などは、まず無いのであって、国際陰謀説なんぞを唱える前に、自らと自国の政治家のお頭を鍛える方が先ではないか思うのです。

  • 投稿者: 火天大有
  • 2007/10/02(火) 10:18:14
  • [編集]

結局のところ、『右翼原理主義者』はある『部分』にしか目がいかないのでしょう。
木を見て森を見ず、っていうことなんでしょうか?
そういう傾向は、極左にも見られます。
彼ら極左は、中核と革マルに別れ、互いに近親憎悪を始めた。
そして、行き着くところは「粛清の嵐」です。
内ゲバで互いに互いをダメにしていった。
宗教だって、似たようなところがあります。
イスラム教の中にシーア派とスンニ派とが枝分かれし、今では近親憎悪の如く争っている。
本当に原理主義というのは、元をダメにしてしまう原因です。

  • 投稿者: お笑いお花畑
  • 2007/10/02(火) 10:26:20
  • [編集]

当然ですね!

日本が同盟国の商品を買い、利益をアメリカに還元(米国債を買う)するのはアメリカが強い方が日本の利益に適うので納得。
アメリカは属国である日本を操作し、負債を引き受けさせるのも納得。
では、日本とアメリカが中国の商品を買い、中国に投資するのに何の利益があるのだろう?
すでに、中国製品なしの生活というと一遍を感じるほど身の回りに商品は溢れている。
中国を富まして何の益があるのだろうか?

さて、大英帝国に支配権を奪われる欄国のような気がするのは私だけだろうか?

  • 投稿者: donnat
  • 2007/10/02(火) 10:54:10
  • [編集]

>アメリカ陰謀論やユダヤ陰謀論

↑良くこの手の本がビジネス書等で不安を煽るように毎年のように出版されていますが、どうも胡散臭くて読む気持ちがおきませんでした。今回の記事を読むと国対国でも「普通の商い」という視点で見たら、極々自然な話ですね。

  • 投稿者: fuyuneko
  • 2007/10/02(火) 18:34:33
  • [編集]

浪人のことかー

  • 投稿者: 無名戦士
  • 2007/10/02(火) 19:48:22
  • [編集]

音波さん

>日露戦争のときもアメリカに講和までしてもらっておいて、桂・ハリマン覚書を破ってしまって、アメリカとの仲が悪くなった。自分はこれが太平洋戦争の遠因ではないかと思っております。

私も同じようなことを考えていました。

善悪は別として、アメリカや国際金融資本の利益も考えながら、中国での権益拡大をやっていれば、日本とアメリカの戦争は防げたのかもしれませんし、やはり防げなかったのかもしれません。


火天大有さん

>私にはアメリカ陰謀主義者の言は日本の政治屋も支那や朝鮮に阿るからアメリカも日本の我が儘を聞いて欲しいと駄々を捏ねている様にしか最近は見えなく成ってきたのだが...

大変鋭いご指摘です。

韓国の反日思想の根底には、「日本は不倶戴天の敵だが、韓国が困ったら日本が助けろ」というものがあります。

私は、韓国文化のこの部分が大嫌いなのですが、反米保守の思想にも通じるところがあると思うのです。

つまり、「自分はアメリカが大嫌いだが、日本が困った時はアメリカが助けろ」と。


お笑いお花畑さん

>木を見て森を見ず、っていうことなんでしょうか?

まあどこの国にも、一定の割合でこういう人たちがいるのでしょう。

その点、昔も今も日本は変わらないなと思ってしまうのですが...


donnatさん

>では、日本とアメリカが中国の商品を買い、中国に投資するのに何の利益があるのだろう?

当初は、”安価な労働力と10億の市場”が目当てだったのでしょう。

しかし、経済・外交・安保などをひっくるめて考えれば、マイナス面が目立ってきたように思います。


fuyunekoさん

>↑良くこの手の本がビジネス書等で不安を煽るように毎年のように出版されていますが、どうも胡散臭くて読む気持ちがおきませんでした。

国民の不安をあおって金儲けという部分は、あるのかもしれません。


無名戦士さん

特定の誰かということではなく、読者のみなさんが「これは危ない」とご自分の頭で判断していただければ、このエントリーの目的は達成されたと考えます。

  • 投稿者: クロフネ@管理人
  • 2007/10/02(火) 22:36:04
  • [編集]

いつ以来のコメントかも思い出せないのですが(汗)、ご無沙汰しておりました。

>独ソ不可侵条約締結
国家経済を意のままに扱える、と思っている点でも、よく似ていますね(苦笑)
○○の外圧、○○の悪意に満ちた陰謀、と繰り返すうち、国内の経済問題が際限なく放置されている(思えばプラザ合意以来です!)、世論が大変な方向へ「被害者意識」に駆られているようで、私はこわいです。

  • 投稿者: デルタ
  • 2007/10/03(水) 01:21:57
  • [編集]

違います

拝啓、それは違います。

米国債購入し その後はどうやって日本の立場を強化するかの問題であります。m(__)m         乱文にて  草々

  • 投稿者: (^O^)風顛老人爺
  • 2007/10/03(水) 06:26:19
  • [編集]

デルタさん

どうもですデルタさん。

>世論が大変な方向へ「被害者意識」に駆られているようで、私はこわいです。

独立国家としてのアメリカや国際金融資本が自己の利益を最大化するために、水面下で動いているというのはあると思うのですが、

あやふやな根拠をもとにした、ユダヤが支配する世界政府がうんぬんという話で、日本社会の不安をあおったり、誰かを売国奴認定して集団リンチにかけたりするのは非常に怖いことだと思います。


(^O^)風顛老人爺さん

どの部分に異議をとなえられたのか、それだけではちょっとわからなかったのですが、

>その後はどうやって日本の立場を強化するかの問題であります。

という部分に関しては私も同意です。

  • 投稿者: クロフネ@管理人
  • 2007/10/03(水) 21:34:26
  • [編集]

言葉が足りませんでした!

拝啓、管理人さん申し訳ありません。

米国債券を買うのが売国奴と 只 それだけで云うのは思考停止で視野の狭い愚か者だと云いたかったのであります。


要は日本がアメリカの従属国から抜け出し 潜在的国力に相応しい実力を発揮すれば良いのです。m(__)m         重複、乱文にて  草々

  • 投稿者: (^O^)風顛老人爺
  • 2007/10/03(水) 22:18:15
  • [編集]

(^O^)風顛老人爺さん

 すみません、読解力が足りませんでした。

ご説明を聞き、ようやく理解できました。

要は、日本の国家戦略のために、利用できるものは利用しろということですよね。

  • 投稿者: クロフネ@管理人
  • 2007/10/04(木) 23:56:01
  • [編集]

その通りです、仰る通りであります!m(__)m

拝啓、世界屈指の国力及び潜在能力と民度の高さを持ち乍 日本がインチキと外交情報操作のみに長けるだけの説教強盗シナに侮蔑されるのは 国家戦略政略が皆無でありかつ攻勢に出ないからであります!

つらつらと鑑みるにシナにも弱点や弱味は山程あります、執拗な迄に日本軍国主義の復活云々・・・・・と二言目に諠伝・けんでんして来るのは 日本に対し間接侵略を仕掛けて来るのは自分に自信と地力がまるで無い動かぬ証拠です。

ミャンマーへの援助を削減するらしいのですがそれならシナへの援助を削りましょうどんどん、と。 理由は 太陽が眩しいからで十分です!(爆)o(^∇^o)(o^∇^)o             ご豆の歯軋りでありますが、シナの嚇し透かしに屈する必要はありません、 あの国の内実はガタガタです!        日本はシナから珍しい文物を購入しても代価をきちんと払った稀有な国です 文化を伝えた 漢字の利用料を払えと恩着せがましい発言に対しては、 砂金 乾物有り余る対価は支払い済みである。 文句があるなら中華人民共和国の国名の内、人民 共和国の2語。 主席 首相 市長 署長等々の近代的な用語の数々、 開発独裁 国が音頭を取っての留学生制度とそれに対する後援・奨学金制度。 更には漢字云々・・・・・と云うが漢字を作り汎用化した人々と現代シナ人との間に連続性は無く、 例えば欧州文明に対してルーツと謡われるギリシャ語は別にシナみたいに恩に着せない、仮にシナみたいににくだくだしくくどく言揚げするなら全欧州が挙ギリシャ全土に空爆を行う。 大体、日本に報恩を強いるならTシャツとジーパンを身に着ける度毎に、 有り難うアメリカと言っているのか、と。ビシバシと反論しましょう!(`´)

座して死を待ち、チベットみたいに人種が尽きる大虐殺・民族浄化・断種の強制が日本に行われるのは絶対に嫌なので反撃・反論しましょう!        本来、NHK辺りが先頭切って反論すべきなのですが反論どころかシナに媚びているので潰しましょう!(`´)m(__)m           乱文にて  草々

  • 投稿者: (^O^)風顛老人爺
  • 2007/10/05(金) 01:40:56
  • [編集]

(^O^)風顛老人爺さん

>ミャンマーへの援助を削減するらしいのですがそれならシナへの援助を削りましょうどんどん、と。

中国への援助は本当にやめてもらいたいです。

1兆ドルの外貨準備を持つ国に何で援助しなければならないのか、ワケ分かりません。

  • 投稿者: クロフネ@管理人
  • 2007/10/05(金) 22:00:13
  • [編集]

援助どころか断交すべきです!

拝啓、管理人さん 援助どころか日本はシナを筆頭とする特アと断固として断交しましょう!       金と技術 知的財産を略奪されるだけで百害あって一利無しです!(`´)m(__)m          乱文にて  草々

  • 投稿者: (^O^)風顛老人爺
  • 2007/10/07(日) 02:18:53
  • [編集]

こんにちは。あなたの知識の量と文才には驚くばかりです。
無関係なことで恐縮ですが、どの様に
その膨大な知識を仕入れたのですか?
是非知りたいです。
それで本題なのですが、今の日本の借金は1000兆円を越えているといいます
ならば何故米国債400兆(副島○彦談)を買い支え続けなければいけないのでしょうか?少しくらい売るなどして日本国民に還元することも必要なのではないでしょうか?

  • 投稿者: 名無し
  • 2007/12/28(金) 05:14:32
  • [編集]

名無しさん

>無関係なことで恐縮ですが、どの様に
その膨大な知識を仕入れたのですか?
是非知りたいです。

なんかホメ殺しのようで怖いのですが、自分の興味のある分野の本を読んだり、日々新聞の国際面・経済面をチェックするのを欠かさなかったり、あとは大学の授業にちゃんと出てしまった(笑)とかでしょうか。

様々な方法で日々コツコツ情報を積み上げてきたので、これという方法はありません。

あと、常識をつねに疑い、自分の頭で考えるということですね。

>ならば何故米国債400兆(副島○彦談)を買い支え続けなければいけないのでしょうか?

これについては、このエントリーを読めばお分かりになるはずですが。

以下の関連エントリーもどうぞ。

http://gaikoanzenhosyo.blog4.fc2.com/blog-entry-582.html

  • 投稿者: クロフネ@管理人
  • 2007/12/28(金) 21:25:19
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する


・いつもコメント&TBありがとうございます。

アダルト系ブログからの、サイトポリシーに違反したコメント・TBが後を断たないため、受信したコメント・TBを管理人が審査することにしました。

サイトポリシーに違反したものについては予告無く破棄します。

また問題の無いコメント・TBを頂いても表示されるまで少し時間がかかります。 悪しからず御諒承ください。

「管理者にだけ表示を許可する」にチェックを入れると、管理人だけが読める非公開コメントになります。 非公開コメントを下さる方のプライバシーを尊重し、あえてお返事をしておりませんが、「公開コメントでも良いのでレスが欲しい」という方は、非公開コメントにその旨をお書き添えください。
                

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。