初めていらっしゃった方へ

スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

代議士としての誇りを問う!

  • 2007/09/14(金) 23:30:16

 安倍首相の辞任に伴う自民党総裁選が今日、告示された。

麻生太郎幹事長と福田康夫元官房長官が出馬を表明し、両者の一騎打ちとなりそうだが、津島・古賀・山崎・谷垣・二階の各派閥が支持に傾いている福田氏が有利との見方が強い。

参考記事 


 「年金問題を解決するため」に、国民が安倍政権にNOをつきつけて、あげくの果てに、五年間の年金未納問題で官房長官を辞任した福田康夫氏が日本の首相になるとすれば、いったい何の冗談だろうか。

戦後長らく続いてきた日本の政治システムは、国民の利益はそっちのけで、内政は政・官・財の癒着と派閥による談合政治、外交は、中国・韓国・北朝鮮が左と言えば左へフラフラ、アメリカが右と言えば右へフラフラ、という日本人の典型とも言える、みんなで決めて誰も責任を取らない、主体性のカケラも無いものであった。

それこそが戦後レジームの実態であり、それを構造改革でぶっ壊したのが小泉政権、改革を継承したのが安倍政権だった。

 だが自民党内では、改革をすすめる安倍首相と、戦後レジームのおかげでこれまで甘い蜜を吸ってきた反改革派・守旧派(=反安倍派)とが、いぜんとして暗闘を続けていた。

こうした状況で、国民の多くは先の参議院選で「改革のために安倍政権にお灸を据える」といって安倍政権にNOをつきつけた。

左手で自民党内の敵と戦いながら右手で改革をしている安倍さんに、国民が罰を与えれば、安倍さんがコケるのを手ぐすね引いて待っていた守旧派が、派閥政治・談合政治の手法を使って復活するのは、当たり前のことである。

福田氏が以前からおっしゃっていたことを政策として実現させようとするのであれば、それは反改革・守旧的なものになるだろう。 そのリベラル的傾向から宮澤喜一氏とウリ二つのように私には見える。

 戦後の日本をロケットに例えるならば、戦後まもなく点火された一段目のロケットエンジン”戦後レジーム”は、高度経済成長期には勢い良く燃えて、日本を高く高く打ち上げた。

だがロケットの一段目は、1980年代にはさすがに燃料が残り少なくなり、バブルという最後の輝きが終わると、ハッキリと衰えが見え始めた。

この危機的状況に、日本というロケットを操縦するリーダーが速やかにロケットの一段目を切り離して、二段目に点火すれば良かったのだが、マニュアル至上主義のリーダー、当時の宮澤喜一首相は、ロケットの一段目という前例・マニュアルにいつまでもしがみついて、それを切り離すことが出来なかった。

宮澤氏が失脚する原因となったリクルート事件は、政・官・財の癒着の象徴のような出来事だった。

当然、日本というロケットも勢いが無くなり、長期低空飛行に入る。それが”失われた十年”だった。

 しかし、誰も予想しなかった操縦士が現われる。小泉純一郎その人である。

この新しい操縦士は、「古い自民党(=ロケットの一段目)をぶっ壊す」と言って、政・官・財の癒着構造と派閥政治を打破し、中・韓・朝の特定アジアとの談合外交もやめ、靖国神社に参拝した。

小泉氏は、一段目のロケットエンジン”戦後レジーム”を何の未練も無く切り離し、ロケットの二段目に点火してみせたのだ。

再び日本は勢いを取り戻し、経済はゆるやかだが、しっかりと成長し、戦後最長とも言われる好景気となった。海外の投資家も日本のマーケットに戻り、株価は2003年の7000円台を底に、07年には18000円台にまでなった。

小泉氏を引き継いだ安倍政権も、点火したばかりの二段目エンジンがもっと強く燃えるよう、官の反発を覚悟で、公務員制度改革や歳出削減に着手した。

 だが、一段目のロケット”戦後レジーム”でおいしい思いをしてきた連中は、それが面白くなかった。

彼らは、ロケットの一段目を切り離そうとした小泉氏を猛烈に攻撃していたが、こんどは安倍氏に矛先を向け、とうとう日本というロケットの操縦室から追い出した。

そして愚かにも、ロケットの二段目エンジンの停止スイッチを押して、いったんは切り離した、すっかり消えかかっている一段目のロケット「戦後レジーム」にワイヤーをひっかけ、それをたぐり寄せて、再び本体に連結しようとしているのである。

もしそれが実現すれば、国民を乗せた日本というロケットは墜落するしかない。

とっくに消えかかっている一段目のロケット”戦後レジーム”にワイヤーをひっかけ、それをたぐり寄せようとしている愚か者、

それが、朝日・毎日・読売などの大手マスコミと、政・官・財の癒着構造のうち、官の労組に応援された民主党、福田氏を支持している派閥政治の濁りが恋しい自民党内の守旧派の各派閥である。

いや、今よくよく思い出してみれば、看板こそ民主党に変えているが、小沢氏や鳩山氏は、一段目のロケットが燃えていたときに、利権誘導で大活躍した経世会(田中派)の政治家だったではないか。

そして、安倍さんを操縦席から追い出すのに手を貸したのは、まぎれもなく、「改革のため安倍さんにお灸を据える」とかなんとか言いながら民主党に票を入れるという、壮大な自殺点を演じた多くの国民である。

みんながちょっとずつ我慢すれば、日本というロケットは順調に飛行を続けたはずなのに、

マスコミの「安倍のせいでみんなの年金が無くなった、ワーキングプアが生まれた」というウソにまんまと乗せられて、嫉妬(しっと)に狂った国民は「自分さえ助かれば」とばかりに、とっくに消えかかっている一段目のロケット”戦後レジーム”が恋しくてたまらない連中に、それをたぐり寄せるワイヤーを手渡してやったのである。

(年金問題は昭和30年代から始まっているし、ワーキングプアは、一段目のロケットがバブルの崩壊で消えかかり、日本が失速したから生まれたんだろうが)

みんなが乗った日本というロケットは、そのせいで墜落するかもしれないというのに。日本が墜落すれば、自分だけ助かろうとしてもムダである。

 これで総裁選で麻生さんが勝てなければ、反特定アジアをかかげる保守を自称しながら、安倍氏をひきずりおろすことを願っていた人たちも同罪である。

民主党に票を入れた多くの国民も、自称保守なのに安倍氏を叩いていた連中も、「大悪を避けるためには小悪を許容する」という大人の理性を持たないから、「小悪の反対がいつも善であるとは限らない」という真理にもかかわらず、「小悪を避けるために大悪を選ぶ」ようなことをしてしまうのである。

 参院選は国民による壮大な自殺点だったと思うし、安倍政権が倒れたのは、「悪貨が良貨を駆逐した」結果だと思う。

だからといって自民党が、いったん切り離した一段ロケットに未練たらたらで、それをたぐり寄せるようなことをしてはいけない。

小泉氏が切り離した時点で、もはや誰も後戻りはできないのであって、新しく点火した二段ロケットとともに、日本は上昇していくしかないのである。

自民党は、マスコミに煽動された国民の誤解を解き、「それにもかかわらず」と言って、改革の継続とその支援を訴えていかなくてはいけない。

これで自民党が二十世紀の談合政治・派閥政治に戻るなら、参院選の国民の自殺点に続いて、こんどは自民党の自殺点である。

自民党内は、空気が読めていないようだが、いまさら談合政治・派閥政治の復活なんて、国民の大部分は見たくもない。

多くの国民がそう仕向けたのが皮肉だが、もしカビの生えた談合政治・派閥政治が復活するなら、有権者から見放されるだろう。

それは自民党の自殺点である。

そもそも、国民を善導すべき代議士・政治家がそんな体たらくで良いのだろうか。良いわけが無い。


-----------------------------------------

森さんは、国民の空気が読めていないのではないか。

ところで小泉さん、ルビコン川を渡るのはいつでしょうか。


banner_04.jpg

↑あなたのワン・クリックがこの国を変えます↓
人気blogランキング

関連記事・オウンゴールで、古い自民党が蘇る

関連記事・新しいエリートを育てよう!

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

福田康夫

福田康夫衆議院議員 福田康夫生年月日1936年7月16日出身地群馬県高崎市最終学歴早稲田大学政治経済学部前職丸善石油社員議員秘書首相秘書官役職前・内閣官房長官世襲の有無二世父・福田赳夫選挙区衆議院小選挙区一覧#群馬県|群馬4区当選回数5回所属党派自

  • From: ひなの記録 |
  • 2007/09/16(日) 02:50:11

この記事に対するコメント

ここだけの話にしたいのですが

小泉さんは吹く打算,いや失礼
福田さんを推したとのこと..

政界は複雑怪奇なりというわけでもありませんがうがった息子の見かたは;

小泉さんは麻生さんを温存しようとした!?
もう少し先のクライシスの備えるのか..
国民のお灸意識とはちがうタイムスケールであるのかと..
希望のほしい息子でした..

  • 投稿者: 人生の厄介息子
  • 2007/09/15(土) 03:11:57
  • [編集]

連投お許しください

もうひとつのNEWS;
日本の月周回衛星かぐやをのせたH2Aが無事打ち上げられたと.

かぐや..こんなときに..
でもいいなまえですね
泪がこぼれてしまいました...

  • 投稿者: 人生の厄介息子
  • 2007/09/15(土) 03:20:10
  • [編集]

まさかここまでとは

私の予想(理想)も今回は大きく裏切られました、結局判った事は我が国の政治屋は全て権力の走狗で有り、信頼できる硬骨漢は居なかったと言う事です。
今後我が国はいよいよ政治家の言葉を信用しなくなり、だれも聞かなく成るでしょう。
それはつまり、国家の統制が利か無くなるという事なのですが。
これも産みの苦しみです。
これでも少数の政治家は隠れて雌伏していますから(居て欲しい)その時まで。

  • 投稿者: 火天大有
  • 2007/09/15(土) 08:07:22
  • [編集]

怒っています。

昨日、福田氏が出馬の意思があるので麻生氏も大変だな!と思っていました。
私は自営業なので仕事の合間にインターネットを見ることができますが、テレビは仕事が終わってから録画で確認しています。
ちょっと驚きでした。あっという間に福田氏で大勢が決まっているじゃありませんか、
まて、まて、福田氏は出馬会見を開いていないし、どういう政治を目差すかも述べてない。それなのに福田氏への応援参加表明って何?
勝ち馬に乗れ現象はわかっていても何か許せない。
津島派は所属派閥だからいいとしても、他の派閥は自分の意見はないのか。「こういう政治・政策を行なって頂けるなら応援してもよろしいです。」ぐらいは言えないか。
せめて開票前日までは「それぞれの意見を検討してから決めます。」ぐらい言えないか。
政治家としての良心はないのか。

私もあまりの変化に呆れてしまいました。福田氏がでるのでかなり下地は出来ているとは思っていましたが、ここまで露骨に出来ると恥も外聞もないなとしか言えません。

2年後の就職活動の為に躍起になっている小泉チルドレン
明日の大臣の椅子ほしさに腰を振る親分たち
日本の将来に不安のよぎる一日でした。

  • 投稿者: donnat
  • 2007/09/15(土) 11:56:47
  • [編集]

人生の厄介息子さん

産経の朝刊に、「小泉さんと飯島秘書がケンカ別れ?」みたいな記事が載ってました。

”かぐや”打ち上げ成功ですか。
日本の放送衛星をつんだロシアのロケットは打ち上げ失敗だとか。

国産を使わないからそうなるのです。


火天大有さん

>私の予想(理想)も今回は大きく裏切られました、結局判った事は我が国の政治屋は全て権力の走狗で有り、信頼できる硬骨漢は居なかったと言う事です。

私もかなり失望しています。

代議制政治家がこんなことで良いのかと。


donnatさん

>ちょっと驚きでした。あっという間に福田氏で大勢が決まっているじゃありませんか、
まて、まて、福田氏は出馬会見を開いていないし、どういう政治を目差すかも述べてない。それなのに福田氏への応援参加表明って何?
勝ち馬に乗れ現象はわかっていても何か許せない。

激しく同意ですよ。

まず出馬宣言して、先におのれの政策を発表するのがスジじゃないですか。

もう根回しで何もかも決まっているみたいな今回の出来事は、談合政治の復活と言われても反論できないと思います。

  • 投稿者: クロフネ@管理人
  • 2007/09/15(土) 21:32:46
  • [編集]

麻生総理待望メール そして福田さんにノー!m(__)m

拝啓、福田さんはノー 麻生総理待望メールを首相官邸 自民党本部あとは勿論福田さん本人をはじめとする自民党国会議員全員に送信しました。 いや疲れました、無駄かも知れませんが座して死を待つ趣味は無いので 何とか反撃方法を工夫します。 自民党地方支部にメールする手もあります、 順当に麻生総理で決まりと思っていたので油断していました。(T_T)(`´)m(__)m          乱文にて  草々

  • 投稿者: (^O^)風顛老人爺
  • 2007/09/15(土) 23:24:23
  • [編集]

ターゲットは決まった。

中川秀直は、
・「これで参院選惨敗の責任を取った」
・「政治資金トップ奪取(35,500万円,前年比1.97倍産経新聞)」
・「麻生に責任転嫁成功(予定)」
で意気揚々なのでは?
安倍さんはやっぱり今年3月に中川秀直を切るべきだったのでしょう。
後ろから刺した話は、中川秀直の事。

これからの目標:中川秀直政界追放

  • 投稿者: Exile_frog
  • 2007/09/16(日) 03:24:35
  • [編集]

反省会その2そして

ご無沙汰してます。駄文屋です。まず、福田はなし。という立場です。
で、反省会その2。9月9日のTVでのあるコメンテーターの発言の要約「補助金を出していた人をずっと大臣にし続けてはだめ。2回に1回はずぶの素人を置くべき。いい例が扇国交相の任期中で黒い話は出なかった。」。で、これを私なりにいいかえると、「壊し屋小泉のあとは、残滓を元から絶ち後顧の憂いをなくす冷静なセットアッパーが必要。」となります。実際は「左手で自民党内の敵と戦いながら右手で改革をしている」状態であり、「二兎を追うものは・・」状態に陥りました。これに危機管理能力不足が輪をかけた、となります。小泉後継が「残滓」処理を重視し「3歩進んで2歩下がる」ぐらいの思いで改革をすすめたら、例えば現在舛添がやろうとしていることを今年2月からやってれば、各地の自民党候補者に「年金返せ!」というヤジがかなり飛んだなんてことはなかったのでは。その意味では、1年前に毀し屋の後釜に「セットアッパー」を選ばなかった自民党の自殺点が、今になって露見したのかも。
そして、安倍後継に第一に望むのは、「危機管理能力」。足元と千里先とを両にらみでき、マイナス情報にそれなりに敏感であって欲しい。福田が官房長官を辞任した経緯を思い返したが、足元と千里先とを両にらみできそうにないし、「危機管理能力」の重要な要素たる「説明責任能力」は壊し屋の前とどっこいみたい、では困ります。国会で小沢とまともにやりあえるのか、それが有権者にどう評価されるのか、そして「残滓」処理ができるのか、福田支持者はこれらをどう考えているのかな。
駄文失礼しました。

  • 投稿者: 駄文屋
  • 2007/09/16(日) 03:30:43
  • [編集]

ただいま色々なブログを応援しています!
応援ポチッ!

  • 投稿者: マルコ
  • 2007/09/16(日) 04:41:33
  • [編集]

福田内閣で戦後の膿がボロボロ出てそれを国民が目にすれば改革路線の必要性を再認識する事になる。
理想で突っ走る余り基礎基盤の無い脆弱な体勢では後世が困る。

  • 投稿者: Next
  • 2007/09/16(日) 09:48:44
  • [編集]

麻生さん頑張れ!!

福田さんは周到に準備していましたよ。麻生さんもそれは知っているはずですけど、大苦戦ですね。与謝野さんどうしたんだろ??

  • 投稿者: SAKAKI
  • 2007/09/17(月) 10:06:54
  • [編集]

(^O^)風顛老人爺さん

>いや疲れました、無駄かも知れませんが座して死を待つ趣味は無いので 何とか反撃方法を工夫します。

今回は党員に投票権は無いと聞きましたが、これは痛いですね。


Exile_frogさん

>安倍さんはやっぱり今年3月に中川秀直を切るべきだったのでしょう。

参院選に負けたことを考えれば、中川・元幹事長の責任は重大だと思いますが、
強く推薦したのは森さんじゃなかったでしょうか。

福田政権の誕生を画策したりせず、森さん、もうラグビーに専念してほしいものです。

駄文屋さん

こんにちは駄文屋さん。

セットアッパーですか?
安倍さんはクローズを急ぎすぎたのかもしれません。

でも敵に囲まれて不利な態勢でも、戦いようはあったと思いますし、その処方箋も書いてきたつもりですが、その前に安倍さんの体が悲鳴をあげてしまったようで、非常に残念です。


マルコさん

応援ありがとうございます。


Nextさん

もし福田政権になったら、「改革のため」と言って民主党に票を入れそうな国民が怖いです。


SAKAKI さん

私が盲目的に”麻生さんマンセー”をやらなかったのは、自民党内の地盤が弱いために総裁選で勝てるか不安があったからです。

安倍さんをひきずりおろして、結果、谷垣総裁なんかが誕生したら、目もあてられませんから。

ただ、福田なだれ現象には、びっくりしています。見損ないました。

  • 投稿者: クロフネ@管理人
  • 2007/09/17(月) 15:51:26
  • [編集]

天下人・リーダーは天性明るくなければいけない!m(__)m

拝啓、管理人さん うーむ( ̄~ ̄;) いい手段は浮かびません、最悪 談合で決らぬ様必ずや堂々と総裁選挙を行って欲しいです。
        リーダーはピンチの時こそ楽天的に、と。語る麻生さんしか居ないと考えおります。

しかし、今回の福田さん有利と見るや地滑り的に福田陣営に流れ込む、 あれが日本の代表たる議員なんですね 馬鹿馬鹿しくなって怒るより笑ってしまいます!
管理人さんのサイトみたいにきちんと歴史や戦争について語り民度を上げるしかありません。
しかし、日本には時間が無いと最近ひしひしと感じております。
        酷暑と政治家マスコミの体たらくに呆れつつm(__)m         乱文にて  草々





  • 投稿者: (^O^)風顛老人爺
  • 2007/09/17(月) 22:09:44
  • [編集]

(^O^)風顛老人爺さん

>しかし、今回の福田さん有利と見るや地滑り的に福田陣営に流れ込む、 あれが日本の代表たる議員なんですね 馬鹿馬鹿しくなって怒るより笑ってしまいます!

まったくです。

そして、老害としか言いようが無い連中もです。

元老づらして裏から日本を動かそうとしているラガーマンの超短命・元首相、元共産主義者の某新聞社会長とか。

  • 投稿者: クロフネ@管理人
  • 2007/09/18(火) 23:43:21
  • [編集]

平沼さんから返信メールが来ました、 驚きました        

拝啓、管理人さん 安倍さんのお疲れ様メールと麻生総理待望メールを平沼さんに送信した所 懇切なる返信メールが来ました。     驚く事に通り一辺倒の機械的な ご意見ありがとう御座います では無くて平沼さん本人が私のメールを読み 肉声を感じさせる文章にてメールを返信してくれたのです。 律儀で礼節を重んじる方なのだと驚きかつ感激致しました。       政治家が皆 平沼さんみたいに一本筋が通った人ばかりなのであれば徒に他国から日本が侮りを受ける事も無いのに、と。 現実は違う日本再生への道は未だ道半ば いやまだまだ道程は遠い、と長嘆息してしまいました。                                私事 乱文にて       草々          

  • 投稿者: 風顛老人爺                          
  • 2007/09/18(火) 23:58:58
  • [編集]

うーむ、森さん個人は私人としては愛すべき人なんですが

拝啓、日本には古来 後進に道を譲る隠居をする役立たずで権力と利権の亡者と化した馬鹿殿様や業突く張りの家老達等は家臣総意で主君押し籠め 主命に寄る強制隠居 穀潰しの若旦那や旦那は若隠居させると謂う不文律が有りました。             然り乍ら森さんも ナベツネさんは引退しましません、元気な御老体は宜しいのですが程度問題です。 森さん当人は村夫子然とした雰囲気を持つ南洋の酋長が如き存在感を持つ愛すべき人柄らしく 一方 ナベツネさんも盟友にして弁も筆も立つ政治評論家三宅さんの筆法を借りると家族や部下否家来でしょう 爆・後輩に目配り心配り気配りを欠かさないじよ情誼に厚い人だとマスコミや世間に対して彼一流のサービス精神と照れ屋で誤解されているだけだ、と曰く。         聞いていて感じたのは三宅さんは歯に衣着せず、舌鋒鋭く寸鉄人を刺す発言をされるが心の暖かい其れこそ情誼と思いやりの溢れる誠実な熱血老人なんだな、と。     自分が三宅さん本人が善い人だからナベツネさんをナイスガイと見てしまうのでは、と。未確認ですがナベツネさんは風刺漫画で揶揄されている通りの其の儘のひとみたいです。  私も日頃の言動から見て日本人には珍しい稀有な明確な権力志向の強い強いて言えば毛沢東に酷似した権力亡者そのもののひとです。 有力で影響力があり自分に味方し贔屓してくれる三宅さんにはごく自然にも善い顔をしてしまうのでしょう。                            閑話休題、今の有力者の爺婆は引退しませんね うーむ 本田宗一郎さんとその相棒みたいな極少数の例外を別として。              うーむ、困りましたどう考えても生活出来ない訳ではないし彼等を遥かに凌駕する新しい世代が育っているのに 惚けてしまい退き時が判らないのかもしれません。                                             長文 乱文にて       草々        

  • 投稿者: 風顛老人爺          
  • 2007/09/19(水) 01:17:42
  • [編集]

(^O^)風顛老人爺さん

>平沼さん本人が私のメールを読み 肉声を感じさせる文章にてメールを返信してくれたのです。 律儀で礼節を重んじる方なのだと驚きかつ感激致しました。

それはすごいですね。平沼さん好感度アップです(笑)

私が抗議のメールを送っても、エライ方がちゃんとお返事くださったなんて経験は無いです。

>森さん当人は村夫子然とした雰囲気を持つ南洋の酋長が如き存在感を持つ愛すべき人柄らしく

そうなんですか。でも政治家は、人柄よりは実績で評価したいです。

”ナベツネ”氏は、プロ野球をここまで衰退させた”A級戦犯”でしょう。

一方、ナベツネの言うことを聞かなかったJリーグは繁栄しております。

まさに老害。

  • 投稿者: クロフネ@管理人
  • 2007/09/19(水) 23:01:06
  • [編集]

森 ナベツネ両氏は引退すべきです。m(__)m

拝啓、返信メールに私からメールを平沼さんに送信すると 又 返事が来ました。 驚いております、有力政治家は多忙です 代筆かもしれませんが一介の布衣の身たる私にその都度 返事をくれるとは! 知人が埼玉県上田知事に応援メールを送ったところきちんとしたメールが来て喜んでいた時ぐらいしか知りません。いっぺんに平沼さんのファンになってしまいました。
さて、森
ナベツネ両氏は最近 特に私利私欲私怨に走り過ぎて晩節を汚しているのでもう引退した方が良いです、すべきです。    欲ボケで引き時がわからないのかもしれませんが。(`´)(`´)m(__)m     乱文にて  草々

  • 投稿者: (^O^)風顛老人爺
  • 2007/09/19(水) 23:58:55
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する


・いつもコメント&TBありがとうございます。

アダルト系ブログからの、サイトポリシーに違反したコメント・TBが後を断たないため、受信したコメント・TBを管理人が審査することにしました。

サイトポリシーに違反したものについては予告無く破棄します。

また問題の無いコメント・TBを頂いても表示されるまで少し時間がかかります。 悪しからず御諒承ください。

「管理者にだけ表示を許可する」にチェックを入れると、管理人だけが読める非公開コメントになります。 非公開コメントを下さる方のプライバシーを尊重し、あえてお返事をしておりませんが、「公開コメントでも良いのでレスが欲しい」という方は、非公開コメントにその旨をお書き添えください。
                

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。