初めていらっしゃった方へ

スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マリーシアと日本人

  • 2007/06/27(水) 21:54:27

 私はサッカーが好きで、日本のチームが全くからまないカードを含めて試合をよく観る。これについて「意外ですね~」と周りから言われることも少なくない。

国際サッカー連盟(FIFA)に加盟している国は、国連加盟国よりも多いとは良く言われることだが、「11人で、手を使わずに相手より一つでも多くゴールした方が勝ち」という単純なルールのせいか、サッカーは世界で最もポピュラーなスポーツであり、

単純なルールゆえに、各国・各民族ごとのサッカーに対する理想像・価値観・美意識というものが如実にあらわれて、興味はつきない。

サッカー場の芝生の上で起こっていることは、スタジアムの観客席で起こっていることと深く関係があり、観客席で起こっていることは、そのスタジアムがある都市・国の出来事と深く関係しているのである。

 これは日本とて例外ではない。

日本のチームがやるサッカーにも、日本人なりの価値観・美意識・文化がしっかりと反映されている。

日本のサッカーの特徴は、何といっても「技術へのあこがれ」だと思う。

選手が華麗な個人技を見せたとき、観客席が「ウォー!」と沸くし、得点までのプロセスを重視し、中盤で技術を駆使した細かいパスワークで攻撃を組み立てていくのも日本の特徴である。

サッカーにおいても「巧みの国・日本」である。

その点、伝統的な韓国・中国のサッカーはプロセスよりも結果重視、後ろの守備選手からロングボールを前方へドカーンと蹴って、中盤の攻撃を省略、放り込まれたボールを前線の点取り屋が何とかするという、おおざっぱなサッカーだった。

日本と、韓・中のサッカー哲学には大きな違いがあって、日本海・東シナ海には深いミゾがあった。

(現在、サッカーの世界でもグローバル化が進んでいて、かつてほど文化的・民族的特徴が見られなくなったが)

 ところで、日本人のサッカーへの美意識・サッカー哲学にも昔は大きな問題点があった。

それは「何でも正攻法・バカ正直で、ズル賢さが決定的に欠けている」ということである。

サッカー大国ブラジルの選手・監督は、しばしばそれを「日本人にはマリーシアが足りない」と言う。

1993年、ワールドカップ(W杯)アメリカ大会のアジア最終予選がカタールの首都・ドーハで開かれた。

最終予選に勝ち残ったのは、日本・サウジ・イラク・イラン・北朝鮮・韓国の六カ国。 総当りのリーグ戦で上位2チームがアメリカワールドカップへの出場権を得ることになっていた。

日本は、サウジと引き分けイランに負けと序盤は苦しんだが、北朝鮮・韓国を立て続けに撃破、最後のイラク戦を控えた段階で、2勝1分1敗・勝ち点5・得点から失点を差し引いたもの(ゴール・ディファレンス)が+3で予選トップにつけていた。

(サッカーのリーグ戦は勝ち点で優劣を決める。93年当時は勝利で勝ち点2、引き分けで勝ち点1、負けで0である。勝ち点が並んだ場合、ゴール・ディファレンスの数字が上回った方が上位になる)

2位はサウジで勝ち点5、ゴールディファレンス+1で日本より下、3位が勝ち点4の韓国だった。

最終戦のイラク戦は点の取り合いとなったが、試合終了まであと数分の段階で、日本が2-1とリードしていた。イラクは何としても追いつくべく必死の攻撃を繰り返していた。

ドーハ市内の別のスタジアムで同時キックオフとなった、サウジ対イランと北朝鮮対韓国は、それぞれサウジと韓国がリードしていた。

この時点で、日本はイラクにそのまま勝てば、史上初のW杯出場が決まる。

引き分けだと、サウジに勝ち点で抜かれ、韓国には並ばれる。(日本6 サウジ7 韓国6)

しかも韓国が北朝鮮に3-0とリードしていたから、ゴール・ディファレンスが+5となり、+3の日本を上回って2位となってしまう。

日本は絶対に勝たなければいけない状況だった。

この状況で、試合終了数秒前で、イラクの同点ゴールが決まってしまう。
有名な”ドーハの悲劇”というやつである。

失点の瞬間、日本の選手たちはバッタリと芝生に倒れ、その直後に試合終了、日本のワールドカップ初出場の夢は消え去った。

 しかし、私は悲劇でも何でも無いと思う。これは必然であったとさえ思えるのである。

試合終了が近く、日本が2-1とリードしていた状況で、日本はイラクからボールを奪い返すと、バカ正直にもイラクゴールへと攻め込んでいた。

試合終了直前に、日本がリスクを冒して攻撃して、3-1で勝とうが4-1で勝とうが10-1で勝とうが、もらえる勝ち点は2のままである。

リスクを冒した結果、同点ゴールをくらい、引き分けにしてしまうと勝ち点は1。

こうした状況で日本がリスクを冒してイラクゴールへと攻め込むのは、せいぜい「相手を攻め立てて気分が良かった」程度の効果しかない。

だが日本の戦略目標はワールドカップに出ることであり、そのためには勝ち点が2必要だった。引き分けでもらえる勝ち点1では戦略目標は達成されないのである。

そして、日本がイラクへ攻め込んだところでボールを奪い返されて逆襲をくらい、コーナーキックを与えるピンチを招いた。そのコーナーキックから、日本は痛恨の同点ゴールを浴びたのである。

むかしむかし、まだ日本のサッカー界が、良く言えば純粋でまじめで、悪く言えばナイーブで国際経験が無かったころのお話である。

 これとは対照的に、ブラジルやアルゼンチン、スペインやイタリアといったラテン国家には「ずる賢く、要領良くやった者が勝ち」という文化がある。
前述のように、ブラジル人はポルトガル語でマリーシアと呼ぶ。

ブラジルやスペインといったチームが日本のような状況に置かれたらどうするか、ご存知だろうか?

試合終了間際で、勝てばワールドカップ、引き分けではダメといった場合、10点差で勝っても1点差で勝っても勝ち点は変わらないのだから、彼らは、律儀にバカ正直にリスクを冒して相手ゴールへ向かって攻めたりはしない。

サッカーの競技規則には、ボールを奪ったら絶対に相手ゴールめがけて猪突猛進しなければいけない、とは書いていないのである。

ボールは1個しかないのだから、こちらがボールを持っている間は、相手が攻撃することはできない。攻撃できなければ、こちらが失点することも無い。

もちろん攻撃してシュートすれば得点する可能性が生まれる。しかしシュートが外れれば相手ボールとなってこちらが失点する可能性もゼロでは無くなる。
だが、こちらがボールを保持している限り、失点する可能性はゼロである。

よって彼らは、相手からボールを奪うと自分のゴールから一番遠いところへ、特に相手陣地のコーナーフラッグ付近へとボールを持って行く。

ボールを奪い返して早く同点にしたい相手がたまらず寄って行くと、相手の足にわざとボールをぶつけてコーナーキックを得る。

言うまでも無く、得点チャンスだからといってコーナーキックから攻撃するようなことはしない。

彼らは再び、コーナーフラッグ付近へとボールを持っていって、相手が寄ってくれば相手の足にボールをぶつけてコーナーキックにする。

ひたすらこれを繰り返して、審判が試合終了の笛を吹くまで時間を浪費させるわけである。

これがラテン的ズル賢さ・マリーシアである。

マリーシアの根底にあるのは、彼らなりの価値観・美意識・文化である。

こうしたズル賢さというのは、ラテン国家に限らず世界に存在するし、異民族と貿易や戦争を繰り返してきた国、あるいは多民族国家では身についている。

ヨーロッパではイングランドやドイツといった非ラテン国家でも、ラテン国ほどでは無いにしても、したたかさがあり、相手のそれに対処する方法を経験上身につけている。

いろいろな民族が集まって出来たアメリカも、旧大陸ほどではないかもしれないが、最低限度以上のことは出来る。

イングランドにしろアメリカにしろ、異民族との交流を重ね、そういった”したたかさ”を身につけてきたからこそ、覇権国家となれたのであろう。

それでもマラドーナの”神の手”事件や、シメオネの挑発で退場させられたベッカムのように、イングランドはW杯で過去数回、アルゼンチンのマリーシアには痛い目にあっていて、2002年大会・札幌ドームの試合で、イングランドはようやくアルゼンチンにリベンジを果たした。

アジアでも、長いこと異民族と切った貼ったやってきたアラブ国家やイランのサッカー選手には、やはり”したたかさ”があるし、

中国人・モンゴル人・女真人そして日本人に支配されてきた韓国の選手にも、いつだったかご紹介したように、プレー中の密集状態のとき審判の目の届かないところで、日本やイランの選手の太ももを隠し持っていたツマヨウジなどで突き刺して相手を動けなくしたり、

ジャンプの高さでかなわない相手選手のヘディングシュートに対しては、相手より高くジャンプしてそれを防ぐのではなく、相手がジャンプする瞬間に相手の足を踏んで、ヘディングシュートを打てなくするといった、韓国特有のズル賢さがあるのである。

韓国特有のズル賢さは、外交や文化・個人の行動様式にも見事に反映されているように思える。

サッカーの世界では、こういったズル賢さを含めた知恵比べが繰り広げられ、場合によってはマラドーナの”神の手”事件のような明らかなルール違反でも、被害者側が抗議しても受け入れられず、誤審によって罰せられないこともある。

正しい者の言い分が必ずしも認められず、正義が勝つとは必ずしも言いきれない不条理な世界である。

それは現実の国際社会と極めて良く似ている。

私はこれについて必ずしも良いこととは思わないが、現実にそうなんだし、感情的になって腹を立てることも無い。

現実をありのままに受けとめ、対策を考えるだけである。

 90年代の初めは、日本でようやくサッカーのプロ化が実現し、世界と遭遇したばかりのころだった。

それまで日本でサッカーと言えば、限られた人しか見ないスポーツで、サッカー後進地域であるアジアでさえ、トップクラスとは言えず、今では信じられないことかもしれないが、北朝鮮やタイ、香港あたりにも平気で負けたり引き分けたりしていた時代が長かった。

プロリーグが発展したことでドーハ以後の日本は強くなり、海外のクラブチームと契約し、海外リーグで活躍する選手も複数出てきた。

日本の選手が世界の強豪との対戦で経験を積むチャンスが増えてからは、日本の選手も”したたか”になり、最低限必要なマリーシアを身につけるようになった。

これも日本が国際交流を強化し、他民族・異文化との接触を増やしたおかげである。

「サッカーの世界が不条理だから」「自分の正当な抗議が受け入れられなかったから」といって腹を立て、短気を起こして国際サッカー連盟を脱退し、日本チームが国内に引きこもっていたら、こうはならなかったであろう。

それでも戦術が一本調子で、柔軟さに欠けているとは、良く言われることだが。

強いチームが相手の時には無理して攻めずに我慢して守り、相手がうかつに前へ出てきて手薄になった守りの裏をついて逆襲からゴールするといったカウンター戦術は、東欧諸国やアラブのチームが本当にうまい。

 「何でも正攻法、悪く言えばバカ正直で、ズル賢さと頭脳の柔軟さに欠ける」という日本人なりの価値観・美意識・文化が生み出した問題点も、国際交流が進んだサッカーではかなり改善された。

ただ、これは自戒をこめて言うが、外交や安全保障・国際ビジネス面では、まだまだ経験不足なのではないだろうか。

まだまだ日本人は”したたかさ”そしてマリーシアが足りないのではないだろうか。

”ドーハの悲劇”を演じてしまった日本代表チームのように。

日本が世界を圧倒する超大国というなら、正攻法一本やりで押し切っても良いだろうが、事実はそうではない。

だからといって”神の手”のようなルール違反を奨励するわけでもないが、マリーシアのような柔軟な頭脳・心の余裕を持って、国際問題にあたることは必要不可欠だと思う。

国際社会が不条理だからといって、いちいち腹を立ててみたり、短気を起こしてみたところで何も問題は解決しないだろう。

「アングロサクソンはズルくて嫌い」なんて、いちいち腹を立てているようでは、ズル賢さではそれより数段上手の中国人・南北朝鮮人に、どうして日本が打ち勝てるだろうか。

いくら経済力があっても、それでは国際社会の大国として切った貼ったやっていく資格は無いと思う。

今一番大切な国益は何か、それを実現するために実行可能な手段は何かを、冷静になってもう一度よく整理することである。

 さてアジアで”ドーハの悲劇”が起こった93年秋、欧州では”パルク・ド・プランスの悲劇”が起こっていた。

W杯アメリカ大会欧州予選・6組の最終戦フランス対ブルガリアが、パリのパルク・ド・プランス競技場で行われた。

本拠地でのゲーム、そして引き分けでもフランスがW杯行きという有利な条件の中、試合が終わるほんの数秒前に決まったブルガリア・コスタディノフの逆転ゴールで、フランスはW杯行きの希望が断たれたのである。

この時のブルガリアは、決して弱いチームではなく、
というより、ストイチコフ・コスタディノフ・ペネフの破壊力抜群のスリートップを擁する「悪魔のようなチーム」だった。

94年アメリカW杯でも4位になっている。

当時のフランスも強豪と言われながらなかなかW杯で優勝できず、どこかに、ひ弱さみたいなものがあったような気がする。

94年大会出場を逃したフランスだが、自国開催となった次の98年大会では見事W杯初優勝をなし遂げ、リベンジに成功している。

2000年の欧州選手権も制し、06年W杯では準優勝している。

さて、日本はリベンジできるだろうか。


---------------------------------------------

”神の手”事件

1986年サッカーワールドカップ準々決勝アルゼンチン対イングランド戦において、アルゼンチンのマラドーナ選手がイングランドのゴールキーパーと交錯しながらルールで禁じられている手で、ボールをゴールへ叩きこんだ事件。

審判はマラドーナの”ハンド”を確認できず、アルゼンチンの先制ゴールは認められた。

だがTVカメラによってマラドーナのハンドがバッチリと映し出されていたが、
当のマラドーナは「あれは神の手と、自分の頭から生まれたゴールだ」と悪びれもせずコメントした。

試合は2-1でアルゼンチンの勝利に終わり、同大会で二度目のW杯優勝を勝ち取ることになる。


banner_04.jpg

↑あなたのワン・クリックがこの国を変えます↓
人気blogランキング

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

少し一言

何やらサッカーの話しですね。
神の手とかという話を聞くと一言いいましょう。
私はワールドカップは過去20年間以上衛星中継を通じてほぼ全試合見ましたが
その中で最低の判定というかイカサマは
確かメキシコ大会だったと思います。
ヨーロッパの国どうしであったか、ヨーロッパの国と南米の国であったか良く覚えていません。
延長寸前のコーナーキックで得点が入りましたが審判の判定はノーゴールでした。
理由はコーナーキックで蹴ったボールが空中にある間に時間終了したという判定です。
まあこんなもんでしょう。

  • 投稿者: 金 国鎮
  • 2007/06/27(水) 22:14:46
  • [編集]

復活をたのしみにしてます。

  • 投稿者: タッチャ
  • 2007/06/27(水) 23:40:15
  • [編集]

管理人様のおっしゃられる通り、問題の根本は、
「日本の戦略目標はワールドカップに出ること」
が大戦略として採用されていない点にあると思います。

「大会で優勝する」
「正攻法で勝利する」
「フェアプレーを行う」

日本チームの持っていた目標は、状況によって各目標が相反したり、同時に実現するのが非常に困難なものです。
こういう場合、
・相反する目標はどちらか一方を採用する
・目標に優先順位をつける
という作業が必要になりますが、日本チームでははたしてどの目標が優先されていたのでしょうか。

  • 投稿者: 初心者
  • 2007/06/28(木) 16:03:56
  • [編集]

サッカーが盛んなところに

私はかつてサッカー王国と呼ばれた清水の高校に通っていました。

静岡は全国的にも「のんびりとした」「お人好し」の定評がある所ですが、そんなところが「サッカー王国」と呼ばれていたのですから日本サッカーの行く末は推して知るべしです。スポーツジャーナリズムもそこにとどまっている感じがあるので、そこが変わる必要もありそうです。

「攻撃は最大の防御」と言えば聞こえはよいですが、どこか抜けているのはクロフネさんも感じるとおりです。「品格」と本に書けば売れてしまうお国柄ですから、卑怯が嫌いなのはどうしようもありません。ならば、国内と国外を分けてしまえば良いのですが、そこまで器用な方々もいないようです。

  • 投稿者: クマのプータロー
  • 2007/06/28(木) 17:42:09
  • [編集]

タッチャさん

>復活をたのしみにしてます。

ありがとうございます。

やはり工事の関係で再開は7月中旬ぐらいとなってしまいそうです orz


初心者さん

>日本チームの持っていた目標は、状況によって各目標が相反したり、同時に実現するのが非常に困難なものです。
こういう場合、
・相反する目標はどちらか一方を採用する
・目標に優先順位をつける
という作業が必要になりますが、日本チームでははたしてどの目標が優先されていたのでしょうか。

日本の場合、何をゲットすれば一番トクなのかということをすばやく計算することが苦手なんじゃないでしょうか。

これが出来ていれば、すんなり戦略は立てられるわけです。

このことは外交にも言えそうです。


クマのプータロー さん

>「品格」と本に書けば売れてしまうお国柄ですから、卑怯が嫌いなのはどうしようもありません。ならば、国内と国外を分けてしまえば良いのですが、そこまで器用な方々もいないようです。

日本で外交官というと、世界を舞台に華々しく活躍する職業みたいに思われていますが、

何でもアリの国際社会で、切った貼ったやる外交官・政治家というのは、実際のところ国民の代わりに泥をかぶるヨゴレ役だと思うのです。

だからこそ国家が高給を持って養うわけで、国民は最低限そのことを理解しておく必要があります。

ところが日本の場合、外交官・政治家で国民と一緒になって特亜にだまされる人続出ですから...。

いつまでも「世間知らずで田舎モノの金持ち」ではいけません。

  • 投稿者: クロフネ@管理人
  • 2007/06/28(木) 22:27:11
  • [編集]

品格はお国柄なのでしかたないことですが?

荒川静香が点にならないイナバウワーを行って優勝、芸術性に一石を投げたのは痛快でした。
サッカーで攻撃しないというのはかわいいもので、審判の見えないところで足を削るなどの退場ものの悪質な行為も多々見られます。それを高い技術力で看破することが日本のサッカーであってほしいと願うところです。
柔道・剣道といった競技では、競技としての勝敗と人間形成のための道を教えています。
サッカーにも日本サッカー道という精神が存在しても良いのではないかと考えてしまう訳です。
そういった品格を広げる普及活動は、1つの国色となるのではないのでしょうか。

政治も同様で品格を求めるのは結構です。
しかし、日本の政治家は、品格のない相手国に品格を期待するというトンチンカンな行動が目立っております。
蛮族には蛮族なりの対応を取り、その上で品格とはなんぞやと教える必要があるのです。



もっとも、ワイロや利権まみれの政治家が日本の品格を口にするもはこっけいな話であります。

  • 投稿者: donnat
  • 2008/03/03(月) 10:23:40
  • [編集]

donnatさん

>サッカーにも日本サッカー道という精神が存在しても良いのではないかと考えてしまう訳です。

日本代表はフェアプレー賞コレクターで有名です。

サッカー道を貫きつつ世界で勝利するというのは、日本がブラジル以上に強くならないと難しいのかもしれません。

国際政治の場では、もっと困難でしょう。

イスラエルの国是は「みなに好かれて絶滅するくらいなら、世界中から嫌われても生き延びてやる」だと言われますが、

武士道の国・日本だと「みなに嫌われるぐらいなら日本人が絶滅した方が良い」みたいなところがあります。

少しはイスラエルを見習っても良いかと思われます。私は生き延びたいです。

  • 投稿者: クロフネ@管理人
  • 2008/03/04(火) 00:25:54
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する


・いつもコメント&TBありがとうございます。

アダルト系ブログからの、サイトポリシーに違反したコメント・TBが後を断たないため、受信したコメント・TBを管理人が審査することにしました。

サイトポリシーに違反したものについては予告無く破棄します。

また問題の無いコメント・TBを頂いても表示されるまで少し時間がかかります。 悪しからず御諒承ください。

「管理者にだけ表示を許可する」にチェックを入れると、管理人だけが読める非公開コメントになります。 非公開コメントを下さる方のプライバシーを尊重し、あえてお返事をしておりませんが、「公開コメントでも良いのでレスが欲しい」という方は、非公開コメントにその旨をお書き添えください。
                

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。