初めていらっしゃった方へ

スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リーダーの資質

  • 2007/07/19(木) 16:12:18

 クロフネがサッカー好きということは、常連さんはご存知のことだと思うが、実は野球選手に一人、気になる人がいる。

それは、ニューヨーク・ヤンキースのキャプテン、デレク・ジーター選手である。

お父さんが黒人で、お母さんがアイリッシュ系という、アメリカ人を象徴するような人だと思うのだが、それを知ったのはだいぶ後のこと。

 あれは確か、ボストン・レッドソックスと対戦した、2003年のリーグ優勝決定戦第7戦のことだった。

普段あまり野球を見ないのだが、どういうわけか、その試合だけはたまたま見ていたのだった。

優勝決定戦は、先に四つ勝った方が、ワールドシリーズへ出場する権利を得るが、ニューヨークもボストンも3勝で並んで王手をかけた第7戦は、8回までボストンが3点リードしてワールドシリーズへの切符に片手が掛かっていた。

ヤンキースにとってレッドソックスは宿命のライバルの関係にあるが、そのライバルに終盤3点のリードを許し優勝を奪われそうだという、絶体絶命のピンチだった。

逆境の中、8回のウラに打順はキャプテンのジーターにまわった。

ブリブリ素振りをして、手袋のマジックテープを何度も締めなおす彼のクセをいつもよりいっそう激しくすると、気合満々でバッターボックスに入った。

そして反撃の口火を切る二塁打を放ったのだった。

セカンドベースに頭からつっこんだジーターは、すっくと立ち上がると、ヤンキースベンチに向かって、

Come on!!(さあ野郎ども、俺について来い!!)
と吼えた(ように見えた)。

まさにキャプテンの中のキャプテン。

リーダーの中のリーダー。

逆境の中、意気消沈しがちなチームの先頭に立って難関に切り込み、結果を出していくジーター選手の姿を見て、いっぺんに惚れてしまった。(ちょっと記憶のなかで美化されているかも)

プレーボーイと言われる彼だが、女性のみならず同性からも惚れられるタイプだと思う。「英雄、色を好む」と言うしね。

ジーターの出塁がヤンキースを元気づけ、松井選手の二塁打などをからめて、その回に一挙に同点においつくと、延長11回には、ヤンキースにサヨナラホームランが出て、劇的な勝利に終わった。

結局ワールドシリーズでヤンキースは負けてしまったので、理想のシナリオとはならなかったが、それでも非常に印象的なシーンだった。

スポーツのチームキャプテンにしろ、国家の指導者にしろ、リーダーというものは、こうでなくてはいけないと思う。

 第二次大戦中、ナチスドイツ空軍によってロンドンが猛空爆を受けていた時も、チャーチル首相が「絶対にあきらめるな、あきらめることこそが悪である」とイギリス国民に必死になって呼びかけ、勇気付けた。

チャーチルは、「みんなの先頭に立つリーダーは戦いの時こそ笑え。笑えなければ無理やりにでもニタリとしろ。それさえできないのならば、一番後ろにすっこんでいろ」といったようなことも言っている。

 「与党逆風の中、今回の参議院選挙戦の結果は、もう決まったも同然」という声もネット界では少なくない。

私は、たとえどんな状況であっても、最後まであきらめてはいけないと思う。あきらめた瞬間が負けである。

逆境であっても絶対にあきらめず、先頭に立って皆を導き、結果を出していくというのが、真のリーダーではないだろうか。

日本の最大勢力は、有権者の40%とも言われる無党派層である。

この層に風を起こせれば、まだまだ結果はわからない。

もちろん、絶対にあきらめないということと、不法な手段を使うということは、まったく別ということは、念のため言っておくが。


banner_04.jpg

↑あなたのワン・クリックが日本の逆境をはね返す1打となります↓
人気blogランキング


関連記事・中越沖地震とリーダーの危機管理能力

関連記事・年金問題が争点らしい

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

拝啓、管理人さん 媚びる訳ではありませんがリーダー・指導者は闘志と笑顔を欠いてはなりません。   判り易い例では小泉前総理です 確か記憶が曖昧ですが年金問題で攻められると 人生色々 年金も色々、と。 靖国参拝でも 心の問題、と。 あの当時 色々発言には些か疑問を感じましたが 今になってみると誠心誠意説明してもマスコミにバイアスを掛けられてしまうので一言で斬って捨ててしまう方が効果的です。      やっている事は日本に不利益ばかりですが エネルギー高騰を背景に強いロシアを復活させている ロシアのプーチン大統領の凄味を感じさせる強腕もです。 流石にプーチン皇帝と言われるだけの事はあります。 何時ぞやのサミットだか首脳会談で 小泉前総理やブッシュ大統領がシナの胡錦東が滞在するホテルに表敬訪問してしまったのに対してプーチン大統領は 用があるならそちらから来い、と一言。       リーダーの姿勢は斯くあるべきです。 勿論、未確認ですがプーチン政権が反対派ジャーナリストや亡命者を次々に暗殺しているという前近代的な面を肯定してはおりません。
日本にも、お国柄の違いとは云えいたずらに媚びぬリーダー・指導者が今こそ必要とされているのではありませんか、   いや 必要とされております。m(__)m               乱文にて  草々

  • 投稿者: (^O^)風顛老人爺
  • 2007/07/27(金) 14:29:03
  • [編集]

(^O^)風顛老人爺さん

>今になってみると誠心誠意説明してもマスコミにバイアスを掛けられてしまうので一言で斬って捨ててしまう方が効果的です。 

私も同感です。

ワンフレーズにしないと、マスコミが編集したVTRをつくられて、言ってもいないことを言ったことにされてしまいますから。

  • 投稿者: クロフネ@管理人
  • 2007/07/28(土) 01:07:51
  • [編集]

馬鹿はちゃんと繋いで飼え!(`´)

拝啓、人を見て法を説け 若しくは馬鹿はちゃんと繋いで飼え と言います。             無理やり前記を安倍総理に繋げると
箸にも棒にも掛からない更に指示に従わない輩はクビにするしかありません、放置すると足を引っ張られと二進も三進も行きません。
何と云うべきかこの国難の時に総理になったのにいい人過ぎると感じております。
顔 風貌は似ているのに妖怪と謳われた祖父の岸 信介氏のしぶとさ えげつなさは受け継いでいませんね。
とても残念です。リーダーには時に非情な迄の決断が要求されるのですから。m(__)m          乱文にて  草々

  • 投稿者: (^O^)風顛老人爺
  • 2007/07/31(火) 22:35:10
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する


・いつもコメント&TBありがとうございます。

アダルト系ブログからの、サイトポリシーに違反したコメント・TBが後を断たないため、受信したコメント・TBを管理人が審査することにしました。

サイトポリシーに違反したものについては予告無く破棄します。

また問題の無いコメント・TBを頂いても表示されるまで少し時間がかかります。 悪しからず御諒承ください。

「管理者にだけ表示を許可する」にチェックを入れると、管理人だけが読める非公開コメントになります。 非公開コメントを下さる方のプライバシーを尊重し、あえてお返事をしておりませんが、「公開コメントでも良いのでレスが欲しい」という方は、非公開コメントにその旨をお書き添えください。
                

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。