初めていらっしゃった方へ

スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

特アの反日プロパガンダに対抗するには... (最終回)

  • 2007/08/20(月) 23:46:52

 中国軍部が、教皇子午線ならぬ”中共子午線”の設定と、太平洋の東西分割をアメリカ軍に要求したらしいのだが、それは次回にでも取り上げるとして、前回のつづき。

 ただ”第二次大戦”という戦場における、反日プロパガンダとの戦いを全く避けるというわけにもいかない。

そこで重要になるのが、”歴史修正主義”と日本との結びつきを出来るかぎり断つということである。

 特定アジアや国内の左翼が、非常に良く使うロジックとして、「ドイツはしっかりと過去を反省したが、日本は反省していない」というものがある。

ナチスドイツのホロコーストを否定することは世界的なタブーであり、そのタブーをおかすものは”歴史修正主義者”のレッテルを貼られて、まともな人間扱いされなくなる。

(慰安婦問題の反論広告に対して反応したアメリカ人は、大方そんな感じであったのではないか)

そして、過去のドイツと現代の日本を結びつけることで、「ナチスがあれほどひどい事をしたのだから、日本だって中国や韓国に同じぐらいのことはしたに違いない。現に中・韓の人たちが言うには、日本はナチス並にひどいことをしたそうじゃないか。現代日本人はそうした犯罪者の子孫なんだ」と世界の人たちに信じ込ませる。

特アが使うこのロジックの狙いはまさにそこにあるわけだ。

「ドイツは反省したが~」という魔法の呪文で、特アは日本を自分にとって有利な戦場に引きずりこめるというわけである。

ホロコーストに関して言えば、日本はナチスドイツとただ同盟国であったというだけで、ホロコーストに積極的に加担したことも、アジアである民族の絶滅を狙ったことも無かった。

 だが、どういうわけかユダヤ人の中に、強烈な反日主義者がしばしばあらわれる。

古くは中国生まれのユダヤ人、ヘンリー・ルースが有名だ。

有名な雑誌”タイム””ライフ”を創刊し、アメリカ・マスコミ界の大物となった彼は、中国の蒋介石のためにアメリカで活動するチャイナロビーでもあった。

彼は、自分の所有する雑誌社を通じて、蒋介石や夫人の宋美齢を”自由主義国家・中国”の象徴として、反対に日本を徹底的に邪悪な国家として描かせ、第二次大戦直前のアメリカ世論を親中・反日へと誘導していった。

ルースのタイム・ライフ社は、同じくユダヤ人であるワーナー兄弟がつくった映画会社・ワーナーブラザース社と合併、さらにAOLもあわせてAOL・タイムワーナー社となった。

現在は社名をタイムワーナーに戻しているが、ルースに限らず、アメリカのマスコミ界において、ユダヤ系の影響力は大きい。

ワールド紙を所有し新聞王と呼ばれたジョセフ・ピュリッツアーや、日本への偏向した論調で知られるニューヨークタイムズ紙を所有しているザルツバーガー家、ワシントンポストやニューズウイークで有名なグラハム家もそうである。

映画界も、前述のワーナーブラザースはもちろん、20世紀FOX・パラマウント・ユニバーサルフィルムの創業者もユダヤ系であった。

テレビ業界でも、ABC創立に関係したレオナード・ゴールデンセン、NBCを育て上げたデービット・サーノフ、CBSのウィリアム・ベイリーもユダヤ系である。

映画監督や芸能人、あるいはメディア各社の裏方として働くユダヤ系の人は多い。

伝統的に、ユダヤ系アメリカ人に民主党支持者が多かった。

アメリカのマスコミ界でも、民主党支持で左翼リベラル的な論調のところは多いし、ハリウッドにおいても、民主党支持者が多いように感じる。

 だからといって、「アメリカのメディア界すべてが反日・親中である」といった単純な話ではないし、中東情勢に関する報道で、反イスラエル的なものが増えてきているところにも、アメリカ・マスコミ界の微妙な変化がうかがえる。

ましてや、「ユダヤ人の世界支配組織がアメリカ・ブッシュ政権を手駒としながら、日本を支配しようとしている」みたいなユダヤ陰謀論には一切組するつもりはない。

 ただ、ヘンリー・ルースやキッシンジャー元国務長官のような、日本に根強い不信感や反日感情を抱いているユダヤ系の人々がときどきあらわれるのは事実で、その原因は、やはり日本がナチス・ドイツと同盟国であったことと関係が深いのではないだろうか。

そうしたことが、ニューヨークタイムズやワシントンポストの反日論調に影響を与えていたり、AOLタイムワーナーのテッド・レオンシス氏が中国ロビーの影響を受けて、南京映画をつくろうと決断させることにつながっているのではないか。

民主党の対日政策・対アジア政策にも影響を与えているのではないか。

さらには少なくないアメリカ人が、特定アジアの反日プロパガンダに反論する日本人に対し、「自分の間違いを絶対に認めようとしない愚かな”歴史修正主義者”」という差別的偏見を持つ理由となってはいないだろうか。

もしそうなら、「日本は、ナチスドイツと同盟国ではあったが、ユダヤ人絶滅政策を支持したことは無い」ということを広く知らせる必要がある。

 その効果的な手段として映画があげられる。

映画界でユダヤ系アメリカ人の影響力が強いのなら、逆にそれを味方にしてしまうのである。

 命のビザで六千人のユダヤ人を救った杉原千畝・リトアニア領事の話でも良いし、オトポール事件樋口季一郎少将や安江仙江大佐の話は、もっと意外性のインパクトがある。その両方を組み合わせたシナリオでも良い。

それをワーナーブラザース・20世紀FOX・パラマウント・ユニバーサルあたりの大きい会社で映画化し、スピルバーグのような大物映画監督にメガホンをとってもらえるとより理想的だ。

(杉原さんの話は”Conspiracy of Kindness”という題ですでに映画化されたが、残念ながらあまり話題にはならなかったように思う)

レオ・メラメド氏のように杉原ビザで救われたユダヤ系の大物や、世界ユダヤ人会議のような各種ユダヤ系団体、場合によってはイスラエル政府への働きかけもしながら、全米や世界中での映画公開をめざす。

試写会には、ユダヤ系の政財界人を出来るかぎり招待し、DVDを各ユダヤ人団体に寄贈する。

ユダヤ人にルーツを持つ映画関係者にとっては、興味をひかれる実話だろうし、映画化に協力してくれる人も多いのではないか。

映画において、日本が実際以上に美化される必要は無い。

ナチスと同盟を結んでいても、良心を失っていなかった日本人がいたということを知ってもらえれば良い。

そのことをすべてのユダヤ人に知ってもらいたい。

それに成功すれば、ユダヤ系の人々や各種ユダヤ系団体の日本への誤解をとくことができ、日本の主張に対する理解が深まるのではないか。

 これまで何度も言ってきたが、特定アジアの反日プロパガンダに対抗して、ネガティブキャンペーンをはるどころか、日本は何もしてこなかったも同然だった。

安倍政権も「日中は戦略パートナー」と位置付けて、中国への批判を避けている。

中国が表面上、反日を弱めていることも関係しているのだろうが、中国はテーブルの上で日本と握手するポーズをしても、その下では日本にさんざんケリを入れてきている。

それが慰安婦決議であり、南京映画製作である。

だったら、日本も報復としてテーブルの下でケリを入れ返すべきだ。

日本政府が表立って動けないなら、アメリカの民間団体を援助して、現在進行中の人権侵害をネタに厳しい対中批判をさせたり、映画をつくったりして、特アの反日プロパガンダの毒を出来うるかぎり中和させるべきだ。

中・韓・朝のいわゆる特アの反日政策とは「やるか、やられるか」だと思う。
指導者が”宋襄の仁”では、日本は生き残れない。
 


<了>


banner_04.jpg

↑あなたのワン・クリックがこの国を変えます↓
人気blogランキング


関連記事・親米か?反米か?

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

お久しぶりです。m(__)m

拝啓、管理人さんお久しぶりです。        日本は外交は戦争、 戦争は外交と認識し  口では友好・仲良し・一衣帯水と囁き乍悪逆極まるシナを叩く策をどしどしと実行すべきです。戯画化するなら、右手で握手し左手で相手を叩き、
口では美辞麗句を並べ立ててニコニコと笑顔を浮かべてテーブル下では相手の脚を踏みつけて蹴る イメージです。            そろそろ水面下で北京五輪及び上海万博ボイコットの活動を始めるべきです。     逆説乍、ルールや条約・約束をまるで守らないシナは論外ですが、平和ボケの日本と違い自国の利益をあらゆる手段を講じて拡大して行くという姿勢は国家として当たり前かもしれません、 到底 立派だとも 尊敬するとも思いませんが。            淡々と歴史を描き日本の国益を高める映画は作るべきです 日本は他国に比べてあくどい事を余り遣らないので歴史を捏造する必要もありませんから。m(__)m         乱文にて  草々

  • 投稿者: (^O^)風顛老人爺
  • 2007/08/21(火) 14:52:51
  • [編集]

ユダヤ人のラビ・マーヴィン・トケイヤー著
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4198621217.html
には、「ユダヤ人の第一級の恩人は、A級戦犯とされた東條英機」と書かれています。
また、樋口季一郎少将や安江仙江大佐の上司であった東條英機参謀長の認可なしには、ユダヤ人難民を救うことは出来ませんでしたと書かれています。

  • 投稿者: とおる
  • 2007/08/21(火) 18:08:17
  • [編集]

(^O^)風顛老人爺さん

>戯画化するなら、右手で握手し左手で相手を叩き、口では美辞麗句を並べ立ててニコニコと笑顔を浮かべてテーブル下では相手の脚を踏みつけて蹴るイメージです。

日本列島はあいかわらず猛暑につつまれていますが、おかわりありませんでしょうか。

さて、上記のイメージに賛成ですね。

もっとも各方面から「日本の伝統美にそぐわない」とお叱りを受けそうですが、こうでもしないと日本はこの先、生き残れないと思います。


とおる さん

>樋口季一郎少将や安江仙江大佐の上司であった東條英機参謀長の認可なしには、ユダヤ人難民を救うことは出来ませんでしたと書かれています。

私も、そう伺っております。

いきなり有名な東條参謀長を出すと「おまえはやっぱり修正主義者か」とハリウッドから警戒されそうですから、まずは樋口少将メインでお話をつくった方がうまくいくのではと推察しております。

  • 投稿者: クロフネ@管理人
  • 2007/08/21(火) 22:40:19
  • [編集]

同然どころか

河野談話といい逆の事ばっかりやっているのだもの、まずは国内の意識改革からでは無いでしょうか、似非左翼卑怯売国奴に奪われた言葉を取り戻し(例、平和、人権、平等、自然等)在住外国人本名表示法を作り、在住外国人相対待遇法を造り(例えば日本に在住する韓国人の待遇は韓国に在住する日本人の待遇に準ずるとか)そうして国内環境を整備してから戦略的に宣伝作戦を展開しないと又後ろから刺されて終わりでしょう。ああ忘れてました反国家公務員処罰法(嗚呼情けない、も造らないと駄目ですね)

  • 投稿者: 火天大有
  • 2007/08/21(火) 23:44:41
  • [編集]

日独比較について

はじめまして、クロフネ様。

日独戦争「責任」問題に関心を抱きました。

TBができなかったものですから、コメント欄から拙記事をここに挙げておきます。

日独戦争犯罪は比較されえるか?(1)
http://kantisch.cocolog-nifty.com/blog/2007/08/post_5862.html

日独戦争犯罪は比較されえるか?(2)
http://kantisch.cocolog-nifty.com/blog/2007/08/post_70ed.html

それでは、

  • 投稿者: 寛斗
  • 2007/08/22(水) 07:59:26
  • [編集]

いいご意見です。

日本では閉塞感があると思いますが、こういった事を実現するのが、日本人を元気にする素と思います。

どうしたら、実現できるかが問題です。
文化庁はダメですし、

ずれますが、前回のロシアのエントリは納得できます。

がんばってください。

  • 投稿者: 人形焼
  • 2007/08/22(水) 11:11:12
  • [編集]

夏バテです!

拝啓、猛暑と靖国参拝での体たらくに激怒して熱を出してしまいました。(T_T)    やはり、日本はどしどしと反撃するべきです 安倍総理には今からでも靖国参拝していただき騒ぐのが仕事のシナや朝日新聞が言いがかりをつけて来たら、心の問題です 戦没者に哀悼の意を表するのは人間として当然の行為です 内政干渉ですときちんと言明して貰いたいです。流石は戦う政治家と たちまち称賛の声が上がり支持率もアップするのですが残念であります。大英博物館の日本海を東海書き換え問題、太平洋二分割案等は日本が淡々と宣伝戦を展開し自信を持って国力相応の軍事力を持てばたちまちのうちに雲散霧消してしまうのですが。(`´) うーむ、不甲斐ないです。ネットや口コミでコツコツと反日宣伝に対抗するのみと考えております。ところで硫黄島二部作を見ましたアメリカ海兵隊の敢闘精神を大いに称えつつ日本の栗林兵団の死闘奮闘も称賛する こういう硬軟併せた名調子の映画を日本でも作りたいですね、名付けて 満州ユダヤ人救済計画とかラトビアの正義とか 等々 予告編しか見ていませんが松平健さんが出たバルトの楽園もあるので日本でも十二分に作れ 日本はナチスドイツの同盟国だが人種差別には断固して反対したと世界中に諠伝出来るのですが。m(__)m  乱文にて  草々

  • 投稿者: (^O^)風顛老人爺
  • 2007/08/22(水) 16:27:08
  • [編集]

火天大有さん

>河野談話といい逆の事ばっかりやっているのだもの、まずは国内の意識改革からでは無いでしょうか...

私も意識改革のために、ブログを立ち上げたわけですが、なかなか簡単にはいきません。

読者の皆さんの口コミで、ぜひ保守系ブログの宣伝をしてください。


寛斗さん

TB機能の調子が悪いようでご不便をおかけします。

私も、ホロコーストに関するかぎり、日独を同列に論じることは出来ないと思います。


人形焼さん

応援ありがとうございます。

>どうしたら、実現できるかが問題です。

ここが最大の問題ですね。
機密費を使って、アメリカあたりで、歴史団体でもつくれないものかと思うのですが...


(^O^)風顛老人爺さん

>猛暑と靖国参拝での体たらくに激怒して熱を出してしまいました。(T_T) 

毎日暑いですが、ご自愛ください。

>安倍総理には今からでも靖国参拝していただき騒ぐのが仕事のシナや朝日新聞が言いがかりをつけて来たら、心の問題です 戦没者に哀悼の意を表するのは人間として当然の行為です 内政干渉ですときちんと言明して貰いたいです。

秋の例大祭まで参拝無しとなると、私も忍耐の限界なのですが...

  • 投稿者: クロフネ@管理人
  • 2007/08/23(木) 21:29:29
  • [編集]

頑張れ 安倍総理これから反撃です(`´)!

拝啓、反日カルテルを結成のマスコミにバッシングされておりますが安倍総理はやるべき事をやっております。靖国参拝も前任者の小泉氏に倣いしれっとして参拝すればそれで済むのですが。  典型的な日本人で話せば分かると思われているのかもしれません。敢えて云えばそれは違います とくに日本の隣国は話が通じない連中揃いなので日本人特有の謙譲の美徳は逆効果です。いたずらに相手に主導権を握られて振り廻されてしまうだけです。淡々と為すべき事を行い反日勢力は黙殺しておいて機を見てビシッと反撃し叩き潰すしかありません(`´)、唐突に安倍総理は犬の躾けは下手では、と。気をつかい過ぎて犬に舐められてしまうのではと感じております。ニュースで印度訪問中の総理が映りました日本で口先番長の相手をしているより生き生きとしておりました、 安倍総理の二枚腰 怒涛のがぶり寄りを期待しつつ
朝青龍みたいに図太いと良いのですが。(`´)m(__)m乱文にて  草々

  • 投稿者: (^O^)風顛老人爺
  • 2007/08/24(金) 19:44:07
  • [編集]

(^O^)風顛老人爺さん

>拝啓、反日カルテルを結成のマスコミにバッシングされておりますが安倍総理はやるべき事をやっております。

さっそく、アジア歴訪に関するエントリーをアップしました。よろしかったらどうぞ。

  • 投稿者: クロフネ@管理人
  • 2007/08/25(土) 01:58:11
  • [編集]

拝読致します。m(__)m

拝啓、管理人さんタイムリーであります。 拝読致します。m(__)m        草々

  • 投稿者: (^O^)風顛老人爺
  • 2007/08/26(日) 00:14:25
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する


・いつもコメント&TBありがとうございます。

アダルト系ブログからの、サイトポリシーに違反したコメント・TBが後を断たないため、受信したコメント・TBを管理人が審査することにしました。

サイトポリシーに違反したものについては予告無く破棄します。

また問題の無いコメント・TBを頂いても表示されるまで少し時間がかかります。 悪しからず御諒承ください。

「管理者にだけ表示を許可する」にチェックを入れると、管理人だけが読める非公開コメントになります。 非公開コメントを下さる方のプライバシーを尊重し、あえてお返事をしておりませんが、「公開コメントでも良いのでレスが欲しい」という方は、非公開コメントにその旨をお書き添えください。
                

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。