初めていらっしゃった方へ

スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

安倍改造内閣発足 ほか グローバルインテリジェンス

  • 2007/08/28(火) 00:37:38

◆安倍改造内閣発足 

 アジア歴訪から帰国した安倍首相は、内閣改造を実施、27日夜、安倍改造内閣が発足した。

首相    安倍晋三

総務相   増田寛也(民間人)
法相    鳩山邦夫
外相    町村信孝
財務相   額賀福志郎
文部科学相 伊吹文明(留任)
厚生労働相 舛添要一
農相    遠藤武彦
経済産業相 甘利明(留任)
国土交通相 冬柴鐵三(留任)
環境相   鴨下一郎
防衛相   高村正彦

官房長官       与謝野馨
国家公安委員長    泉信也
沖縄・北方担当相   岸田文雄
金融・行政改革担当相 渡辺喜美(留任)
経済財政担当相    大田弘子(民間人、留任)
少子化担当相     上川陽子




これに先立ち、自民党三役も一新した。

幹事長  麻生太郎
総務会長 二階俊博
政調会長 石原伸晃




 言いたいことが無いわけではないが、安倍首相も苦渋と熟慮のすえの決断だろうから、現時点でのベストと信じて人事についての論評はさけ、今後を見守りたい。

ただ、麻生・新幹事長もおっしゃっていたが、小泉さんが古い自民党をぶっ壊してしまったので、これからどうやって新しい日本・新しい安倍政権をつくりあげていくかが焦点となる。 

 今にして思えば、安倍首相が郵政造反組の復帰を認めて支持率が下がったことが、参院選への黄色信号だったのではないか。

関連記事・造反議員の復帰

私自身は、造反組に再チャレンジのチャンスを与えること自体、「積極的に推進すべし」とは思わないが、間違いだったとも思わない。

だが、政治に理解が深くない大多数の有権者は、「アレレ、安倍さんは”改革者”だった小泉さんの路線から転換するわけ?」というネガティブなイメージを持ち、そこから支持率が下がりはじめたように思う。

”国民の敵”を有権者の前に明確にして、無党派層を含めた有権者からの支持を広く訴えるという小泉さんの手法に賛否両論あると思うが、安倍首相はおやさしいのか、小泉手法を後退させ、”敵”を明確にしなくなったことで、大多数の有権者が「誰を支持すれば改革が実現するのか」ということをイメージしにくくなってしまった。

「まったく敵がいないという人物には、親友と呼べる友もいない」という金言もある。

関連記事・ここまでの安倍政権をチェック!(その2)

安倍政権は、小泉政権が勝ち取った票と議席を受け継いで、その権力基盤としていたわけだが、前述の理由で、知らず知らずのうちに安倍政権の権力基盤が揺らいでしまったのではないか。

 それでも、戦後レジームからの脱却をかかげる安倍政権は、その実現に突き進んだが、戦後レジームの既得権層が大反撃に出てきた。

それがマスコミによる安倍政権集中攻撃であり、社保庁の自爆テロ?だったのではないか。

おかげで参院選の争点が、日本の10年・20年後を見据えた改革の是非ではなく、年金がどうの、バンソーコーがどうのといった、きわめて矮小化されたものになり、頭が混乱した大多数の有権者は、「年金問題を解決するため」に年金問題の”A級戦犯”をトップ当選させるといった、オウンゴール(自殺点)をおかしてしまったのではないだろうか。

関連記事・オウンゴールで、古い自民党が蘇る

 権力基盤がゆらいでいるので、己の政策を貫徹することは難しくなっただろうし、改革のスピードを緩めたり、一部は後退も余儀なくされるかもしれない。

しかし、選挙に負けたからといって、小泉さんがぶっこわした後、安部改造内閣がつくりあげようとしているものが、政官財の癒着と国債大増発による地方バラマキ、外国へのひたすらの屈従のような、古い自民党への回帰ということだと、本格的に有権者の支持を失ってしまうだろう。

マスコミ・野党・超然主義官僚・外国勢力など、戦後レジームの抵抗勢力のうち、まず戦略目標の優先順位を決めて相手を分断し、各個撃破していくべきだと思う。 そのために必要な勢力も味方につける。

言葉で言うほど簡単なことではないが、安倍政権の今後を見守っていきたい。



◆中国人民解放軍がドイツにネット攻撃か 

 ドイツのシュピーゲル誌が、ドイツの諜報機関・憲法擁護庁の分析を引用して、ドイツ政府のコンピューターに中国人民解放軍が発信元とみられるスパイウエアが侵入していたことが明らかになったと報じている。

 これが事実であるならば、新ファシズム国家・中国らしいニュースである。

シュレーダー社会民主党政権時代のドイツは、中国べったりだったが、現メルケル政権は、中国の人権弾圧を非難しているから、それに対する報復だろうか。

中国軍のコンピューター・ハッキング部隊の脅威度も、かつてないレベルになってきた。

 日本も、対岸の火事だと笑って済ますわけにはいかない。

識者のなかには、日本にはバッジシステムや空中早期警戒管制機があることをあげて、中国脅威論をたしなめようとする人もいる。

だが、それらが常に機能するとは限らない。

中国軍が日本に奇襲攻撃をかける際は、実際に軍隊を動かすのと同時に、中国軍のコンピューター・ハッキング部隊が、防衛省や自衛隊・在日米軍などのネットワークに侵入し、破壊工作をしかけてくるかもしれない。

あるいは日本上空で、中国軍が電磁パルスを放射する爆弾を爆発させて、政府・防衛省・自衛隊のありとあらゆる電子機器を破壊し、無力化してしまうかもしれない。

日本の離島にあってバッジシステムの一翼を担うレーダーサイトなどを、人民解放軍の特殊部隊に破壊させることも考えうる。

 こういったことへの対策がどれぐらいなされているのかは、機密事項だろうが、政府・防衛省の、こうした中国軍による奇襲攻撃への備えは万全だろうか?


banner_04.jpg

↑あなたのワン・クリックがこの国を変えます↓
人気blogランキング

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

( ̄~ ̄;)うーむ!

拝啓、( ̄~ ̄;)うーむ 安倍さんは大変そうです。 此処迄マスコミにバッシングされ党内がまとまらず揉めるなら去年の自民党総裁選の時にもっと徹底的に戦い けりを着けて、若いが安倍総理恐るべし! との印象を内外に与えておくべきでした。  うーむ( ̄~ ̄;) もう安倍総理は死に体と酷評する人もおりますが 私はまだ期待しております、 今度の改造内閣に中川昭一さんが入閣していないのが残念であります。m(__)m               乱文にて  草々

  • 投稿者: (^O^)風顛老人爺
  • 2007/08/28(火) 10:56:46
  • [編集]

生活が向上し劇場政治もみたい

庶民というのは現金なもので、
「生活が向上しないこと、劇場政治を見せてくれないこと」にブーイングなだけだろう。

 自民支持の私でさえ、自民の政策のおかげで所得水準が下がってしまった。それでも支持続けるのは、明日の日本に期待をし、毛針民主では期待できないと思うからである。

庶民はどうも違うだろう。その場限りのマスゴミ言論に左右され憎んだり同情したり「鼻面を引き回されている」ことに
まだ気付いていない。

今回の出来事はマスゴミの結束した結果である。また開戦直前マスゴミ同様、ミスリードしたのだ。

それに輪をかけて拙劣だったな、安倍ちゃん。庶民はパンと見せ物を求めているのさ。真面目は時によっては不道徳!

  • 投稿者: MOND
  • 2007/08/28(火) 10:58:24
  • [編集]

デュアルシステム

住基ネットの時も思ったのですが、この国は、と言うより文系の経営者を含めた「上に立つ人」は、情報の重要性を全く理解しようとしません。

役所の場合、外に繋がるものと、内部で完結するものの2系統が必要になります。今まで、役所が整備に回してきたお金なら十分に両系統を構築できたはずなのですが、明確な方針がないために絆創膏の切り貼りを繰り返す弥縫策に終始しています。

民間企業でも、停電や不具合を避けるためのデュアルシステムを構築したあとになって、「2倍も金かけやがって」と憤られて参ってしまうことがあります。

防衛省もそんなとこの一つなのかな?

  • 投稿者: クマのプータロー
  • 2007/08/28(火) 13:11:03
  • [編集]

取り敢えず様子見

現代戦に関する備えに関しては、どんなに立派な兵器やシステムを揃えたところで、使う決断をするのは人間なのだから、現在の渋リアンコントロールが利いている我が国では機能しそうに無い。まずは議員と国民の意識改革から、逆に言えばそれこそが最高の防衛力であり、だから二ダーと売国奴は放送と教育を乗っ取ったのだと思いますよ。

  • 投稿者: 火天大有
  • 2007/08/28(火) 16:27:18
  • [編集]

(^O^)風顛老人爺さん

>此処迄マスコミにバッシングされ党内がまとまらず揉めるなら去年の自民党総裁選の時にもっと徹底的に戦い けりを着けて、若いが安倍総理恐るべし! との印象を内外に与えておくべきでした。

何らかの事情があったのかもしれませんが、やはり論功褒賞人事でポストにつけた人がらみの不祥事が多かったですね。

今更言っても遅いのでしょうが...


MONDさん

>庶民はどうも違うだろう。その場限りのマスゴミ言論に左右され憎んだり同情したり「鼻面を引き回されている」ことにまだ気付いていない。

そんなところだと思います。

”格差”にしたって、庶民の金持ちへの嫉妬心を利用して、政権バッシングへとつなげようとしているだけじゃないでしょうか。


クマのプータロー さん

>民間企業でも、停電や不具合を避けるためのデュアルシステムを構築したあとになって、「2倍も金かけやがって」と憤られて参ってしまうことがあります。
>防衛省もそんなとこの一つなのかな?

防衛省がそうだと本当に困ってしまいます。

日本のエリートにはフェイルセーフの思想が決定的に欠けています。


火天大有さん

>まずは議員と国民の意識改革から、逆に言えばそれこそが最高の防衛力であり、だから二ダーと売国奴は放送と教育を乗っ取ったのだと思いますよ。

まさしくそうだと思います。

日本が実力どおりの力を発揮すれば、中・韓・朝は、まったくかなわなかったのですから。

  • 投稿者: クロフネ@管理人
  • 2007/08/28(火) 23:08:24
  • [編集]

安倍改造内閣に期待!

拝啓、安倍改造内閣に期待しております。
早速 町村外相が北朝鮮に対する援助についてビシッと発言してくれました。(^O^)          これからの安倍内閣の奮闘に期待するや大であります。
少しずつ風通しが良い世の中になって来ていると感じつつ!(^-^)m(__)m        乱文にて  草々

  • 投稿者: (^O^)風顛老人爺
  • 2007/09/08(土) 21:07:33
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する


・いつもコメント&TBありがとうございます。

アダルト系ブログからの、サイトポリシーに違反したコメント・TBが後を断たないため、受信したコメント・TBを管理人が審査することにしました。

サイトポリシーに違反したものについては予告無く破棄します。

また問題の無いコメント・TBを頂いても表示されるまで少し時間がかかります。 悪しからず御諒承ください。

「管理者にだけ表示を許可する」にチェックを入れると、管理人だけが読める非公開コメントになります。 非公開コメントを下さる方のプライバシーを尊重し、あえてお返事をしておりませんが、「公開コメントでも良いのでレスが欲しい」という方は、非公開コメントにその旨をお書き添えください。
                

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。